5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

続 メビウスの脚本依頼されたらアンド台詞付きスレ

1 :ハンバー:2006/11/06(月) 22:01:27 ID:JlrRoL0j0
メビウスの脚本依頼されたらどんなことを書くか
台詞付きで書く
・ウルトラ以外は禁止
・下ネタは厳禁
・ギャグ シリアス ホラー アクション物を追加のオリジナル脚本を書く


2 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:02:01 ID:Yj/IuyPl0
2

3 :こんなもんかな:2006/11/06(月) 22:22:16 ID:lTnOvF1rO
メイツ星人ビオが、園児の乗ったバスに、仕掛けた、爆弾のスイッチを、
持って叫ぶ!      「貴様等同胞の血で購え!」
コノミ「やめてー(大泣)」
リュウ「てめぇ・・・」
リュウ素早くトライガーショットが発射!
ビオの首筋から流血。
ビオ「ゾアムルチ・すべてを破壊しろ・皆殺しだ!」絶叫して倒れる。    ハッチ解放されゾアムルチ出現。

4 :やっぱりこうする:2006/11/06(月) 23:08:20 ID:lTnOvF1rO
メイツ星人ビオは、ミライに光線を浴びせ、動けなくした。そしてかつての同胞が惨殺された映像を見せるミライ「嘘・嘘だ!こんなの   信じられない!」
ビオ「事実だよ・君たちウルトラマンは心の中を見通す事が出来るだろう。」    ミライ「もう・僕は戦えない」
ビオは園児達のバスの爆破スイッチを握り締める。 「いまこそ復讐の狼煙をあげるのだ!」

バスが爆発する!

コノミが絶叫する!
リュウ死角からトライガーショットを構える。
リョウ「てめぇ・・・・」
引き金を弾き銃声!
崩れるように倒れるビオ。

5 :やっぱりこうする2:2006/11/06(月) 23:21:57 ID:lTnOvF1rO
ビオが呻きながら
「ゾアムルチ・皆殺しだ」絶命する。

ハッチが開いてゾアムルチ出現。
街に向かう。

解放されたミライだか、戦う気力なく立ち尽くす。
この憎しみからの連鎖は断ち切ることはできないのか・・・・。

リュウ、ミライの横を
走りぬけ振り向く。
リュウ「ミライ!街が大変なことになってんだぞ!」
「お前なんでここにいるのかわかってんのかよ!」

6 :やっぱりこうする三:2006/11/06(月) 23:55:07 ID:lTnOvF1rO
ミライは決意した!
自らの手を血で汚しても、この憎しみの連鎖を断ち切ることを!

ゾアムルチに立ちふさがるメビウス。

晴天が一転雷雨に!

ムルチがメビウスに迫り、襲い掛かる!
メビウスがムルチを掴み、叩きつける!
ムルチがビルごとメビウスを叩きつけ、ビルが破壊!お互い一歩も譲らぬ攻防!メビウスがムルチの口を掴み一気に裂く!
ムルチ絶叫!
メビウスムルチの首を掴み捻り潰す!
ボキボキ
首の骨を粉砕され絶命。
ムルチにまたがったまま動かないメビウス。


7 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 00:51:35 ID:pvcdcQX2O
サブタイ「ファイトの意味」

ツルク星人に敗れるメビウス。ゲンの特訓(滝やジープや説教)を受けるミライ。

再戦を挑み、バーニングブレイブになろうとするが、マイナスパワーの亜空間に
取り込まれる。仲間達の想いも、救出に入ろうとするレオも遮られてしまう。
ツルク「憎め!怒れ!ここではそれがエネルギーになり私に勝てるぞメビウス!
それとも美しく敗北し、あの世で仲間達が犠牲になるのをゆっくり見物したいか!」
憎しみの黒い炎のバーニングブレイブになりかけ、隙が生まれツルクの一撃が!

ガキーン!
それを受け止めたのはメビウスではなかった。
「メビウス、貴様は俺と戦う約束を果たさずに、こんな所で勝手に負けるつもりか」
「ザムシャー・・・!」
慌てるツルク星人。
「何故だ!暗黒結界には、仲間への思いもそれを持つ者もはねかえされるはずだ!」
「俺はメビウスを仲間だなどと思っていない。情けない奴に喝を入れに来ただけだ」
「それでも、僕は受け取った!ザムシャー、君の仲間への熱き想いを!」
新技、バーニングエクスカリバーでツルクを一刀両断!


8 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 02:33:09 ID:BvVcP6NGO
サブタイ「トウキョウ壊滅・大怪獣魔境出現」

突如東京を大地震が襲い、地割れから怪獣が次々出現した!
グドン・サドラー・バニラ・アボラス・マグラ・ツインテール・ゴキネズラ・レッドキング・アーストロン・ゴーストロン・ゴモラ・テレスドン・モグネズンが暴れだす!
ビルが破壊され、東京タワーが叩き落とされる!
怪獣が破壊して東京は瓦礫の山と化した。
ガイズが出動したが、怪獣の数が多すぎて、メテオールの制限時間が切れたガンフェニックスがグドンの鞭で叩き落とされ不時着してしまった。

9 :ハンバー:2006/11/07(火) 17:36:52 ID:mKxFD7Ri0
「悲しみの弟」

遠くの惑星LXX星
そこにはアストラが何者かにおどしを
かけられていた 
「お前が 言うことを聞かなければこいつは・・・・」
翌日 地球ではコノミとミライがデートをしていた
「ミライ君 クレープ食べる?」「く クレープって何ですか?」
「そっか ミライ君この星へ来たウルトラマンメビウスだから解らないのね」
コノミに言われがっかりしている時に 突然サコミズから連絡が
何とレオの弟 アストラと怪獣ロンが遊園地付近の街を破壊しているのだ!
ミライは説得しようとするがそこへレオが現れて こういう事を言う
「アストラの目を見ろ まるで許してくれというかのように泣いている」
果たして 人質をとる裏の者とは「ククククク」

「獅子の瞳」 ババルウ星人
人質は ロンジュニア(ロンの子供)で
それを人質に取っていたのは ババルウ星人だった
「誰が約束などした? 馬鹿が俺を信じおった!」
 渡されたロンジュニアはロボで偽物だった
しかしメビウスはロンジュニアの声を微かに聞いた
メビウスはセブンと共に火星へ そこにはロンジュニアが檻に閉じこめられていた
光エネルギーでロンを解放する
そして疑いが晴れたレオ兄弟と セブン メビウスはハバルウを追い込む
そして人々の想いが メビウスのバーニングブレイブを強くした
新技バーニングメビュームキックがハバルウを倒した
「悪魔の星ハバルウとの闘いが終わったんだ!」
テッペイはそう言う アストラはレオの弟子になりかけた男 猛の姿を借り
地球にいることになった これからもメビウスは微笑みを繋ぐため闘うだろう
それが帝王だろうが

10 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 17:57:13 ID:zOkAam3BO
「毒だらけの蝮」
【毒蜘蛛怪獣アラシ】【古代蝮怪獣フルハシ】登場

11 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 20:37:14 ID:8ZXKzByG0
初めて出会った高台に並んで立っている、リュウとミライ。

リュウ「なぁミライ、『光の国』のヤツらも、その・・・」
ミライ「ん?何です?リュウさん。」
リュウ「その・・・誰かを好きに・・・なったりなんか・・・するのか?」
ミライ「もちろんですよ!僕、リュウさんのこと大好きですよ!」
リュウ「あのなぁ、そういうことじゃなくて、たとえばその・・・恋とか・・・」
ミライ「リュウさん、リュウさんは僕のこと嫌いですか?」
リュウ「んなわけねぇだろ!俺はお前が好きだ・・・あっ・・・ウグッ・・・」

慌てふためくリュウの背後にまわり、ふいに抱きつくミライ。
リュウの背中に頬擦りし、目を閉じる。
あまりのことに混乱し、動けないリュウ。

ミライ「リュウさん、僕が『好きだ』というのは、こういうことなんです。」
リュウ「ミ、ミライ・・・お前・・・」

リュウはミライの方に向き直り、頬を撫で、思わず口づけをする。
目を閉じたままのミライ。一筋の涙。

ミライ「リュウさん!」
リュウ「ミライ!」

二人は互いを激しく抱き締め合い、やがてディープキスへ。

12 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 00:28:47 ID:mb97/LLe0
リュウの部屋。
ミライとリュウは全裸のまま、互いの身体を絡め合う。

リュウ「ウッ・・・ミ・・・ライ・・・」
ミライ「ハァ、ハァ、ハァ・・・リュウ・・・さんッ!」

熱い肉棒を奥深くまで打ち込まれ、歓喜の声を上げているのは、
何と・・・リュウであった。

ミライ「リュウさん・・・ここどうですか?」
リュウ「ハッ・・・ハァッ!グ・・・い、いい・・・グハァッ!」
ミライ「可愛いですよ、リュウさん!」
リュウ「ああっ、も、もっと・・・ミ・・・ライ!」
ミライ「もっと何ですか?どうされたいんですか?」
リュウ「・・・」
ミライ「ハァッ、ハァッ・・・言わなきゃ・・・やめますよ!」
リュウ「やっ、やめないで・・・くれ・・・もっと」
ミライ「ほら、ほらぁ・・・もっと何ですか?ほらぁっ!!」
リュウ「もっと・・・奥まで突いて・・・メチャクチャにしてくれ・・・」
ミライ「どこを?」
リュウ「うっ・・・」
ミライ「どこをですか?」
リュウ「ケ・・・ケツ・・・マンコを・・・」
ミライ「GIG!!・・・ホラぁっ!!こうですか?」
リュウ「ああああっ・・そ・・・そ・こ、壊れるぅっ・・・い、いいっ!!」



13 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 10:49:41 ID:dN/YMGnjO
その時点でミライは、背後にもう一人の人間が近づいていることに
まだ気付いていなかった。

14 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 11:23:24 ID:gGDDtTxq0
「アミーゴ、俺だけ仲間はずれは悲しいぜ」

15 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:22:50 ID:mb97/LLe0
ミライ(リュウと結ばれたまま振り向き)「え!?ジョ・・・ジョージさん!?」
リュウ「・・・」
ジョージ「すまんが、後を追けさせてもらった。てか、お前らがそういう関係だってことくらい、この俺が気付かないとでも思ったか?」

あられもない姿をジョージに見られたことに混乱し、パニック状態のリュウ。
一方のミライは、動じることなく笑顔。

リュウ「く・・・来るなーっ!!・・・頼む・・・見ないで・・・見ないでくれぇっ!!」
ジョージ「アミーゴ、水くさいぜ、リュウ。」

素早く隊員スーツを脱ぐジョージ。
その中心部には、20cmはあろうかという巨大なシンボルが聳え立っている。
その巨大さに息を飲む、リュウとミライ。

ジョージ「俺のコイツで、流星シュートを決めてやろうか?リュウ、ミライ。」
ミライ「はいっ!お願いしますっ!」
リュウ「バカッ!ミライ!」

16 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 21:31:09 ID:bwu9SP9R0
???

17 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 13:13:18 ID:yyIVHGdtO
ジョージ「アミーゴ、行くぜ、ミライ。」
ミライ「GIジ・・・ぐわあぁっ!」

18 :ハンバー:2006/11/09(木) 17:05:17 ID:2+T6vHGd0
「やめなさい!」
コノミ マリナ ミサキ フジサワ(装備 放電リム ハンマー 扇子 ハリセン」
が出てきて叩く!
マリナ「男同士で何やってるの!ったくこういうときは女と男でやる物でしょ」
全裸になる女共
男「・・・・」
ミライ→コノミ
マリナ→リュウ
ミサキ→テッペイ(遠くから見ていたら捕まった)
ジョージ→フジサワ博士
になった

19 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 17:59:27 ID:yyIVHGdtO
テッペイを犯すミサキの乳首に、背後から手が伸びて来た。
その老練なテクに反応するミサキ。

トリヤマ補佐官「はぁ、はぁ。」

20 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 18:19:18 ID:eKJPAP6B0
ちょ、ちょ、ちょ
何やってんだ!

21 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 18:23:58 ID:zHFgtYje0
下ネタ禁止だろ?


22 :ハンバー:2006/11/09(木) 19:42:05 ID:2+T6vHGd0
名前借りられた・・・・ 

23 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 19:43:40 ID:2+T6vHGd0
気を付けろよ 悪い奴と白い目を向けられるから

24 :ハンバー:2006/11/09(木) 19:46:06 ID:2+T6vHGd0
全てはバルタンの馬鹿な考えだった

(以後 嘘の名前をかかないで!)

25 :メビオタ:2006/11/09(木) 20:01:10 ID:2+T6vHGd0
こんな話はいいか? 下ネタはだめなんだろう?

「骨折りの男女」
ミライとコノミが脚の骨を骨折させてしまった
入院している テッペイの父親の
病院で一人の少年に会う インセクタスに父
を殺され そのペンダントをずっと持っているのだ
「殺された気持ちは 殺された人にしか解らないよ・・・」
「だけど そのままうずくまっていたら駄目だよ骨のように
堅く ひびという物が出きたとしても明日へ向かって頑張ろうとしている
人のように再生する誰しも強いんだ!」「ありがとうお兄ちゃん」
そして病院の近くの 蚕工場ではインパライズ星人が 
インセクタスの軍団を作っていた

26 :メビオタ:2006/11/09(木) 20:08:19 ID:2+T6vHGd0
「謎の未来」
ダイダラマシーンでクルーは
未来を見た 
 
ジョージとフジサワ博士
いきなり深海ダイビング連れて行かれて失神寸前
「もう無理 無理無理!!」「早くお・願・い・」
そしてドボンと飛び込み 失神

マリナとリュウ
金 料理 予算の事でけんかしている
どうやら夫婦になったみたい
「何だとテメェ!」「やる気!?」
とお互いにパンチとキックして 白目向いてダウン

コノミとミライ
コノミは保育園 ミライは宇宙警備隊
彼らも夫婦になったみたい
「コノミさん ただいま」
「おかえりなさい あなた」
で一緒にホラー映画見たりしたりして
楽しんでる 

そしてラストでイラガクロノームと闘う

27 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:13:30 ID:09/pR2l90
トリヤマ補佐官とミサキ総監代行
周囲の目を気にしながら、隠れるように渋谷のホテル街を急ぐ二人。
どうやら不倫カップルになったようだ。

28 :佐々木守追悼記念作品:2006/11/09(木) 21:32:33 ID:Pc1+lIZOO
スペル星人が地球侵略の為若い女性の血液を狙っている。
かれらはコノミを拉致して拘束したのだ。
アジトの病院地下に、リュウとミライが乗り込んだ!
リュウ
「動くな!この全身ケロイド野郎!撃ち殺すぞ!」
ミライ「コノミさん、大丈夫ですか、今外します」
スペル星人「我々の身体は放射能に犯され被爆してしまった、貴様等も道ずれに被爆者にしてやる!」
スペル星人建物破壊して巨大化。

29 :佐々木守追悼記念2:2006/11/09(木) 21:48:50 ID:Pc1+lIZOO
スペル星人が街を破壊する!
口からはいた放射能に、
通行人が犯され顔にケロイドが広がる!
通行人「ぎゃー」
アベック「水をくれー」
コノミ「大変みんな被爆者になっちゃう!」
テッペイ「シークレットドキュメントにありました!被爆星人スペル星人です!」
ミライはメビウスに変身!メビュームブレードでスペル星人を真っ二つ!
円盤もガンフェニックスで撃墜。

30 :佐々木守追悼記念3:2006/11/09(木) 22:05:55 ID:Pc1+lIZOO
リュウ
「しかし良かったなコノミも無事で、ん?どうした?」
コノミ沈んだ表情。
思い詰めた雰囲気。
ミライ
「まさかコノミさん放射能浴びたんですか!?」
コノミ
「ミライ君に私の裸見られちゃった・お嫁にいけない・・・・」泣きそうな表情。リュウ「なんだんならミライが責任とればいいだろうが」
ミライ「はい!責任取ります!」一同驚く!
コノミ笑顔でミライの腕を取り擦り寄る。

31 :28.29.30.:2006/11/11(土) 12:36:22 ID:3Kl3Oe+zO
タイトルは
「遊星の悪魔」

32 :名無しより愛をこめて:2006/11/12(日) 07:36:49 ID:8XWsEKoPO
「逆襲のゾアムルチ」
メビウスに倒されたゾアムルチ。
爆発飛散した肉片を回収。ガイズで分析の結果、細胞が活動している状態であると判明。環境汚染の原因である有害物質を主食とするのがわかる。
トリヤマ「まー環境がよくなるし問題なかろう」
だがサコミズは科学班に、調査を要請。
細胞が有害物質だけでなくあらゆる物質を接種していることが分かる。
地球はメイツ星の環境に変えられてしまうのだ。

33 :名無しより愛をこめて:2006/11/12(日) 07:51:49 ID:8XWsEKoPO
肉片を回収、焼却しようとしたとき、再生!
更に醜悪なゾアムルチ、
ゾアムルチリバースが誕生。
双頭で全身焼け爛れた、そして下半身にムルチの顔がある逆立ち状態。
口から純正の酸素を放射。人々が倒れて死んでいく。ミライ「怪獣じゃない兵器…」「僕と同じ…………」

34 :名無しより愛をこめて:2006/11/12(日) 08:11:35 ID:etco3uDw0
( ;∀;)イイハナシダナー

35 :名無しより愛をこめて:2006/11/12(日) 09:47:34 ID:o2sWfs6g0
もういい! もういいんだ!

36 :逆襲のゾアムルチ3:2006/11/12(日) 18:41:43 ID:8XWsEKoPO
謹慎中のリュウ、ベッドで天井を見つめている。
起き上がり、何かを決めたかのように部屋をでる。
サブ格納庫に向かうリュウ。
そこではアライソ整備長が別の機体を整備していた。アライソ、リュウに気付き「おい、俺たちの翼なら、ガタガタで飛べやしねぇぞ、無茶な・…」「ん?」
リュウ「こいつ飛べるだろ、乗るぜ」
アライソ「バカ野郎!これは飛ばせねぇんだ!」
リュウ、アライソにタックルして床に突き飛ばす。
コクピットに乗り込む。
「おやじ・すまねえ」

37 :逆襲のゾアムルチ4:2006/11/12(日) 18:59:57 ID:8XWsEKoPO
アライソ、司令室に連絡
「あのバカ、死ぬ気だ!」サコミズ、リュウに、
「謹慎は解いてないぞ!」リュウ、携帯機を操作、
ハッチが開いて、黒い機体が発進した!
トリヤマ「なんだあれは!?」サコミズ「ブラックドラゴン2、特攻戦闘機です」
リュウ「俺の判断ミスからゾアムルチが解き放たれたのが原因だからケリつける!」「もうガイズは俺なしでも大丈夫だ・あばよ」
一同絶句、走りだすミライ。

38 :逆襲のゾアムルチ5:2006/11/13(月) 22:12:01 ID:vI1w0f95O
ゾアムルチ街を破壊して、進撃。病院に迫る!
女の子を庇う看護婦。
ブラックドラゴン飛来!
リュウ「これ以上やらせねえ!」ミサイル弾発射!
ゾアムルチ後退。
更に攻撃!命中して後退。下腹部の第三の顔から火炎放射!命中して機体炎上!リュウ炎に包まれながらも操縦「ちきしょう、ぶつけてやる!」
機体がぶつかる寸前、光が!
メビウスが機体を受けとめリュウを救出。
機体をゾアムルチに投げ付け、爆発炎上。

39 :コノミの想い:2006/11/14(火) 01:02:42 ID:Rr3V/Xm80
新婚夫婦が立て続けに拉致される事件が発生。調査の結果謎の円盤に
拉致されている事が判った。
GUYSの誰かが囮にならなければならない。万が一の場合に備え
夫役にミライ。妻役はミライとのバランスと本人の強い希望でコノミ。
偽りの結婚式を挙げ、見事拉致されるミライたち。ブラック星人による
労働力獲得作戦だったのだ。
ミライ「変身できない!?」
星人の作った特殊空間がミライの変身能力を奪う。
コノミ「私たち、このまま連れて行かれちゃうのかな」
ミライ「大丈夫です!リュウさん達が必ず助けてくれます!」
コノミ「でも・・嘘っこだけどウエディングドレス着れたし・・
ミライくんのお嫁さんになれたし」
ミライ「何言ってるんですか!生きてここを脱出して本当の結婚式を
挙げるんです!」
コノミ「え?本当の?」
ミライ「きっとコノミさんを大事にしてくれる人がいるはずです!」
コノミ「・・・。ミライくんは私のこと大事に思っていてくれないの?」
その時円盤が激しく揺れる。リュウたちが円盤を発見し攻撃を開始したのだ。
ミライ「よし!コノミさん目を閉じて」
コノミ「え?」
コノミ、ドキドキしながら目を閉じる。
ミライ「メビウゥゥゥス!」
コノミが目を開けるとメビウスの手に乗っていた。
メビウスとGUYSの活躍により円盤は活動を停止し、拉致されていた
人々も無事助け出すことが出来た。


40 :コノミの想い2:2006/11/14(火) 01:03:16 ID:Rr3V/Xm80
翌日、みんなから冷やかされるミライとコノミ。
リュウ「結構お似合いだったぜ?なんなら本当に結婚しちまったら
どうだ?」
ミライ「はい!」
コノミ「え?ホント、ミライくん?」
ミライ「結婚っていうのは大事な人とするって聞きました。ですから
僕はみんなと結婚したいです!」
コノミ以外みんな爆笑する。
コノミ、オペレーションルームを駆け出してしまう。
ミライ「コノミさん!」
ジョージ「アミーゴ・・ちょっとコノミが可哀想だぜ?」
マリナ「うんうん。あったか〜いコーヒー持って、コノミちゃんに
黙って渡してきたら?」
テッペイ「ですね〜。はい、ミライくん!」
テッペイからコーヒーを渡されたミライ、食堂に佇むコノミにコーヒーを
渡す。
ミライ「あの・・すいません!僕、コノミさんを傷つけちゃったみたいで」
コノミ「・・・いいの。ごめんね、私こそ。それより、ここのスイーツ、
とっても美味しいんだよ?一緒に食べよ?」
ミライ「はい!でも・・」
コノミ「?」
ミライ「僕はコノミさんの作ってくれたカレーが食べたいです!」
コノミ「仕方ないなぁ・・じゃあ、これから一緒に作ろっか!」
ミライ「はい!」
仲良くカレーを作る二人をGUYSの面々は優しく見守っていた。

41 :名無しより愛をこめて:2006/11/14(火) 10:03:59 ID:QJSHwPvH0
>>39&40
ありがちなエンディングだが、それがイイ!
ミライの超天然っぷりとコノミの可愛らしさが目に浮かぶw

42 :名無しより愛をこめて:2006/11/14(火) 19:32:30 ID:ynMoramR0
>>39-40
ワロスw光景が目にうかぶ

43 :名無しより愛をこめて:2006/11/14(火) 21:00:05 ID:Mml0S6LT0
うーん、ミライとコノミじゃあちょっと、ねぇ。
やっぱり、コノミはテッペイと結ばれてほしいな。
テッペイがコノミ狙いなのは間違いないし。

というわけで、
 テッペイ×コノミ
 ジョージ×マリナ
 リュウ×ミライ
の3組のカップル誕生で、めでたしめでたし、というところでしょう。

44 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 00:25:08 ID:V80t5ovR0
>>43
リュウとミライは男同士ですけど・・もしかしてメビウス観たこと無い人?

45 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 00:54:22 ID:wg0Jci4SO
一度やって欲しいネタ

コノミの勤める幼稚園の手伝いに行ったミライ

園児「ミライ先生、絵本読んで〜」
ミライ「うん、いいよ。『フランダースの犬』か〜。どんなお話かなぁ?楽しみだね!」

(数分後)

園児「コノミ先生、ミライ先生のかわりに、本読んで〜」
コノミ「あれ?ミライ先生、一冊しか読んでくれなかったの?」
ミライ「ずみまぜん、な、涙でぼやげで、文字が読めないんでず〜、つдT)グスン」
コノミ「ミライくん・・・(絶句)」

46 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 01:08:19 ID:h1qN15yt0
>>44
よく観てるからこそ言える話じゃん(笑)

47 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 01:13:14 ID:h1qN15yt0
>>44
というかそれ以前に、君は同性愛を否定するつもりか?
ウルトラマンの主人公がゲイであっても何の不思議はないし、
この21世紀にそれを完全否定するのはどうかと思うが。

48 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 01:30:23 ID:V80t5ovR0
>>47
どうしてリュウとミライがホモになるのかわからないんですけど。
男の友情でしょ、どーみても。
それと同性愛自体は否定しないけどさ、なんでもかんでもホモにするのは
全力で否定するw

49 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 01:37:20 ID:IfLn43geO
ホモも同性愛も下ネタだから禁止

50 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 02:19:49 ID:IfLn43geO
「宇宙戦士その名はGIYS」リュウとミライは廃屋に、宇宙工作員を追い詰めた。リュウ「俺が踏み込む、援護してくれ」「GIG」
侵入したリュウ、人影を見つけて、「動くな!」
工作員レーザーライフルで攻撃!
かわしたリュウ、すかさずトライガーショットの引き金を引く!
倒れる工作員。
リュウ「ちょろいもんだぜ」辺りを見回すとドラム缶並のカプセルが山積み。
「調べてみるか」

51 :宇宙戦士その名はGIYS2:2006/11/15(水) 02:33:18 ID:IfLn43geO
リュウを物陰から狙う工作員。ガンをリュウに標準合わせる。
ミライ「あぶない!」
ミライのショットが工作員に当たるが弾が発射してリュウの頭上のカプセルに当たり、穴から液体がリュウに降り注ぐ!
リュウ「ワッなんだこりゃ」ベタベタになったリュウ。ミライ駆け寄り、
「大丈夫ですか!?」
「気持ちわりいよ、風呂入りてぃし本部戻るぞ」

52 :「希望のウルトラサイン」:2006/11/15(水) 02:37:49 ID:y+ZW3yn0O
幻惑宇宙人ライヴス星人登場

非番のある日、ミライとコノミは園児達とメビウスショーを見に来ていた。
ゼットン、ベムスター、バードンら強敵を倒すメビウスを照れ臭そうに見守るミライ。
そこへ見慣れない宇宙人の着ぐるみが登場し、メビウスに勝ってしまう。
「ふはははは、メビウスは倒したぞ!この会場はライヴス星人様が頂いた!」
そしてミライにテレパシーで話かける星人。
(メビウス、ここで私と闘う勇気があるか。安心しろ、侵略の意思はない。
子供達を絶望の闇に叩き込みたいだけだ。)(そんなことはさせない!メビウ〜ス!)
しかしステージ上は星人の特殊フィールドで、パワーが出ずにピンチになる。
星人は語る。「教えてやろう。私の星はエンペラ星人に滅ぼされた。あの時、
宇宙警備隊が来てくれれば・・・なんとか生き延びた私は、いつも地球ばかり
ひいきして、英雄扱いされているウルトラ戦士が憎い!」

53 :宇宙戦士その名はGIYS3:2006/11/15(水) 02:54:52 ID:IfLn43geO
本部に戻ったリュウは、メディカルルームで診断を受けたが、体に異常は無く自分の部屋に戻って眠りについたが体が熱く熱が出てきた。朝。リュウ目覚める。シーツから顔を出す。
鏡を見ると山崎真美似の美女が映る。びっくり!
何で女がここにいるんだ!連れ込んだ覚えはないし、たがよく考えると、リュウの姿が鏡から見当たらないのと、女が自分と同じ動作をとる、「俺が女になった!?」

54 :「希望のウルトラサイン」2:2006/11/15(水) 03:04:12 ID:y+ZW3yn0O
星人の暗黒空間で自責の念にかられ、力つきそうになるメビウス。
「みんな、準備はいい!?みんなの元気をメビウスに届けるよ!せーので、メビウス、
って応援しようね!せーの!」「めびうす〜!」
コノミが司会を代わり、子供達を勇気づけていた。
「もっともっと!今度は、がんばれ、って言うよ、せーの!」「がんばれ〜!」
「聞こえる・・・子供達はまだ希望を捨てていない!だから僕も・・・自分に負けない!」
バーニングブレイブだ!しかし、光線技はステージでは危険すぎる。ならば・・・!
新技、バーニングハンマーで勝利!
ライヴス星人「うう、見事だ・・・だが何故手加減した・・・私を憐れんでいるのか」
メビウス「違う。子供達の前では、勝利以上に捨てられないものがあるからだ。
それは、最後まであきらめない気持ち、他の星の人とも友達になれるという希望だ」

ライヴス星人は地球に流れついた仲間を探すために旅立った。
ミライが見上げた空には、ぎこちなく、だが心のこもったウルトラサインがあった。

ア・リ・ガ・ト・ウ

55 :宇宙戦士その名はGIYS4:2006/11/15(水) 03:15:09 ID:IfLn43geO
ミライ部屋に入ってくる。「リュウさん具合はどうです…って誰ですか!?」
女「俺だミライリュウだ」ミライ「何で貴女みたいな美女がリュウさん何ですか」女「俺が知るかんなん」
ミライ「リュウさんならウルトラ五つの誓いがいえるはず」女「一つ天気のいい日に布団をほすこと、二つ腹ペコのまま学校に行かないこと、三つ他人の力をあてにしないこと、四つ道を歩くときは車に気を付けること、五つ土の上を裸足で走り回って遊ぶこと、」

56 :宇宙戦士その名はGIYS5:2006/11/15(水) 03:39:05 ID:IfLn43geO
ミライに認めてもらえた美女リュウだが、他のクルーには、マリナ「何!これ!マジ!」テッペイ「非科学的です」
ジョージ「グラシアス!」
コノミ「綺麗!」
美女リュウ「オマエラうぜぇ」ミサキ「女の子はそんな言葉遣いしないように」
美女リュウ「俺は男だ!」  マリナ「あんたさ、体は女じゃない」
コノミ「その隊員服も似合うし、私達の仲間ですよ」
サコミズ「まぁこれ飲んで」

57 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 19:25:21 ID:IfLn43geO
>>52.>>54
面白かった。

58 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 21:42:07 ID:h1qN15yt0
>>49
過激なセックス描写は、同性愛だろうが異性愛だろうが下ネタかもしれない。
だが、「同性愛自体が下ネタ」というのは偏見だ。
男女の恋愛の場面を「下ネタ」呼ばわりする者はいないだろう。
それと同様に、同性愛もセックス描写に走らない限りは下ネタではない。
男女間の恋愛とまったく同等に扱われるべきだ。

59 :名無しより愛をこめて:2006/11/15(水) 23:18:03 ID:vsSlDlbl0
>>58
仰ることはいちいちごもっともだが、メビウスが夕方の子供向け(家族
向け)ヒーロー作品と言うことを忘れていないか?
出来ればホモ話は801板でやってくれ。ここは現在放送中の、家族揃って
観ることの出来る娯楽ヒーロー作品の脚本を依頼されたら、どういう
話にするかっていうスレだからさ。
それから、ageんなよ。

60 :名無しより愛をこめて:2006/11/16(木) 00:12:39 ID:GGjtrljI0
>>59
私は同性愛者だが、それは侮辱ではないか。
子供や家族向けには隠されなければならない存在だと言うのか。

61 :名無しより愛をこめて:2006/11/16(木) 00:25:50 ID:9gobWvyb0
>>60
>子供や家族向けには隠されなければならない存在
もちろん!

62 :名無しより愛をこめて:2006/11/16(木) 00:29:22 ID:GGjtrljI0
>>61
差別はするな。恥を知れ。

63 :名無しより愛をこめて:2006/11/16(木) 15:25:11 ID:nKAgvR8hO


64 :名無しより愛をこめて:2006/11/16(木) 16:10:33 ID:PmpXgTbt0
さて香ばしくなってまいりました!

65 :56の続き:2006/11/16(木) 22:45:22 ID:ti3uJ3FzO
突然美少女に変身してしまったリュウ。
気分転換でコノミやマリナやミサキ女史らと南の島に来た。
リュウ「なんで、こんなの着なくちゃいけねぇんだ」
コノミ「とっても可愛いよ」マリナ「そんなけ胸があってスタイルいいんだから言葉使いを女らしくしなよ」
コノミ「トリヤマさんが今のリュウコちゃん、女優の仁科ナントカの若いときに似てるっていってたよね」
リュウ「どうでもいいけどよ、なんかスースーして落ち着かねえよ」

66 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 09:12:51 ID:dJrkEd3RO
「贖罪の向こう側」
コノミ達の保育園に紙芝居のおじさんが来た。
おじさん
「さあ・昔ウルトラマンは地球人を惨殺しました」
紙芝居を見て驚く子供達。「宇宙飛行士のジャミラさんはアメリカに見捨てられ、平和会議に自分の境遇を訴えようとしただけなのに、ウルトラマンと科特隊に殺されました」聞いている子供たちのなかには泣きだす子も。
ミライ「ウソだ!」(怒)珍しくミライ感情を露にして紙芝居やに掴み掛かる。

67 :「贖罪の向こう側」の続き:2006/11/18(土) 09:27:41 ID:dJrkEd3RO
紙芝居屋
「ほう。ガイズの隊員さんもこうしてジャミラのように暴力でかたずけようとするのかね。」
ミライが掴み掛かる手を払いのけ、こう言い放つ。
「本人に確かめればいい」一転空が暗黒に!
ジャミラが市街地に出現!コノミ
「みんな逃げて!」子供達を非難させる。
ミライ
「お前はいったい誰だ」
紙芝居屋、変身!
その正体はズール星人!
「地球もウルトラマンもたくさんの宇宙人に恨まれている、貴様等が倒れるまで我らの恨みは続き、果てることはないのだ」

68 :「贖罪の向こう側」の続き3:2006/11/18(土) 09:58:25 ID:dJrkEd3RO
ジャミラ街を破壊する。
スペル星人も出現。
ビルを壊す、家を踏み潰す。
ズール星人
「君はまだ若い、この星の住人は手が血で汚れている。お互い殺しあい、憎しみあう者に手を貸すなど愚の骨頂だ」ミライを説得。

ガイズ本部
トリヤマ「あんな化け物、さっさと片づけてしまえ!」
テッペイ
「変だな2体ともプロテクトが 掛かってて、データーが閲覧できません」
サコミズ「2体とも人間だからね」一同驚く!
サコミス
「スペル星人は核兵器が手放せない人類の未来、ジャミラは2大国の冷戦の過度の宇宙開発の犠牲者」

69 :「贖罪の向こう側」の続き4:2006/11/18(土) 10:42:29 ID:dJrkEd3RO
ズール星人
「自らの繁栄を弱者や貧困層への犠牲にして築く事しか出来ない人類は宇宙進出で災いを招く種だ」
「人類を滅ぼす為手を貸してくれ」ミライ振り切る
「僕は・いきます!」
ズール星人金縛り光線発射!ミライ激痛で悶絶!

銃声一発
トライガーショットを構えたリュウ倒れるズール星人。
「大丈夫か!ミライ!」
リュウに抱えられるミライ「リュウさん、僕はどうしたら……」見つめる二人。街にジャミラが吠える。
悲しみが響きわたる。


70 :贖罪の向こう側の続き5:2006/11/18(土) 11:19:00 ID:dJrkEd3RO
リュウ
「あいつら、俺たちと同じなんだってな」
「もし俺があいつらと同じになったらお前が俺を…」ミライ絶叫!「嫌です!」リュウ「お前…」絶句。

サコミズ
「本部からの通達は被害拡大を防ぐ為迅速に処理しろ、ということだ」
一同重苦しく「GIG」
リュウ
「お前ここで見ていろ」
ミライ「リュウさん!」
リュウ
「お前が好きで、憧れてた人類って奴をお前が殺すのは俺はさせたくない」
リュウ戦火の街へ走りだす。

71 :贖罪の向こう側の続き6:2006/11/18(土) 11:37:26 ID:dJrkEd3RO
リュウ、ジャミラにトライガーショットを放つ!
ジャミラ火炎放射!リュウに炎が迫る!
リュウ「ぐはぁ!」
仰け反り倒れるリュウ。
視線の先に物陰に隠れた少女がいる。「あついよう」リュウ少女に笑顔で
「大丈夫だ、今助けてやる」近付き、抱き抱える。
ジャミラ気付いて振り向くリュウ
「バカ野郎!てめぇ人間の心も誇りもなくしちまったのかよ!」
ジャミラ動き止まる。

72 :贖罪の向こう側7:2006/11/18(土) 12:00:38 ID:dJrkEd3RO
スペル星人ジャミラに迫る。ジャミラ我に還り、リュウに攻撃しようとする!
リュウの前に光が!
メビウスが立つ!
リュウ「ミライ…」
スペル星人パンチを放つ、メビウスかわして投げ飛ばし、構える。
後ろからジャミラタックル。メビウス倒れる、スペル星人ストンピング攻撃!
メビウス脱出。態勢を建て直す。ブレイブモードチェンジ。
先行して突っ込むスペル星人をメビュゥムソードで真っ二つにして倒す。

73 :贖罪の向こう側8:2006/11/18(土) 12:15:53 ID:dJrkEd3RO
メビウス、ジャミラに光線発射!
光線を跳ね返す!
隊員一同絶句。
よろめくメビウスにジャミラのしかかる。
ジャミラ、メビウスにマウントポジションを取られ、ジャミラパンチ攻撃!
リュウ本部に連絡!
「テッペイ!何とかなんねえのかよ!」
テッペイ泣き声で
「プロテクトが外れないんですよ!何ナンですか!」サコミズ
「水。」
一同止まる。トリヤマ「サコミズくんこんな時に飲むのは」サコミズ「違います」
「ジャミラは過酷な環境変化で灼熱に曝され、強靱な肉体を手に入れ、水分を必要としなくなりました」

74 :贖罪の向こう側9:2006/11/18(土) 12:30:46 ID:dJrkEd3RO
サコミズ「今のジャミラなら単なる水は硫酸並みの驚異のはずです」
リュウ、メビウスに
「ミライ!奴に水を掛けろ!水だ!」絶叫!
メビウス手から水芸のように水を吹き出す!
ジャミラ離れ倒れる。
メビウスさらに水をホースから出る威力で手から発射!ジャミラ悶絶!呻きが悲鳴が!体が溶けていく!
ジャミラ消滅。
立ち尽くすメビウス。

数日後。
保育園に訪れたミライとコノミ。
広場の端に段ボールが積まれて置いてある。
じゃみらとすぺるせいじんのおはかと書かれていた。

75 :贖罪の向こう側I:2006/11/18(土) 12:44:02 ID:dJrkEd3RO
ミライ
「これは……」
コノミ
「みんな、暴れたのは悪いことでも、かわいそう、だからせめてお墓をたてようって」
子供達がお花をもってきて飾る。
女児が色紙で出来た花輪をお墓に掛けようと懸命に手を動かす、
ミライ、女児を抱き抱え、女児が花輪を掛けて、ミライと笑顔を交わす。
園長先生、二人に、
「この子たちが大きくなるまでには、争いも核兵器も無くなる世の中になってほしいものですね」

76 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 13:31:33 ID:OcggrUKyO
>>75
かなりいい!ちょっと泣いた。
良いだけに欲を言えば・・・スペル星人が出るのは現実的でないし、
テーマが多いとブレるのでジャミラに絞った方がいいかも。

最後に語ってエエトコドリな園長はキャラが活きてるw

77 :贖罪の向こう側を書いて:2006/11/18(土) 13:40:45 ID:dJrkEd3RO
>>76
ありがとう、書いたかいがありました。また挑戦してみます。感想がきけて良かった。

78 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 14:23:07 ID:1YZ9eoFQO
>>75 GJ!!!!すごいっすね!
これをリアルに見てみたいと思いました


79 :贖罪の向こう側を書いて2:2006/11/18(土) 15:03:20 ID:dJrkEd3RO
>>78どうもありがとう。
最初は碑の前でリュウ達が話し合うのを考えてました。それだと初代との兼ね合いが可笑しくなりそうだし、怪獣使いの遺産でも出てきた園長先生にラスト締めてもらった方がいいだろうと。
>>76
やはりスペル星人はマズイですかね?
一応核兵器廃絶ですが?

80 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 23:35:17 ID:1YZ9eoFQO
ヤベェ 書こうと思ったらジャミラ関連の話が被ることに……しかもオチまで巧いし

81 :贖罪の向こう側を書いて3:2006/11/18(土) 23:39:54 ID:dJrkEd3RO
>>80
気にしないで是非書いてください。誉めてくれてありがとう。

82 :メビオタ:2006/11/19(日) 16:43:30 ID:YTKq/shO0
「太陽のレオ」 
メリケンなど卑怯な技を使う謎のロボ怪獣キゲロシネス
によりメビウスは重傷を負った レオ自らが戦いに挑む
「怪獣は俺が倒す! お前はそこで休んでいるんだ!」
「けれど 今の貴方では!!」
「私を見くびるな!」「!!」
ゲンは レオに変身 レオヌンチャク レオ風車
で翻弄し半分を破壊するが それが敵の狙いだった
レオを道連れに自爆させるのがこの怪獣が送られてきた
本来の目的なのだ  病院ではテレビで闘いを見ていた
ミライが病室でメビウスへ変身 怪獣をメビュームブレードで破壊し
レオを助けるのだった
場所はある病室 ミライ「気が付いた!」「ここは・・・・」
リュウ「爆発をもろに浴びていなかったから 助かったんだぜ

一週間後 「何ですか ウルトラマンレオ」「私はおおとりだ」
「では おおとりさん・・・ 何ですか」「
爆炎の中で何も見えなかった・・ その時来てくれたのはお前だった感謝する
地球の平和はお前に託した頼むぞ!ウルトラマンメビウス いや・・ヒビノ ミライ!」
「ハイ!!」


83 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 17:38:55 ID:Wfj08w/P0
「勇気の心」
奇怪宇宙人ツルク星人 暗闇宇宙人カーリー星人 登場

マルと剣道で戦う補佐官。補佐官は強くマルは手も足も出ない。
トリヤマ「どうしたんだ!マル!足がなってないぞ!足が!」
マル「えぇぇ・・・あ、もう行きましょうよw」
そこで鳴るスクランブル。二人は早々と作戦室へといっていった。
サコミズ「このフェニックスネストの周辺で奇怪な事件が起こっているんです。ガードレールが真っ二つになったり道路標識が折られてたりね
あと女性が何者かに襲われる事件もおきています。」
トリヤマ「だがそれが宇宙人の仕業であるとはねぇ・・・後のはストーカーの仕業じゃないかね」
サコミズ「コノミちゃん、モニター。これを見てください。」
モニターに映ったのはファイヤーシンボルの形をした現場についていた傷である。
トリヤマはリュウを見るとちょっと怒鳴った。
トリヤマ「ま、まさか君かね!GUYSの隊員がなんでこんな事を???」
リュウ「え、俺?俺はしてねえぞ!」
否定するリュウ。そこにマルが一言。
マル「あの、これは我々GUYSに罪をなすりつけようとする侵略者の行為じゃないですかね・・・」
そこにテッペイが食いつく!
テッペイ「それだ!ドキュメントMACにツルク星人が事件を起こした際にウルトラマンレオを象ったレリーフを残したと記されています」
トリヤマ「その…鶴なんとかは女性も襲っていたのかね!」
テッペイ「いえ後者の犯人はドキュメントMACにいるカーリー星人だと思われます。」
そこにサコミズが
サコミズ「ま、犯人も分かった事だし今日は解散しますか」
マル「あ、今日、彼女と約束がありました。じゃ私は一足早く…」
リュウ「マルさんももてるもんだなー」

つづく

84 :83期待揚げ:2006/11/22(水) 03:10:01 ID:Y5t8TRj+O
冒頭。ガラガラ星人の一団が、黒装束の者を取り囲む。
ガラガラA
「我らに組み伏せば、一命は安泰じゃ」
ガラガラB
「従わねば死あるのみ」
包囲網、序除に狭まる。
黒装束返答なし。
ガラガラ一人が合図、
一斉に飛び掛かる!
次々と倒れるガラガラ。
そのうちの一人が黒装束をつかんで倒れる。
地面に落ちた装束。
姿を表す。
タイトル『宇宙剣豪ザムシャー百人斬り』

85 :名無しより愛をこめて:2006/11/22(水) 23:37:27 ID:V4llmX7K0
「約束の果て」とか「模造された男」とか、パラレルワールド扱いになった
セブンOVのエピソードのアレンジも面白くなりそうだ

86 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 01:56:46 ID:UPCITbj4O
>>65の続き
美少女に変身したリュウは南の島に泳ぎに来ていた。
リュウ「気持ちいいー」
すると海面が光り、怪獣が出現!ギマイラとダロンが海から表れた!
慌てて海から上がった、リュウ達はカバンから銃を取出し怪獣を攻撃する!
マリナ「本部に連絡して!」 コノミ「ダメ!通じない!」海水客ギマイラの催眠光線を浴びて操られ歩きだす。

87 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 11:02:35 ID:Fzz2xgaaO
>>66-75追悼あげ
御冥福をお祈りします。

88 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 14:45:22 ID:KT1YjI850
ジャミラの話よかったですね。こういう話もあったらいいのにな、メビウスで。


89 :書いた人:2006/12/01(金) 22:52:53 ID:OjjWElXvO
>>88誉めてもらえて嬉しいです。
実相寺監督追悼作を発表しますから感想をお願いします。

90 :実相寺昭雄監督追悼作:2006/12/02(土) 12:34:44 ID:9lVdh/wjO
テッペイ「おかしいなぁ…」ミサキ「どうかしました?」画面を覗く。
テッペイ「このドキュメントUDFのファイルNO.12が消去されてますが」ミサキ「あら・そう」
テッペイ「この間はプロテクトが掛かって閲覧不可になってましたが…」不満そうな顔ミサキ「知らないほうがいいのかも知れませんね」

アバンタイトル
『未来からの恐怖』

テッペイ帰宅準備をしている。
タブレットにメールが入る確認する。
差出人がヒルカワになっている。
テッペイ「あいつ…!」
内容確認
『君の知りたい情報を提供しよう。19:00に喫茶OZで待つ』
テッペイ足早に去る。

91 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 17:26:13 ID:5Y5IPHOc0
「歴史の破壊」

宇宙忍者バルタン星人、宇宙怪獣べムラー、人造ウルトラマン登場

冒頭、べムラーを連行するウルトラマン。そのウルトラマンに向けて光線が発射された。
怯むウルトラマンの隙を見てべムラーを連れ去る光線を放った主。そして二人はねじれた空間へと消え去ってしまった。
そして現在、上空に現れたねじれた空間。そこから現れるべムラー。街中で暴れ狂うべムラー。
メビウスに変身するミライ。べムラーをねじ伏せ止めを刺そうとしたメビウスの目の前にバルタンが現れる。
「お前はバルタン星人!?」メビウスは同様する。「貴様はそのべムラーを倒せない。その怪獣を倒せば歴史が変わる。」
メビウスは意味が分からなかった。だがバルタンは淡々と話し始める「その怪獣はウルトラマンが取り逃がしたべムラー。全ての始まりを招いた怪獣だ!」

92 :実相寺昭雄監督追悼作2:2006/12/02(土) 20:30:46 ID:9lVdh/wjO
>>90の続き。
喫茶OZに入店するテッペイ。店内でヒルカワを見つける。
ヒルカワと相席に着く。
テッペイ「又何か企んでませんか?」憮然として。
ヒルカワ「政府高官をゆすったら、いくつか面白いものをくれてな、これなんかどうだ」と極秘ファイルを渡す。
表紙にナンバー12と表記。
テッペイ「これって…」
ヒルカワ「防衛組織にある、蓄積されていた、戦闘状況報告、関連資料を一括してまとめたのがアーカイブドキュメント」
「たがな、その構想前で、組織が壊滅したり、混乱でしばし散逸した書類もある」とコーヒーを飲む。
テッペイ「こんな貴重な物…まさか、僕に買わせる気ですか?」

93 :実相寺監督追悼3:2006/12/02(土) 20:47:59 ID:9lVdh/wjO
ヒルカワ「やるよ。俺は忙しいから、ここの支払いを頼む」と席を立ち去る。
テッペイ無言て見送る。
帰宅したテッペイは部屋に入りファイルを取出しチェック。ファイル内容
侵略者の搭乗した円盤は、ホーク1号に撃墜された。
墜落した残骸は材質は地球の者との一致している。
宇宙人は地球人と、DNAが一致した。
細胞も同一だ

94 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 22:24:19 ID:5Y5IPHOc0
続き
バルタンの狙い・・・。それは歴史の破壊。べムラーを現代に呼び寄せ
過去のウルトラマンに囚人を逃がしたという汚名を着せる。そして地球にはウルトラマンが降り立たず
過去のバルタン星人が地球を制圧する。何とも悪質で卑怯な作戦。
ここでべムラーを倒せば歴史の破壊。べムラーを野放しにしていれば街は破壊される。
「フォッフォッフォッフォ・・・」メビウスやGUYSを馬鹿にするかのように笑うバルタン星人。
考え込むメビウスにべムラーの光線が発射される。倒れこむメビウス。
「どうすれば・・・どうすればいいんだ・・・」
すると再び空が歪み始めた。「我々はただの歴史破壊をするのではない。本当の恐怖はここからだ。」
バルタンは小さなカプセルを地面に叩きつけた。するとそこからウルトラマンが出てきた。
「これは・・・ウルトラマン?」皆が疑問に思うのは無理がない。だが一つ違うのはその体色。どす黒い色で全身が包まれているのである。
「このウルトラマンは我々バルタン星人の作り上げた結晶。本物以上の力を持つ最凶の戦士だ!!」
「本物以上?馬鹿な・・・いくら姿形が似ていようと心を持たないウルトラ戦士などいない!」
メビウスは激しく否定したがバルタンは聞く耳を持たず語りだした。

95 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 22:51:51 ID:5Y5IPHOc0
「こいつを使い、私は過去に向かう。悪の戦士の代表のウルトラマンを連れてな!」
バルタンと人造ウルトラマンは歪んだ空間に飛び込んだ。
「あれが過去と繋がる空間・・・ならば!」
メビウスはべムラーを羽交い絞めにし空間に飛び込んだ。
空間内で3対1の死闘を繰り広げるメビウス。べムラーは青い玉となりメビウスを翻弄する。
すると出口が見え、青い玉は一機の飛行機に衝突する。
「しまった!」バルタンは怯んだ。メビウスはウルトラサインを出しウルトラマンを呼び寄せた。
「歴史の修正と言えど一人の人の命を奪ってしまうとは・・・」メビウスは生と死の狭間をさ迷う男の名前を知っていた。
「おのれぇ・・・歴史が元通りに戻ってしまった!」
怒りが頂点に達するメビウス。「行けぇ!我がウルトラマンよ!殺せ!殺せ!!殺せぇーーー!!!」
メビウス怒りのバーニングブレイヴは人造ウルトラマンを貫いた。
「馬鹿な・・・バルタン星人最高傑作が・・・」
バルタンは逃げるように呟き逃げ去ってしまった。
そしてメビウスは元の空間内に入っていった。

96 :「噂の真相」その1:2006/12/02(土) 23:05:02 ID:AuSvs3ssO
吹聴宇宙人ゴシップ星人登場

ある日、GUYS JAPANに謎の映像通信が入り込んだ。
宇宙人「GUYSの諸君、私はゴシップ星人。メビウスの秘密の弱点を知る者だ。」
リュウ「弱点!?てめぇ、どういうつもりだ!」
「交渉だよ。口止料でダイヤ100tでどうだ。さもなくば、全地球人類に公表する!
取引は代表として・・・ヒビノ・ミライ隊員!君に来てもらおう」

待ち合わせ場所にミライが着くと、ゴシップ星人も姿を現した。
星人「ちゃんと一人で来たな。ダイヤはどこだ?」
ミライ「GUYSは脅しには屈しない!」
星人「ほう。いいのかヒビノ・ミライ、いやウルトラマンメビウス!
このこと知れば軍隊や科学者が君の力を研究しようと捕まえに来るぞ。
マスコミが取り囲み、子供達にも追い掛けられ、戦いに巻き込まれる人々が
増えるだろう。そんな状況で地球を守れるかな?
周りの人間も、ある者は今まで馬鹿にされていた気になって怒りだし、
ある者はしらけて君にばかり地球防衛を押し付けるだろう。」
そこへ駆け付けるGUYSのメンバー。

97 :拭えない過去:2006/12/02(土) 23:21:49 ID:bta6Qhr9O
その日は 有人ロケットが発射される日だ。宇宙センターには、たくさんのマスコミが。GUYSは念のために基地に待機していた。
ミライ「ガンフェニックスだって宇宙に行けるのに、なんで今更なんですか」
みんなは、これが日本初となるすべてが日本製の有人ロケットだということ。ガンフェニックスなんかは、外国からの輸入品ということ、だからこの日はある意味特別な日になりそうということを教えた。
リュウ「そのままどこか、適当な星にいっちまったりしてな、ハッハハ…ん?どうした?補佐官」

98 :「噂の真相」その2:2006/12/02(土) 23:23:19 ID:AuSvs3ssO
星人「丁度いい。嫌でも取引に応じるように、まずは仲間達の前で公表しよう。
メビウスの最大の弱点、それは地球での姿はヒビノ・ミライだということだ!」
マリナ「そ、そんな・・・」
星人「ふふ、驚いただろ」
マリナ「まさか、そんなことを弱点だと思っているなんて、驚いたわ」
星人「な、なに!?知っていたのか!?いや、それで何故一緒にいられる、そいつは」
ジョージ「そう、ウルトラマンであり、人間でもある俺達のアミーゴさ」
(通信)テッペイ「ドキュメントGUYSにあります。地球の友人、ウルトラマンメビウス」
(通信)コノミ「ゴシップ星人さん、キレテ・コシ・キレキレテなんですよ」
リュウ「そういうことだ。人の弱味につけ込んだつもりらしいが、俺達には関係ないぜ!」
ミライ「君が抵抗しなければ、僕達は戦う意志はない。投降するんだ」
星人「ふざけるな!こうなったらウサ晴らしに人暴れしてやる!!」
巨大化するゴシップ星人!

99 :拭えない過去 の続き:2006/12/02(土) 23:52:32 ID:bta6Qhr9O
見ると補佐官、ミサキ女史、マル、サコミズ、しかもミライまで暗い顔になっていた
ジョージ&コノミ&マリナ&リュウ首を傾げる
ジョージ「おいおいどうしたみんなして」
マル「実は、そういう例は少なくとも40件以上は……」
一同「40件以上!?」
ミライ「僕も、聞いたことがあります。同じ星の住民なのに……技術力で争い、憎み合う、そんな悲しい過去を……」
そうして重々しい空気に包まれてる中、突如サイレンがなる。
コノミ「宇宙センターの近くに怪獣出現」
テッペイ「…まさかね…」と微笑する
コノミ「モニターに映します レジストコードは──」
テッペイ「…やっぱり……ジャミラだ……!!」
テッペイは青ざめて言う。
リュウ「なんだ?やっぱりって」
テッペイ「はい、この怪獣、いえ、ジャミラは元は人間なんです。宇宙に置き去りにされた……」
補佐官「な、なぜ君がそれを知っている?」
テッペイ「知ってるも何も……僕は怪獣好きなんです。知ってて当然です」
一同、なんかずれてるなぁと首を傾げる
テッペイ「あの悲しい声……人を恨んでるような……でも寂しがってるような……人の勝手なエゴによって存在すら否定された怪物。忘れようにも忘れられません」

100 :「噂の真相」その3:2006/12/02(土) 23:55:47 ID:AuSvs3ssO
街の中心部を目指して飛び立った星人を、メビウスとガンフェニックスが追う。
空中戦、星人の意外な素早さに戸惑うメビウス。だが牽制で撃ったつもりの
ライトニングカウンターが当たると星人は脆く、失速そして墜落していく。
「キャプチャーキューブ!」
星人は街の上空で停止し、被害は未然に防ぐことが出来た。

星人「・・・私をじっくり処刑するつもりか」
メディカルウェイブで星人の治療をするメビウス。
メビウス「君達の種族の噂は聞いている。怪獣災害にあった星々を慰問し、
再建のための寄付をしていると。地球産のダイヤは他の星でも貴重だ。だから君も
そのためにこんなことをしたんだろう。だけど人を救うのは、正しい力でなくては・・・」
星人「私の完敗だ。もしも許されるのなら、この星で働くチャンスをくれないか・・・」

数日後、遊園地で風船配りのアルバイトをして大人気になっている星人の姿があった。
稼いだお金は、代理人であるサコミズ隊長を通して、地球の怪獣災害遺児のために
役立てられているという。

(完)

101 :実相寺監督追悼作4:2006/12/03(日) 01:01:48 ID:ecvWp3spO
>>90:92-93の続き。
テッペイ「そんな…そんなことが…」愕然とする。

アラスカ米軍基地。
突然大陸間弾道弾ミサイルが発射態勢になる。
慌てる軍人達。
職員が、必死に発射を止めようとコンピューターに、アクセスするが、拒絶される。
ミサイルが発射台から、発射されていく。
成層圏に到達して爆発。
基地司令
「自爆ボタンが作動しなかったら、世界が破滅するところだ」
吹雪のなか、WW2の爆撃機を思わせる機体が飛び立っていく。誰も気付かないまま。

102 :漆黒の覇者:2006/12/03(日) 20:24:55 ID:no2IXUor0
ある日の夜、パトロールに出たGUYSは触手を持った怪物に襲われる老人を助ける。
その老人は、マケット怪獣の父ともいわれた生物工学者ミズノ博士だった。
思わぬゲストの到来に沸くクルーたち。しかし博士はミクラスとウインダムを見た途端、
その性能に腹を立て、「まるでなっておらん」と言い捨てるとさっさと帰ってしまった。
博士が機嫌を悪くした訳は、元々計画されていた人造怪獣使用のマリオン怪獣計画が、
暴走の危険を踏まえて時間制限付の高分子ミストを使用した、
マケット怪獣計画に変更されてしまったためだった。
地球を守る最強の怪獣を創りたかった博士には、その変更が我慢できなかったのだ。
(博士は採用候補としてブラックキングを挙げていた。)



103 :漆黒の覇者:2006/12/03(日) 20:28:01 ID:no2IXUor0
しばらくして、博士を襲った触手の分析結果がでた。その触手はなんと、
魚類と植物の性質を兼ね備えたものだった。
ドキュメントMATのレオゴンがテッペイの脳裏をよぎる。
時を置かずに湾岸の都市に怪獣が出現。その姿から、
博士を襲ったものと同一個体、姿は違えどレオゴンだと確認された。
GUYSは出動するが、背中から発射されるホウセンカの能力を発展させた散弾攻撃に苦戦する。
ブリンガーファンで吹き飛ばすことも考えたが、
撒き散らされる種は強力な爆弾と化しておりうかつに手出しが出来ない。
弾薬の詰まった背中は弱点にもなっているのだが、
攻撃は激しく、マニューバモードでも狙いをつけることは難しかった。
そうこうする間にも街はじわじわと怪獣の伸ばす蔦に覆われていく。
蔦のあちこちで急速に実るまだらの実。ミライはメビウスに変身しようとするが、
突如として白煙が立ち上り、漆黒の装甲に覆われた怪獣が出現、
アナザーレオゴンとの戦闘を開始した。


104 :漆黒の覇者:2006/12/03(日) 20:30:11 ID:no2IXUor0
強い! 凄まじい怪力と、迸る強力な電撃で、瞬く間にレオゴンは粉砕されてしまった。
あまりの出来事に呆然とするGUYSだったが、黒い怪獣は街にも攻撃を加え始める。
「やっぱり敵か!?」これを止めるべく攻撃が開始されるが、
必殺のインビンシブルフェニックスでも装甲を砕くに留まり、
怪獣はダメージを気にするでもなく背中からの熱線で街を焼き払った。
ミライはメビウスに変身して立ち向かうものの、その実力は伯仲し、
勝負が着かぬと悟ったか、黒い怪獣は出現したときと同じく
白煙とともに忽然と消えた。
その後、司令室にミズノ博士から通信が入り、
黒い怪獣はマリオン怪獣「エヴォラス」だったことが判明する。
街へ攻撃を加えたことについてクルーから非難の声が飛ぶが、
繁茂した蔦に実っていたものはレオゴンの卵であったことが判明。
あのまま放置していたら、一時間も経たないうちに何十匹ものレオゴンが孵化して、
一帯が壊滅したかもしれなかったとテッペイが分析した。
勝ち誇ったように笑みを浮かべ、通信を切る博士。
(エヴォラスの行動は正しかった、でも……)
結果的に危機は回避できたものの、
クルーたちの胸にはやりきれない思いが残るのだった。

105 :漆黒の覇者:2006/12/03(日) 20:40:10 ID:no2IXUor0
忘れ物、>通信を切る博士のまえに、
「私のエヴォラスがマケット怪獣の代わりに
採用されることを期待していますよ」のセリフを付け足してください。
ちなみに後編に続きます。

マリオン怪獣計画
マケット怪獣計画以前に企画されていた防衛計画のひとつ。
人工的に合成したマリオネット怪獣を、中枢神経内部のコントロール装置で操る。
能力の強化は他の怪獣のデータを遺伝情報の形で組み込むなど、
マケット怪獣計画に活かされた点も多い。
しかし、使用する怪獣が実体であることなどから暴走時の危険性が問題視され、
マケット怪獣計画に切り替えられた。


106 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 17:01:12 ID:qHswdmKG0
「メビウスの十字架」

宇宙恐竜ゼットン、彗星怪獣ドラコ、宇宙忍者バルタン星人登場

ある日、空が真っ赤に覆われた。それは何かの前触れのように・・・。
早速、GUYSは出動するが空が赤く覆われているだけで変わった変化がまったく無い。
しばらく旋回し帰ろうとしたミライの頭に何者かの声が聞こえた。
「フォッフォッフォ・・・メビウスよ・・・」
「貴様はバルタン星人!」
歴史の破壊に失敗し逃げ去ったバルタン星人の囁く声が聞こえた。
「今度は何を企もうとしている!?」
「フォッフォッフォ・・・お前の抹殺とでも言おうかな」
「何だと!」
「歴代から数えてただ今の勝負は9回表。明らかに貴様らウルトラチームの勝ちだ・・・と言いたいところだが勝負は何があるかは
分からない。今から新人投手に向けて私が逆転サヨナラ満塁ホームランという死の花火をあげてやろう!」

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)