5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【悲しみなんか】宇宙警備隊員養成所【無い世界】

1 :メビウス訓練生:2006/09/30(土) 04:57:29 ID:lWfZd1z50
タロウ「メビウス、ネタスレ5つの誓いを言ってみろ!
メビウス「1つ!長くなる投稿のタイトルはナンバリングすること!」
     「1つ!ネタでもHなのやグロいのは避けること!
     「1つ!僕たちのゾフィー隊長は常に尊敬すること!」
     「1つ!ウルトラ兄弟の絆は永遠のものであること!
     「1つ!連投で感想を書く時間を削らないこと!」
     「1つ!気に入らないネタは文句を言うんじゃなくてスルーすること!
タロウ「よし、では今日も特訓だ!」
メビウス「教官!大変です!
タロウ「ん?どうした?」
メビウス「ネタスレ5つの誓いが・・・↑6つあります!」
タロウ「Σ(゚д゚lll)」

前スレ:【タロウ】宇宙警備隊員養成所【メビウス】
ttp://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1155709190/

このスレは
∞∞ ウルトラマンメビウス Part 36 ∞∞
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1155137763/
より立てられました

2 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 05:05:27 ID:lWfZd1z50
メビウス「教官すいません!スレタイに”2”」って入れるの忘れました。
      まだまだ修行が足りません・・・特訓お願いします!」

3 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 09:25:00 ID:8MgsXe+bO
ゾフィー「ではバリアの訓練だ。M87光線を受けとめてもら・・・タロウよ冗談だからその構えをといてくれないか」

4 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 12:45:42 ID:Us8UlV94O
しこしこぴゅっぴゅ

5 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 12:48:50 ID:6tA3mPWRO
タロウ 「今日も特訓だ!」
メビ 「はいっ!」
タロウ 「今日は切断技の特訓をしよう」
メビ 「エースさんが得意としてる技ですね!」
タロウ 「うん。ただ、キミの場合はブレスレットでエネルギーを剣のように出来るから、それで特訓しよう」
メビ 「えぇっ!? このブレスレットにはそんな機能も着いてたんですか!?」
タロウ 「(父さん、説明書渡してないな)と、取りあえず、光線を出すのと同じ要領で剣の形をイメージしてみよう」
メビ 「はいっ!
…………あれ?」
タロウ 「あ、馬鹿っ!
覗き込むな!」
メビ 「うわぁぁぁ……」



タロウ 「父さん、メビウスにブレスの説明書渡してないでしょ……」
父 「おぉ、そうだった
母さんとの約束が合って急いでたからなぁ
久しぶりにデートがしたいって言われたときはビックリしたよ」
タロウ 「……」

6 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 18:06:38 ID:X73odLCU0
ミライ「もしかして貴方は!」
ハヤタ「地球での名は…」

ミライ「黒松教授!! 神戸で何を企んでいる!?」
ハヤタ「えぇ!!」


ダン「おいおい…」
郷「どうした?」

ミライ「あ! 天王寺に怪人二十面相!! くそっ…北斗さん一緒に戦いましょう!」

北斗「誰だ…別の世界を教えた奴は…」



ノア「てへっ!(≧∇≦)」



7 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 18:24:07 ID:v5uc3xRS0
>>6
ウーロン茶の噴水吹いたwww
ノアさんwww

8 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 18:25:01 ID:v5uc3xRS0
そして若き勇者よ、乙!
今より君はウルトラマンだ!

9 :しんぱい。1/2:2006/09/30(土) 18:45:14 ID:v5uc3xRS0
ウルトラマンメビウス―
若き勇者が地球に向かった翌日……

タロウ「ああ…心配だ……大丈夫だろうか……」
ゾフィー「おい、タロウ」
タロウ「(頭を抱えながら)不安だ!凄く不安だ!」
ゾフィー「タロウ〜」
タロウ「地球の人の戦闘機と激突事故起こしたり、注射が嫌いで逃げ出したり
宇宙人の罠で精神鑑定受けさせられたり…僕は見たんです!っていっても『ぶったるんどる!』って一蹴されたり…」
ゾフィー「タロウさ〜ん」
タロウ「偽の弟に騙されて一触即発になっちゃったらどうしよう!(もちろん私はメビウスに付くが…)
ああ〜心配だ!心配すぎる!!」
ゾフィー「…エンマーゴ」
タロウ「ひゃっ!(首をすかさず押さえて)あ、ゾフィー兄さん!いつからそこに!?」
ゾフィー「…最初からいたよ…一体何をそんなに悩んでるんだ?」
タロウ「いえ、実はメビウスの事が心配で心配で夜も眠れなくて…
ああ、ちゃんとご挨拶出来たかな…お化け怖いって泣いてないかな…」
ゾフィー「(度を過ぎた師匠バカだな…)
しっかりしろ、お前が鍛え上げたんだろう?自分の教え子信じなさい、ホレ信じなさい」
タロウ「そう……ですね!ちょっと心配し過ぎてました!流石兄さん!」
ゾフィー「ははは、まあな。だが、万一の事が起こったときは大変だ。今、4兄弟は戦えないからな…
よし、久しぶりに特訓だ!私が相手してやろう!」
タロウ「兄さん……よろこんで!」

10 :しんぱい。2/2:2006/09/30(土) 18:52:24 ID:v5uc3xRS0
だが、タロウは知らなかった……
世の中上には上がいたことを……!

―34年ほど前…

セブン「大変だ!地球のエースがウルトラサインを―」
ゾフィー「なにぃぃぃぃっ!?だから心配だと言ったんだ!怪獣以上の強さを誇る超獣とは!」
ジャ…先輩「よし、助けにいきま―」
ゾフィー「私が急行する!えっとコンバーターコンバーター…セブン!雑事任せた!」(異次元テレポーテーション)
マン「あ、行っちゃった。」
セブン「はぁ…これ全部俺がやるのか…(涙)」

その1年後―

母「大変です…地球でタロウが強敵に敗れてしまって…」
ゾフィー「なにぃぃぃぃぃっ!本当ですか!?」
母「え、ええ…ですから―」
ゾフィー「ええい!憎き怪獣め!タロウの仇は私が取ります!
待ってろよ、いま兄ちゃんが助けに行くからな!!大隊長!お仕事お任せします!」(テレポート)
母「このキングブレスレットを届けて…ってあら?」
父「母さん…任せてあげなさい…それにしても、わし上司なのに…(涙)」

11 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 19:04:31 ID:RZ3Z9/YT0
ゾフィーの弟思いも度が過ぎてるところまできてたんだな。
だがそんなお兄ちゃんが大好きだw

12 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 19:04:43 ID:pg7zrAyIO
>>9-10
ちょっ、A&タロウ現役当時のゾフィー兄さんもタロウ教官も心配しすぎwww

13 :名無しより愛をこめて:2006/09/30(土) 21:14:49 ID:2ES1Sjpr0
そのせいで勝てないのと違いますかたいちょ(´・ω・`)

14 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 00:40:26 ID:4v1Y9jWuO
ウルトラ兄弟の初期メンバーは元から兄弟っぽい関係のゾフィー・エース・タロウなんだろうか。

15 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 01:07:38 ID:Q6L6NuZdO
マンとゾフィーが会ったのはゼットン戦の時が初めてのようだしね。
マンやセブンが成り行きで地球に留まったのが兄弟がつくられたきっかけのようなものだし。


16 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 06:30:26 ID:Ro7GzT8W0
てぇと、地球滞在者連の世話役ゆえに
長兄ポジションなわけか。>ゾフィー

17 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 14:42:08 ID:5RUPvZnc0
んで、地球滞在の先駆けとなった二人をその次に次男と三男につけた訳か

18 :名無しより愛をこめて :2006/10/01(日) 14:51:59 ID:+LQmGbPX0
隊長→父さん 先輩→兄さん

お笑い芸人や演歌歌手やお相撲さんみたいな世界だね

19 :名無しより愛をこめて:2006/10/01(日) 20:43:28 ID:jhaby6BVO
STORY0でも、今のところ兄弟っぽいのはゾフィーとエースだけですな。

20 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 00:46:59 ID:7Fl8zsSG0
前スレの埋メテオール使用限界時間経過

21 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 01:06:23 ID:b0Sbi37H0
前スレが埋まったねー。
ところで誰かログ保存してる人っている・・・?
もしまとめるならそれがないと大変なことに・・・

22 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 01:11:05 ID:23VGZ9+a0
今ならまだ保存出来るぞ、勇者>>21よ頑張ってくれ

23 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 01:11:48 ID:Y5mm+gJy0
保存しているよ。
結構、皆していそうだけど。

24 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 01:15:35 ID:ifv5Llj40
>>21よ、これを授けよう……
【にくちゃんねる】
http://makimo.to/2ch/index.html

これがあれば落ちたスレや埋まったスレをもう一度見返すことが出来る……
今の君に必要な力だ!

25 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 01:24:19 ID:ueaEx8+A0
タロウ「お、メビウスからのウルトラメールが届いているな・・
なになに?『防衛隊の基地が変形してヤプールの侵入口を塞ぎました』
へえ〜最近の地球の防衛隊も頑張ってるんだな」
ジャック「俺の頃はジープに水道管・・もとい、バズーカ積んでの
肉弾戦だったよ」
タロウ「・・(いつからそこに?)そうなんですか」
マン「私の頃は、ウランをヘリで吊り下げて怪獣を誘き出してたな」
タロウ「・・(この人もかよ)それは、危険な作戦ですね〜」
セブン「私の時はパツキンのねえちゃんが、凄い爆弾作ってくれたな」
タロウ「・・それはそれは」
ゾフィー「まあ、そういう積み重ねがGUYSの戦力になっているんだ
ろうね」
タロウ「戻ってらしていたんですか、隊長」
ゾフィー「何を言っている?戻るも何も、私はずっと光の国にいるが?」
タロウたち「・・・(ばれていないと思ってる所がある意味すげぇよな
しかも全身からエスプレッソの香り漂わしてるし・・)」
今日も教官室はウルトラ兄弟達の溜まり場になっていくのだった・・

26 :ヒカリ:2006/10/02(月) 01:24:39 ID:b0Sbi37H0
ありがとうございます!
この力は・・・必ずやネタスレを守るために使います!

27 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 01:35:49 ID:ytip9+ka0
タロウ「(小声で)でも基地自体が飛んだりするのは俺の時からだよな・・・」
セブン&レオ「俺達の基地は最初から浮いてるぞ」
80(もしかして、僕の時に普通の基地に戻ったのはMacが喰われたからなのかな?)

28 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 12:32:05 ID:YJOeaGhf0
アライソ「おい小僧!シンナーに気をつけて、主翼塗んな!」
リュウ 「おう、とっつぁん!」

29 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 13:03:07 ID:Z1xB/tvS0
>>28
ワロタ

30 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 13:06:09 ID:X4Aw2Nlu0
タロウ「隊長はいつも若々しいですね。奥さんに食事とかも気を使ってもらってるんじゃないですか?」
ゾフィー「そうなんだよ。油もエコナとか使ってもらってね。」
うろ覚え。

31 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 16:51:36 ID:dz0YBqs40
奥さん役の人美人だよねw

32 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 17:13:04 ID:7RPdOeCl0


33 :しんそう。:2006/10/02(月) 18:23:38 ID:C6egSbD/0
>>9-10書いた人です、ハイ。


タロウが地球に派遣された頃……
もう一人の男がしきりに彼を心配していた事は想像に難くない……
そして、火山怪鳥バードンの前にタロウが倒れ伏した時……
二人の男が熱く戦っていた。

セブン「だから!兄さんはエースの時に散散助けに行ったじゃないですか!?」
ゾフィー「しかしだな!エースは私の弟のようなもので……!」
セブン「だったらタロウは私の従兄弟です!」
ゾフィー「だってお前エースの時も命あげたり治療したり美味しいとこ取りじゃないか!」
セブン「しかし兄さんの方が遥かにインパクト強いです!もはやフラグ立ってますよ、あれ!」
ゾフィー「お前はこの前行っただろ!ほら、あの亀の時!」
セブン「あれは時効です!」

ゾフィー「どうしても退かないのなら……ウルトラ族に伝わるアレで勝負だ!」
セブン「勝っても負けても遺恨無し、よろこんで!」


マン「こんな具合だったから」
エース「俺達は単独で」
ジャ…先輩「救援に行けなかったんだよ(ドロボンの時は別に助けに行った訳じゃねぇし…)」


セブン・ゾフィー「ビーム!シュワッチ!ビーム!シュワッチ!」

34 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 18:31:44 ID:ytip9+ka0
>>33
で、兄さん勝った挙句にバードンにあのザマか・・・
セブンが勝ってたら・・・

35 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 18:35:33 ID:iHeXT2wu0
631:名無しより愛をこめて[sage] 2006/10/02(月) 18:31:53 ID:iHeXT2wu0
前スレ991を玄田ボイスで脳内再生した住人は、
もうまともにヤプールネタを書きこむことすら出来まい……
フハハハハハ!!!!!

632:631[sage] 2006/10/02(月) 18:33:12 ID:iHeXT2wu0
>>631は誤爆です
失礼しました。


アサミ博士「ヤプールって、ほんとにおバカちゃんね」

36 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 18:37:59 ID:ytip9+ka0
>>35
多分、こっちに書き込もうとしてまちがえたんだろうな

37 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 18:49:29 ID:Ok1YWob60
父「母さんそろそろもう一人どうだね」

38 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 18:53:33 ID:iHeXT2wu0
>>36
志村、ID、ID!!

39 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 18:57:55 ID:ytip9+ka0
>>38
俺のIDがなんだと言うんだ?

40 :ヤプール緊急会議 その1:2006/10/02(月) 21:17:17 ID:oVwI6kY60
GUYSの活躍により異次元のゲートが塞がれてから数日後、地球に潜伏していたヤプール人たちが一同に集結して緊急会議を行っていた。

東京某所 一戸建て(貸家)の居間

ヤプール1「この次元に閉じ込められてしまったワケだが、どうする?」
ヤプール2「こうなれば我々だけで総攻撃をするしかない!」
ヤプール3「そうだそうだ!」
ヤプール4「ところで、5号がまだ来てないようだが?」
ヤプール6「あぁ、5号はハンバーガー屋が忙しくて来られないそうだ」
ヤプール7「あと老人ホームで老人を洗脳してる8〜10号も来れないって連絡があったぞ」
ヤプール1「えぇい!話が逸れた!本題に戻すぞ」
ヤプール7「ちょっと思ったんだが、ここにいる人数で総攻撃をしかけてもあっという間に全滅させられるのが関の山だ」
ヤプール11「じゃあどうするんだ!」
ヤプール7「とりあえず、これまで通り自由行動をとったほうがいいだろう」



41 :前スレ859を改変:2006/10/02(月) 21:19:44 ID:iHeXT2wu0
映画公開前

ヤプールA「さて、我々が大活躍する映画がいよいよ公開されるわけだが」
ヤプールB「なんとか公開週だけでもTOP10入りしてくれないかな・・・」
ヤプールA「弱気なことを言うな!目標5位だぐらい言えんのか!!」
ヤプールC「5位ってw強気なんだか弱気なんだかw」
ヤプールB「でも松竹とかいう配給会社が全然宣伝してくれない・・・」
ヤプールA「む、むぅ・・・それを言われると・・・」
ヤプールC「でも、KIYOSHIさんが憎きウルトラ兄弟を引き連れて歌番組に出てくれるそうですよ」
ヤプールA「それがせめてもの救いか」
ヤプールB「ああ、どうなることやら・・・」

映画公開

ヤプールC「なんか凄い入りですよ!各地で満員との報告が来てます!」
ヤプールA「Uキラーザウルス・ネオでマジ泣きするチビッコが続出だそうだ!」
ヤプールB「し、信じられない・・・」
ヤプールC「ちょwwwパンフが売り切れちゃった館がいくつもあるそうですw
       あと、Uキラーザウルスのシフビも売れまくってるそうですwww」
ヤプールA「なにー!!!一体どうなってんだ!?」
ヤプールB「(卒倒)」

週明け

ヤプールC「ランキング出ました!動員で3位です!!」
ヤプールA「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━━!!! 100館以上多い『出口のない海』より上かよw
       松竹とかいう会社への嫌がらせは大成功だ!フハハハハ!!」
ヤプールC「でも、ウチは子供客が多いから興収では少し落ちるかも。それに来週以降急落するかもしれないし・・・」
ヤプールB「大事なのは最後まで諦めないことだ。信じる力が勇気になる!」
ヤプールA「希望がある限り、最後まで諦めずに嫌がらせをする。それがヤプールだ!!!」
ヤプールC「ちょwウルトラ兄弟に毒され過ぎwww」


42 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 21:27:55 ID:KagynuEo0
>>35
母「どうしょう・・・今更・・・」
父「どうした?」
母「出来ちゃいました、子供が」
父「おお!!それは目出度い!!」
母「えぇ、それは良い事なんだけど」
父「まぁ・・・タロウが何て言うか・・・」

父「取り合えず、タロウや他の兄弟たちには内緒にするか
  それより、この子が男の子だったらメビウスと名付けよう!!」



無意味にメビウス隠し子説を打ち立ててみる

43 :ヤプール緊急会議 その2:2006/10/02(月) 21:29:02 ID:oVwI6kY60
ガラガラ

ヤプール12「すまない!遅れてしまった」
ヤプール1「どうしたんだ12号!国会で順調に活動してるオマエが会議に遅れるなんて」
ヤプール12「それが、ここに来る途中で老婆に道を聞かれて。頭に来たから、自転車の後ろに乗せて目的地まで拉致してやった」
ヤプール1「まぁいい。ちょうど会議もまとまったところだ」
ヤプール12「すまない。お詫びと言っては何だが老婆から貢物として入手した柿が大量にあるから、これでも食おうか」
ヤプール2「俺が切ってくる(柿を持って台所に行く)」
ヤプール3「そういえば、もう夕食時だな。よし近所の連中からの貢物のカニがあるから、それを出そうか」
ヤプール4「おい!来れない5号と8〜10号の分のカニも残しといてやれよ!」

こうして秋の夜は更けていった。

44 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 21:58:01 ID:b0Sbi37H0
ヤプールにものすごく親しみを感じるな、これw
旬なネタも盛り込まれててGJ

45 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 21:59:46 ID:ytip9+ka0
やっぱ良いなこのスレは

46 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 22:17:53 ID:LTwU39r30
ヤプールの方々は何号までがこの次元に
残されてしまっていただけているのかw

配給会社への嫌がらせは大いなる成功を
収めていますな!

47 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 22:30:06 ID:iHeXT2wu0
>>43
割り込んでしまって申し訳ありませんでした。
これも我々異次元人の嫌がらせの一環としてご理解ください。

                                ヤプール

追伸
>>41
>ヤプールA「弱気なことを言うな!目標5位だぐらい言えんのか!!」 は、
ヤプールA「弱気なことを言うな!目標5位だぐらい言えんのか!!貴様ぶったるんどる!!!」
に差し替えてください。


48 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 22:34:51 ID:fM84umtX0
>>47
ヤプール! おまいらは本当の悪魔だ!www

49 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 22:41:44 ID:iHeXT2wu0
追々伸

一部異次元語が紛れたことをお詫びします。
異次元ではソフビのことをシフビと呼んでいます。
異次元語を理解できない、愚かな人間どもを混乱させる嫌がらせですので何卒ご理解ください。

50 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 22:49:28 ID:ytip9+ka0
良いなぁ、悲しみの無い世界
・・・と自我自賛な前スレ934
2付け忘れたけどさ・・・

51 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 23:03:27 ID:2yRhcEyR0
ヤプールにも全然悲しみなんかないのがいい。

52 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 23:13:04 ID:ZnrgwNsR0
>松竹とかいう会社への嫌がらせ
GJ!!!


53 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 23:36:53 ID:iHeXT2wu0
とある喫茶店にて

ヤプールA「先週は映画とテレビで同時に全国のチビッコ諸君を恐怖のドン底に陥れてやったぞ」
ヤプールB「きっとおねしょした坊ちゃんたちが続出してますよw」
ヤプールC「フハハハハ!む、そろそろ時間だ。撮影所に向かわなければ」
ヤプールA「まあ、待て。遅れて行けばスタッフや他のキャストへの嫌がらせになる。
       もうしばらくコーヒーを堪能しようではないか」
ヤプールC「なるほど!おまえ冴えてるな」
ヤプールA「フハハハハ!!」
ヤプールB(あ、監督から送られてきた封筒をまだ開けてなかった。「注意事項のため必読」とか書いてあるな。
       ま、たいしたことあるまい。フハハハハ)

約1時間後、ヤプールたちが撮影所に到着

ヤプールA「待たせたね、諸君。今週もおまえたちを恐怖のドン底に陥れてやろう。フハハハハ!」
アサミ博士「ちょっとあなたたち!」
ヤプールC「む?」
アサミ博士「あなたに、あなた・・・それにあなたも!57分前までコーヒーを飲んでたでしょう!しかもかなりの量を!!」
ヤプールA「そ、それがどうした?」
アサミ博士「ちょっと、○○さんどういうこと!?」
○○監督「わ、わたしはちゃんとヤプールさんたちに手紙を出しましたよ。しかも封筒に注意書きして速達で!」
ヤプールB「も、もしかしてこれのことか!?」
ヤプールC「お、おまえそんな大事なモノをなぜすぐに確認しなかったんだ・・・」
ヤプールB「い、いや、その・・・」
アサミ博士「そう、あなたたちの落ち度なのね。恐怖のドン底に叩き落としてやるわ!!!」
ヤプールA・B・C「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


その後撮影所でヤプールたちの姿を見かけた者はいないという

54 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 23:43:09 ID:OC8etLN/0
>>53

フジサワ・アサミ
ドキュメントGUYSに記録が残る異次元物理学の権威。
その研究は他の追随を許さず、奇抜な発想でヤプールの侵攻を阻止する。
氏の最大の功績は、恐怖を糧とするヤプール人を
「コーヒーを飲んだ」という理由で逆に恐怖のどん底に叩き込んだ事であろう。
なお、GUYSJAPAN隊長のサコミズ・シンゴも
複数回に渡り彼女の先例を受けているらしく、
彼女の来訪に関し、極端に動揺を見せていたことが確認される。


テッペイ「ふう、こんな感じかな?」

55 :名無しより愛をこめて:2006/10/02(月) 23:45:51 ID:b0Sbi37H0
ドラゴリーを出し抜いたことに合点がいったw

56 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 00:07:17 ID:+dnQXq6nO
>>53
それで25・26話でヤプールは出てこなかったのかw

57 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 00:23:06 ID:9I4rCjzl0
勝手に>>54の続き


翌朝、オペレーションルームにて怪獣博士ことクゼ・テッペイが目にした光景は
恐るべきものだった。
彼自慢の怪獣フィギュアコレクションが、忽然と消失していたのだ!

テッペイ「ああっ! 僕のコレクションがない!!」

そして背後に忍び寄る影ひとつ―――――

フジサワ「……見せて貰ったわよ、ドキュメントTK……(ニヤリ)」
テッペイ「!! フ、フジサワ博士!
     あ、あれにはかなり、厳重なプロテクトを掛けてあったのに……」
フジサワ「わたしを誰だと思っているのかしら、怪獣博士?
     ここにあったキミのコレクションは有効活用させて貰うからね、アディオス!」
テッペイ「そ……そんなぁ……! せ、せめてバードン返してください! バードン……!」


サコミズ(ああ……バードンとフジサワ博士、どちらも恐ろしい……)

58 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 00:24:43 ID:9I4rCjzl0
あードキュメントGUYSにすれば良かった。スマン。

59 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 00:30:16 ID:U2bhCguZ0
>>57
机の上にウルトラ超合金とソフビ並べて
劇中シーン再現ごっこをしてる俺としては恐ろしい話だ
今もジャックがナックル星人をウルトラ投げしている

60 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 00:35:10 ID:2kPdaoNn0
ヤプールの会議みててクロ高の四天王思い出したw

61 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 06:00:02 ID:xhOrkB1L0
>>57
アディオスてw

62 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 07:58:53 ID:Z7Z6pYgM0
そりゃアレだろ
ジョージと二人きりの時にスペイン語教わってるんだろ
どこで? それを聞くのはヤボってもんだぜ

63 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 08:08:31 ID:PCUAXkao0
>>50
俺前スレ933。2忘れたって言ってもいい仕事したよお前。あと自我自賛は、
自画自賛だ。
それと引き続き職人さん達の作品のできには頭が下がる。これからも頼んだぜ!

64 :獅子のピンチ1/2:2006/10/03(火) 10:11:27 ID:rJXVrU5t0
レオ「ん?どうしたんだアストラ、浮かない顔をして?」
アストラ「兄さん・・・映画が盛況なんですよね・・」
レオ「うん。大健闘らしいな。」
アストラ「やっぱり・・・出たかったなぁと思って・・」
レオ「・・・アストラ、俺達は宇宙警備隊員だ。」
アストラ「・・・・」

レオ
「確かに、地球での広報活動も大事だ。悪い宇宙人の存在を知らしめる必要もある。
 何より地球の子供たちのファンレターや声援は嬉しい限りだ・・・
 だがアストラ、6兄弟不在の上に我々まで撮影に行ってしまえば宇宙の平和はどうなる?
 宇宙の平和を守る事。これが我々の最優先だろう」

アストラ「兄さん・・」

レオ
「撮影しながらは宇宙の平和は守れまい。・・いや、守れたとしても“全力”では守れまい。
 我々は宇宙警備隊員として、ウルトラ兄弟に名を連ねるものとして、
 全力で宇宙の平和を守る仕事ができる事を喜ぶべきではないかな?」



65 :獅子のピンチ2/2:2006/10/03(火) 10:11:57 ID:rJXVrU5t0

アストラ「僕が間違ってました!目が覚めましたよ!兄さん!!」
レオ「ウム、もし撮影の仕事が来ても断る、それぐらいの気構えで仕事をしよう!」

80「あ、レオさんここにいたんですか」
レオ「はい、どうかしたんですか?」
80「ウルトラの父から伝言です“地球の円谷プロから出演依頼があったから準備するように”と・・」

レオ「(゚∀゚)、ほ!ほんとですか!!!」

アストラ「・・・兄さん、今、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━って顔しなかった?・・」
レオ
「え?あ!・・そ、そんな事はないぞ!・・こ、困ったなぁ、全力で警備隊の仕事が出来ないなぁ・・
 こ、こ、断りたいなぁ・・」

80「え?そうなんですか?よろしければ僕から父のほうに話しておきますけど・・」

レオ「エッ?アッ!イヤ、アノ・・・」
ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

66 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 15:48:36 ID:zIkEFYxK0
ウルネットたかた「ウルトラ40周年記念ゾフィー型ZIPPO販売!」
もちろん頭の部分から・・・

67 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 16:37:51 ID:U2bhCguZ0
「ウルネットたかたさんですか?
 ア、はい。御社の商品について少々伺いたい事が・・・
 私ですか?私の名はゾf・・・」

68 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 17:20:06 ID:gdVb7C9b0
>>65
アストラ「…………」
みたいな感じですなw うっすらと芽生える兄への不信ww
まぁ、嬉しいよな。良かったな、レオ。

69 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 18:06:47 ID:oLK8a1OfO
>66
誰もが思い付きながら投下しなかったネタを…







アンタGJや

70 :1/3:2006/10/03(火) 18:53:04 ID:rM7FTNbp0
とある港。1人の青年に何度も手を振りながら満面の笑みで去っていく少年。
だが、青年の表情は冴えない。その背後に初老の男が現れた。

初老の男「人間の心は複雑だ。それを異次元学校で学ばなかったのかね?」
青年「もしかして、あなたは!」
初老の男「ヤプールB。地球での名は、矢風留だ」

近くのレストランに向かった2人。そこには3人の男たちが待っていた。

ヤプールC「やあ」
ヤプールD「やっと来たか」
ヤプールE「なかなかいい面構えをしている」
ヤプールJ「あなたたちの活躍はヤプールA隊長やヤプールF教官から聞かされています!」
ヤプールD「そうか。キミはヤプールA兄さんやヤプールFの教え子か」

71 :2/3:2006/10/03(火) 18:54:08 ID:rM7FTNbp0
席に着き、食事をする5人。

ヤプールJ「あなたたち程の性悪が、なぜ命がけで人間たちに嫌がらせをするのか・・・
       それが知りたくて、ボクは次元を越えて来ました」
ヤプールC「その答えは自分で見つけるしかないだろうな」
ヤプールJ「です、よね・・・」
ヤプールE「どうした〜?急に自信がなくなったか?」
ヤプールD「理想と違い、現実は厳しかったか?」
ヤプールJ「そんなことはありません!ただ・・・ボクがした嫌がらせのせいで、
       1人の少年の心が希望で満ちていたんです。自分では嫌がらせをしたつもりでも、
       ボクの知らないところで喜んだり、感謝している人がいる・・・
       そう考えたらなんだか自信がなくなってきて・・・」
ヤプールB「いいかヤプールJ、我々ヤプールは決して神ではない。
       どんなに頑張ろうとも、奪えぬ希望もあれば通じぬ嫌がらせもある」
ヤプールJ「かも、しれません・・・」
ヤプールC「そう落ち込むなルーキー。大事なのは最後まで諦めないことだ。信じる力がしつこさになる」
ヤプールJ「信じる心が、しつこさに?」
ヤプールJ(そうだ、今まで派手な嫌がらせばっかりを企んできたけど・・・例えばこのグラスを床に落とす。
       そうすればほんの少しでもこのレストランに嫌がらせが出来る。よし!うっかりしたフリして・・・)

真っ逆さまに床に落ちていくグラス。床に落ちて破片が飛び散るかと思われたその時、
偶然通りかかったシェフがギリギリの所でグラスをキャッチした。そしてヤプールJに温かい笑顔を向ける

シェフ「危なかったねえ」

何事もなかったかのように立ち去るシェフ。

ヤプールJ(また失敗してしまった・・・でも最後まで諦めず、信じる力がしつこさになる!
       小さいことでもいいから、これからもいろいろとやってみよう!!)

72 :3/3:2006/10/03(火) 18:55:02 ID:rM7FTNbp0
シェフ「あいつら、ホントにどうしようもないな。こっそり毒でも盛ってやろうか。でもあいつらに効くか分からないし、
    効いたら効いたで店が潰れるからなあ・・・とりあえず放っておくか」

厨房に戻ったシェフ。その両手の中指にはそれぞれ指輪がはめられていた。

73 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 19:01:07 ID:/OOevXbeO
ヤプール兄弟wwwwwwwww

74 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 19:44:59 ID:U2bhCguZ0
つーか北斗さん、正体に気づいちゃいるのね

75 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 20:33:52 ID:Pk5RyRki0
ヤプール1「よし、今月はどこをターゲットにしようか。良い案はないか?」
ヤプール2「はい!自分に名案がありますっ!」
ヤプール3「どういう作戦だ?」
ヤプール2「この時期といえば子どもの運動会、そこで『あかいあめ』を降らせれば
      運動会も中止になって子どもも親も絶望するはずです!これは一生のトラウマに!」
ヤプール4「お前、頭いいな」
ヤプール1「よしさっそく実行に移せ!」

数週間後、某所小学校の運動会当日

ヤプール2「作戦・・・開始ぃ!!」

パラパラパラパラ・・・

子ども1「なにかふってきたよぉ〜」
子ども2「あっ、リンゴ飴だー」
子ども3「ミカン飴も落ちてきたー!」
子ども達「わーい、これおいしぃ〜♪」

先生「これは・・・運動会は中止だな・・・」

ヤプール3「おぉ、あいつの作戦は大成功のようです!」
ヤプール4「あいつならきっとなんかやってくれると思ったんだ!」
ヤプール1「フハハハハ!我らヤプールに不可能はないのだ、おろかな人間達よ!」

76 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 21:02:54 ID:/OOevXbeO
そういえばレオvsノーバ戦でノーバが赤い雨を降らせて、
レオの目とカラータイマー以外画面が真っ赤だったこともあったなぁ。

あれは真っ赤で不気味とかそれ以上に画面が見にくかった。

77 :1/2:2006/10/03(火) 21:19:06 ID:xhOrkB1L0
〜ある日の授業〜

80「メビウス、地球というところはウルトラの星と違うところが沢山ある。例えば地球は海や緑に溢れている」
メビウス「ノ先生!地球には四季というものがあると聞きました!一体どのようなものでしょうか?」
80「うむ。地球、特に私達が赴任した日本という国には一年に『春・夏・秋・冬』という四つの季節が存在する。簡単に言って、
  夏は暑く、冬は寒い。春と秋は夏と冬の間にあり過ごしやすい季節だな。これほどはっきりと季節が分かれている星も珍しいんだぞ」
メビウス「へえ〜」

〜地球〜
ミライ「最近寒いなあ・・・まさか異常気象?それとも天変地異の前触れ?ハッ!まさか宇宙人の秘密工作か!?
    僕達にとって寒さは弱点にもなる・・・よーしこうなったら!」
サコミズ「ミライ、これが冬というものなんだよ・・・何もおかしいことではないのだから落ち着きなさい^^;」
ミライ(これが80先生の言っていた四季の一つなのか・・・ふぅ〜危ない危ない、もう少しで超能力を使って暖かくするところだった)

78 :2/2:2006/10/03(火) 21:31:26 ID:xhOrkB1L0
ヒカリ「クッ、最近ますます寒さが増している・・・これは何者かの作戦に違いない!ハアアアー!」

コノミ「大変です!ウルトラマンヒカリが地球の季節を無茶苦茶に!」

〜ウルトラの国〜
ウルトラの父「ヒカリは至急ウルトラの星に連れ戻す必要があるな・・・」
ゾフィー「メビウスともどもどこまで馬鹿正直なんだOTL」

79 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 21:44:36 ID:j5QVAkzN0
>78につづく。

ゾフィー「だからこの星には四季というものがあってだな・・・」
ヒカリ 「常夏のウルトラの星では考えられない概念だ!
     わたしはこの星の大気循環のしくみを数式化するまで帰らないぞ!」
ゾフィー「はいはい。いままでのことはチャラにして、
     宇宙警備隊員にしてあげるから帰ろうね」
ヒカリ 「えっ?ほんとですか〜♪」

80 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 22:49:18 ID:EcvkB7xuO
ヤプールH「まったく近頃の同士は腑抜けている!一つ手本を見せてくれよう。いけ!ブロッケン!」



ヤプールH「ーというわけで超獣で破壊活動をしてやったわ!
死人はでなかったのが残念だが多数の負傷者が出たようだ!やはりこれぐらいやってやらんと・・・どうした?」

ヤプールA「バカーっ!」
ヤプールH「な、何をする!?」
ヤプールB「直接破壊活動を行うなんて死人でもでたらどうするんです!」
ヤプールC「死んだら嫌がらせも何も出来ないだろ!こうしちゃおれん!人間に化けて救助に行くぞ!」
ヤプールD「おう!一思いに死ねずにまた延々と嫌がらせ出来るように病院に潜入し治りを早めてやる!」

ヤプールH「・・・先代、俺は間違ってたんでしょうか」

81 :名無しより愛をこめて:2006/10/03(火) 23:23:14 ID:i4zNQ9Qm0
>>31
あの人は清原亜季さん。
オリックス清原の嫁。

82 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 00:04:28 ID:+I5mIah60
>>80
そういや、テレビでも超獣が人を殺した描写は無かったな
サコミズ隊長が怪我しただけで

83 :しんじん。1/3:2006/10/04(水) 00:53:21 ID:JdoE5C5e0
ゾフィーがウルトラマンヒカリを連れ、光の国に帰ってきた時……
あの男の別の一面が明かされる……

ゾフィー「お〜い、タロウ!」
タロウ「兄さん?どうしたんですか、一体?」

…………

ゾフィー「……というわけで、このヒカリを訓練して欲しいんだ」
ヒカリ「よろしくお願いします、教官!」
タロウ「そういうことですか!分かりました!これから宜しくお願いしますね、ヒカリさん!」
ヒカリ「い、いえ……自分は一応訓練生になるわけですから……その、呼び捨てでお願いします」
タロウ「え!?なんかやりにくいなぁ……」
ゾフィー「タロウ、上に立つもの、誰しも経験することでもある。しかし、君はあくまで教官だ。
メビウスと同じように……接するとアレだが他の生徒と区別せずに指導するんだ!」

タロウ「……わかりました!では宜しく、ヒカリ!」
ヒカリ「はい、教官!」

ゾフィー「では私は所用があるので外すぞ。頑張れよ、ヒカリ」
ヒカリ「はい!」

84 :しんじん。2/3:2006/10/04(水) 01:01:00 ID:JdoE5C5e0
タロウ「それにしても、ヒカリってカッコいい名前だね」
ヒカリ「そ、そうですか!?いや、その……地球で同化した人間の教え子に付けてもらったんですが……」
タロウ「何かあったのかい?」
ヒカリ「いえ、地球の人には皆、『かっこ悪い』と……(泣)」

タロウ「そんなこと無いよ!流石にタロウほどナイスセンスじゃないけど…充分ヤングなネーミングだよ!」
ヒカリ「そ、そうでしょうか……(セリザワ、ヤングってなんだ?)」
タロウ「それにしても教え子に貰う名前か……私ももしメビウスに名前を貰えたら……
いかん!激しくいかんぞ!改名の危機だ!でも……いいかもなぁ……」

ヒカリ「教官、鼻が無いのに鼻血出てます」
タロウ「おっと、つい……で、ヒカリは光線とか大丈夫?」
ヒカリ「はい、この前無我夢中で出した光線があります。ベムスターを倒しました!」
タロウ「べ、ベムスター!?す、凄いんだね、君……」

ヒカリ「そ、そんなに恐ろしいんですか?(あれ、でも可愛くなかったか?)」
タロウ「うん、本当に恐ろしくてね……で、その光線、名前とかあるのかい?」
ヒカリ「名前……ですか?いや、何しろ咄嗟のことだったので名前など……」
タロウ「それはもったいないなぁ……よし、じゃあ私が付けてみますよ!」
ヒカリ「本当ですか!?」
タロウ「とびっきりナウい奴にしようか!」
ヒカリ「よろこんで!(セリザワ……度々すまないが、ナウいって何だ?)」

85 :しんじん。3/3:2006/10/04(水) 01:09:46 ID:JdoE5C5e0
暫くして……

ゾフィー「タロウ、ヒカリの調子はどうだ?」
タロウ「あ、兄さん!順調ですよ!凄く飲み込みが早いので僕も驚いてます!」
ゾフィー「そうか……きっとお前の教え方が良いんだな!」
タロウ「そんな……あ、そうだ、宜しければ見ていかれますか?これから光線技の実践なんで」
ゾフィー「そうだな……頼むよ」
タロウ「はい!ヒカリ〜!光線実践始めるよ〜!」
ヒカリ「はい!今用意します!」
ゾフィー「そういえば、彼の光線だが……」
タロウ「凄い威力なのに名前が無かったんですよね。Wikiにも載ってませんでした」
ゾフィー「Wikiって何だ?」
タロウ「さあ?」

ヒカリ「教官!準備が出来ました!」
タロウ「じゃあ、ドローン射出!」

(ゴメン、4になる……)

86 :しんじん。4/4:2006/10/04(水) 01:11:46 ID:JdoE5C5e0
ゾフィー「ほう、ベムスターか」
タロウ「はい!じゃあヒカリ!『アレ』を使うんだ!」
ヒカリ「了解です!はぁぁぁっ…………」
ゾフィー「おお、凄い光エネルギーだ!」

ヒカリ「ヒカリウム!光線!」

(ベムスター轟沈)

ゾフィー「…………」
タロウ「どうです!凄いでしょう!?」
ゾフィー「タロウさん、今の名前は……」
タロウ「ナウかったでしょう!徹夜で考えたんですよ!」
ゾフィー「そ、そうか……」

ゾフィー「アーカイブドキュメント:ウルトラマンタロウに
『兄弟最強の潜在能力とネーミングセンスを持つ』とでも付け加えておくか……」


ヒカリ「待ってろリュウ!メビウスがピンチになったらこの光線で助けに行くからな!」
タロウ「ダメだよ、メビウスの救援には私が行くんだから……」
ヒカリ「そうですか……じゃあ、交代で」
タロウ「そうだね!」

87 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 13:21:26 ID:r7sh2w3J0
ヒカリウム光線ワロタ
マクシウム、ゼノニウム、メビュームと来て不自然じゃなさそうなのに不自然なのがいいな。

さすが強大最強のネーミングセンスw

88 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 16:16:54 ID:kM/m80/m0
いちいちセリザワに質問しているヒカリが学者らしくてイイね。

89 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 18:44:30 ID:Hu8QTcDP0
つか、セリザワも困るだろうな
あまりのショックにタロウに敬語つかうゾフィー兄さんワロタ

90 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 19:00:36 ID:+I5mIah60
>>86のやり取りをそれぞれの声優の声で脳内補完すると楽しくてしょうがない

91 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 19:23:14 ID:3MVMiBX1O
>>86
ナウなヤングにバカウケw

92 :ウルトラマンパワード:2006/10/04(水) 19:31:04 ID:zv1uvCI6O
よい子のみんな!
ナウとかヤングは死語だとよく言われるが
nowもyoungも死語じゃなくて英語だ!
ヤプールに騙されないよう気をつけるんだ!

93 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 20:21:50 ID:h2FRssh20
>>92

    だ  い  い  騙
    も . じ . い  し
    の  げ  じ  た
.       ん  ゃ  っ
..       じ  な  て
.       ん  い


  や
  ぷ
  う
  る
 __
.|や|
  ̄ ̄

94 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 21:13:19 ID:QivnAMuS0
セブン「みんなも、カプセル怪獣ゲットじゃぞー!」
タロウ「そういうコーナーじゃありませんから」

95 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 21:42:28 ID:88+scV6l0
>>92
英語であり死語だから、ヤプールが正しい。

96 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 22:02:11 ID:BPr58mfa0
>>94
逆に何のコーナーやってるんだと問うてみたい

97 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 23:52:08 ID:qdwbd1/p0
ヤプール3「ウルトラ5つの誓いに対抗して、ヤプール5の誓いを作ってみました!」
ヤプール1「ほう。それはいいな」
ヤプール3「地球人に浸透する様に地球のものを参考にしました」
ヤプール2「よし、聞かせてみろ」
ヤプール3「はい!
        ひとつ、人の世の生き血を啜り!
        ふたつ、不埒な悪行三昧!
        みっつ、醜い浮き世の鬼で!
        よっつ、善からぬ宇宙の悪を!!
        いつつ、一気にスピード退治!!
        むっつ、無敵がなんかイイ!(・∀・)」


ヤプール1・2「どこから突っ込めばいい――!?」

98 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 23:57:41 ID:KdThZtqk0
>>97
デカレン見ちゃったのかよ、ヤプール3ww

99 :名無しより愛をこめて:2006/10/04(水) 23:58:10 ID:+I5mIah60
>>97
メビウス「ヤプール5つの誓いが・・・↑6つあります!」
タロウ「Σ(゚д゚lll)」


100 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 00:16:38 ID:R2azojLv0
>>88
ヒカリウム光線…妙にハマってる気がするのは俺だけか?

>>93
美術館行き決定。

101 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 00:20:59 ID:VhoyG6Wt0
>>99
GJwwwww
そう来たか!

102 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 01:22:52 ID:FG8XvLfG0
フゥーッ、ヤッパこのスレはいいなぁ
俺が常連のスレは最近荒れてばっかだよ
このスレは唯一の良心だね

103 :帰って来たぞQ歯科医1/3:2006/10/05(木) 01:38:30 ID:VhoyG6Wt0
ヤプール1「うむ、我々の野望を実行するにはどうしたものかな…」
ヤプール2「そうだな……以前の作戦を研究し、独自に昇華させるのはどうだ?」
ヤプール4「さ、流石です先輩!では、早速過去のアーカイブドキュメントを参照しますね!」
ヤプール3「……お、これなんかどうだ?『エースを発狂状態と思わせて周りの人間から孤立させた』」
ヤプール2「ミッションコード『Q歯科医』か……試す価値はあるな……」
ヤプール1「しかし、問題はどうやってあのメビウスをおびき出すかだ!」

ヤプール4「先輩達!ここは人間達の行動欲を誘うものを立ち上げ、周りの人間を利用してメビウスを引き込んでは?」
ヤプール2「しかし、肝心の資料はあるのか?その行動欲とやらの」

ヤプール4「はい!この『インターネッツ』というもので綿密に調査しました!人間の趣味嗜好はバッチリです!」

ヤプール1「よし、ヤプール、サリーゴー!」
全「GIG!」




104 :帰って来たぞQ歯科医2/3:2006/10/05(木) 01:39:18 ID:VhoyG6Wt0
数日後……

マリナ「こら!待ちなさい三人とも!」
ミライ「どうしたんですか?マリナさん?」
コノミ「なんでも、近所にメイド歯医者っていうのが出来たらしくって……
皆さんそれに通い詰めなんです!」
マリナ「なんでも、色んな属性の女の人が揃ってるらしいけど!それじゃ仕事にならないじゃない!
大体!別に歯に異常も無いのよ!?全く、男って……」

ミライ「わかりました!じゃあ、僕から説得してみますね!」

リュウ「なんだ、ミライじゃねぇか」
ミライ「皆さん、お話が……」
テッペイ「そうだ!ミライ君も誘ったらどうですか!」
ジョージ「ナイスだぜ、アミーゴ!どうだミライ?お前も男なら男の掟ってもんがあるだろう?」
ミライ「はい?」
リュウ「お前も来ないか?メイド歯科Q!マリナやコノミとは比べ物にならねぇ女が一杯だぜ!」
ミライ「ダメですよ!皆さん、ちゃんと任務をしないと!」
サコミズ「そこは休暇を申請しとくから」
ミライ「た!隊長まで!!」
テッペイ「色んなタイプの女の子がいて楽しいよ〜?」
ジョージ「よし、決まりだ!いくぞミライ!」

ミライ「待って!待ってください!僕、歯医者さん行くの嫌です〜〜注射怖い〜〜!!」



105 :帰って来たぞQ歯科医3/3:2006/10/05(木) 01:40:14 ID:VhoyG6Wt0
ミサキ「皆、楽しそうですね……?」

全「ゲッ!」

ミサキ「個人の趣味はどうこう言いませんが……任務ほったらかして通うなんて……
覚悟は出来てますね!!」

全「ギャァァアァァアアアアァァッ!!」


ヤプール4(メイド体)「来ませんですねぇ、メビウスさん」
ヤプール2(同上)「べ、別に待ってなんかいませんけどね!」
ヤプール3「(2をつつきながら)……来ないと意味無い……」
ヤプール1「何故!?こんなに繁盛してるのに!?どうしてなの!?」

106 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 06:46:47 ID:J8dXIno00
>>99
ヤプール1・2・3「ええい!出直しだ!」

107 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 06:49:59 ID:IxH4CfD+0
悪い友達が怪しい風俗店に世間知らずのお坊ちゃまを連れて行こうとしてる所みたいでGJ!

108 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 08:51:38 ID:KGgrk/BN0
「ヤプール4(メイド体)」ってのが、気になるんですが……
ドキュメントGUYSに「ヤプール(メイドタイプ)」とか、記載されるんだろうか。


109 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 11:06:10 ID:DeIqKKo2O
ミライ「えっと、このファイルはドキュメントUMA……外国?」
???「ミライくんっ」
ミライ「え? わぁっ! 目隠し?」
???「だ〜れだ?」
ミライ「ちょ……このゴツい手はリュウさんですね?
    声色なんて使ってもバレバレですよ〜」
???「アハハハ……そぉ〜お、リュウさんかぁ……」
ミライ「え? ……ちょ、痛いです! 頭蓋骨が……
    ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア」


(カッコいいウルトラマンメビウスの映像を見ながら少しお待ち下さい)


コノミ「だ〜れだ?」
ジョージ「悪ふざけはやめろ、リュウ」
逃げろテッペイ、次はお前だ!

110 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 16:47:35 ID:Q358mieU0
マリナ・コノミアンチの本スレのいつもの人はこのスレ立ち入り禁止にしてください。

111 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 17:34:57 ID:4zLdhbTH0
>>109はいつもの人なのでみんなスルーするように。

112 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 17:59:10 ID:yFBJra4z0
ついにいつもの人にターゲットロックされたか…ここも……
でも、「自分に出来る事を 続けていくよ」!
>>105
メイドヤプールがキャラ分けされてるのに噴いたww

113 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 18:36:45 ID:R2azojLv0
>>111
ああなんだ、そうだったの。
俺にはアンチを通り過ぎて
意味不明な文しか書けないガイキチとしか思えなかったよ。

114 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 19:43:07 ID:zO77WYt80
>>97
デカレンだけじゃなくて、高橋桃太郎侍も混ざってないかい?
ヤプール3…一体何処で見たんだ…w

115 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 19:56:49 ID:ILjVSNvQ0
>>113
最近仕事辞めちゃったみたいで…。
前は決まった時間だけだったんだけどね;

116 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 20:32:11 ID:cmLG+Scu0
協調性に欠けていたら、仕事も続かないだろ。

その点、ヤプール達は頑張っているよな。

117 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 20:34:52 ID:4zLdhbTH0
まああいつらは全員共通の意識をもってるからな。

118 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 20:47:59 ID:kQxNYWhr0
ヤプールさん達は、みんな玄田さんボイスですか?(*´∇`*)

119 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 20:59:41 ID:mehwxola0
人里離れた山奥。そこにはスコップやツルハシで地面を掘っている3人の男たちがいた

ヤプール1「どっこいしょー、よっこいしょー」
ヤプール2「嫌がらせのたーめなーら、エンヤコラー」
ヤプール3「なかなか出てこないなー」
ヤプール2「またハズレかなあ・・・」
ヤプール1「この次元に取り残された我々に超獣を造る力はない。
       ならば地球の奥深くに眠る怪獣を呼び覚ますのみ!さあ、もうひと頑張りだ!!」
ヤプール3「そうだな。諦めずに頑張ろう!」
ヤプール2「むっ、なにか堅いものの感触があるぞ」
ヤプール1「おお・・・古めかしい箱が出てきたぞ」
ヤプール3「イヤな予感が・・・」
ヤプール2「言うな!とにかく開けるぞ」

パカッ

ヤプール3「やっぱり・・・」
ヤプール1「また黄色いガラクタか・・・」
ヤプール2「むう、箱のマークが前回と違うな。この前のは葉っぱが3枚だったが、
       今回のはひし形が4つのマークだ。何かの符号か?」
ヤプール1「我々の知ったことか!それにしても人間どもは平気で山にゴミを捨ておって!!」
ヤプール3「12号に連絡して国会で審議させたらどうだ?」
ヤプール2「うむ、それはいい考えだ。さっそくアイツの携帯にかけよう」
ヤプール1「アイツは特に忙しい身だから、メールにしておけ。一休みしたら次の山に向かうぞ」

ヤプールたちの果てしない挑戦は続く

120 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:05:49 ID:FG8XvLfG0
>>119
ヤプールの総資産はイッタイ今何億なんだ・・・

121 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:08:59 ID:R2azojLv0
>>119
その箱って…

つーか目的逸れ気味だなヤプールwww

122 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:10:22 ID:ILjVSNvQ0
>>119
え、ちょっとすみません、ネタ元教えて下さい...orz
固有名詞があれば自分で調べたんですが。

123 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:13:10 ID:FG8XvLfG0
>>122
>>葉っぱが3枚、ひし形が4つのマーク
昔の大名家の家紋。要するに埋蔵金を掘り当てちゃってるって事

124 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:13:35 ID:mehwxola0
>>122
ヒント1 三つ葵
ヒント2 武田菱
ヒント3 糸井重里

125 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:16:56 ID:/ahozyklO
放射能マークかと思った。

126 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:19:53 ID:AsWFDxil0
Aの時の声でもちろん姿はウネウネ歪んだあの光景に脳内変換してるw

127 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 21:25:20 ID:FG8XvLfG0
>>118
ケースバイケース
時にはすんごい萌え声にも・・・

128 :勝手に>>119の続き:2006/10/05(木) 21:32:04 ID:4zLdhbTH0
帰り道

ヤプール1「なあこのゴミどうするよ・・・そこら辺に捨てちゃおうか?」
ヤプール2「馬鹿!下劣な地球人同様のことする気かお前は!」
ヤプール3「全くだ。どうせ捨てるならちゃんとゴミ捨て場にだな・・・」
ヤプール2「お、あそこにボロボロの建物があるぞ」
ヤプール1「どうやら何人か人が住んでるみたいだが・・・汚いにも程があるな」
ヤプール3「子供ばかりか・・・丁度いい。こんなガラクタ奴らに押し付けてやれ。汚いガキどもにはお似合いだ!」
ヤプール2「お前頭いいな!」
ヤプール1「それでこそ悪の鏡!」
ヤプール3「当然だバーロー!なんたって俺達は極悪異次元人なんだからな!」
ヤプール1・2「おお〜!(パチパチパチパチ」

後日
アナ「さて、今日のニュースです。昨日未明、○○県◇◇市△△町の孤児院「ポプラ院」に何者かが大量の小判を置いていきました。
   孤児院の子供達によると、その何者かは何も言わずに千両箱を押し付けたようです。この孤児院は経営危機に陥っており、
   取り壊しが計画されていましたがこの小判のおかげで経済難から脱出できるとのことです。専門家によれば、この小判は江戸時代に・・・」
コノミ「神様って本当にいるんですねえ〜」
ミライ「僕は今、モーレツに感動しています!!」

129 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 22:29:10 ID:VNaYceiR0
ある喫茶店の片隅。
三人の男達が話をしていた

ヤプール1「我々がコチラに取り残されて数ヶ月。一つ気付いた事がある」
ヤプール2「何だ?」
ヤプール1「人間は『マンガ』と言う物が好きだ」
ヤプール3「何だ、その『マンガ』と言う物は?」
ヤプール1「絵にセリフが付いてる読み物だ。12号の報告だとアソウと言う者が良く読んでいるそうだ。」
ヤプール2「それで?」
ヤプール1「一つ作戦を考えたのだ」
ヤプール3「早く教えろ」
ヤプール1「今有る色んなマンガの偽物を作り大量にバラ撒くのだ」
ヤプール3「それで人間共に嫌がらせをするのか」
ヤプール1「その通りだ」
ヤプール2「今から準備すれば年内に実行できるな」
ヤプール1「早速同志を呼んで準備だ!!」

年が明けて…
コノミ「テッペイ君、その本って?」
テッペイ「えぇ、サークルヤップルの同人誌ですよ」
リュウ「何だそりゃ?」
コノミ「年末のコミケで突如出てきたサークルなんですけど、大量の作品を発表して、しかも全部水準が高くて一躍大人気になったんですよ」
テッペイ「何でも九里虫太郎から基本を学んだらしいそうですよ」
ミライ「マンガって面白いですね」
マリナ「出た…不思議ちゃん」

130 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 22:46:47 ID:6qtd2wTpO
タロウ「今日は地球のゲームの訓練だ」
メビウス「ゲームですか?」
タロウ「地球人はゲームが好きだから、やっておけば役に立つと思うんだ」
メビウス「そういうことなら喜んで!」
タロウ「じゃあこのウルトラマンFE3をやろうか」
メビウス「はい!」

地球 フェニックスネスト
テッペイ「また負けた〜、ミライ君強いよ」
ミライ「そうですか?」
リュウ「どうしたんだ?皆して」
コノミ「ミライ君ウルトラマンFE3が凄く強いんですよ」
リュウ「そんなに強いのか?」
マリナ「取り敢えず私たちは全員負けたわ」
ジョージ「俺の使うジャックが敗れるなんて」
リュウ「おもしれー!俺が相手してやるぜ!」
ミライ「いいですよ」

そして…

リュウ「もう一回だ!」
マリナ「懲りないわね、これで99敗目よ」
ジョージ「アミーゴ、まさかゼットンでも勝てないなんてな」
テッペイ「でもミライ君は本当に上手いよ」
コノミ「ツインテールでここまで強い人初めて見ました」

タロウ「何でツインテールであんなに強いんだよOTL」
父「(次の据え置きシリーズには是非出たいぞ)」


思いつきで投下しました。
細かい所は気にしないでください。

131 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 22:47:32 ID:YR9Mbx+U0
ヤプール、とことん結果が裏目にでてるなwww
GJw

132 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 22:51:16 ID:OQCH18l6O
本人たちは気付いてないっぽいが、日本の文化は着実にヤプールに支配されつつあるなw

133 :名無しより愛をこめて:2006/10/05(木) 23:07:09 ID:FG8XvLfG0
しかも支配されていく度に地球は良い星になっていく・・・

134 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 00:43:31 ID:4zFmqc+M0
ヤプール3「諸君、人間どもの多くはパソコン、とりわけインターネットなるものを
      自在に操り情報を得ているという。
      そこで我らヤプールの戦略として、インターネットを支配し
      そこから我らの存在、そして我らを信じさせていこうではないか」
ヤプール1「うむ、掲示板やチャットなどで多くの人間どもをヤプール色に染められるな」
ヤプール2「いろいろな機能をつけて我らのサイトにアクセスを集中させましょう」
ヤプール4「だが我らの最大の目的である侵略と嫌がらせは我らのものということを忘れてはいけないな」
ヤプール3「ではさっそく開発に取りかろうではないか!」
ヤプール1「いいか、嫌がらせは我らの専売特許だ。
      人間どもにそれを好き勝手にさせてはいかんぞ!」

数日後・・・

テッペイ「♪〜」
ジョージ「テッペイ、何を見てんだ?」
テッペイ「これ最近新しくできた検索エンジンなんですが、機能がすごいんですよ!
     まず迷惑メールや迷惑トラックバックが全然こないんです。
     しかも回線速度が光より早い、異次元の速度!というだけあってすごく早いし
     掲示板などもなぜか煽りや罵倒といった投稿のみは消去されて
     後日管理人が、投稿者に直接注意するという徹底振りでとてもいいですよ」
リュウ「ほー。すげぇじゃねぇか、なんて名前だ?」
テッペイ「Yapoo!JAPANですね、最近では治安がいいので利用者が急増してますよ」
コノミ「私もヤプールログやってみたいなぁ」
テッペイ「ブログもすごいんですよ、記事を投稿すると必ず管理人がコメントしてくれるんです。
     荒らしや炎上も起こらないそうで、どういう体制になってるんでしょうねぇ」
マリナ「掲示板も治安がいいの?」
テッペイ「えぇ、管理人のコメントがでてるんですが
     モデルに某巨大掲示板を見たらしく『全ての罵倒・嫌がらせの権限は我らにある!』
     と声明をだしてて、投稿する人は誰一人として不快な発言をできないんですよ」
ミライ「すごいですね!・・・で、いんたーねっとってなんですか?」

一同「(°Д°)」

135 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 00:46:57 ID:foD7yTvU0
>>134
テッペイのセリフまででストーリーとしては十分なのに
オチにコレを入れたのはすんごく噴いた
GJ!!

136 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 01:01:38 ID:yX3+tNL40
「Yapoo!JAPAN」ワラタww

137 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 12:54:47 ID:BnWqGAIq0
ヤプールネタほんと増えてきたな
もうこれはこれで別スレ作った方がいいんじゃないか?

138 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 15:16:25 ID:R18AIukbO
>>137
こんな電波を受信した

【一日一善】ヤプールの仕業だ!【良かった探し】

A:〜と、こんな良いことがありました
B:ヤプールの仕業だ!
C:いいぞヤプール、もっとやれw


139 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 15:24:34 ID:dQ0W2FL30
>>85Wikiってwwwww

140 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 15:51:38 ID:BC9PlcK20
勝手に>>134の続き

ミライ「……感動しました! 世界の人と人とが簡単に情報のやりとりができる……。
    より深く分かり合えるようになるんですね!!」
テッペイ「まあ、利用する人間のマナーや資質の問題もありますけどね」
ジョージ「後ろ向きになるなって、アミーゴ」
ミライ「ぼくも早速、『ぶろぐ』をやってみます! 日記は毎日書いているんです!!」
サコミズ「ぶーーーっ!! ゲホッゴホッ……・」(コーヒーを吹き出す)
リュウ「わ!」
コノミ「隊長! 大丈夫ですか?」
マリナ「タオル、タオル!」
サコミズ「……ミライ、あとでちょっと話があるから……ね?」


141 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 16:23:35 ID:foD7yTvU0
>>137
前に作られたけど勘違いしてる人が多いようで
こっちのスレみたいにはなってない(こっちのスレのヤプールがおかしいのかもしれんが・・・)

142 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 16:57:43 ID:HJSio30DO
まさか前スレにあった「晴れ時々ミサイル」みたいな日記を
ネットで全世界中に公開してるのかミライwww

143 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 18:17:11 ID:trT3cKkLO
>>142

いや、今回初めてネットを知って、ブログに踏み切ろうとしたら
コーヒー吹き出してうやむやになったんでしょ

さすがゾ…サコミズ隊長

…もちろん意図的にコーヒー吹いたんだよね?w

144 :しんまん。1/2:2006/10/06(金) 18:34:03 ID:78lzUgjO0
ゾフィー「今日は皆に少し話がある……入って来い」
メビウス「あれ……ジャ…先輩?」
初代「どうしたんだ?ウルトラマン?」
エース「2世兄さん、何でゾフィー兄さんと?」

先輩「うわぁぁぁああぁぁっ!どうせ、どうせ俺はぁぁぁああぁっ!」

セブン「ゾフィー兄さん!一体何が起こったんですか!?」

ゾフィー「うむ、実はな……他の兄弟と違って統一された名前が無くて
悩んでいるそうなんだ……」

タロウ「別にジャック兄さんでいいじゃ―」
先輩「ガルルルルルルル!!」
メビウス「うわっ!」

ゾフィー「……とまあ、この調子なんだ……
と、言う訳で皆、何か良い考えはあるか?」

セブン「うーん、そうだな……公式名なのに気に入らないとは……」
エース「地球でのファンの対立も若干ながらあるそうです……」
メビウス「そうだ!色んな人に新しい名前を考えてもらいましょうよ!」
初代「うん、中々良い考えだなぁ……」
タロウ「流石メビウス!その発想はまさにビューティフルでプリチー……」
先輩「ありがとう、ありがとうメビウス!(タロウがメビウスメビウス言う気も分かったかも)」

ゾフィー「よし、では早速幾つか候補を挙げ、通りすがりの人に投票してもらおう」
全「はい!」

145 :しんまん。2/2:2006/10/06(金) 18:38:19 ID:78lzUgjO0
ゾフィー「で、投票結果が出揃った……では、発表するぞ!」

先輩「ごく……」

ゾフィー「第3位、きくちさん:3票!第2位。二重線:8票!」

セブン「この辺にならなくて良かったな……」
エース「ええ……」

ゾフィー「では、第一位の発表だ!」

メビウス「わくわく……」

ゾフィー「第一位、ブレスレット:49票……
ということで君は今日からブレスレットだ!」

先輩「え……」

初代「よろしくな!ブレスレット!」
タロウ「ナイスなネーミングですね!ブレスレット兄さん!」

先輩「そ、その……」

メビウス「良かったですね、ブレスレット先輩(にこっ)」



ブレスレット「ジャックの方がマシだったーーーーーーー!」



146 :名無しより愛をこめて :2006/10/06(金) 18:51:38 ID:6V6/n+bq0
もはやブレスレットが本体だな

147 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 19:27:17 ID:BC9PlcK20
>>145
メビウスは心の底から祝福しているんだろうな……。
いや、笑った笑った。
一歩間違えると卑下ネタになるところだけど、愛ある匙加減が絶妙。

>>143
ゾ…サコミズ隊長が意図して吹いたのか、不意打ちくらって吹いたのかは
ご想像にお任せします。

148 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 21:44:13 ID:eTripgqYO
>129
そのうち感動大作とか言ってゲームやら映画やら作りそうだ


ヤプール 「地球人を腑抜けにするのだぁーーーーーー!」

149 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 22:18:15 ID:VDoPZmYD0
>144-145
それまで

先輩「台詞」

だったのが最後の1行で

ブレスレット「ジャックのry」

なのがワロタ

150 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 22:34:49 ID:BC9PlcK20
あ、「いくつか候補をあげ」ってのに今、気が付いた。

つまり「きくちさん」「二重線」「ブレスレット」等々の名称は
どなたかが、元々リストアップされたということですよね?
ゾry

151 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 22:46:24 ID:4zFmqc+M0
ヤプール1「メビウスの映画が大盛況のようだな」
ヤプール2「あれだけ上位に食い込んだのは大健闘ですね」
ヤプール3「あんなもの、我らの力のおかげだがな!」
ヤプール4「そこでだ、ヤプールのヤプールによるヤプールのための映画を作ろうぞ」
ヤプール2「思うにウルトラマンたちの出番があれは多すぎるからな」
ヤプール3「うむ、我々の魅力が伝わりきれていないだろう」
ヤプール2「じゃあさっそく企画会議を開きましょう!」

ヤプール1「まずタイトルだが・・・」
ヤプール3「『ヤプールの限りなきチャレンジ魂』てのはどうでしょう!」
ヤプール2「それはバルタン星人たちの専売特許だからダメだろう」
ヤプール4「『甦れ!ヤプール』はどう?」
ヤプール3「どっかで聞いたような・・・」
ヤプール2「シンプルに『ヤプール物語』」
ヤプール1「世界名作劇場みたいだな・・・」
ヤプール4「じゃあ『劇場版ウルトラマンヤプール』」

ヤプール一同「それだ!(σ・∀・)σ」


152 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 22:54:17 ID:uvkzmjYqO
このスレでは新マンはジャックという名前嫌がってるという設定が完全に固まってるの?



153 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:02:38 ID:wDzx4O2W0
まあそのほうが可愛いから。
しかしこうして徐々に違和感をなくしていく作戦なのかもしれず。

154 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:15:23 ID:uvkzmjYqO
ネタはネタとして気にする必要は無いんだろうけどさ。
ネタじゃない普通のレスでもジャックと呼ばれないからもうそれがスレの総意なのかなぁと。



155 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:16:44 ID:FqvSMG2/0
先にネタを投下したモン勝ちだよ
面白ければその設定が引き継がれていく

156 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:19:49 ID:Cer8jqde0
>>154
そんなのは個人の勝手。

157 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:24:06 ID:ac7nFp5T0
総意やキャラ付けなんか無いよ、このスレには。
例えば一個前のSSでセブンが鬼特訓強いる筋肉系で
次のレスでは知的な役でも構いやしない。

結論:面白ければなんでもいいじゃん。

158 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:31:12 ID:4zFmqc+M0
だからこのスレは大好きだw

159 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:32:22 ID:B0KsbTjb0
レオ「あっはっは!! マジ、受ける! ちょっ…やばっ、腹捻じれるよ、本気でwwww」
80「わ・悪いよ…本人も気にしてるのに…でも、小ハプニング賞ってのがまた…ぷぷ…」

ネクスト(ノア)「お前ら…」


レオ&80「げっ!」

レオ「ま・まぁ、メビウスの番宣にもなったしな!」
80「そ・そうですね…」
ネクスト「…レオ、お前密かに主題化提供したろ?」
レオ「えっ!?(ばれた?!)」

ネクスト「許さん!!!! 板野召喚! 空中サーカス!!」

レオ&80「ぎいいややあああああああああーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

160 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:35:00 ID:B0KsbTjb0
メビウス「ネクストさん、並み居る強豪を押しのけて宣伝してくれるなんて流石です!」
タロウ「いや、あのね…」
※でも、もうすぐ自分も客演するし弾みがついたかなと密かに胸中で濡れ手に粟という地球滞在中に憶えた諺を思い返すタロウであった…

161 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:35:56 ID:3B5LyNz90
そういえば、タイトルが「しん〜。」って形式にしてる人
やたら面白いの投下してるけど、全部同じ人なのかな?
ビームシュワッチとか噴いたww

162 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:36:12 ID:4zFmqc+M0
知らない人のために>>159-160の元ネタはこれね↓

ttp://www.youtube.com/watch?v=__hB4kl8K7I

163 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:36:48 ID:wDzx4O2W0
や、やっと笑いがおさまってたのにーーーー!!
反撃方法までおかしくてたまらん...orzぜえぜえ

164 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:37:05 ID:cjth345F0
>>159
召喚てwww

今回の教訓:口は災いの元

165 :名無しより愛をこめて:2006/10/06(金) 23:38:23 ID:uvkzmjYqO
>>155だなぁ。実は普段は気のいい先輩だけど新マンとか二世とか呼ばれると
「俺は新しいウルトラマンでもウルトラマンの息子またはウルトラマンを世襲したわけでは無い!」
とブチギレるネタを書いたがこんな荒れそうなネタ投下出来ないとか思ってたらやられた!って思いがあって。



166 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 00:41:07 ID:gLOIvAXO0
俺は>>156支持、呼び名がどうあれ
ジャックでも帰りマンでも新マンでも同じウルトラマンなんだし

30代で、リアルに見てたのは80だか、兄姉の影響でQ以外は全部見たし
映画も網羅した(メビウス映画はまだ見てない)
普通に設定本とかもイパーイ持ってる
子供の頃から「ジャック」の方がカッコイイと思ってたし
ザ★ウルトラマンは「ジョーニアス」と呼ぶ

結局は好き好きで良いかと、名前の固定化はスレの自由度を下げるだけ

167 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 01:01:21 ID:W/XG5Ncf0
ジャック「あの、兄さん……」
ゾフィー「なんだ、ジャック?」
ジャック「最近俺の名称問題で俄かに真面目になっちゃってるんですけど」
ゾフィー「うん、君が気にする事は無いだろう……元々は前スレでジャ…先輩ネタ、というのがあってな」
ジャック「ええ」
ゾフィー「それにインスピレーションを受けた書き手さんが元にネタを書いてるだけだろう。
例えば、別のSSで別の人がジャックとしたところで突っ込みはしない」
ジャック「成程……」

ゾフィー「どんな名前でも君は君自身にしかなれない……
そして、皆それを承知の上でネタにしているんだ」
ジャック「承知の上で?」

ゾフィー「ああ、ネタとして良いんじゃないか、とか……
ジャックを話に絡ませたいとな」
ジャック「……そういうことだったんですね!」

ゾフィー「わかってくれて有り難い……結論から言えば、そう……」
ジャック「面白ければ何でもあり!ですね!」
ゾフィー「そうだ……少なくとも>>144-145を書いた人間はそう思っているぞ」
ジャック「……なんで分かるんですか?」

ゾフィー「……秘密だ」

168 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 10:12:21 ID:utCToF2f0
「ジャックだろうと、新マンだろうと、帰ってきたウルトラマンだろうと
 郷さんは郷さんに変わり無いじゃないか!例え、ウルトラマン2世でも・・・」
郷さん「ありがとう、次郎くん・・・」
 

ダン「パクるなよ・・・」

169 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 11:19:01 ID:agSMxp0p0
他のスレなら崩壊に繋がる話題を普通にネタにするこのスレ最高www

170 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 11:26:21 ID:9+V0kBcdO
>>165何それ、全然つまんねぇ。

171 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 12:23:00 ID:Ko1EMLEcO
>159
まるで自分の未来を暗示したかのような


文章はここで途切れている

172 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 14:39:31 ID:NNV4v1bh0
>>134
ヤプール1「新しいブログサービスの調子はどうだ」
ヤプール3「好調だ。アクセス履歴に人間の重要施設からと思われるIPアドレスからのアクセスが
     たくさん残っている」
ヤプール2「人間というのは自己顕示欲の強い生き物ですからね、リンクしてくる人間のブログをチェックしていれば
     重要な機密が手に入ることもあるでしょう」
ヤプール4「餌に使っているブログを1日数十回更新するのも、最初は大変だったが、最近は苦にならなくなってきた。
     どれどれ、『ギザすき(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)━━━━━━━━━━』」
ヤプール1「ご苦労。若い人間の女に擬態するのも板についてきたようだな。
     ところでその『ギザ』という接頭語はどういう意味なのだ?」

ブログ + ヤプール! = ヤプログ!
http://www.yaplog.jp/

173 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 16:50:43 ID:W/XG5Ncf0
>>172え、まさか…しょこたんって…!www
俺もヤプログ初めて見たときそう思ったよ、ヤプールが絡んでるとなw

174 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 16:58:11 ID:VKDYkW4F0
ヤプール4は、萌担当なわけか……メイド体だったりしたこともあるし。

175 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 17:06:39 ID:/fGjuI6P0
10人の女子大生だったこともあるしな

176 :ミライ日記:2006/10/07(土) 20:29:30 ID:n5+XDcd+0
10月ノーバ日

えっ!飛ぶの!?

177 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 21:01:29 ID:P8LP1J/r0
>>176
              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ
         l   , .-. 、`´    l
         ヽ  ヽ ̄フ     /
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  )  おまたせ
      (( ( n ([N],ハ_う
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ

178 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 22:32:12 ID:m4eRgD5y0
>>167でかなり笑ったセブン好きの俺ww

179 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 23:31:59 ID:2sRpJeCH0
円谷「ハーイ! 皆さん、並んでください!!」

80「こ・こうですか?」
セブン「ガチガチだな、80。久しぶりで緊張してるんだろうが…」
80「いや、ほんと25年ぶりなんですよ…」
マン「みんながこうして揃うなんて初めてだな、そういや」
先輩「そうですね。最多の出演がメビウスの映画だし」
メビウス「皆さんと競演できて光栄です!!!」
レオ「いや、俺達こそまた呼んでもらえて嬉しいよ、な、アストラ」
アストラ「そうですね、兄さん。まさか僕にまでオファーが入るなんて思っても見ませんでしたよ」

円谷「あのー、一応、主役なんでメビウスさんを目立たせて欲しいんですが…」

ヒカリ「す・すまん…こうして赤と銀ばかりの中にいると俺が異様に浮いてしまって…」
初代「いや、こう人数が多くては並び方を工夫しただけでは弱いな」

180 :名無しより愛をこめて:2006/10/07(土) 23:36:15 ID:2sRpJeCH0
エース「そうだ! みんなで小さくなればいいんですよ、ちょうどメビウスの半分くらいに!」
タロウ「いい考えですね! 皆さん、そうしましょう」
メビウス「え…でも、兄さん達にそんなことをしてもらうわけには…僕が小さくなります!!」
ゾフィー「それじゃ、意味ないだろう…みんな、自分の身長を縮めるんだ!!」

「「「「「「「「「G・I・G!!!!!!!!!!!」」」」」」」」」

パシャッ!!

「はい、OKでーす!」


181 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 00:52:09 ID:yVpfaKB+0
ヒカリーーーーー!!

182 :しんねん。1/2:2006/10/08(日) 01:13:10 ID:vud/AvlP0
ヒカリ「ふむふむ……成程……この原理が……」
ティガ(やりにくいなぁ……)
タロウ「おーい!どうしたんだ、ヒカリ」
ヒカリ「あ、教官!実はですね、地球に現れる怪獣も益々強力になってると聞きました!」
ダイナ「だから、俺達のタイプチェンジを研究してるそうなんス」
ヒカリ「メビウスもパワーアップしたし……正直、帰ってきたら即噛ませ犬化は嫌なんです!」
ガイア「あ、そこはこっちの理論の方が正確ですよ?」
ヒカリ「ん……あ、そうだな!済まない!」
タロウ「そうだね、その姿勢は大切だ!メビウスもメビウスブレイブになれるようになったらしいしね!」


183 :しんねん。2/2:2006/10/08(日) 01:13:57 ID:vud/AvlP0
ティガ「そういえば……」
ヒカリ「何か?」
ティガ「ヒカリさんはパワーアップした時の名前、考えていられるんですか?」

タロウ「あ、そういえば……なんなら私が付けようか?またモダンなセンスで」
ダイナ(モダンって……)

ヒカリ「いえ、お気持ちは嬉しいのですが、辞退させていただきます!」
タロウ「え?」
ヒカリ「私はリュウ……地球での教え子にこの『ヒカリ』と言う名を授かって……
それを誇りにしたいのです!強化後の名前は既に考えてあります……それが、途切れやしない私と彼の絆!」

ガイア「へぇぇ!どんな名前ですか!?」

タロウ「うん、是非教えてくれないか!」

ヒカリ「はい!『ウルトラマンヒカリフレッツ』です!」

タロウ「…………」

ガイア「うわぁぁ…接続が早そうな名前ですね!片道28.4Mppsで……」

タロウ「……スルーすべきか、突っ込むべきなんだろうか……」


ヒカリ「お父さんに聞いてみよう」



184 :1/2:2006/10/08(日) 01:17:33 ID:ePd3L7co0
勝手に>>103-105の設定を拝借します。
ヤプール1〜4「今帰った…」
ヤプール5「お、ご苦労さん」
ヤプール6「どうした、浮かない顔して?」
ヤプール2「うむ、最近周りの歯医者共が我々の真似をしだしてな」
ヤプール1「人間共か来なくなったのだ」
ヤプール3「人間が我々に嫌がらせをしてきたのだ」
ヤプール5「それでは本末転倒どはないか」
ヤプール7「安心したまえ同志諸君!!」
ヤプール1〜6「わっ!!7号!?」
ヤプール7「こんな事も有ろうかと、ある作戦を立案し、既に同志8号と9号を有る所に潜入させた」
ヤプール3「どんな作戦だ?」
ヤプール7「歯医者に来る人間共を増やすのだが…」
ヤプール2「どんな内容なんだ」
ヤプール7「かくかくしかじか」
ヤプール1〜6「おぉ素晴らしいぞ!!」
ヤプール7「8号と9号が帰還したら作戦を発動するぞ」
ヤプール1〜6「今度こそ人間共に目に物見せてやるぞ!!」


185 :2/2:2006/10/08(日) 01:33:10 ID:JIeijRQc0
しばらくして…
テッペイ「只今戻りましたぁ」
ジョージ「やっと買えたぜアミーゴ」
コノミ「あ、お帰りなさいテッペイさん、ジョージさん」
マリナ「どうやら買えたみたいね」
リュウ「どうした二人共?ん…ケーキ?」
コノミ「そうなんですよ、最近近所にとても美味しいケーキ屋さんができたんですよ」
マリナ「それでジャンケンに負けた二人に買ってきてもらったのよ」
テッペイ「『パティスリー・ヤーフル』って言うんですけどね、ヤプーグルメで取りあげられて以来人気に拍車が掛った様なんです」
ジョージ「おかげでかなり並ばされたぜ」
マリナ「しかも姉妹店に『菓匠・矢風庵』って和菓子屋も大人気らしいわよ」
サコミズ「全員のコーヒー入ったよ」
リュウ「そういやぁミライは?」
コノミ「ミライ君なら矢風庵の方に行ってもらいました♪」
サコミズ(ちゃんと買って来れるかなぁ…あっ、美味しい。)

186 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 01:59:51 ID:Zf9qYJWi0
>>184-185
リアルタイムで楽しませてもらいますた。乙。


187 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 09:22:27 ID:QRzPRnML0
宇宙警備隊ものみるとほのぼのするな〜


188 :1/2:2006/10/08(日) 17:36:04 ID:guqnLLb00
とある公園で会話する一組の男女。

男「いやあ、お久しぶりですな」
女「ええ・・・」
男「どうかされましたか?」
女「折り入ってお話が・・・」
男「なんでしょう?」
女「あなた、他の3人がアンヌさんやアキさん、夕子さんを思い出していたのに私のことを無視したわね?」
男「な、な、」
女「ピグモンのことは思い出していたのに!」
男「な、なんでキミが私の回想を知っているんだ!?」
女「映画を観たのよ!!」
男「え、映画ってなんのことだ!?」
女「お黙り!むううううううん!!!」
男「う、うわあああああああああああああああ!!!!!」



189 :2/2:2006/10/08(日) 17:37:20 ID:guqnLLb00
コノミ「神戸に怪獣が出現しました!」
ジョージ「また神戸かよ!」
サコミズ「映像を出して」

画面には巨大な淑女の姿が

一同「ぶーーーっ!! 」
ミライ「おっきな・・・にんげん?」
サコミズ「コ、コノミちゃん。至急総本部のアーカイブに・・・」
マリナ「た、隊長いくら総本部のアーカイブでも・・・」
コノミ「ドキュメントSSSPに記録がありました!」
リュウ「あるのかよ!!!」
コノミ「レジストコードは・・・」
テッペイ「巨大フジ隊員!」

ナレーター「怒りのあまり暴れまくる巨大フジ隊員。神戸は、そして地球はどうなってしまうのか?
       ハヤタ、おまえのせいだ。なんとかしろ!」

ハヤタ「私は無実だーーーーーーーーー!!!」

190 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 20:01:14 ID:slWi+8D70
ワロタ GJ

191 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 22:04:12 ID:LV2czD4g0
>>188-189
GJ。

>ハヤタ「私は無実だーーーーーーーーー!!!」
まあハヤタとフジって特別親密でもないし恋人でも同志でもなかったから
無実といえば無実だよな(ハヤタがマンと分離してるのは置いておいて)。

192 :お前名無しだろ :2006/10/08(日) 22:19:01 ID:hhnSAe400
>>188
そうだよな、さすがにピグモン以下の思い出だったら怒るよな

193 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 22:32:31 ID:MpLCQYoK0
もしくは、逆に今でも親交があって回想……までもいかないとか。
ピグモン思い浮かべたハヤタってのがらしいっていや、らしいけどw

でも>>188-189が面白かったのは事実w

194 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 23:04:09 ID:x2gveeQ70
でもピグモンだって女である可能性も・・・マックスのは女だったし

195 :お前名無しだろ :2006/10/08(日) 23:07:56 ID:hhnSAe400
ここだけの話、山田花子ってピグモンなんだぜ

196 :名無しより愛をこめて:2006/10/08(日) 23:08:35 ID:PMx68LMr0
恐れ〜ずに♪開いてみ〜よう♪
心の扉♪ピグモンがいるよ♪

197 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 02:17:21 ID:AP+EflhV0
前スレに比べると質が落ちたな

198 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 02:18:48 ID:9EHpOQFY0
流石にネタ切れかなあ。俺も最近は一向に面白いネタが浮かんでこない^^;

199 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 02:46:52 ID:gHiZXGJD0
職人のやる気無くさせるのは簡単なんだよな…
こんなレスの後にレスする気になるか?


200 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 02:51:25 ID:9EHpOQFY0
本当に済まんかったm(_ _)m
以後自重します

201 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 03:10:09 ID:02RYF32j0
>>197
先生。一つ見本をお願いします!

202 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 06:56:06 ID:YAjnzZ2d0
おまえら、ヤプールに釣られすぎ

203 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 09:16:26 ID:gd3m1YlYO
いやがらせしたっていいじゃない、いじげんじんだもの

204 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 09:56:42 ID:Rje7O6/G0
10月○日 ゼットン曜日 

今日はみんなと新マケット怪獣の評価をした。
そしたらゼットンがシミュレーションの世界で暴走して大変なことになったんで、僕がコンピュータの中に入った。
さすが先輩を倒した怪獣。
とにかく何をやっても勝てない。
幸い外のみんながミクラスとウインダムを送ってきてくれたオカゲでなんとか勝つことができた。

でも、コンピュータが暴走して、暴走を止めるためにコンピュータの中に入るって、昔タロウ教官から「地球の文化」の講義で
「地球の生命も知ることが出来て一石二鳥」と言って見せてくれた地球のアニメを思い出した。(でも、実写とアニメが混じっててアニメと一言で済ませて良いかは疑問だ)
全3作を2ヶ月かけて全話視聴したけど、何時の間にか上映会みたいになってレオ先輩や80教官だけでなくゾフィー隊長まで来てたのを思い出した。
GUYSのみんなと見てみたいけど、あの3作、なんてタイトルだったかな?

今日のカレー イカスミカレー

205 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 12:45:56 ID:QxLh5e+v0
久しぶりのミライ日記に心が和みます。

206 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 12:52:12 ID:QtuLIh5HO
>>204
「萌えの語源」(捏造)キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

207 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 12:55:12 ID:t9TCqwns0
アニメネタ禁止な

208 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 13:14:19 ID:BBp+XUx50
作中で見てるくらいならいいんじゃない?

209 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 13:43:24 ID:AjEYiLpp0
つ電光超人

210 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 14:15:44 ID:H8JwvvA/0
タンサー5だかアイゼンボーグだかもそうだよね。
つか、アニメネタ禁止だとザ・ウルトラマンやUSAが出て来れないじゃないか。
ちゃんと映画のラストにも出てるのに。

211 :勝手に前スレ868の続き:2006/10/09(月) 14:23:31 ID:c+I9DLrx0
ミライ「マリナさんはライダーなのにバイクは普通のと変わらないな・・・よぉし!!」


数日後・・・・・・

マリナ「ちょっとお腹空いたわね・・・時間あるし、ちょっとヤプーRバーガーに行ってくるわね。」
ジョージ「早く戻って来いよ。」


マリナ、自分のバイクに乗ってエンジンをかける。

「さーて、さっさと行こうか・・・。」

ブォン、ブォン・・・ブォーーーーーーーーン!!!!!!!!!!

「な、え、ちょ、ちょっと速すぎ・・・きゃあああああああ!!!!!!」

ブォーーーーーーーーン・・・ガッシャーーン、ドッカーーーーーン!!!!


コノミ「た、大変です、マリナさんの乗ったバイクが暴走して民家に突っ込んだそうです。」
リュウ「なにーーーー、あいつ大丈夫なのか!?」
コノミ「突っ込む前にバイクから振り落とされたそうです・・・警察の話だと時速400km/hは出ていたとか。」
テッペイ「嘘でしょ、時速400km/hなんてバイクが出せるスピードじゃないですよ。」
ジョージ「まさか・・・ヤプールの仕業か!?」


ミライ「可笑しいな・・・教官はライダーさんはこのくらいのスピードで走ってるって言ってたのに。」
サコミズ「ミライ・・・ちょっと来なさい。」

いらぬ親切大きなお世話


212 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 14:24:49 ID:C7NQUrWe0
ザとUSAはウルトラでしょうに・・・
まあ、前スレでもケロロネタがチョット出てたし
あんまり過剰じゃ無ければ良いじゃない
その緩さ加減がこのスレの良いトコでもあるんだし

で、>>204の元ネタがワカラン・・・

213 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 14:34:59 ID:UjxXg9hr0
>>211
ただでさえスピード出せないマリナが、さらに…orz
ミライ〜〜〜〜〜〜〜!!

214 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 14:38:33 ID:QtuLIh5HO
>>212
90年代にNHKの天才てれびくんでやってたアニメ+実写の3部作、
「恐竜惑星」「ジーンダイバー」「ナノセイバー」
恐竜惑星の主人公の名前が「萌」で、これが「萌え」の語源という説もある
(が、パソ通などではそれ以前から「萌え」は使われていたらしいのであまり信憑性は無い)

215 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 14:46:52 ID:02RYF32j0
>>213
いやいや。
パーツのどこかが悲鳴を上げたり不調を訴えたりしない
信頼できるマシンなら、スロットルねじ切れるまで開けまくりですよ。

216 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 15:01:42 ID:CGBxmzU40
ボーンフリーとかアイゼンボーグの方じゃないのかなー?
コセイドンは見ていなかったけど。


217 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 15:03:02 ID:CGBxmzU40
あ、コンピュータの中に入る……ってあるから違うか。失敬。

218 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 15:41:55 ID:WvNYF1X00
タロウ「この広い宇宙を守っているのは我々、宇宙警備隊だけではない。
銀河連邦という組織も存在するのだ。」
メビウス「銀河連邦?」
タロウ「そうだ。我々に優るとも劣らない優秀な戦士たちだ!
例えば…」


テッペイ「あれ?コノミさんは?」
マリナ「さあ?何だか、トイレの鏡の前で考え事してたみたいだけど。」
ミライ(鏡の前…そうか!?)

コノミ「あの〜コンタクトにしてみたんですけど…」
ミライ「!!コノミさん!」
駆け寄り手を取るミライ。
ミライ「そうだったんですね!あなたが…
何故もっと早く本当の自分を教えてくれなかったんです!」
コノミ「え、ちょっとミライ君…」
(やだ…私コンタクトそんなに似合うかな?)
サコミズ「ミライ、ちょっと。」



219 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 17:36:11 ID:/6FXHp+iO
タロウ「今日も特訓だ!」
メビウス「今日もって久々ですよ」
タロウ「何の話だ」

220 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:02:48 ID:b+QD8Qcc0
>>210
ミラーマンきたww
本当の自分ってwww

221 :今から20年前1:2006/10/09(月) 18:06:58 ID:C7NQUrWe0
「目を覚ませ・・・光太郎・・・」
東光太郎「ん・・・、その声は・・・?」
「私だ、タロウだ・・・」
光太郎「タロウ!一体どうしたんだ君は僕と一心同体の筈・・・」
タロウ「残念だが別れの時が来たようだ・・・」
光太郎「何故だ!君は僕として生きる事でこの地球で生きるんじゃ無かったのか!」
タロウ「私とて出来ればこのまま東光太郎としてこの愛すべき星地球で生きていきたい・・・
 だからこそ私はバッジを返した君とあえて分離をせず地球で生きて来た・・・」
光太郎「ならば何故!」
タロウ「マン、セブン、ジャック、エース・・・
 兄さん達がヤプールとの戦いで行方不明になった・・・」
光太郎「何だって・・・あのウルトラの兄弟達が・・・
 兄さん達が行方不明・・・?」


222 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:13:24 ID:69JixY7e0
>>212
前スレで、ミライが養成所で「ライダー」(仮面)の存在を聞かされ、ミライはマリナをその「ライダー」(仮面)と思い込んでいる。
つまりマリナのバイクをサイクロン号にでも改良したんじゃないか?

223 :今から20年前2:2006/10/09(月) 18:20:27 ID:C7NQUrWe0
タロウ「兄さん達が行方不明となった今・・・
 私だけがわがままを言い地球にとどまる訳にはいかない・・・」
光太郎「なら、僕が地球を守る!
 僕がタロウとして、君として地球を守れば良いじゃないか!」
タロウ「それは出来ない・・・
 今光の国では人材が不足している・・・
 私は兄さん達に変わって後輩達の指導にあたらなければならない・・・」
光太郎「・・・コレで・・・お別れなのか・・・?」
タロウ「君と共に地球を旅してきた数年間・・・
 とても楽しかった・・・ありがとう・・・」
光太郎「・・・なら・・・僕も!君と同じように育てる!
 ウルトラマンの力を借りなくても、地球を自分たちの力で守れるように地球人を育てる!」
タロウ「! ・・・君らしいな・・・」
光太郎「だから、約束してくれ・・・
 いつか地球人が自分の力でこの星を守れるようになった時・・・僕の所へ帰ってきてくれ・・・」
タロウ「ああ、約束しよう・・・
 ・・・それでは、さらばだ、光太郎。
 君が、力が欲しいと思った時・・・私はいつでも君と共にある・・・」
光太郎「タロォォォォォウゥゥ!!」」


224 :そして現在:2006/10/09(月) 18:28:55 ID:C7NQUrWe0
タロウ「今度から君が地球の平和を守るのだな・・・」
メビウス「ハイ!一生懸命頑張ります!」
タロウ「フフ、地球か・・・
 もう一人の俺は元気にしているかな・・・」
メビウス「?」

一方地球、GUYSジャパン総監室
ミサキ代行「総監、入ります」
?「ウム」
ミサキ「先のディノゾール事件についてですが・・・
 25年振りにウルトラマンが現れ、怪獣を倒したそうです。」
?「そうか・・・ウルトラマンか・・・
 フフ、もう一人の俺は元気にしているかな・・・」
ミサキ「?」

225 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:30:19 ID:C7NQUrWe0

書いといて言うのもなんだが
光太郎総監説が外れたらどうしようも無いな
このストーリー・・・

226 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:32:05 ID:Rje7O6/G0
こういうお遊びもいいんじゃない?


227 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:33:55 ID:QxLh5e+v0
むしろTVであったら嬉しいというか。

228 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:36:05 ID:5/8T27gJ0
>>225
この展開を期待している者がここにもいる
外れても、そんときゃそんときだよ

229 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 18:42:18 ID:Xmh/3MLL0
>>225
サコミズ=ゾフィーネタもそうだよ。

230 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 19:46:32 ID:usWOKP5T0
メビウス活動報告書

【対戦相手】マケットゼットン

【戦いの状況】自分自身を数値化して仮想空間で戦うのは、
本で読んだことがあっただけだったので不安だったけど、やってみたら案外普通だった。
ブレスを使うときも、出力数値を設定しないと使えないかと思っていたら、
いつもどおりのやり方で使えたのでビックリ。
自動設定になってるのかな?
ミクラスとウィンダムと、それからGUYSのみんなと力を合わせて戦ったおかげで勝つことができた。

【感想】マケットメビウスは、リュウさんの話によると「ゼ〜ンゼン使えねーやつ」だったらしい。
ということは、マケットゼットンもきっと本物よりも弱かったんだろうと思う。
マケットゼットンも結構強かったのに、兄さんたちはもっと強いやつと戦ったんですね。
兄さんたちはやっぱりすごい。
流星キックを練習しといてよかったです。ありがとう、ジャ…先輩。


タロウ「…ウン!なかなかよく書けているな。これなら大隊長に提出できる」
ゾフィー「これ、報告書っていうより日記じゃん。GUYSで報告書の書き方の研修受けさせなきゃ」

231 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 19:54:34 ID:CGBxmzU40
>>225
なんかええ話や……実際こうだったら、泣くぞ。

>>230
ゾ兄……最後のセリフをすんなり読んでしまったんですが。

232 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 20:08:24 ID:eNeoZuBLO
ヤプール2「子供を捕まえて、『地球を上げます』と言わせる・・・
なんてのはどうだ?」
ヤプール3「いや、それよりもマンダリン草を使い、子供を皆殺しにしてやるべきだ!」
ヤプール1「却下だ!未成熟体を相手どるなど、卑怯もラッキョウもあったもんじゃない!」
ヤプール4「それなら、人間の好物に、異次元けしの実を配合して、お互いの信頼関係を挫けば・・・」
ヤプール1「貴様人間の何を見てきた!人間は我等に狙われる程、信頼しあっていませんよ。
全く、どいつもこいつもブッたるんどる!当分現在の作戦を継続させるしかないか・・・
ヤプール4「そう言えば、そろそろ時間ですね」


メイド4「よぉーし!今日もお仕事、頑張りますですぅ」
メイド2「もう止めるべきなんですよ!こんな成功の見込みのない作戦・・・」
メイド3「ヤプール・・・・・・・・・諦めない・・・」
メイド1「そうよ。どんなに先が見えなくても《諦めない気持ちは、しつこさに繋がる》それを忘れてはいけないわ」

233 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 20:10:30 ID:C7NQUrWe0
>>232
萌えたwww

234 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 20:14:39 ID:5/8T27gJ0
各ネタ師が他のネタ師をリスペクトしてるのがよく分かるスレだ

235 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 21:33:45 ID:1a+yUO940
>>229
しかしサコミズ=ゾフィーと違い、総監=光太郎は何の根拠も無いからなぁ…

236 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 21:36:00 ID:BBp+XUx50
>>235
一つのネタとしての差異はないと思うけど。
当然みたいに前提として話されたらちょっと途惑うけどね。

237 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 21:57:28 ID:Xmh/3MLL0
>>235
サコミズ=ゾフィーも根拠と言える代物では無いんだが。

238 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 21:58:27 ID:a+w4K8YV0
ありゃスタッフが明らかに狙ってるよ

239 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 22:20:17 ID:5/8T27gJ0
>>238
狙ってるのはサコミズ=総監じゃない?
ゾフィーは違う気がしてきた

240 :名無しより愛をこめて:2006/10/09(月) 22:40:20 ID:BBp+XUx50
てか、地球滞在組もしれっとメビと話してる時点で今更w

241 :サコミズ:2006/10/09(月) 23:43:51 ID:leD7TDKN0
まぁまぁ、面白ければ良いじゃない。
ゾフィーの人間体が不明な今だからこそ、できるネタもあるんだ。

242 :隊長の努力:2006/10/10(火) 00:22:25 ID:peSV4QbF0
(映画ネタ)
タカトがケルビムに襲われる少し前のこと

アヤ「あ、サコっち〜久しぶり〜」
サコミズ「お久しぶりですアヤさん。君がタカトくんかい?」
タカト「は、はい!ジングウジ タカトです!」
アヤ「ふふっ。この子、GUYSとウルトラマンの大ファンだから緊張してるのよ。」
サコミズ「はは。そうなんですか。タカトくん、そんなにウルトラマンが好きなのかい?」
タカト「はい!」
サコミズ「じゃあウルトラ兄弟の中で誰が一番強いと思う?」
タカト「え〜っと・・・タロウ?」
サコミズ「う〜ん、おしい。正解はゾフィーなんだよ。」
タカト「え!?そうなんですか?」
サコミズ「そうなんだよ。今度同じことを聞かれたら自信をもってゾフィーと答えようね。」
アヤ「ところでサコっち。今日は何の用で来たの?」
サコミズ「ええ。ちょっと知り合いに会いに来たついでに真実を伝えに。」



その頃、とあるレストラン
北斗「兄さん遅いですね。せっかくの料理が冷めてしまう。」
ダン「ゾフィーなんていいよ。早く食べよう。」
郷「しかし昔そう言って先に食べたら後で叱られてしまいましたからね。どうしたものでしょう。」
ハヤタ「みんな。我々ウルトラマンはけして神ではない。
     どんなに頑張ろうと、満たせぬ空腹感もあれば、止められない食欲もある。
     というわけで食べよう。」

243 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 00:30:58 ID:cSQVmIPe0
ハヤタwww

244 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 00:35:32 ID:BDKV1jjN0
相変わらずのダンwww

245 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 00:46:58 ID:/d6j+Co20
>>242
ハヤタ、ほんとに云いそうwww

246 :なごんだ:2006/10/10(火) 04:21:15 ID:CCGZAFzv0

タ「どういうわけかこのスレでは僕はメビウスを可愛がってるのが
 デフォですが」
父「違うのか?」
タ「違うと言いますか、それは教官としての責任感というもので…
 あまりしつこく言われると正直複雑…
 少なくとも貴方に言われる筋合いはありません!」

父「そうか、しかし無闇に厳しくするなよ(セブンの前例があるし)」
メ「教官はとても誠実なお優しい方です(にこにこ)」
父「うむ、いい子だ(なでなで)」
タ「今の話の流れでそういうことしますか普通…」
父「わしは鍛えなくてはならない立場ではないから構わんのだ。
 それにお前を褒められたら普通親として嬉し(以下しばらく続く)
タ「貴方がそんなだから僕がとばっちりを受けるんでしょうがっ!」

ゾ「(嘆息)(各方面に説得力がない…)」
メ「教官はなにを怒っておいでなんでしょうか? 隊長」
ゾ「まあ、本気じゃないから心配しなくても大丈夫だろう」
メ「良かった、照れておいでなんですね、仲がよくて羨ましいです」
ゾ「(なでなで)」


247 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 13:11:31 ID:LgCe/o6E0
遅レスだけど、>>218GJ!
ミライネタはなごむね。
ただ、銀河連邦って聞いて、自分はまずエースを思い浮かべちゃった。

248 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 16:16:52 ID:5qDEf9iS0
俺は銀河連邦と来て宇宙刑事(ry

249 :懐かしのヒーローゲームネタ@:2006/10/10(火) 17:47:39 ID:z1d73XR60
ヤプール1「これまで我々はメビウスやGUYSに対して遠回りで策略を練ってきた・・・しかし、今のままでは駄目ではないだろうか?」
ヤプール2「すると、直接攻撃を掛けるのか?」
ヤプール3「それは我等の信念であるヤプール道に反するぞ。」
ヤプール1「勿論、ただ攻撃するだけじゃない・・・狡猾で且つ屈辱的な方法を考えている。」
ヤプール2「ほう、その方法は何なのだ?」
ヤプール1「ふふふふふ・・・これを見ろ!!!」

ヤプール1、懐からスーファミのカセットを取り出す。

ヤプール2「そ、それは!?」
ヤプール3「ヒー○ー戦記!?」
ヤプール1「暇つぶしにやってたらこの中に良い方法があったのでな・・・今見せてやろう。」

ヒー○ー戦記をスーファミにセットしてゲーム開始・・・しばらくして。

ヤプール1「ふう、カセットが古くてセーブが消えたので時間が掛かったがどうだ、この方法は?」
ヤプール2「素晴らしい、これほど狡猾で且つ屈辱的な事はないな。」
ヤプール3「よし、早速狩ってこようではないか。」
ヤプール1「では、セーブを・・・ああ、また消えた!?」


250 :懐かしのヒーローゲームネタA:2006/10/10(火) 17:49:01 ID:z1d73XR60
数日後、GUYS食堂にて

リュウ「色々やってたら昼飯遅くなったな・・・お、今日のランチはステーキ付かよ。」
ジョージ「アミーゴ、このステーキは結構いけるぜ。」
テッペイ「何でも二本尾のステーキって言う名前のステーキらしいですよ。」
リュウ「二本尾のステーキ?んなの聞いたことないぞ。」
コノミ「何でも数が少なくて入手困難らしいですよ。平和の為に戦うGUYSの皆さんにって特別に送られてきたそうです。」
ミライ「それよりリュウさんも早く食べてみてくださいよ、美味しいですよこれ。」
マリナ「海老みたいな食感だけど本当美味しいわよ。」
サコミズ「僕はもう少し焼いても良かったと思うけどね。」
リュウ「そうか・・・じゃあ俺もステーキランチにするか。」


ヤプール1「ふはははははは、ツインテールステーキ作戦は成功したぞ。」
ヤプール2「奴等が食っているツインテールは美味だが、完全に熱を通さないと食中毒を起こしてしまう素材・・・それをGUYSの奴等が食して食中毒を起こす。」
ヤプール3「そして奴等が苦しんでいる間に我々はGUYSを壊滅させる・・・これほど狡猾で且つ屈辱的な方法はない。」
ヤプール1「配達する時に「焼きすぎず半生くらいが美味い。」と言ったからな・・・最早腹が痛くて戦う事が出来まい!!」
ヤプール3「よし、早速超獣バラバを出動させるぞ!!!」

ヤプール4「おーい、ご飯出来たぞー。」

ヤプール1「ん、そう言えばまだ昼食を取ってなかったな。」
ヤプール2「姿を隠す為に人間の体を借りるようになってからは食事も取らなくてはならないのだから不便なものだ。」
ヤプール3「そう言うな、人間の言葉に「腹が減っては戦は出来ぬ。」とある・・・では、昼食を済ませてから作戦に掛かろう。」


251 :懐かしのヒーローゲームネタB:2006/10/10(火) 17:51:47 ID:z1d73XR60
食後、数分経って・・・

ヤプール2「い、一号、早くトイレから出てくれ。」
ヤプール1「ま、待て・・・まだ出られん。」
ヤプール3「くっ・・・四号、一体何を食わした!?」
ヤプール4「い、いや・・・丁度冷蔵庫に残っていた肉を料理しただけだが・・・。」
ヤプール3「くっ・・・人間の言葉にある「策士策に溺れる。」とはこの事か?」
ヤプール2「人間の体を借りた為に食中毒まで起こすとは・・・本当に人間とは不便なものだ。」
ヤプール1「人間め・・・覚えていろーーー!!!!」

無理矢理人間のせいにするヤプール達・・・その頃GUYS医務室

リュウ「うう・・・腹がいてーーー。」
ジョージ「あ、アミーゴ、医者なら何とかしろ・・・。」
テッペイ「だ、だから僕は外科志望なんですって・・・けど、医者が医者の面倒になるなんて・・・。」
ミライ「皆さん、大丈夫ですか?」
マリナ「な、何でミライ君だけ大丈夫なの?」
ミライ「いえ、僕食中毒は起こした事はないんで・・・。(ウルトラマンだからかな
?)」
コノミ「私、ミライ君が羨ましい・・・。」
ミライ「でも、これが食中毒か・・・初めて見て感動しました。」
リュウ「か、感動なんかするなよ・・・イテテテテ。」
サコミズ「(医務室に入ってきて)皆、食中毒起こしたんだって?体調管理はきっちりしないと・・・。」
リュウ「た、隊長まで大丈夫なのかよ・・・。」
ミライ「それは隊長ですから体調管理もしっかり出来てるんですよ。」
ジョージ「アミーゴ・・・親父ギャグが寒すぎるぜ・・・。」
リュウ「うう、寒くて治まってた腹の痛みがまたきやがった・・・。」

バラバ「皆も体調管理はしっかりしよう。(俺の出番これだけ・・・。)」


252 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 18:23:37 ID:VMF1+wxV0
>>218
GJ!コノミもミライも勘違いっぷりがいいww
>>249-251
久々の直接攻撃の結果がこれってw
普通にワラタw

253 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 18:24:46 ID:JkDLLu+D0
メ『そういえば僕の映画のエンディングのパーティーでアグルさんとジャスティスさんはいませんでしたね。』
タ『確かに本当にいないぞ。』
ガ『アグルなんていいよ。あいつはいつもブルーで孤独で人に騙されやすいし、僕に黙って仮面ライダーを2回も変身するような奴だし。』
コ『ジャスティスなんていいんですよ。あいつはいつも宇宙正義がなんだかんだと言ったり理由もなく女性に化けるオカマ野郎だし。』
ダ『お前ら、自分の相棒にそんなこと言うなんて、ちょっとひどすぎるぞ。』
テ『何を言うんだ、ダイナ。私は3000年前に闇の巨人になってしまい仲間から裏切り者呼ばれされたんだぞ・・・。』
マ『ティガよ、それは君自身でやったことじゃないか。』
セ『最終的には光の巨人に戻ったけど。』


254 :アウト・オブ・ドキュメント1:2006/10/10(火) 19:50:55 ID:bcGcuBZG0
リュウ「どうしたんだ?ミライ」
ミライ「アウト・オブ・ドキュメントを調べてみたら、2000年から2001年にかけて東京で未確認生命体が猛威を振るってたって分かったんです」
リュウ「まぁな。GUYS結成前の話だが、あんときゃ大変だったぜ。奴ら無差別に人間を殺しまくってたからな。警察が対処してたが、単に犠牲者を増やすだけで警察が倒せた腐れ未確認は1匹だけだったらしい」
ミライ「え?でも僕が見た資料では2001年初頭に未確認生命体の全滅が確認されたって」
リュウ「おまえ、ちゃんと資料に目を通したのか?未確認生命体第2号と第4号の項目を見ろ」
ミライ「2号と4号?・・・あった」

数分後

ミライ「4号は人間の味方だったんですね!」
リュウ「そいつは警察と連携して次々に未確認生命体を倒していったんだ。だが、4号の常軌を逸脱したパワーは当時かなり危険視されてたらしい」
ミライ「どうしてなんですか!みんなを守るために戦ってたのに」
リュウ「4号が39号を倒したときに起きた大爆発で一時的に都市の機能が麻痺したんだ。怪我人が出なかったのが不思議なくらいだ」
ミライ「・・・・・・」


255 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 19:52:11 ID:CCGZAFzv0
わーーーっ、出たーっ...orz
ぐっじょぶというより、よくぞその勇気を;>>254

256 :アウト・オブ・ドキュメント2:2006/10/10(火) 19:57:28 ID:bcGcuBZG0
リュウ「そう落ち込むなミライ。確かにあのときの被害は凄かったが、そのあとは郊外で未確認を吹っ飛ばすようになったし、4号に助けられた奴は大勢いるんだぜ」
ミライ「そうなんですか。でも・・・」
リュウ「でもなんだ?」
ミライ「戦ってる4号はどこか悲しそうな顔をしてますね」
リュウ「言われてみればそうだな」
ミライ「4号は0号を倒したあと行方不明になったみたいですけど、今はどうしてるのかな。出来れば会って話がしてみたいな」
リュウ「会って何を話すんだ?」
ミライ「はい。4号はなんでそんなに悲しそうな顔をしてるのか話を聞いて慰めてあげたいんです。同じ人間を守る者として」
リュウ「おまえ、本当に変わってるな。味方とはいえ未確認に同情する奴なんて初めて見たぜ」
ミライ「あとリュウさん、4号のことを仮面ライダーって呼んで良いですか?」
リュウ「は?」
ミライ「昔、僕の恩師に言われたんです。誰にも理解されない悲しみを胸の奥底に秘めて戦う仮面ライダーって戦士がいたって」

ウィーン(扉が開く音)

マリナ「ヤプーRバーガーから帰ってきたわよ。はぁ、大変な目に会ったわ」


257 :アウト・オブ・ドキュメント3:2006/10/10(火) 20:00:37 ID:bcGcuBZG0
ミライ「どうしたんですか?」
マリナ「どうしたも、こうしたもバイクがパンクして!たまたま通りかかった人に直してもらったけどちょっと変わった人だったな」
リュウ「どういう奴なんだよ?」
マリナ「名詞をもらったけど・・・あれ?どっかに落としちゃったみたい」
リュウ「おいおい、落とすなよ!」


書いといて言うのもなんだが、こういうネタはやっぱりこのスレには合いませんね。
以後気をつけます・・・orz

258 :254:2006/10/10(火) 20:08:23 ID:bcGcuBZG0
あぁ!メビウスの世界には四半世紀怪獣が出てないって設定を素で忘れてた!
本当にごめんなさい!

259 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 20:32:41 ID:lSjRLsC40
>>258
いや、ヤツらは怪獣じゃなくて怪人だからOKだw
GJ!

260 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 20:34:58 ID:CCGZAFzv0
割り込んでごめんなさい...orz
てか、怪人ならウルトラマンいらないですねw

261 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 20:45:08 ID:cSQVmIPe0
まあ、あえて批評をすれば最後、ちゃんと五代だって分かり易くして欲しかったかな

262 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 21:07:48 ID:2V3/rKSh0
一瞬、総監が五代かと思ったww

263 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:06:02 ID:mIfQRyS+O
警察が倒したのは二匹だ
いや三匹かもな

264 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:21:50 ID:qV0Pp4zI0
>>247
あのー愚問かもしれないけど…銀河連邦って、何?
エースしか分からん。

265 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:25:33 ID:Bxl6s2Wf0
>>264
多分ミラーマン(植草でないよね?

254の元ネタなに?

266 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:25:59 ID:ybdmBApG0
>>264
確か、ミラーマンとかとの繋がりを持たせる設定だったと思う

267 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:28:05 ID:CCGZAFzv0
>>265
平成元年の仮面ライダークウガ。
平成特撮の草分け的存在だったりします;
メビウススタッフの中にファンがいるらしくて時々リスペクトが。

268 :267:2006/10/10(火) 22:32:24 ID:CCGZAFzv0
思い切り間違えた、西暦2000年です...orz

269 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:36:34 ID:/VSIEoFd0
>>267
え?どの辺に?気付かなかった…OTL

270 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:36:57 ID:ybdmBApG0
「ガンスピーダー・エクスチェンジ」
ハイパーリンク多杉

271 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:38:17 ID:ybdmBApG0
>>270は誤爆です
失礼しました


272 :兄弟達の宴1/2:2006/10/10(火) 22:47:37 ID:A2gCoKG80
都内某レストラン
ハヤタ「今日はミライがいつもお世話になっている同僚を
連れてきてくれるそうだが・・」
ダン「あ、来たみたいだ」
ミライがコノミとマリナを伴ってやってくる。
ハヤタ「・・(女性ならもっとお洒落してくるんだったな。
フジくん、元気かな)」
ダン「・・(アンヌ、どこでどうしてるんだろ?MACの時はそっくりさん
だったみたいだしな)」
郷「・・(丘くん・・剣道対決で圧勝した事、最後まで恨んでていたな)」
北斗「・・(夕子・・なんだか知らないうちに月の妹になっちまったけど
元気にしてるかな?美川くんは今も独身なんだろうか)」
コノミ「素敵なおじさまたちだね、ミライくん!」
マリナ「どういったご職業なんですか?」
ハヤタ「・・(ミライのやつ、私たちに気を使って合コンを企画してくれた
のか。ならちゃんと合コンしないとな!)」


273 :兄弟達の宴2/2:2006/10/10(火) 22:48:22 ID:A2gCoKG80
ダン「私は牧場をやっていてね。羊の世話に追われる毎日さ」
コノミ「わぁー素敵ですね。私、ちょっと前まで保育園に勤めていたんです
けど、そこの園児達を連れて遊びにいって良いですか?」
ダン「勿論。君みたいな可愛い子ならいつでも歓迎するよ」
ハヤタ&郷&北斗(なんだ、あの爽やかな笑顔は!レオに向けたことはある
のか!)
郷「僕はレーシングチームを主宰しているんだ。未来のGPレーサーを育て
てるのが夢だな」
マリナ「ホントですか!あたしもちょっと前まで2輪のGPレーサーを目指
していたんです!是非遊びに行かせて下さい!」
郷「俺は厳しいぞ!ハハハ、なんてね」
ハヤタ&ダン&北斗(2輪は専門外だろうが!)
北斗「私は○○ホテルでオーナーシェフをしている。とっておきのディナー
を御馳走するよ」
コノミ&マリナ「行きます、行きます!」
ハヤタ&ダン&郷(食い物で釣る気か!)
ハヤタ「私は神戸空港の空港長をしている。空の安全を祈る毎日を送って
いたせいか、未だに独り者だよ、ハハハ」
コノミ&マリナ「空港長!?」
ダン&郷&北斗(ステータスを武器に使ってきたな!しかもちゃっかり独身
とアピールしているぞ!)
ミライ(どうしたんだろう・・兄さんたち、凄く気を張りつめている
みたいだ!もしかしてヤプールが再び?)

274 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:49:33 ID:ybdmBApG0
>ハヤタ&郷&北斗(なんだ、あの爽やかな笑顔は!レオに向けたことはある
のか!)

テラワロスw

275 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:54:04 ID:2V3/rKSh0
ミライ、もしかしてヤプールがトラウマになってないか?ww

276 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 22:56:02 ID:/VSIEoFd0
>>272-273
何このスレ始まって以来の激戦はww

277 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:00:59 ID:CCGZAFzv0
>>275
むしろミライにとっての純粋な悪意初体験なんじゃ。
てか、毎度この調子で気付かなかった、と。

>>269 放送年月日です;

278 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:10:59 ID:/VSIEoFd0
>>277……ダメだ、分からない……もう少し詳しく!

279 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:16:45 ID:CCGZAFzv0
>>278
放送を平成元年って書いちゃったんですよー!
実際には平成13年で2000年...orz(ミレニアム絡みで間違えを;)

280 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:20:01 ID:2V3/rKSh0
>279
いや、多分269が教えて欲しいのはリスベクトの方だとw

281 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:22:05 ID:CCGZAFzv0
すみません、当方ひらがな打ちで...orz

あああ、スレ違いで引っ張ってすみません。

282 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:25:48 ID:lSjRLsC40
>ハヤタ&郷&北斗(なんだ、あの爽やかな笑顔は!レオに向けたことはある
のか!)

俺もここで不覚にも吹いたwww

283 :北斗のレストラン1/2:2006/10/10(火) 23:29:33 ID:A2gCoKG80
ここは北斗がオーナシェフを勤めるレストラン
従業員1「オーナー、3番テーブルのお客様が『シェフを呼べ』と
仰っているのですが」
北斗「ん?そうか・・どんなお客様だ?」
従業員1「それがですね・・どうみても筋モノの方みたいで。念の為
警備を呼びますか?」
北斗「いいって。ちょっと挨拶に行ってくる」
従業員2「ですが、オーナー!どうみても堅気の方じゃないですよ!」
北斗「心配しなさんな(いくらなんでもヤプールほど怖くない
だろうからな)」
テーブルに向かう北斗。派手なスーツ、幅広ネクタイ、ゴツイ指輪、真っ黒
なサングラス、パンチパーマ・・どうみても堅気の客ではない。
北斗「いらっしゃいませ。私が当店オーナーシェフの北斗です。・・あの
お料理がお口にあいませんでしたか?」
客「貴様、ぶったるんどる!」
北斗「!!」


284 :北斗のレストラン2/2:2006/10/10(火) 23:30:49 ID:A2gCoKG80
客「戻ったなら戻ったと何故、連絡しなかった!?」
北斗「山中さん!」
山中「ホウレンソウを忘れたのか!」
北斗「報告・連絡・相談ですね。すいません、山中さん!」
サングラスを外す山中。額はやや後退したが精悍な目つきはあの頃のままだ。
二人の間に、温かい感情が沸き上がりどちらともなく手を握りあう。
北斗「山中さんもお元気そうで・・今、何をなさっているんですか?」
山中「今、俺はGUYSの養成所で若いやつをビシビシしごいているよ」
北斗「ハハハ。訓練生が可哀想だなあ」
山中「なんだと!フフ、今の若いやつはお前と違ってしごくとすぐ辞め
やがる。人を育てるのは難しいもんだ」
北斗「時代ってやつですかねえ」
山中「理不尽な力に立ち向かう勇気を持ち、優しい心を忘れない・・
時代は変わってもこれだけは無くしたくないもんだな」
北斗「全くです」
山中「北斗・・いや、シェフ。今度は家族を連れてまた来たいんだが、
よろしいですか?」
北斗「はい!最高の褒め言葉です、お客様」
再び握手をかわす二人。そこへ銃を構えたミライが飛び込んでくる。
ミライ「兄さんから、手を離せ、ヤプール!」
北斗「お、おい、この人は俺の先輩で・・」
ミライ「その凶悪な人相はヤプールに違いありません!」
北斗&山中「・・・・」

285 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:41:40 ID:bcGcuBZG0
この後サコミズ隊長が「部下の教育がなって無い!」って山中さんにこってりしぼられそうだなw

286 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:43:16 ID:2V3/rKSh0
GUYSの養成所の教官ならちょっとは見覚えあるだろうにww

287 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:45:34 ID:nCt32Gu+O
ヒント:アライソ整備長を知らなかった

288 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:47:01 ID:lSjRLsC40
北斗と山中の友情劇にちょっと感動したのだが
最後のミライの一言がいい意味で壊してくれたw

289 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:50:16 ID:aLkJSScu0
>>273

ゲン…(つд;)

290 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:54:17 ID:fuQ6jw7p0
>283
客「貴様、ぶったるんどる!」

おもっきしかふぃいぬまっくす吹いた

291 :名無しより愛をこめて:2006/10/10(火) 23:59:00 ID:eHWuinKV0
神戸決戦終了後。

タロウ「さぁ、地球派メビウスに任せて我々は本来の任務に戻りましょう!」
ゾフィー「いや…たまに地球へきたんだし、ちょっと遊んでいかないか?」
タロウ「に・兄さん!?」
ゾフィー「まぁまぁ、お前だって久方ぶりの地球だろう?」
タロウ「そ・それはそうですけど…」
ゾフィー「神戸といえば神戸牛にワイン…色々美味しいものがあるらしいからな♪」
タロウ「兄さん…それ何処情報ですか?」
ゾフィー「うん?…まぁ、地球の部下がちょっとね…」


292 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 00:04:42 ID:eHWuinKV0
その頃のGUYS

コノミ「サコミズ隊長は!?」
テッペイ「なんか、神戸がバリヤーで包まれた辺りからいなくなっちゃいましたね…」


光の国
「レオ隊長代行! この書類に判を押してもらえますか?!」
「レオ隊長代行! マゼラン支部から火急の応援要請が…」

80「大変だね…」
レオ「あぁ、早く帰ってこないかな、あの人…あ、それとタロウさんがいないから今日はその分の穴埋めもよろしくね」
80「GIG…」

レオ「ダン隊長も復活したなら、早く手伝って欲しいんですけど…」
80「つーか、ぼくらいっつもこんなんばっかしですね…」

293 :レーシング教室:2006/10/11(水) 00:20:19 ID:DwYU1toG0
ここは郷が主宰するレーシング教室。未来のレーサーを目指す子供たちを
相手に今日も温かく指導する郷の姿があった。
声「随分熱心だな、郷」
振り返る郷。そこには懐かしい先輩の姿が。
郷「岸田さん!」
岸田「生きて・・生きていてくれたんだな、郷」
郷「はい・・今まで連絡も出来ず申し訳ありませんでした」
岸田「いいさ。こうやって明日のレーサーを育てる仕事をしている
お前を見られただけで。坂田さんの志を継いでいるんだな」
郷「はい・・所で岸田さんは今・・?」
岸田「俺か?GUYS開発局の局長をやってるよ」
郷「ひょっとして、メテオールの?」
岸田「ハハ、流石にお見通しのようだな。今日もな、先日の事件(劇場版
の事)の調査に来たんだよ」
郷「そうなんですか」
岸田「危なかったらしいな、あの戦いは」
郷「・・・なんの事でしょうか?」
岸田「俺はな、郷。お前が今の仕事に専念出来るように、残りの人生を捧げ
たい。それが地球人として、お前に出来るただ一つの礼だと思っている」
郷「岸田さん!」
二人の脳裏にあのMATで過ごした日々が走馬燈のように駆けめぐる。
岸田「じゃ、またな、郷」
郷「はい。また会いましょう」
そこへ銃を持ったミライが駆け込んでくる。
ミライ「兄さんから離れろ、ヤプール!」
郷「お、おい、この人は俺の先輩で・・」
ミライ「そんな陰険な人相は、ヤプールに違いありません!」
郷&岸田「・・・」

294 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 00:25:23 ID:3xIgNlEUO
ヤプール1 「ヤルレッド!」
ヤプール2 「ヤルブルー!」
ヤプール3 「ヤルイエロー!」
ヤプール4 「ヤルグリーン!」
ヤプール5 「ヤルピンク!」
ヤプール達 「嫌がら戦隊!!
ヤルレンジャー!」


あるデパートの屋上での出来事でしたとさ

295 :空港にて:2006/10/11(水) 00:38:42 ID:DwYU1toG0
部下1「空港長、下の応接室にお客様がお見えです」
ハヤタ「わかった」
応接室の扉を開けるとそこには懐かしい同僚の姿が。
ハヤタ「アラシ!」
アラシ「よう!久しぶりだな。随分と出世したな、おい!」
ハヤタ「お前も元気そうだな。今、お前何やってるんだ」
アラシ「俺か?俺は特別養護老人ホーム『アラシの家』の
理事長さまよ」
ハヤタ「もしかしたらとは思っていたが、お前があの『アラシの家』の」
アラシ「ああ。ジジイやババアから学ぶべき事は多い。今の世の中それを
ないがしろにしている気がするからな。俺が一肌脱いだってわけだ」
ハヤタ「フフフ、お前らしいよ」
アラシ「そうか?まあ、俺が声を掛けただけで寿命が延びるなんて言い
やがるジジイとババアが多いのには驚いたがな。棺桶に片足突っ込んだ
ジジイやババアに安らぎと張り合いのある生活を提供してあげてぇんだよ」
ハヤタ「そうか・・先人に学び、それを尊ぶ。素晴らしい事じゃないか、
アラシ!」
アラシ「まあ、そういうこった。じゃあ、これで失礼するよ。今度イデと
一緒に飲もうや」
ハヤタ「ああ。またいつでも遊びに来てくれ」
そこへミライが銃をもって飛び込んでくる。
ミライ「動くな、ヤプール!」
ハヤタ「お、おい、こいつは俺の戦友で・・」
ミライ「お年寄りに対する乱暴な言動・・ヤプールに違いありません!」
ハヤタ&アラシ「・・・」


296 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 01:24:53 ID:/1f77S45O
マムシw

297 :映画ラスト1/2:2006/10/11(水) 01:26:47 ID:wF+kcIUf0
〜Uキラーザウルスとの死闘を終えて

マン  「メビウス、よくやった。」
セブン 「大したものだ。」
新マン 「君もウルトラ兄弟の一員と呼んで遜色ないな。」
エース 「久々に若い弟が増えそうだな。うん、悪くない。」
メビウス「光栄です。皆さん…兄さん達の力があってこそです。」
ゾフィ 「ご苦労だったな、メビウス。今後も地球を頼んだぞ。
     さぁ、小さな友人が待っている。早く行ってあげなさい。」
メビウス「はい。」

〜メビウスはミライに戻りタカトとアヤの元へ向かった

298 :映画ラスト2/2:2006/10/11(水) 01:27:59 ID:wF+kcIUf0
ゾフィ 「さて、Uキラーザウルスは倒したもののヤプールのことだ…
     完全には滅んでいないだろう。再封印と監視の継続は必要だな。」
タロウ 「ヤプール以外にも不穏な動きがあるとの報告もあります。
     今度は私が代わりにその役目を。(メビウス心配だし…)」
ゾフィ 「しかし、養成所での戦士育成も急務だしなぁ…」
タロウ 「兄さんたちなら誰がやっても全然問題ないじゃないですか。」
エース 「ぼ、僕はレストランの予約が年末まで目一杯なんで抜ける訳には…
     (地球離れたら料理をつまみ食いする楽しみが…)」
新マン 「わ、私はしばらくレースの予定が詰まってるんで今帰るわけには…
     (可愛い子供たち&レースクイーンとの楽しいひとときが…)」
マン  「う〜ん、空港長という立場上いきなりいなくなる訳には…
     (せっかく接待でいろいろ美味しい思いができる立場なのに…)」
セブン 「私は風来坊ではあるが…」
ゾフィ 「(レオとセブンが揃っちゃったら養成所の全員が潰れるΣ(゚Д゚))
     い、いや、羊の世話を途中で投げ出す訳にはいかないだろう!
     ここはまた4人に任せ、タロウは光の国へ戻るんだ。」
タロウ 「えぇ〜!?(せっかく久々に地球の暮らしを味わえると思ったのに…)」
ゾフィ 「(タロウ置いてきたとか言ったら父さんまた駄々こねそうだし)
     さ、GUYSの戦闘機も来たようだ。軽く挨拶しながらいくぞ!」
タロウ 「(くっそ〜、なんとか理由つけてメビウスの近くに来てやるぞ)
     (((´・ω・`)はーい…」

299 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 01:33:47 ID:HozaH+yzO
>>272
ミライ…きっとなんにも考えずにコノミとマリナを誘ったんだろうな…。

300 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 01:37:21 ID:kRYH/oSk0
確かにセブンとレオだけだとストッパーがw>>298

301 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 02:36:18 ID:I8PUBblNO
>>298ゾフィーも大変だな。

302 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 03:28:28 ID:1AfDex6a0
>>298
80以後ウルトラマンが現れ無かったのはそこら辺も理由の一つだったりして・・・
公式だとタロウの前任教官はセブンだったみたいだし

303 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 03:33:55 ID:kdte72XmO
公式といえば、セブンとタロウの従兄弟設定がついに公認に…

http://www.hicbc.com/tv/mebius/webmebinavi/010.htm

304 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 07:15:21 ID:C/K68PmN0
>>295
ぱぱぱぱ〜ん♪
 
   「毒蝮のプログラム」

いますぐでーきるこーとはなーんだろー♪

305 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 07:50:52 ID:1AfDex6a0
>>283>>293>>295
さあ、ダンはどう来る!

306 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 12:38:29 ID:nwyfeuF/0
>295
ちょw
仕事場にラジオあってTBSがついてるんだよ。
面白すぎてMPまともに聴けなくなるじゃん。

GJ!


307 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 13:12:36 ID:S/CfVEaf0
いいなあ、「秋の再会シリーズ」まあミライがぶち壊すけどw
次はどうくる!?MACはありえないけどww

308 :究極の暗殺拳@:2006/10/11(水) 13:18:51 ID:amEm04150
メビウス訓練生時代・・・


タロウ「メビウス、ウルトラ戦士たるもの光線技だけを鍛えるだけでは駄目だ。それは解かっているな?」
メビウス「はい、まず体術で敵の体力を奪い、最後の止めに光線技を使うんですよね。」
タロウ「そうだ、我々の光線技は威力が強いほどエネルギーを消耗してしまう・・・よってまずは体術を使った肉弾戦で戦わないといけない。」
メビウス「という事は今日は体術の訓練ですか?」

レオ「よーし、それなら俺に・・・。」

タロウ「いや、今日は兄さん達が送ってきてくれた地球の格闘技の資料を見るだけだ。これはかなり参考になるぞ。」
メビウス「分かりました・・・あれ、レオ先輩どうしました?」
レオ「あ・・・いや、何でもない。(俺の出番は無しか・・・寂しい)」

レオはとぼとぼと去っていった。

メビウス「???レオ先輩、どうしたんでしょうか?」
タロウ「さあな・・・それより一通り読んでみてこれといった物を選んで、明日から実践してみよう。」
メビウス「分かりました。」

メビウス、格闘技の資料を見始める・・・しばらくして

メビウス「・・・あ、教官、これなんかどうでしょうか?」
タロウ「どれ・・・これは少し難しそうだな、大丈夫か?」
メビウス「大丈夫です、一生懸命訓練します。」
タロウ「そうか・・・では、明日から特訓だ!!」
メビウス「はい!!」


309 :究極の暗殺拳A:2006/10/11(水) 13:46:03 ID:amEm04150
そして時は流れて第一話・・・

ミライ「よし、教官と訓練した成果を今こそ・・・メビウーーーーーース!!!!!」

コノミ「あ、ウルトラマンだ。」
ジョージ「マジかよ・・・。」
マリナ「ん・・・でも、あの七つの傷は何?」
テッペイ「何でしょう、あの傷の並び方は何処かで・・・。」
メビウス「シュワッ!!!」
テッペイ「あ、ウルトラマンが怪獣に向かっていった。」
メビウス「ハアーーー・・・アタタタタタタタタタタタタタタタ!!!!!」
ジョージ「な、何だあの拳の嵐は・・・全然見えないぜ。」
メビウス「アタタタタタ、シュワッチャア!!!!!」
コノミ「あ、終わったみたいですよ。」
マリナ「でも、怪獣は全然傷ついてないように見えるけど・・・。」
ディノゾール「・・・ギャアアア!!!」
コノミ「危ない、後ろ!!」
ディノゾール「・・・・・・ギャブア!!?」
ジョージ「うわっ、怪獣の内臓が爆破したぞ!?」
マリナ「ちょっと・・・あれ少しエグイわよ。」
コノミ「・・・・・・。(あまりのエグさに気絶)」
テッペイ「あ、思い出した、あれは北斗七星だ。」
メビウス「・・・お前はもう、死んでいた。」


310 :究極の暗殺拳B:2006/10/11(水) 13:47:22 ID:amEm04150
その頃、神戸・・・


ハヤタ「(テレビを見て)なあ、これってもしかして・・・。」
ダン「もしかしてもなく、これは間違いなく・・・。」
郷「北斗神○かよ!?」
北斗「あ・・・。」
ハヤタ「どうした、北斗?」
北斗「い、いや・・・何でもない・・・。(そういや俺が読んでた北○の拳、無くなったと思ったけどもしかして間違えて・・・。)」

リュウ「バカヤロー、そんなネタなんて使ってんじゃねーよ、それに俺の出番はこれだけかよ!!!」


311 :牧場にて1:2006/10/11(水) 18:09:11 ID:zRCJjOsx0
一通り羊を野に放つとダンは不図、空を見上げた
何故だろう?秋空は晴れていても寂しく写る
???「あのぉ・・・こちらにモロボシ・ダンさんが
いると聞いて、伺ったのですが・・」
女性の声を背中に認めダンは我に返る
ダン「ハイ・・・モロボシは私ですが・・・何か?」
振り向いたダンは思わず息を呑んだ
ダン「まさか・・・君は・・・」
???「あぁ・・・・やっぱりそうだわ
ダン、私よ。こんなにおばさんになっちゃったけど・・
私のこと覚えてる?」
ダン「忘れるもんか・・・アンヌ!!」


312 :牧場にて2:2006/10/11(水) 18:21:55 ID:zRCJjOsx0
ダン「どうして、此処が?」
アンヌ「この間、超獣とウルトラ兄弟が神戸で戦ったって
聞いて・・・それで、もしかしたらって・・」
ダン「そうか、今はどうしてるんだい?」
アンヌ「・・・・・結婚したわ。息子も一人いるのよ?
・・・ダンって言うの。貴方と同じ名前」
ダン「僕と?ハハハ・・・そうか。
ちゃんと幸せになってくれたんだな」
アンヌ「えぇ、何とかやっていけてるわ
妻としても、母としても・・・」
見詰め合う二人 しかしそこには距離があった
別れたあの日のような・・・
そこに銃を持ったミライ登場
ミライ「ヤプールめっ!兄さんから離れろ!」
ダン「お・・・おい、彼女は過去の戦友というか・・・ナンと言うか」
ミライ「タロウ教官が言ってました!セブン兄さんに近ずく女性は
ウルトラ・アイを狙ってるって!!」
ダ&ア「・・・・・・・」



313 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 18:56:15 ID:mHJauX1k0
タロウ、いい加減な事教えてるなw
まぁ、当ってるっていや当ってるけど。

314 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 18:57:21 ID:yEshm8aS0
>>309
さりげにマックステイスト>モエタランガ戦

315 :先を越されたのでやっつけ仕事。いじげんじんだから反省していない:2006/10/11(水) 19:03:36 ID:yEshm8aS0
一通り羊を野に放つとダンはふと、空を見上げた
何故だろう?秋空は晴れていても寂しく写る

フルハシ「(ry
ダン「(ry

中略

ミライ「貴様!兄さんから離れろ!」
ダン「(ry
ミライ「兄さん!こいつはマン兄さんのお知り合いのアラシさんという方にそっくりです!
   よーく見てください。目つきが悪い。真っ赤なニセモノです!!」
ダン「ザラブ星人だったのか。今までまったく気がつかなかった・・・」
フルハシ「おい、ジジイ」

316 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 19:24:07 ID:KMNK2ndk0
タロウ「以前、地球人とコミュニケーションをとるためにゲームの腕を磨いておくように、と言ったのは覚えてるね?」
メビウス「はい!あれから地球のゲームを徹底的にやりこんでRPGもシューティングもアクションも完璧に出来ます」
タロウ「それも、もちろん大事だが友人がゲームでがんばっているときのサポートも大事だ」
メビウス「サポートですか?」
タロウ「そうだな。例えば・・・・・・」

それから

リュウ「クソッ!こんなのできる訳ねーだろ!(コントローラーを投げつける)」
テッペイ「高○名人の冒険島ですか!懐かしいなぁ〜。でも、これって無茶苦茶難しいんですよね」
リュウ「あー!また雲から落ちて死んだ!」
マリナ「これで名人を死なせた回数は675回ね」
リュウ「カウントするなよ、そんなこと」
ミライ「リュウさん!落ち着いてください!冷えピタをおでこに貼ってあげますから!あとイカの駄菓子も沢山ありますよ」
リュウ「おい、なんでイカが・・・」
ミライ「あっ、それなら、このゲームの雲に似てるポンデリングを買ってきましょうか?!」
サコミズ「ミライ!!!!!!!リュウがゲームに集中できなくて困ってるだろ!」

317 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 20:28:28 ID:T6SxLqNN0
>>312
ほ、他の兄弟に対する勘違いよりも、切実にミライのその後が気にかかる…。

大丈夫かミライ!生きてるかミライ!

318 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 20:42:00 ID:XHHXHcjH0
>>317
命を持ってきてくれる人がいると思うから多分大丈夫

319 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 21:00:46 ID:YovqccRk0
命が危ないのはタロウの方ではww

320 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 21:13:31 ID:kRYH/oSk0
メビウスは悪くない(`・ω・´)

てか皆メビウスにあれやこれやと吹き込みすぎだよぅ...orz

321 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 23:40:39 ID:u4VcMP9C0
ゲームセンターCXかよ

322 :名無しより愛をこめて:2006/10/11(水) 23:50:52 ID:x+aGh4Sz0
>>315
こっちも好きだなw
つま先が反り返ったフルハシかwww

323 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 12:01:28 ID:4diOixOK0
アラシ「久しぶりだなハヤタ!」
ハヤタ「相変わらず元気そうだなアラシも。」
アラシ「ところでなあハヤタお前何人兄弟なんだ?」
ハヤタ「なんだ急に?俺は兄弟はいないぜ。」
アラシ「そうか、じゃあ他人の空似って奴かなあ?」
ハヤタ「どういう事なんだ?」
アラシ「いやなあ、お前にそっくりな人間を何人も見てるんだよ。」
ハヤタ「俺にそっくり?おいおい本物は一人だぜ!」
アラシ「う〜ん、実はな某栄養薬品の研究所でお前にそっくりな男を
    見かけたのが先月の事でな。なんかそこの所長らしいんだ。」
ハヤタ「ふむ。」
アラシ「それでな今月の初めに孫に自転車買ってやろうと自転車屋に
    行ったら、そこの主人がお前にまたそっくりなんだ!」
ハヤタ「そりゃまた凄い偶然だな!」
アラシ「おまけにだ、そこの主人のかみさんだかの写真が店にあったんだが、
    これがなんとフジ君そっくりなんだ!」
ハヤタ「おいおい出来すぎた話だな?」
アラシ「さらにだ先日女房と旅行に神戸に行った時にこれまたお前にそっくりな
    男を空港で見掛けたんだよ!」
ハヤタ「そこまで行くと気持ち悪いな?」


ミライ「マン兄さんの偽者が?さてはザラブ星人!よし一人残らずこの僕が
    倒してやるぞ!」

324 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 12:18:12 ID:HP4Pb84d0
>>316にうまい棒詰め合わせ差し入れ

325 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 15:42:39 ID:fzqB0FwF0
>>316
つSFC版「ウルトラマン」

326 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 18:56:40 ID:9TkFHRKm0
ねぇ、みんな……
まとめサイトWikiで作ってみるって言ったらどうする?
残念ながら携帯には対応してないようだけど。

327 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 19:59:29 ID:gB289Ci60
>>326
応援する。
役に立てなくてごめんなさい...orz

328 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 20:09:09 ID:umcCYd4a0
>>323
なんか疑心暗鬼になってきてるw
純粋と疑心は紙一重〜

ってこのハヤタまさかマンじゃなくて元科特隊の本物のほうかよ!!
逃げてハヤタさん超逃げて〜!!

329 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:08:39 ID:wJBToTJb0
>>328
踊るスカイドンから逃げる速さでだね。

330 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:24:17 ID:L2H+vXeu0
>>326
応援するよ。
前スレのデータ、テキストだったらあるよ。

331 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:38:23 ID:26v+lUTO0
>>某栄養薬品の研究所でお前にそっくりな男を
    見かけたのが先月の事でな。なんかそこの所長
コレだけ元ネタがワカンネ(黒松教授じゃ無いよね)



332 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:47:06 ID:Gj1TdRIf0
>>331
つモグラ

333 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:50:14 ID:IzMdb2vB0
>>330
すまない!助かる!
今、サイトそのものは作ったけど、中身は空っぽなので……

334 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:51:26 ID:UBQ1mHaE0
>>326
勇者よ、あなたを支援する!

335 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 21:55:10 ID:Gj1TdRIf0
とりあえず前スレ
http://makimo.to/2ch/tv7_sfx/1155/1155709190.html

336 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:11:34 ID:26v+lUTO0
>>332
ヒント、サンクス!

337 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:23:09 ID:3GXnpeon0
新マン「メビウス、地球に行くのなら非常に重要なことを教えておこう」
メ「あ、ジャ…先輩。それは一体何ですか」
新マン「人間に擬態する場合はイケメンの若い男性、これを忘れるな」
メ「イケメンとは?」
新マン「うむ、我々の言葉でいうと☆(O/♂)b@▽☆というか。とにかく驚くべきはあのタロウが!」
メ「教官が!?」
新マン「地球ではウルトラ兄弟で一番いい男というイメージで人気者なのだ。あの程度で」
メ「…」
新マン「人間体の選び方一つでイメージは大差だ。若い、爽やか、イケメン…これを忘れるな」
メ「わかりました」

ゾ「(なるほど、これは参考になった…ふふふ…イメージは重要だからな)」


338 :326:2006/10/12(木) 22:48:02 ID:IzMdb2vB0
まとめサイト、一部出来たけど要る?完成するには時間がかかりそうで…

339 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:57:02 ID:g66nwhuK0
>>338
Wikiは皆で作り上げていくものだから、いいんじゃないかな。
とにかく乙。

>>337
ウルトラ兄弟や他のシリーズの皆さんもイケメンだよなぁ。
やっぱり、最重要事項なんだね。

340 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 22:58:52 ID:IzMdb2vB0
わかった、はいこれ。
http://wiki.livedoor.jp/yapool/d/FrontPage

正直俺一人の力では少々キツイ…皆!力を貸してくれ!

341 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 23:18:16 ID:y0ZzuKvC0
>>340
乙!

…って、ヤプールの仕業か!?www

342 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 23:20:17 ID:eskO7WiW0
>340
グッジョブ!!
アドレスヤプールか!!

343 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 23:26:29 ID:26v+lUTO0
>>340
スゴイ!
これから俺たちが悲しみの無い世界を作るのに相応しいじゃないか!

344 :名無しより愛をこめて:2006/10/12(木) 23:27:05 ID:NCUcJdCl0
誰かブログでまとめサイトつくってなかったっけ?

345 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 00:21:11 ID:rRSzZ8TW0
http://xkakolog.web.fc2.com/index2.html
過去ログまとめ作ってみる。
今はここの前スレだけ。

346 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 01:33:38 ID:AVMkesgxO
 ズバーン「ズバーン!!
ズバズバ…
ズンズン♪」

 メビウス「教官…
あれは…?( ゚д゚)ポカーン」

 タロウ「み、見るんじゃない!
世の中には知らない方がいいこともあるんだ!!(´Д`:)」

347 :その後のしんまん。:2006/10/13(金) 02:43:46 ID:EzM8ZPCX0
>>144-145の出来事から少ししての話。
ゾフィー「しかしなぁ、折角投票一位の『ブレスレット』を気に入らないとは…」
タロウ「そりゃそうですよ。僕だってブレスレット持ちですけど、道具の名前が自分の名前じゃあ本末転倒ですよ」
セブン「じゃあ何て名前にしてやる?」
マン「新マンだから『ウルトラマンネオ』ってのは?」
エース「ネオスと混同しちゃいますよ」
マン「駄目か…」
ゾフィー「そうだ、良いのがあるじゃないか!!」
タロウ「何ですか兄さん?」
ゾフィー「タロウは知らないだろうけど、ゴニョゴニョ…」
一同「それにしましょう!!」

しばらくして…
ジャ(ry「おっ、ようメビウス」
メビウス「あっ、ウルトラマンニ世さ〜ん♪」
ジャ(ry「お前…何故それを知っている…」
メビウス「タロウ教官達がそう言う様にって…、どうしたんです?そんな怖い顔して」
ジャ(ry「ちょっと用事を思い出してな」

その後、タロウ達がいた教官室でちょっとした修羅場が起きたのは言うまでもない…

348 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 10:32:15 ID:R/zhU5/80
>>340
作ってくれるなら、こっちは閉鎖するよ。
前スレ分だけだけど、使えるところがあれば使ってくれ。
編集ミスで一部ネタが抜けてるのはご容赦願う。
http://blog.goo.ne.jp/good_morning_2003t/


349 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 14:40:30 ID:YaLMJLRv0
>348
カテゴリー別ですごく見やすいからブックマークしたよ。
出来れば続けてくれると嬉しいんだけど。

350 :340:2006/10/13(金) 19:11:42 ID:2xdzw1j70
>>348いや、是非とも続けて欲しい!兄さん!
すまない、まさか既にあるとは知らずに……

で、これだけだとあれなのでネタでも。


ヤプール4「先輩、出来ました!」
ヤプール1「よし……どれどれ……『まとめサイト作ろうか?』」
ヤプール3「よし、周囲からの反応も中々だな!」
ヤプール2「ふふふ……これで期待させておいて即閉鎖すれば……」
ヤプール1「人間共の心に大きなマイナスの感情を呼び起こせる!」

123「ふふ、ふはは!ふははははは!」

ヤプール4「反応を読みます。『応援します!』『グッジョブ!』『支援する、若き勇者よ!』」
123「…………」

ヤプール4「『乙!』『テキストデータあるよ』『使えるなら使ってくれ』」

ヤプール1「……なぁ……」
ヤプール2「ああ……」
ヤプール3「もう少し続けてみようか……」

自分のことネタにするのって難しい!

351 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 19:28:14 ID:7r80aG/50
やはりヤプールの仕業だったか…w

352 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 19:44:40 ID:ZctRWWui0
>>340
http://xkakolog.web.fc2.com/115570919.html
http://xkakolog.web.fc2.com/1155137763.html
にくちゃんねるは重いから↑のを使ってほしい

353 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 19:57:16 ID:glApBeNi0
何かさあ、ここのヤプールとは、いつか微笑みをつなぐ世界を
作れるんではないかと錯覚してしまう。

354 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 20:18:44 ID:R2GHuhEx0
↑次のスレタイ決定!

355 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 22:17:15 ID:cr/trheE0
一時帰郷したメビウスがタロウ邸を訪れ、会話が弾む

タ「ところで、今の地球の防衛隊はどんな感じだ?」
メ「みんないい人たちですよ!特にトリヤマ補佐官という方が素晴らしい人で・・・」

メビウス、延々とトリピーの「大活躍」を熱く語る。

タ「ほ、ほう。それはすごい人物だな(おいおい「あの」ZATにだってそんなヤツはいなかったぞ・・・)」
メ「そうですね〜、宇宙警備隊に例えると・・・隊長より偉い方ですから大隊長ですね!」
タ「!」
父「メビウス・・・」
タ「!!」
メ「お久しぶりです大隊長!今ちょうど・・・」
父「私が相手だ!」
メ「えっ?」
タ「か、母さーーーーーーーん!!!」


356 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 22:32:25 ID:zoM/o9P1O
私の名はウルトラマンジャック・・・ある時は帰ってきたウルトラマン。略して帰マンと呼ぶ者もいるそうだ。
またある時は新マン。
はたまたある時はウルトラマン二世。
初めて郷秀樹と出会った時はウルトラマンの名を騙ってみた。意味は特に無い。

しかしその実態は超人21面相!

ゾフィー「何を一人でぶつぶつ言ってるのだジャック・・・」





・・・私の名はウルトラマンジャック。戦士もたまには一人語りたい時もあれば見られたく無い場面もある。

357 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 23:03:08 ID:IMdyIcRH0
ここはゲンが師範を務める空手道場。逞しい体を目指す子供たちを
相手に今日も温かく指導するゲンの姿があった。
声「随分熱心だな、おおとり」
振り返るゲン。そこには懐かしい先輩の姿が。
ゲン「青島隊員!」
青島「生きて…生きていてくれたんだな、ゲン。基地崩壊のとき死んじまったかと思ってた」
ゲン「はい…今まで連絡も出来ず申し訳ありませんでした」
青島「いいさ。こうやって明日のレーサーを育てる仕事をしている お前を見られただけで」
ゲン「はい・・ところで青島隊員は今なんで生きてるんです…?」
青島「俺か?俺はアトラー星人と戦った後赤石達と一緒に左遷されてたからな。運良く生き延びた」
ゲン「ひょっとして、赤石隊員や桃井隊員も生きてるんですか?」
青島「ハハ、流石にお見通しのようだな」
ゲン「そうなんですか?よかった〜」
その後、2人でMACでの思い出を語り合う。
青島「お前は多かったよな、スタンドプレーが」
ゲン「そうでしたね」
青島「それに謹慎処分も。でもバイブ星人の時はおおとりの無罪が証明された時、本当に嬉しかったな」
ゲン「青島隊員!」
青島「おっと、もうこんな時間だ。またな、おおとり」
ゲン「はい。また会いましょう」
道場から出て行く青島。そこへ平山が現れる。
平山「どうせ俺は覚えてないだろうな…」
ゲン&青島「誰、アンタ」
平山「…」

358 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 23:06:14 ID:IMdyIcRH0
>>357
訂正
8行目 誤 明日のレーサーを

    正 子供を逞しく

359 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 23:07:02 ID:BWZ8XYHpO
>>レーサーを
突っ込んだ方がいいの?
そっとしておいた方がいいの?

360 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 23:08:11 ID:hMOJ5RlQ0
もうちょっと待つべきでしたなw
レオ見てないのでネタがわかんないのが惜しいっす。>>357

361 :名無しより愛をこめて:2006/10/13(金) 23:17:45 ID:BWZ8XYHpO
ここまで来たら次は80か
どの子が来るんだろう
というより80今地球にいるのか?

362 :兄の訪問 1/2:2006/10/14(土) 01:24:55 ID:hQWOjEit0
サコミズ「ミライ。お客様が来ているよ」
ミライ「僕に来客って……誰だろう?」

フェニックスネスト・来賓受付口――――

ミライ「あ……えーとブレ……じゃなくて、ウル……でもなくて、ジャ……あっ。
    え、えーと……」
秀樹「……今日はとりあえず、郷秀樹でいい……」
ミライ「は、はい! あの、郷さん今日は一体……」
秀樹「なに、近くまできたもんだから、顔を見にな。それに会わせたいヤツもいるし」
ミライ「え? 会わせたいって……どなたですか?」
秀樹「いや、さっきまでそこに居たんだが……」

ジョージ「おーい、アミーゴ。こんなところで何してんだ……あ、来客か。
     邪魔したな」
ミライ「あ、ジョージさん。いいところへ!」

※ テレパシーでの会話(この間0.5秒)
ミライ(郷さん……このジョージさんは郷さんに凄く憧れているんですよ!)
秀樹(ああ……そうらしいな……ゾフィ兄さんから聞……い、いや、色々耳にしているよ)
ミライ(? ああ! ジョージさんに郷さんの正体を言えたらなぁ。どんなに喜ぶか!)
秀樹(おいおい。駄目だぞ、ミライ(笑))

ジョージ「こちら、どちらさん?」
ミライ「紹介します。えーと、こちらは郷秀樹さん。僕にとって、兄みたいな人です」
秀樹「やあ、ミライが世話になっています」


363 :兄の訪問 2/2:2006/10/14(土) 01:28:58 ID:hQWOjEit0
そこへ、アイツがやってきた――――

ゲン「おーい! おーい!!」

※ テレパシーでの会話(この間0.5秒)
ミライ(あ! レオさん!! 会わせたい方ってレオさんだったんだ)
秀樹(そうだ。地球で会うのは初めてだろう?)
ミライ(はい!)
秀樹(レオ……ところで今までどこへ)
ゲン(いや……今の基地は凄いなと、つい)

ミライ「で、今いらした方がおおとりゲンさんです」
ゲン「あ、どうも、初めまし……」
ジョージ「!! ミライ!」
ミライ「は、はい?」
ジョージ「お前はなんて素晴らしい人と知り合いなんだ……」
秀樹(フッ……)
ジョージ「……おおとりさん!」
ゲン「は?」
秀樹(え?)
ジョージ「セニョールも……名前が漢字で書けない……俺にはわかる……」
ゲン「書けないというか……むしろ仮名がデフォ……」
ジョージ「素晴らしい!! さあ、あちらで語りあおう、アミーゴ!!」

ミライ「行っちゃいましたね……」
秀樹「……瓦礫の下敷きにでもなれば、もう一回位は変身出来るだろうか……」

364 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 13:53:26 ID:cvpUol050
>>331
あれは栄養薬品の研究所じゃなくて、農事試験場ではなかったか?
今DVDが遠くに逝ってしまって確認ができないが、ビニルハウスのかかった畑とかも映っていた記憶がする。

アラシ「ところで、そういえば怪しい風体でスナックの開店宣伝のプラカード担いで街中うろついてた男もすごく似ていたぞ」

365 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 14:23:30 ID:DgLDpgubO

スマンが元ネタわかんね

366 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 16:32:37 ID:gcy1p0gX0
ゼアスじゃないでつか?

367 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 17:38:22 ID:DgLDpgubO
ゼアスは警備員と普通のおじさんでしょ

368 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 18:48:49 ID:uUmo/cSw0
ゼアスの警備員やマックスの長官、あとQムービーの刑事はパラレル設定だからな。
同一世界観としてはQの研究員、マンの本物ハヤタ、レオの自転車屋、そしてメビウスの
マン変身ハヤタの4人が同一世界に存在。
小林昭二、桜井浩子、二瓶正也、石井伊吉もそれぞれ同一世界でのそっくりさんが
いる事になるな。
あっ佐原健二、平田昭彦、藤田進もか!ゲストまで入れるときりが無いな。

369 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 21:43:06 ID:OXv7KG690
そして数百年後

タロウ「今日は一番最近まで地球で戦っていたウルトラマンメビウス先生にきてもらったぞ」
ボーイ「はじめまして、メビウスさん!」
メビウス「やぁ、君がウルトラマンボーイだね。はじめまして」
タロウ「メビウスは怪獣、宇宙人だけでなくヤプールに超獣や円盤生物まで実に多くの相手と戦ってきたんだ。
    ボーイも早く実戦で戦えるようにメビウスから多くを学んでくれ」
ボーイ「はい、タロウ先生!」
メビウス「じゃあさっそく始めようか。
     地球ではね、カレーという食べ物がすごくおいしいんだ。
     それと畳の上では正座しないと怒られちゃうから注意してね。
     そしてなにより地球の人々はとっても優しいんだ!
     僕がいたときは、たくさん感動することがあったよ!
     地球のコウベというところには、兄さん達が働いててね・・・etc」
ボーイ「うわぁ、早く地球にいってみたいなぁ!」

ゾフィー「何百、何千年たっても地球の素晴らしさは変わっていないようだな」

370 :名無しより愛をこめて:2006/10/14(土) 22:57:35 ID:UQZdQxexO
ウルトラマンメビウス
〜完〜

371 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 03:58:40 ID:oyxSqtFKO
終わらすなw

372 :タロウ教官は心配性・24話:2006/10/15(日) 12:42:52 ID:/86nIrfh0
ゾフィー「どこへ行く、タロウ。」
タロウ「地球へ…」
ゾフィー「メビウスの元へか?」
タロウ「強大な力の干渉で恐ろしい敵が甦ろうとしています。メビウスだけでは…」
ゾフィー「今は、まだ様子を見るのだ。」
タロウ「しかし兄さん!」
ゾフィー「タロウ、メビウスを鍛え上げたのはお前じゃないか。それに彼は一人きりではない。」

タロウ「解りました・・・って言ってられるかーーーーーー!!!!!!!」

ゾフィー「た、タロウ!?」
タロウ「相手はヤプールですよ、極悪非道ですよ、もしメビウスが奴等の策略に嵌って自信なくして、最悪の場合悪の道に走ったらどうすんですか!?」
ゾフィー「いや、だから彼は一人きりではないと・・・。」
タロウ「ああ、メビウス・・・ヤプールにしてやられたエース兄さんみたいに一時期やさぐれたらどうしよう、メビウス、メビウーーーース!!!!!」
ゾフィー「聞いちゃいないよ、この人。」
タロウ「と言うわけでメビウスの援護に行きます、シュワッチ!!」
ゾフィー「こら、勝手に行くなと言っただろうが。(飛び立つタロウの足首を掴む)」
タロウ「離してください兄さん、私のメビウスに何かがあったら・・・。」
ゾフィー「ならば私を倒してでも行ってこい。(兄を攻撃したりはしないだろう)」
タロウ「タロウファイヤー!!!」
ゾフィー「本当に攻撃するなー、あ、あああああ、また俺の頭が燃えるーーーーー!!!!」
タロウ「メビウスー、待ってろーーーーーーー!!!!!」

その後、地球へ向かうタロウを止める為にレオ、アストラ、80やその他警備隊員
更には訓練生までも総動員してタロウを止めに掛かった。
親バカならぬ師匠バカタロウは鬼のような強さで包囲網を突破しようとしたがあえなく捕まってしまった。
参加していた訓練生は「そりゃもう、あの時のタロウ教官は鬼神のように見えました。」と語っていた。

タロウ「僕は諦めないぞ・・・必ずメビウスの所へ行くからな。メビウス、待ってろよーーーーー!!!!!」

・・・続くかも?

373 :勝手に372の続き:2006/10/15(日) 13:15:33 ID:1qzO9QvC0
GUYS市民感謝デーが行われていた頃、出張していたはずのサコミズ隊長は、なぜか頭に唐草模様のほっかむりをかぶって行きつけの床屋に入っていく。

サコミズ「悪いけど、超速攻でこの頭をいつもの頭に戻してくれない?」
店主「うわ!見事なアフロになってるねぇ。こいつは戻すのに時間と金がかかるけど、いいのかい?」
サコミズ「かまわない!早くなんとかしてくれ!」

数時間後

店主「やっぱり、このアフロを戻すには、アレしかないけどどうする?」
サコミズ「アレは・・・・・・でも手段を選んでられないし、お願いします!」

数日後

誰もいないトイレで鏡に向き合ってるサコミズ。

サコミズ「(カツラを取って)生え揃うのにまだまだ時間はかかりそうだね・・・」
リム「きゅう?」
サコミズ「脅かさないでよ!(l小声で)ここで見た事はみんなに内緒にしておいてくれよ」
リム「きゅう!」

374 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 13:15:49 ID:422vNEVs0
>>365
つ[前世魔人]

375 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 14:23:34 ID:z2a8vus60
神戸にて
ヤプールB「ヤプールJ!その姿は…」
ヤプールJ「メビウスの人間体に擬態しました!」
B「何かあったのか?」
J「はい!次元を超えて地球に降り立ったときちょうどメビウスの人間体を見かけました。
後をつけて行ったら大きな屋敷に入って行きメビウスが地球人に大きな悲しみを与えていました。
そこで僕はメビウスに擬態しちょくちょくこの地球人と話をしてマイナスエネルギーを貰っている次第です。」
B「そういう事か。」
J「メビウスって宇宙警備隊員のくせにあんなに人間を悲しませているなんて、もしかしたら我々ヤプールの仲間かも知れませんね。」
B「おいおい、ヤプール特別攻撃隊勇士司令部のルーキーが簡単に宇宙警備隊員を信じてはいかんよ。何しろヤプールの未来は君の活躍にかかっているのだからね。」
J[ヤプールの未来…」

続く

376 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 14:57:24 ID:z2a8vus60
ヤプールB「ところでJ、君の地球での名は?」
ヤプールJ「えーっと谷風流野未来なんてどうでしょう?屋敷のおじさんも僕のこと未来君と呼んでますし。」
B「そりゃイイ!君の地球赴任の祝いを込めて早速C,D,Eと会食をしよう!」
J「本当ですか!!ありがとうございます!」
B「君には最高の料理とマイナスエネルギーを一緒にご馳走しよう。レストランの予約は私が取っておこう。」





377 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 14:58:36 ID:z2a8vus60
受付「今度の歓迎会の予約ですが、一人10万円の予算で5人分お願いします。」
総料理長「そりゃすごい!結婚式でもなかなか無いぞ。どれどれ。」
総料理長は予約票を受け取った。

谷風流野未来君の歓迎会
予算一人10万円

主賓 谷風流野未来
幹事 屋風留シン
出席者 
夜振星ダン
屋布郷秀樹
矢富斗星司
メッセージ
「とびっきり美味しいエース級の料理を期待している。」

ヤプールJ[あれ?今すごいマイナスエネルギーがホテルの方から。。。」
B「宇宙警備隊員のマイナスエネルギーだからな。最強最高だぞ。」
J「美味しいですね!C,D,E兄さん達にも分けてあげたいです。」
B「まあ、急ぐことは無い。今度の歓迎会が楽しみだ。」
 


378 :名無しより愛をこめて:2006/10/15(日) 19:46:38 ID:0/c009lC0
グレンゴースト様もマイナスエネルギーを欲しがっておられます

379 :言われてみれば:2006/10/15(日) 23:17:22 ID:bm8eCH9J0

80「メビウスメビウスって我々も後輩なのですが」
レ「アンタはまだノーマルに強いからいいじゃん、俺結構ヤバかったのに(´・ω・`)」

タ(ぶーたれ)
80「はいはい、ゾフィー隊長に地球行き止められたからって拗ねない拗ねない」
レ「そーそー、ああいうのは結構打たれ強かったりするもんだ」
80「あ、それともメビウスにいいところ見せたかったりするんですか?
 貴方は天才タイプだから教えるのには苦労してましたもんねぇ」
レ「最初の頃はフォロー大変だったよなぁw」
80「レオは苦労人なせいかその辺は上手かったよね」
レ「別の理由もあったりなかったり…(遠い目)」

タ「お前たちのどこが後輩だーーーーーっ!!」(駆け去り)

380 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 13:38:40 ID:KtN5fqA+0
『神戸決戦異聞』
宇宙人連合とウルトラ兄弟との戦いを見つめる四人の初老の紳士。
男1「ウルトラ兄弟…懐かしい。まだ地球を守っていたとはな」
男2「しかし、敵も随分と手荒な侵略のしかたをするものですな」
男3「私は一族として恥ずかしい」
男1「ふふ。一族の話なら私も同様さ」
男4「我々も人間の姿を借りて地球にとどまって40年。私は陸上競技のトレーナー
 になり、ある者は火星開拓の研究員、ある者はメイキャップアーティスト。そして、
 兄さんも今では大企業の総帥か。あの時の戦いがつい昨日のことのようだ」
男2「しかし、このままでは地球は悪魔の手に落ちてしまう。ウルトラ兄弟
 だけでは防ぎきれるかどうか」
男3「兄さん、我々も変身して戦いましょう。地球を奴らに渡すわけには」
男1「よすんだ。我々はあまりにも老いさらばえた。いま、変身しても奴ら
 に勝てるかどうか」
男2「でも…。それでも、戦いましょう!地球という、私たちにとってかけがえのない星のために」
男3「そうです。あんな若造連中くらい何ですか。昔とった杵柄、立派に勝ってみせますよ」
男1「…よし、分かった。みんな、戦おう」
滑走路に立つ四人の男。
男1「ウルトラマンよ、久しぶりだな。我々は君達と同じように人間として、人間を学んできた。
 そして気付いたのだ。やはり地球は素晴らしい星だと。我々もこの身を賭けて、平和のために戦おう」
男たちの体が光に包まれる。暗雲の下に四つの巨大な光が立ち上がる。
男1「バルタン、ザラブ、ケムール、遅れをとるなよ。これが、本当の最後の戦いだ。」

381 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 15:17:19 ID:rR1kPODuO
震えた。
バルタンが火星研究とか想像するに感慨深いな…

382 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 16:14:58 ID:mJDzKcRJ0
メフィラス、テラカッコヨスw
超闘士激伝を思わせる熱いノリにグッジョブ!

383 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 16:23:16 ID:FYYnUj6l0
つーか、メフィラスはマンの唯一にして最大のライバルでしょうに!
メビウスでリターンマッチしてくれないかなぁ

384 :タロウ教官のおもひで 1/2:2006/10/16(月) 16:29:36 ID:RAF5ckzN0
教官室
タロウ 「今日は、地球での女性とのつきあい方についての講義だ」
メビウス「はい」
タロウ 「君とて若く健康な男子だ。恋の一つ位するだろう
     だが、我々の任務は必ず別れの時が来るという事を
     覚えておくんだ。
     先輩たちも少なからずつらい想いをされている。」
メビウス「そうなのですか」
タロウ 「ああ。特に敵に関係を知られてしまった場合
     彼女の身に危険が及ぶ事も多いんだ。」
メビウス「はい!気をつけます。(みんな大変だったんだなあ...)」
タロウ 「(ああ...さおりさん。今頃どうしているだろうなあ...)」



385 :タロウ教官のおもひで 2/2:2006/10/16(月) 16:30:10 ID:RAF5ckzN0
その時、教官室の扉が勢いよく開けられた

バーーーン!!

メビウス「あ、あの...教官。奥様が凄い形相でこちらに....」
タロウ 「な、なに!!」

タロウ嫁「あなた!今ほかの女の人の事考えてたでしょ!」
タロウ 「いや、そんなことは..
     うわ、バトンで角叩くのは辞めてくれ...!
     あ、ここでは魔法使っちゃいかん....!!」

メビウス「メモメモ...」

386 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 16:31:10 ID:45H83IGa0
>>379-380の勝手に続き&・・・

テンペラー「ム!メフィラス!きさまら!」
ナックル「バルタン!宇宙人のくせに!」
ガッツ「貴様など、相手にならんわ!ケムール」
ザラブ「覚悟しろ!ザラブ!」

・・・・え?

387 :386:2006/10/16(月) 16:34:12 ID:45H83IGa0
アンカー付け間違えた
orz

>>386のアンカーは>>380デス

388 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 17:57:05 ID:EQ8VuApjO
>>385
地球での同棲という既成事実があったとはいえ
添い遂げてた事に感動w

389 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 18:31:38 ID:KtN5fqA+0
>>380
自分で書いておいて何だが
人間体が声優の方々だったら…みんな相当なおじいちゃんだよなあ。

そしてピンチに陥った四人の脳裏には巨大フジ隊員との思い出が…

390 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 20:47:12 ID:pxpm/B7O0
>>389
急に思いついたんで巨大フジ隊員との思い出を書いてみます。


バルタン「地球人の雌の志向に合わせた食事はこれでいいんだよな?」
ザラブ「こういうことには疎いからなぁ、俺たち」
ケムール「えぇい!捕虜なんだから適当に俺らの残飯でも食わせときゃいいだろ!」
メフィラス「今の言葉は聞き捨てならないね。捕虜といえども私にとっては大事な客だ。手荒に扱うのはやめたまえ」
ケムール「す・・・すみません」
バルタン「あの、地球人のめ・・・じゃなくて女性の志向に合わせた食事はこれでいいんですよね?」
メフィラス「どれどれ・・・サラダにサンドイッチにコーヒーか。悪くないですが、女性にはデザートを付けた方が良いだろう。ザラブ!ちょっとケーキ屋に行って適当にケーキを買って買ってきてくれ」
ザラブ「俺の特殊能力を使えばケーキくらい簡単に奪え・・・」
メフィラス「何事も穏便に事を進めるのが大事だ。力ずくで奪い取るなんて野蛮なことは我々のすることではない」

391 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 20:48:59 ID:FYYnUj6l0
>>380>>390
コレは新しい風の予感ですよ
ヤプールピンチ!

392 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 20:54:02 ID:AADax9Hr0
メフィラスかっこいー、、、いいのかそれで...orzw

393 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 22:40:31 ID:yytE00uR0
侵略にダンディズムを持ち込むメフィラスにグッときた…

394 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 23:12:03 ID:SSAX9ZZs0
ふと思った
ダダは?

395 :名無しより愛をこめて:2006/10/16(月) 23:57:57 ID:8bDgw3ds0
脚本段階にしかいないからなあ>ダダ
漫画の超闘士激伝なんかだとお馴染みなんだが

396 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 05:44:24 ID:Hlv6Lh9g0
激戦から数ヶ月。非番のミライは兄たちに呼ばれ神戸に来ていた。

北斗 「よう。こっちこっち。」
ミライ「遅くなりました。」
ダン 「いやあ、俺たちもさっき来たところだよ、なあ。」
ハヤタ「気にするな、年寄りは気が急くんだよ w」
郷  「ささ,座った座った。」

その時、KBSテレビの身重の女子アナが、GUYSがディメンジョンディゾルバーで
ヤプールの出口を封鎖したニュースを流していた。

郷  「ほう...地球人もやるじゃないか。」
北斗 「近い内に俺達も用無しかな。」
ダン 「ほほう...この女性が開発者か。まだ若いのに大したもんだ。」

ミライ「ええ、フジサワアサミ博士といって.....」
ハヤタ「ああ、よく知ってるよ。立派になったもんだ。」
一同 「エエッ!!」
ハヤタ「昔、私が円谷プロの怪獣倉庫番をしていた時に...」
一同 「(そんな事やってたんだ...)」
ハヤタ「一緒にバルタン星人を倒した事がある。まだ彼女が中学生くらいのときだ。」
一同 「ブフォア!!」
ミライ「(フ、フジサワ博士っていったい...)」

それを柱の陰で聞いていたサコミズ

サコミズ「(そ、それで俺にもサコちゃんなどと気安く....
     あっ!!すると正体まで...フジサワ女史侮りがたし....)」

397 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 07:09:58 ID:CKVEe0I00
第1話アバン

ウルトラの父「今より君はウルトラマンだ」
メビウス「ウルトラマン・・・」
ウルトラの父「あの星では我々のことをそう呼ぶ。聞いているだろう、兄弟たちから」
メビウス「会えるんですね・・・あの星の知性体に」
ウルトラの父「ノンマルトたちだ」

GUYS入隊時

サコミズ「そういうわけで、今より君はノンマルトだ」
ミライ「ノンマルト・・・」
サコミズ「君の星では我々のことをそう呼ぶ。聞いているだろう、ウルトラの父から」

半年後の神戸

ミライ「みなさんはここでノンマルトとして20年過ごされてきたんですね」
ハヤタ「ノンマルトて・・・」
ダン「俺、間違いだってちゃんと報告したのに・・・まだ訂正してないのかorz」

398 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 08:56:20 ID:/UbML3HhO
>>396

朝っぱらから有言実行ワロタ

399 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 13:03:02 ID:PXFtPNjYO
絶対誰かが書いてくれると思ってたがやっときたか!

400 :お前名無しだろ :2006/10/17(火) 18:12:59 ID:iGAmuiIW0
>>396の勝手におまけ

ハヤタ「そう言えば、巨大化もしてたなあ」
ダン(…フジ隊員といい、つくずく大女に縁があるんだなあ)

401 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 19:47:23 ID:1KSVJOXoO
>>396の勝手に続き

数日後 神戸港にて

ミライ「フジサワ博士こっちです」
アサミ「私に会わせたい人って誰よ?」
ミライ「連れてきましたよ」
ハヤタ「やあ、久しぶりだね」
アサミ「あ…あなたはもしかしてあの時の怪獣おじさんですか?」
ハヤタ「そうだよ、随分美人になったね」
アサミ「あの時はお世話になりました(ペコリ)」
ハヤタ「君の活躍はニュースで見たよ、」
アサミ「私、憧れのウルトラマン様の手助けがしたくて、あれから一生懸命勉強してGUYSに入ったんですよ」
ミライ「そうだったんですか」
アサミ「そうだ!怪獣おじさん、これから私とデートしましょうよ」
ハヤタ「いいとも、君のような美人なら大歓迎だよ。神戸の街を案内しよう」
アサミ「やったー、早く行きましょう!」
ハヤタ「そんなに慌てなくても大丈夫だよ」
ミライ「(よかったですね、フジサワ博士)」

ダン・郷・北斗(物陰から)「あいつだけ、いい思いしやがって〜」

402 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 19:54:11 ID:tsR7q+H40
>>380に便乗してみる

ケムール「この前の戦いは大勝利でしたが、人間たちが我々をかなり恐れていましたね」
バルタン「我々はかつてこの星を征服しようと何度も暴れたのだ。拒絶反応を示すのは当然だろう」
メフィラス「だが彼らもこの星にともに住む生物だ。できれば無用の不安は与えたくない」
ザラブ「こんなこともあろうかと、密かに作っておいたものがある」
ケムール「なんです、このブレスレットは?」
ザラブ「これはザラブレスレット。装着者に私と同等の変身能力を与えるアイテムだ」
バルタン「変身ブレスレットか。不本意だが次はウルトラ兄弟どもの姿になるとしよう」

一般市民「怪獣が出たー。もうだめだー」
メフィラス「どうやら我々の出番のようだ。早速ザラブレスレットを使ってみるぞ」
(ポーズをとりイメージを思い描く4人。光に包まれ巨大化する)
テッペイ「4つの強力なエネルギー反応。ウルトラ兄弟です」
(モニターには怪獣と戦う4人の偽ウルトラ兄弟)
ミライ「がんばれ!にいさ」
サコミズ「よーく見ろ、目つきが悪い。真っ赤な偽物だ。ツマサキモトガッテルシ」
(偽兄弟合体光線で怪獣を撃破し去っていく)
トリヤマ「まー怪獣をやっつけてくれたんだし、多少目つきが悪いぐらいいいんじゃないか」

メフィラス「さすがはザラブ。大成功だったな」
ザラブ「ハッハッハ。我々の正体を見破れる地球人なぞいるわけがないわ」
バルタン「ウルトラ兄弟どもの手柄になるのはシャクだがな」
ケムール「まあこの星を守ったんだし良しとしましょうよ」

翌朝の新聞
「ウルトラ兄弟に良く似た巨大な戦士達が怪獣を倒す」
「敵?味方?偽ウルトラ兄弟」
「『目つきが悪いのですぐに偽者と分かった』GUYS隊長は語る」
ザラブ「・・・」
4人「バレてるじゃん OrzOrzOrzOrz」

403 :名無しより愛をこめて:2006/10/17(火) 20:25:03 ID:Xy5F3Cd60
ゾ……いえ、サコミズ隊長、大人げないですよw
だからサコッチとかサコちゃんとか、言われちゃうんですよ。

404 :396:2006/10/17(火) 20:56:21 ID:2h9cUsVe0
>>401
続き投稿しようと思たらほぼ同内容だた Orz
しかも俺のより出来がいい 
             GJ!!

では、番外編を

乙姫「アサミがセブンに会えるって言うから来てみたのに
   カザモリくんじゃないじゃない.....」

405 :名無しより愛をこめて:2006/10/18(水) 11:40:23 ID:b8d83rgn0
三十数年ぶりに復活したヤプール。悪役界のスーパースターのカンバックの前後には
当然、大きな反響があった。

「拝啓、この度のご復活、同じ異次元超人として土の中より心からお祝い申し上げます」
「平素は格別のご愛顧を賜り、誠に感謝しております。貴殿のますますのご活躍を期待しております。
僭越ながら、手前も久方ぶりに稼業の虚無僧を再開いたしました。力不足とは存じますが、何か
御用がございましたらお声をかけていただければ幸いです」

三週間後
「先週のドラゴリー殿のご活躍、拝見いたしました。ご健闘されたとは思いますが、やはり
近頃の若い超獣には、そばに練達の指揮官が必要と言わざるをえません」
「聞けば、近々超獣総攻撃をご計画とか。ぜひ我々もお力添えさせていただきたく筆を執りました」

異次元空間封鎖後
「散々大風呂敷を広げてこの有様か。前払いしたアリブンタのリース料は返金してくれるのか」
「ギロン人はまだいい。こちらはマザリュースの使用料の他に、ジャンボキングのパーツ
として目玉も貸している。おかげで最近新聞の字が読みづらくなった。やはり三十年たっても
御社の意識では、下請けは下請け、ということか」

406 :テレポーテーション1:2006/10/18(水) 13:15:19 ID:vNKH6vscO
タロウ「宇宙を守る宇宙警備隊である以上、かなりの距離の移動をする場合もある。その場合どうする?」
メビウス「宇宙船・・・ですか?」

タロウ「うん、宇宙船を使うのも悪くない。けど緊急時で宇宙船が無い場合もある。そこで今日の訓練内容はテレポーテーションだ。
僕はあまり得意じゃないから今日は特別講師にテレポーテーションを得意とするゾフィー兄さ・・・隊長に来てもらった」

ゾフィー「うむ、では使用例の映像を見ながらそのメカニズムを勉強した後、実技訓練だ。少々長いが集中力を持続させるように」

メビウス「はい!」


そして・・・。



407 :テレポーテーション2:2006/10/18(水) 13:16:07 ID:vNKH6vscO
メビウス「ハァハァ、どうですか隊長!」
ゾフィー「うむ。短距離テレポートは完璧だな。しかしプロセスがウルトラマンに似てるな」

メビウス「ありがとうございます!でも今日の訓練はとても疲れましたよ」
ゾフィー「それはそうだ。テレポーテーションは寿命を縮める技だからな。」
メビウス「え・・・」

ゾフィー「ああしかしそんなに心配する事は無いぞ。
星から星を移動したりしたのならともかくこの程度の短距離テレポートなら多少エネルギーを消費するだけだし
次回の授業ではエネルギー効率のよいテレポーテーションの仕方を・・・聞いてるか?」


メビウス「隊長!僕は感動しました!」
ゾフィー「は?」

メビウス「隊長は寿命を減らしながらも迅速に地球に滞在していたウルトラ兄弟の皆さんを助けに行ったり宇宙の平和を守ったりしてるんですね!」
まさに警備隊員の鏡です!僕も隊長のような立派なウルトラ戦士になれるようもっと努力します!

ゾフィー「あ、ああ・・・」(負担にならないようなテレポーテーションの仕方を心得ているだけなんだが・・・まあいいか)

タロウ(ああいうのがメビウスにはうけるのか・・・今度首をすっとばす授業やウルトラダイナマイトの授業をしてみるか)

408 :名無しより愛をこめて:2006/10/18(水) 15:47:02 ID:obwu7uH50
>>396
ミライ「ええと、兄さんたちがUキラーザウルスを封印したのは20年前だから.....(ブツブツ).....」
ミライ「マン兄さんが円谷プロにいたのはそれより昔のことなわけだ.から.....(ブツブツ).....」
ミライ「でフジサワ博士は当時中学生で.....ということは.....(ブツブツ).....(ハッ!)わ、若く見えるなあ.....」

サコミズ「ミライ。そのことは決して口外してはいけないよ.....」

409 :名無しより愛をこめて:2006/10/18(水) 16:49:35 ID:rJilRJo20
>>172-175
ヤプール1「インターネットを利用した人類嫌がらせ計画の進行状況はどうだ」
ヤプール4「順調です。その後もアクセスは順調に伸びています。
 間接侵略のフェイズは終了し、計画はいよいよ直接侵略の段階に移行しました」

ttp://cyber.promise.co.jp/CP000000.html

ヤプール4「どれどれ…『いつも一緒だぉ』、っと……」
ヤプール2「すばらしい! これなら対象となる人間の個人情報を吸い上げた上で、
 それにあわせた嫌がらせが可能ですね」

ヤプール3「それだけではない。今回の侵略プログラムには、
 アクセスした人間をパニックに陥れる特殊な趣向が凝らしてある」
ヤプール1「ほう、面白そうだな。何をしたのだ?」
ヤプール4「こちらをご覧ください」

ttp://www.new-akiba.com/archives/2006/10/post_4190.html

410 :名無しより愛をこめて:2006/10/18(水) 19:34:17 ID:bWciqWgSO
メビウス「教官、最近、ウルトラの母が少し太った様に見えるんですけど・・」
タロウ「エッ!」

上の数日前
ウルトラの父母の寝室
母「あなた。」
父「何だい?」
母「二人目が出来たみたいなの」
父「何に!」
母「産んで良いわよね?」
父「ああ!嬉しいなあ。男でも女でもどっちでもいい構わない。元気な子だといいなあ。」
母「女の子だといいなあ。」



411 :名無しより愛をこめて:2006/10/18(水) 23:12:57 ID:GZ2yIKia0
タロウ「と、いうわけで…33年ぶりに僕も単独で客演を果たす事になりました…そこで客演最多のセブン兄さんと
    人間態最多出演のジャッ…兄さんとミスター客演のゾフィー兄さんにご意見を伺おうと思いまして…」

ゾフィー「いや…いつから私はミスター客演になったんだ…」
セブン「単独客演の場合は大きく分けてパターンが二つ。後方支援に徹する場合と戦闘に直接介入するケースだ。私は前者が多いな」
新マン「ぼくは後者が多いですね…というか、だいたい敵を取り逃したとかそういう話でしたけど…」
ゾフィー「ここで注意しなければならないのは、現役よりも目立った活躍をしてはならんと言うことだ。
     地球は不思議な力が働いていて現役の隊員がどうやっても目立つように出来ている…無理にその力に逆らうと手痛い仕打ちを見るぞ」

セブン「流石! 言葉に重みがある!!」
タロウ「なるほど、だから最近はチョイ役が多いんですね! 僕を止めたのもそういうことでしたか」
新マン「説得力がありますね、経験値が違う!」

ゾフィー「別にお前を止めたのはそうじゃないし、なにも重みなどもたせていないし、経験値も得ていないぞ…!」


412 :名無しより愛をこめて:2006/10/19(木) 13:59:12 ID:LEVgZdH20
>>394-395

ダダ「捕虜にまで優しいなんて。ダーリンだ〜い好き」
メフィラス「やめろよ……」
ダダ「んふ。顔、真っ赤だぞv」
メフィ「やめろって……」
ダダ「んん〜、ダーリンったらぁ。照れ屋さんv」
メフィ「やめろっつってんだろ!」
ダダ「きゃはは! 怒った怒ったぁ!」


バルタン「…………」
ザラブ「…………」
ケムール「…………」
メフィ「…………わかるね? キミたちだけが頼りなのだ」
三人「心中お察しします」

413 :名無しより愛をこめて:2006/10/19(木) 14:43:48 ID:FuzIBegv0
>>411
隊長意固地にならんでもw

414 :名無しより愛をこめて:2006/10/19(木) 16:11:00 ID:VLvOT+id0
>>412
そうか、ダダはそういうポジショニングだったのか!

415 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 16:33:32 ID:dS1gO5bIO
修学旅行で京都は新京極に来て、自由行動中にメビウスの映画を観てきた俺に何か一言。

416 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 16:35:52 ID:qQRhhru00
お土産はメビューム木刀

417 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 17:08:23 ID:meVKOx1s0
貴様、ぶったるんどるw!

418 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 17:14:09 ID:VKVeYpDK0
>>415
何故ここで言うw

419 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 19:06:17 ID:yQowF4U/0
>>415
神戸じゃないので×

420 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 21:18:33 ID:iYZzwhT80
つーか、映画見れるほど長いのか、自由時間www

421 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 22:11:51 ID:dS1gO5bIO
午後ずっと暇だったんで14:50からの上映を観たんです><
平日の真っ昼間だったんで、俺の他には二人くらいしかいなくて、
広いシアターがガラガラだったんです><

422 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 22:43:41 ID:sIUrMT1RO
それこそダチを連れて行きなさいよ
え、みんなウルトラマンなんか見ないって?
馬鹿やろう、俺なんか修学旅行で部屋のテレビでウルトラマン見てたわ、争奪戦に勝って

423 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 23:01:47 ID:VXY2h7Iu0
それでいいのかお前らの修学旅行w

といいつつ俺らも修学旅行の夜は部屋でみんなで集まってセーラームーンR見てたな・・・
しかし俺のクラスの男子って・・・

424 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 23:09:31 ID:zTidmg4N0
>>415
大した行動力だw俺は修学旅行の自由時間はあんまり有効に使えなかったなぁ…
あと>>422はいいこと言った。
>>423
セラムンすかww

425 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 23:11:24 ID:7ByFiiwt0
修学旅行かぁ。
担任込みで「大人の絵本」を…w

426 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 23:19:57 ID:2WhhyXqP0
ミライ「いいなぁ……修学旅行。僕も行ってみたかったです」
リュウ「そうか……」


タロウ「……とメビウスが言っていたので、引率に来ました。兄さん」
ゾフィー「……引率……ねぇ……」

427 :名無しより愛をこめて:2006/10/20(金) 23:52:35 ID:XJmO69J40
タロウ「メビウス、今までよくガンバったな。これで晴れて君は卒業だ!」
メビウス「タロウ教官、今までありがとうございました!」
タロウ「君もこれから多くの困難にぶつかるだろう。
    だが君には無限の可能性がある、我々とともに宇宙の平和のためにがんばっていこう」
メビウス「はい!」
タロウ「では修学旅行の件だが、宇宙に輝くエメラルドといわれる地球でいいかな?」
メビウス「兄さん達も戦った思い出の星、地球ですか!ぜひ行ってみたいです!」
タロウ「よしわかった、大隊長に申請しておこう」

やがて時はたち・・・

父「今より君は、ウルトラマンだ」
メビウス「僕も・・・ついにウルトラマン・・・!」
父「地球で多くのものとふれあい、多くを感じてくるのだ若きウルトラ戦士よ」
メビウス「はい!行ってきます!」

かくてメビウスの物語は幕を開けたのである。

428 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 00:00:09 ID:tzpHLV/F0
修学旅行かよw

429 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 00:35:30 ID:uyDkZrC30
確かにメビウスには地球(日本だけど)の文化や習慣など
日々色々勉強になってるからある意味修学旅行なのかもしれん

430 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 01:37:19 ID:Es9ojNbJ0
 宇宙警備隊という事はエクOカイザーやフOイバードもいるんだよね

431 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 01:58:55 ID:Es9ojNbJ0
 ということはキングメビウスやドラゴンメビウス、グランメビウス、ファイヤ−メビウス
もありだよな

432 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 06:19:14 ID:/BV0esukO
ミライと勇太郎兄ちゃんは気が合いそうだ。

433 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 08:15:08 ID:KFb3ibYw0
ああ、確かに気が合いそうだ…。

434 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 08:45:17 ID:q9UR+dZk0
修学旅行で何度も死ぬのかw

435 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 08:52:38 ID:3iFvM5g+0
タロウ「メビウスが他校の生徒とケンカしています!」
ゾフィー「・・・止めにいくんだよね?」
タロウ「いえ、加勢してきます!」

436 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 09:22:58 ID:R7fz7GAkO
ちょいダメ教官ktkr!!

437 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 09:25:56 ID:q9UR+dZk0
他校の生徒=侵略宇宙人?
それともヒカリとかかなw

438 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 09:45:20 ID:SN+ZUOs20
ウルトラの国でもイジメがあるのだろうか・・・

439 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 10:45:19 ID:Uts69b6f0
>>438
ウルトラの国は悲しみなんて無い世界だと信じたいが・・

メビウスがいじめられてるの見て、いじめっ子にスワローキック叩き込むタロウ先生。
逆切れして最強最速で相手半殺しにするマックス君。
止めに入ったゾフィー兄さんのM87光線で学校全壊

440 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 10:46:26 ID:q9UR+dZk0
いじめはないけど喧嘩はありそうだな。悪人はいないという話だが、喧嘩なら善人でもすることあるし

441 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 12:27:16 ID:m0G1XBko0
例の面白雑誌「ウルトラ博物館」にあった記事

Q・ウルトラきょうだいはけんかをしますか。
A・人をすくうとき、じぶんが先にいこうとして、けんかをすることがあります。

とあって、怪獣につかまった子供を前にして言い争いをしている
セブンとエースのイラストが描いてあった。
お前らそんな事してる場合じゃないだろうと。

442 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 12:31:45 ID:q9UR+dZk0
>>441
ちょwww子供のケンカより低レベルだwww

443 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 15:01:10 ID:NYW5wfqI0
>>441
奇特な人たちだw

444 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 15:02:56 ID:YiILu+3q0
>>441
まさか隊長がメビウスを助けに行こうとしたタロウを止めたのも実は・・・w

445 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 15:07:39 ID:UR21f0aE0
「私が助けに行く!」
「いえ、僕が行きます!」

どうぞどうぞは禁止

446 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 15:09:25 ID:KFb3ibYw0
だって「他人の力を頼りにしないこと」……でしょ?

447 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 16:01:21 ID:zi6srncu0
いやいや、あの誓いは必要以上に他人の力を頼りにしないで
自分一人で出来るなら自分だけでしろという意味だと思う。
流石に一人で何でも出来る奴はいない。

448 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 16:21:38 ID:QqLwhqaN0
ネタにマジレ(r

まあ>>447は真面目なんだな
確かにそうだけど、流れ読む位はな

449 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 16:29:08 ID:Uts69b6f0
>>445-447
ウルトラの誓いに
 一つ、譲り合いの精神を持つこと。
 一つ、兄弟仲良く喧嘩しないこと。
を入れよう(笑

450 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 17:15:44 ID:78eFGqkn0
>>447
ミライ乙

451 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 19:30:30 ID:J4Cyzdc+0
>>430
>  宇宙警備隊という事はエクOカイザーやフOイバードもいるんだよね
エ〇スカ〇ザーは宇宙警察だよ。デカレンジャーの同僚だね。
ちなみにフ〇イバー〇はエク〇カイザ〇にあこがれて頑張ってたのに
なぜか警備隊に配属されたそうな。

452 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 19:35:56 ID:SN+ZUOs20
今日リアルにメビウスがタロウ教官って呼んでる
ところを観てお腹いっぱい

453 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 19:52:17 ID:Uts69b6f0
ほんとに過保護だな、教官。
誰が助けに行くかで揉めて、ウルトラ父に自分が行くって嘆願してたりして。

実は先週の冒頭前にみんなの制止振り切って勝手に地球に向かってて、
気まずくなった父がメビウスに連絡入れたのかもしれんが(笑

454 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 19:57:31 ID:sAXL8P8M0
「若い君が」ってお前も若いだろw
地球で修羅場をくぐったからか貫禄がついたなあ>タロウ

455 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 20:00:02 ID:gwKgA/kw0
>>453>>441

456 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 20:06:33 ID:rAHGaywX0
>>454
地球にして見れば30年近く経っているけどウルトラマンにすればたったの30年だからな
まだ若いだろ、タロウ
貫禄は声のせいかもしれんが。篠田さん・・・

457 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 20:15:53 ID:9vCZzL1/0
たったの30年といっても、タロウは地球で死んでるからな。
死んで生き返った経験は大きいだろう。

458 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 20:19:12 ID:SVwH7EgH0
ウルトラ戦士にとっては年数より場数が重要って事か。

459 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 22:46:06 ID:2HaBsFog0
1986年くらいまでは地球をさまよって風来坊やってたしな。
他のウルトラ戦士にゃちょっとできない貴重な体験だわな。

460 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 22:49:56 ID:eRx6UHFh0
>>456
そんなおまいさんはこれで補完しろ
http://www.youtube.com/watch?v=Je1nEog2BoA
http://www.youtube.com/watch?v=Z_Iexsp9iN0

461 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 22:50:02 ID:b9AFRWjS0
映画で4人は20年も人間として暮らしてたけどねw

462 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 23:24:45 ID:/S5g8hvMO
今日の放送前、光の国では、誰がメビウスを説得し行くか会議をしていた…

レオ「メビウスの説得は俺たち兄弟が行こう、万が一の時は力ずくが出来るからな(地球で修行出来るからな)」
アストラ「そうですね」
80「力ずくはよくない、ここは元教師の私に任せてくれ(地球で遊びたいし)」
ゾフィー「メビウスの説得は隊長である私自ら行こう(地球の美味いもの食いたいし)」
ヒカリ「ここは一緒に戦った私の出番でしょう(リュウに会えるし)」
そこにウルトラの父が入ってくる。
父「皆揃って何話してるんだ?」
全員「「「「「大隊長!メビウスの説得は是非私(達)に行かせて下さい!」」」」」
父「ああ、その話か、もうタロウ向かわせたから大丈夫だ」
全員orz

タロウ「待ってろメビウス!今助けに行くからな!(その後地球でメビウスとひとっ風呂だ!)」

463 :交戦中のタロウが思ったこと:2006/10/21(土) 23:34:21 ID:pScMiMlu0
颯爽と登場し、インペライザーと戦い始めるタロウ。

タロウ「(なんか調子で無いなぁ。普段なら、もっと勢いよく戦えるのだが)」

インペライザー退散。

タロウ「(・・・・あっ、戦闘シーンに俺の主題歌が流れてないんだった)」

464 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 23:43:50 ID:rAHGaywX0
>>463
だって主題歌流したら主役喰っちゃうじゃ無いですか!
あ、もう喰ってた・・・

そういや中の人が主人公のパイロットのロボットが
次回作に出た時も喰っちゃてたっけ。最終回では助けられたのに・・・

465 :名無しより愛をこめて:2006/10/21(土) 23:51:10 ID:PRBuNRZh0
あそこは感動話の最中だからなぁ
BGMのノリがよすぎると主役のドラマが台無しにw

466 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 00:01:43 ID:b9AFRWjS0
調子でないのに撃退したのかw
しかもタイマー点滅してねぇし。ストリウム2回も撃ったのに。

467 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 00:03:47 ID:uQ3LMcSnO
出て来た時は劇場版と同じアレンジテーマがかかってたけどね。

映画館で見ててあのメロディーが流れた時はキタ――!と思ったなあ。

468 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 00:34:33 ID:KKPWFSDg0
※予告見る限りこうはなりそうもないが、今しか出来ないから許してくださいorz

サコミズ「バンさんですか……すぐに来てください!」

フェニックスネスト・医療エリア―――
バン「で……彼の容態は?」
サコミズ「危ない……ですね」

昏睡状態のミライ・周りを囲むGUYSクルー―――

リュウ「あんたは……」
バン「ミライ君! ……君はヒロトの分まで生きると言ったじゃないか!!」
ミライ(……だれかが呼んでいる……これはバンさんの……声?)
バン「だから……目を開けてくれ! 君は自分の人生を生き抜かなきゃならん……」
ミライ(でも……地球を救うためなら、僕の命なんて……)
ゾフィーの声(メビウス……それは違う……)
ミライ(ゾフィー兄さん?)
ゾフィーの声(君ひとりが闘っているんじゃない。周りをよく見るんだ……)
ミライ(そうだ……僕はひとりじゃないって、わかっていたのに……わかっていたのに)

ミライが目を覚ます―――

リュウ「……ミライ! おい、大丈夫か!?」
ミライ「リュウさん……バンさん……みんな……ごめんなさい。
    タロウ教官……ゾフィー兄さん……ごめんなさい」

そして―――

ゾフィー「タロウ」
タロウ「わかっているよ、兄さん。あいつは……インペライザーは俺が伐つ!
     メビウスは死なせやしない!!」

469 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 00:56:03 ID:b+klumbR0
>>372

ゾフィ「この部屋の監視は絶対に解かないように、特A級いやS級の警護体制で頼むぞ」
セブン21「そんなに厳重なのですか?タロウ教官の監視って」
ネオス「まるでエンペラ星人捉まえた並だね」

タロウ「出せ〜〜〜!!メビウスの所に行くんだ〜〜〜〜〜!!」

セブン21&ネオス「汗・・・」
ゾフィ「ま・・・まぁ、近いものはあるな、目的の為なら怖ろしい程の破壊力を出すし
    後で、レオや80もこっちに来るはずだから、手は抜かないように・・・
    後、何言われても聞かないようにな、大隊長の所に報告に行ってくるから」
セブン21&ネオス「ハイ!!」

−−−大隊長執務室前−−−−−
(ドン!!ガラガラ!!クシャ!!)
ゾフィ「(ん?何の音だ?)ゾフィです、入ります・・・・・ってレオ、80何やってる!!!」
レオ「ヒカリがメビウス加勢に行くって言うから大隊長に止める様説得してもらおうとしたら」
80「ヒカリやタロウに任せられない、俺が行くって言い始めて」
ゾフィ「おいおい・・・」
アストラ「母が>>372のでけが人治療の為に居ないから、仕方が無いんで動ける皆で止めてる所・・・ってか加勢してくれ!!」
ヒカリ「メビウス所じゃないですよ、隊長手伝って!!」

父「離せ〜〜〜!!メビウスの所に行くんだ〜〜〜〜〜!!」

ゾフィ「この馬鹿親子め・・・・全軍に緊急指令 特S級の警戒網だ!!」



この騒ぎにより、タロウの監視が緩んだとか緩まないとか・・・・

470 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 01:41:17 ID:Auxt5SJp0
タロウ「いいかメビウス、よく見ておけ。これがムーンサルトだ」

ピピピピ ヒュヒュヒュヒュ ピュピュピュピュ

タロウ「わかったな。よし、やってみろ」
メビウス「はい!」

クルクルクル クルクルクル クルクルクル

タロウ「・・・何か違うな。よし、もう一回やるからな。よく見ておけ」
メビウス「ハイッ!!」

ピピピピピ ヒュヒュヒュヒュヒュ ピュピュピュピュピュ

クルクルクル クルクルクル クルクルクル


・・・数時間後

タロウ「うーん・・・やっぱり違うな・・・」
メビウス「ハァハァ、ゼェゼェ・・・」

471 :お前名無しだろ :2006/10/22(日) 07:59:30 ID:NMWJkkjq0
母「…メビウス…もう正体ばらしちゃったのですね?」
メ「…はい…ボクはこの先どうすればいいのでしょうか…」
母「記憶を消すしかないでしょう…これを持って行きなさい、メビウス」
メ「これは?」
母「光の国に伝わるウルトラトンカチです…これでリュウさんの頭を思いっ切り!カツーン!!と」
メ「カツーン!と」
母「死なない程度に」
メ「程度に」

472 :勝手に471の続き:2006/10/22(日) 08:54:30 ID:7SMn8Aes0
父「いやいや、確実に記憶を消すならウルトラ釘バットだろう。これを持っていきなさい」
メ「記憶を消す前にリュウさんが死んじゃいます」

473 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 11:19:06 ID:xKgFSst90
>>468
泣いた…(T^T)感動!!

474 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 12:55:21 ID:cXxRTEs90
☆ある春の日・・・1996年 神戸港にて

マン「光の国との通信が、ウルトラサインの受信だけになってもう10年か・・・」
セブン「人間の通信もだいぶ発達したようだ。そうか神戸に、アレを沈めて・・・つい昨日のようだ。アレ以外にも神戸には・・・」
ジャック「アレ・・・ですか? それより兄さん、仕事の話ですが」
マン「どうした、ジャック・・・いや秀樹」
ジャック「仕事のほうで、いいスポンサーがついて!」
A「へぇ〜、兄さんのことだからまたかわいい子口説いたんじゃないんですか」
ジャック「・・・図星だA」
A「へ?」
マン「ジャ・・・秀樹。まさかおまえ」
ジャック「人間として生きる道を選んだんだ。俺たちもそろそろ・・・」
マン「・・・人間の女性は、我々が考えてるほど複雑だ。それを宇宙警備隊で」
ジャック「説教はいいですよ!兄さん。いいスポンサーで、お金もあり、それに、それに」
セブン「それに・・・なんだ?」
ジャック「俺のことを好きでいてくれています」
セブン「(ジャックの肩を叩き)兄さんの言うとおりだぞ。女性の心は
女心と秋の空っていってな・・・これは地球人の諺だがな」
A「おいおい、ちょっと待ってくれよ!なんか兄さんたち、話が急すぎて」
マン「ばか、話が急にも何もあるか。俺たちが人間の生きる道を選んだには」
セブン「そもそもアレを沈めたからだ」
A「そう・・・そうだった」
ジャック「でも。アレもおさまっています!変身して帰れないなら!
人間として生きるなら!ウルトラの星から帰還命令も出ないなら!」
セブン「帰れないウルトラマン・・・か」
一同静まり返る 船の汽笛
A「ちきしょう!もとはといえば!ジャック兄さんが、ファイナルクロスを
使おうっていったからだ!」
ジャック「それは!お前だって!A!」
マン「よさないか!二人とも!」


475 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 13:00:09 ID:snccpF5t0
>>454
実況スレや本スレであった意見だが、敵の特性に応じた理に適った戦い方、
インペが消えたあとも用心深く周囲に目を配るなど、ポテンシャル頼りの
甘えんぼちゃんが立派な戦士になったと感慨深い。

その一方で「未来」のDVDでは、KIYOSHIにwktkしていて相変わらずだったがw

476 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 20:29:36 ID:IYgG6Fee0
昭和ウルトラマン一同
「最近のウルトラマンは皆イケメンばかりだな・・・」

477 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 20:31:24 ID:m+jrHzTB0
メビウスが父から直接帰還命令を受けてちょっと後の話。

-神戸-

北斗「さて、買い出しも終わったしホテルに戻るか…ん?あれはウルトラサイン?ミライからだ…なになに、『カレーと玉子サンドの美味しい作り方を教えて下さい』?何をするつもりなんだ…」

また別の日

郷「よし、整備完了。ん?ウルトラサイン…ミライからだ(そういえばこないだ北斗の所に来たと言ってたな)…『マシン整備のコツを教えて下さい』だって?本当にアイツは何を考えているんだ?」

478 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 21:00:28 ID:abhNLqqn0
やけに物覚えが早いと思ったら…
兄さんたちかw

479 :ヤオイネタではないつもり1/2:2006/10/22(日) 22:14:06 ID:iN5+YVQA0
ちょっとかぶり気味ですが…

ミライ長期休暇前
ミライ(どうしたらリュウさんに喜んでもらえるだろう。リュウさんは趣味もないみたいだし……
あ、そう言えば、前にミサキさん何か言ってたな……なんだっけ……ああ、そうだ、確か……)

28話のコノミとのショッピングにて〜

コノミ(試着室へ)
ミサキ「ウフッ、思い出すなぁ〜♪」
ミライ「何ですか?」
ミサキ「(服を選びながら)私も初デートのときはこんな感じだったなぁ〜って」
ミライ「”初デート”って何ですか?」
ミサキ「(微笑)大切な人と時間を決めて会うことよ」

ミライ「大切な人?」
ミサキ「大切な人にいろいろなことを話したい、自分の気持ちを伝えたい…でもうまく言えない。
 そんな気持ちを込めるように、着ていく服やプレゼントを選んだりお弁当を作ったり…」



480 :ヤオイネタではないつもり2/2:2006/10/22(日) 22:15:57 ID:iN5+YVQA0
コノミ(試着室から出て)「どうですか?」
ミサキ「あら、ステキ!とても似合うわ。でも、こっちもステキよ、これも着てみて」
コノミ「ハイ」(再び試着室へ)

ミサキ「(ニコニコ)高校のころだったわ〜(一瞬遠い目)
 バスケットいっぱいにサンドイッチを作ってその人と公園で待ち合わせて…楽しかったなぁ(微笑)」
ミライ「その大切な人は喜んでくれたんですね」
ミサキ「(さらに微笑)いつかヒビノくんにもそういうことがあるんじゃないかしら」

ミライ「う〜ん、僕…よくわからないです」
ミサキ「ヒビノくんならきっとあるわ。あ、アマガイさん、見せて、やっぱり!とても可愛いわ♪」

ミライ(大切な人…コノミさんにとってはスザキさん、僕にとってはリュウさん…ってことかな?)

481 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 22:17:44 ID:ncuPTUNL0
うん、でも逆なんだミライ( ノ∀`)

482 :名無しより愛をこめて:2006/10/22(日) 22:54:11 ID:ZRq2ihMoO
サコミズ「突然すまないね?」
ハヤタ「いや、それで話というのは・・・タロウの事だろ?」

サコミズ「ああ、しかしあいつは」
ハヤタ「まったくもって」
二人「「客演の仕方がなってない!」」

ハヤタ「我々はヒッポリトのカプセルを真っ先にくらったり磔にされたり」
サコミズ「強敵の強さを目立たせる為にあえてやられたりアドバイスだけして帰ったりと決して目立ちすぎないように気を使ってきたというのに!」

北斗「他のお客さまに迷惑だから他でやってくれませんか?」

483 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 01:24:51 ID:sYvqkp730
『ロボット怪獣養成所』

教官「インペライザーよ、今日は君の先輩であるロボット怪獣たちについて解説しよう」
インペラ「はい!お願いします」
教官「まず、キングジョー。この人は強かった。何せウルトラセブンの攻撃をものともせず、圧倒したんだからな」
インペラ「へえ」
教官「そしてクレージーゴン。この人もセブンの通常技を跳ね返す装甲をもっていた」
インペラ「すごいなあ」
教官「そしてビルガモ。大スター、バルタン星人とともに活躍したことで後世まで記憶に残るロボット怪獣だ」
インペラ「返ってきたウルトラマンと戦った先輩かあ」

教官「他にもメカギラス、バイオス。そう、我々ロボット怪獣はみなウルトラマンの好敵手たるツワモノばかりなのだ」
インペラ「僕も栄光あるロボット怪獣としてウルトラマンと戦う日を夢見て特訓に励みます」
教官「その意気だ。今日もまず鉄腕腕立て伏せ100回!」
インペラ「ところで教官はどのウルトラマンと戦ったんです?さぞかし強い奴と戦って、相手を苦戦させたんでしょうねえ。
? どうしたんですか、エースロボット教官。目からオイルが…」


484 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 01:29:27 ID:JXkb93rT0
>>482
どこで話してるのかと思えばwww

485 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 01:34:50 ID:JWsfEzQf0
>>479-480
なんか、妙に納得した。
そして兄さん達に教わるんだな。で、兄さん達が本人に直接突っ込むことなく事が進んで……。


486 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 12:51:48 ID:9QybpGnB0
>483
GJ!ワロタ

487 :タロウが遅れた理由:2006/10/23(月) 19:06:47 ID:D+yWNa8/0
ウルトラの父「・・・ということだ。今地球に向かっているインペライザーは今までにない強力なロボットだ。
         並の防衛隊員では歯が立たない。現に接触した隊員の数名は完敗している。おそらくメビウスでも敵うまい・・・」
ウルトラの母「そこであなた達に地球へ向かって欲しいの。早くしないとインペライザーが地球へ到達するわ」
ヒカリ「なら私が!光線の威力には自信があります!」
80「待つんだ!敵はロボット、一筋縄ではいかない!頭を使って戦うなら私が・・・」
レオ「頭突きなら俺に任せろ!必殺キックで風穴を開けてやる!」
タロウ「メビウスは私の弟子です!私が助けに行きます!」
ゾフィー「タロウ!まだメビウスを信じていないのか!それに君には教官という重要な仕事があるではないか!」
ヒカリ「いや私が行く!」
レオ「俺が倒す!」
80「だから私でないと無理だ!」
タロウ「私が行きます!」
父「私しかあるまい!」
ゾフィー「どうぞどうぞ!」
レオ「うるさーい!行くのは俺だー!」
ヒカリ「この光線の威力を見ろ!第一私なら頭脳プレイも出来るぞ!」
父「なにをするヒカリー!」
80「OTL」
タロウ「やったな!くそーこっちだって!」
ゾフィー「フ・・・ようやく私のM87光線をフルパワーで出せる時が・・・ムルスァ!」

母「ああ、いつもこうなるのよね・・・メビウス大丈夫かしら」

〜しばらくして〜
タロウ「ハァハァ、ようやくあの騒ぎを抜け出して地球に来れたぞ・・・ってアレ?メビウスが戦ってる!?しまった間に合わなかったか!」

488 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 19:39:47 ID:2MnLk+O50
760 :名無しより愛をこめて :2006/10/23(月) 00:41:52 ID:ELVoZHY20
http://www.youtube.com/watch?v=31NZTGjGhvs

489 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 19:56:14 ID:4K9NcRS80
>「頭突きなら俺に任せろ!」
ちょ…そうじゃないだろ、レオ。
かわいすぎて燃える&萌える。
ますます客演が待ち遠しくなった。


490 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 20:03:23 ID:0XBolMOZO
488>>
ちょwww
これまたえらく懐かしいCMを引っ張り出したなwwwwwwww

491 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 20:10:03 ID:JWsfEzQf0
このCMのナレーション、難波さんに聞こえるけど別人かな?
難波さんだったら面白いんだけど…。
ダメ聴覚がうまく働かんw

492 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 20:51:17 ID:8ohwpeM00
お懐かしのCMを見てネタが思いついたんで書いてみる。

タロウ「おぉ!メビウスか!休みの日に俺の家に呼び出してすまない」
メビウス「あっ、これ御土産です。実家から送られてきた宇宙羊羹です。・・・それで用事というのは?」
タロウ「あぁ。実はさっきウル○ラマン倶楽部をやってたのだが、コンピュータがイカサマをして、ついカッとなって」

タロウ居間の惨状をメビウスに見せる。

メビウス「テレビが爆発したっぽいですね」
タロウ「鋭い。実はテレビにストリウム光線を浴びせてしまったんだ。それも最大出力で」
メビウス「えっ?」
タロウ「それで母さんに殴られるわ、父さ・・・じゃなくて大隊長にぐりぐり攻撃をされるわで大変な目にあったんだ」
メビウス「・・・・・・・・」
タロウ「罰として今晩のご飯が抜きになってしまったんだ。2人は新しいテレビを買いに行ってるけど、帰ってきたらメビウスも一緒に謝ってくれ。今日減量が終わったばかりで今晩ご飯が食べられなかったら飢え死にしてしまう・・・(;ω;」
メビウス「えっと・・・泣かないで下さい。羊羹切ってあげますから」

493 :学校計画序章・前編:2006/10/23(月) 22:58:02 ID:Yled0DYz0
ヤプールα「さて、他の同胞は着々と嫌がらせを進めているわけだが」
ヤプールβ「悩む必要はない!素晴らしい嫌がらせを思いついたぞ!しかも、同時に人間どもを支配下における作戦だ!」
ヤプールγ「おお!どんな作戦だ?」
ヤプールβ「まずは、この映像を見てくれ」
ヤプールγ「・・・引き篭もり、家庭内暴力、虐めによる不登校のニュースか」
ヤプールα「人間め、嫌がらせと罵倒の権利は我らにしかないのに。・・・これがどうした?」
ヤプールβ「分からないか、この人間どもに関する共通点を」
ヤプールα「共通点・・・待て、β。分かったぞ!皆学生だ。という事は・・・」
ヤプールβ「その通り、我らヤプールが学校を作って、人間どもの未来である子供の心に傷を残すのだ!それでこそ悪魔だ!」
ヤプールγ「なるほど!・・・しかし、教員はどうする?他の同胞は皆忙しいぞ」
ヤプールβ「適当な超獣に変身能力を与えてしまえば良い!」
ヤプールα「フハハハハ!人間どもから嫌がらせの楽しみを奪う!それでこそヤプールだ!まずは宣伝をしなくてはな!」


494 :学校計画序章・後編:2006/10/23(月) 23:00:22 ID:Yled0DYz0
ヤプールγ「ようし、変身超獣ブロッケン!我々の用意したメモ通りにパンフレットを作るのだ!」
ブロッケン「・・・そのためだけに呼ばれたんですか、私は」
ヤプールα「やかましい!さあ、どんどん作成するのだ。ブロッケン!」
ブロッケン(まさか、パソコンが使えない訳じゃないよな)
『私立夜古学校小等部、中等部、高等部入学案内
 当高校は外国からの教員も招き、クリエイティブかつインターナショナルな校風の学校です』
ヤプールα「なんだ、クリエイティブとかインターナショナルとか」
ブロッケン「こう書くと人間が喜ぶんですよ」
ヤプールβ「まあいい、どんどんメモと指示通りに書くのだ、ブロッケン!」
『海外からの教員として、化学教師のミツァイル・ベロクロン博士、体育教師のドラゴ・リー氏』
ブロッケン「・・・・・・・」
ヤプールβ「どうしたブロッケン!書くのをやめるんじゃない!」
『さらに、学務主任として宇宙旅行の経験もあり、知力体力共に優れているブー・ロッケーン氏が』
ヤプールα「ブロッケン、何を突っ伏して震えているのだ!」
『当校では虐め、生徒間での罵倒は一切許しません。不登校など学校に来る事に抵抗を感じる生徒にも徹底した指導を行います。
さらに、学業及び学生生活を送る上で発生した暴力・反社会的行為に関しても徹底した処罰と指導を行います。
また、生徒の安全のために午後八時以降の外出は厳禁とし、教師が毎日見回りを行います。ご安心下さい』
ヤプールβ「これでもう楽しい青春など送れまい!フハハハハ!」

数日後
ヤプールα「おい、パンフレットが仕上がったぞ!」
ヤプールβ、γ「どれどれ・・・おお、なかなか素晴らしい仕上がりではないか」
『・・・当校は健全かつ平和な学生生活をお約束します。
 これでもう楽しい青春など送れまい!フハハハハ!』


495 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 23:17:19 ID:Ffi+OYAF0
>>460
素晴らしい。GJ!
>>488
母の突っ込み面白すぎwww

496 :名無しより愛をこめて:2006/10/23(月) 23:35:21 ID:Q3lRE0Hj0
>>460
GJ!アンタ、素敵すぎるぜ!

497 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 00:23:32 ID:Bjpcnyx+0
>>494
ヤプール、文科省から表彰されそうな学校作ってるしw

498 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 00:27:47 ID:iR40tQ6g0
>>488
やはり母が最強かwww

>>493-494
久々にヤプール活動再開キタw

499 :1/2:2006/10/24(火) 02:13:04 ID:bXmu0tS80
宇宙警備隊養成所
メビウス「あ、タロウ教官、何を熱心に観ているんですか?」
タロウ「え?ああ、地球のテレビ番組だ。サコ・・いやゾフィー隊長が
送ってきてくれたんだ」
メビウス「(なんで隊長が地球に?)・・どんな番組なんですか」
タロウ「時代劇というジャンルでね。僕が地球にいた頃大好きでよく見て
いたんだよ」
メビウス「必○仕○人ですか・・」
タロウ「うん。君みたいな若者には判らないかも知れないが、このドラマ
は正義の味方が悪を倒すんじゃないんだ」
メビウス「ええっ!?」
タロウ「悪が外道を倒すっていうのかな?ピカレスク物だね」
メビウス「はぁ・・」
タロウ「中でも僕のお気に入りキャラはこの中村主○という人物だ。普段は
うだつの上がらない小役人だが実は剣術の達人で凄腕の殺し屋なんだ」
メビウス「意外性がありますね・・でもカッコイイです」
タロウ「だろ?まあ、能ある鷹は爪を隠す・・これは地球人、特に日本人
に好まれるシチュエーションだな」
メビウス「なるほど」
タロウ「君も将来地球に派遣されたら、注意深く人間観察をしてみると
良い。意外な人物が凄腕かもしれないよ?」
メビウス「はい!」

時は流れてフェニックスネスト
トリヤマ「ふんふん♪今日のお昼は何しようかな」
リュウ「あ!補佐官め、休憩時間でもないのに食堂に行きやがった!」
マリナ「ほんと、しょうがない昼行灯ね・・」
ジョージ「あの人って、役に立っているのか?」
テッペイ「さあ・・」
ミライ「!!」
駆け出していくミライ。
リュウ「なんだアイツ?血相変えたりして・・」

500 :2/2:2006/10/24(火) 02:13:40 ID:bXmu0tS80
ミライ、廊下をうろつくトリヤマを発見する。
ミライ「補佐官!」
トリヤマ「ん?なんだね、ミライくん」
ミライ「確かに許せない悪が多いですが・・だからってお金を貰って
暗殺するなんて僕には納得できません!」
トリヤマ「???」
ミライ「あなたほどの凄腕なら、堂々と立ち合えば良いじゃないですか!」
トリヤマ「へ?わ、私が凄腕?」
ミライ「案内して下さい!」
トリヤマ「案内って・・」
ミライ「元締の所にです!僕が話をつけます!」
トリヤマ「な、何を言っておるのだ君は?」
ミライ「掟に反するかも知れませんが、僕も一緒に戦います!」
トリヤマ「掟って・・」
こうして、トリヤマは昼飯を食い損ねた。その後もトリヤマをストーキング
するミライの姿がしばしば見られたという・・・

501 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 09:09:36 ID:H7DkbShkO
今ふと思ったんだが、防衛軍内にGUYSと仲の悪い部署とか結構ありそうだよな。
グレートでUMAとアーミーが縄張り争いをしてる描写があったけど、防衛軍内で
そういうことがあっても不思議じゃない。
特にGUYSは実績は上げてるが、構成員の半分がガンフェニックスのペンキ塗り
手伝っただけの民間人なんだし、他の部署の反感もありそう。

で、両者を仲良くさせようと合コンをセッティングするミライ。
内心「何余計なことしてんだ」と思うが、セッティングしたミライに1ミクロンの
悪気もないことは明白なため、怒るに怒れないGUYSメンバー。
そして頭痛の種の増えるサコミズ隊長……という微笑ましい光景が目に浮かんだ。

502 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 13:53:01 ID:Zspi5V7q0
父「今より君はウルトラマンだ!」
メビ「ウルトラマン?」
父「あの星では我々をそう呼ぶ 聞いているだろ兄弟たちから」


アストラ「|A`) ウルトラマンって呼ばれたこと無いんだが・・・」

503 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 16:54:53 ID:pJT9NzGw0
>>501
>他の部署の反感
GUYSライセンスを取ってから文句を言わないと無駄だ。

504 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 17:37:28 ID:ITnH6ekH0
>>502
ゾフィー「俺なんてウルトラゾフィーって呼ばれたんだが・・・」

505 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 19:39:34 ID:ZaG3/bnj0
>>487

80「待つんだ!敵はロボット、一筋縄ではいかない!頭を使って戦うなら私が・・・」
レオ「頭突きなら俺に任せろ!必殺キックで風穴を開けてやる!」

待てwレオww

506 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:03:47 ID:kpBa6xk50
>>505
「利き足が頭」な巻誠一郎みたいなレオ w

507 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:11:12 ID:j7/YH+znO
>>503
GUYSライセンス自体は職種に関わりなくわりと普及している(だからGUYSに興味のないコノミやジョージ達も持っていた)って設定だから、実は他部署にも持っている人がいるかもしれない。


508 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:21:07 ID:pxPBeDFO0
GUYSライセンスって、国外でサッカー選手して忙しそうなイカルガさんも持ってるし、そんなに難しい資格じゃないと思う。
少なくともGUYS上層部は全員資格保持者じゃないかな?

509 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:42:10 ID:pJT9NzGw0
>>508
上層部なら反感なんて抱く訳ないわけで。

510 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:42:47 ID:Iue2NQvQ0
なんか英検3級みたいなお手軽さで取れそうだよね、GUYSライセンス。

511 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:44:50 ID:OrZAdldp0
>>501
見てたら反感失せそうだけどな。
あれだけはしゃいでてすさまじい凄腕集団だってんだから…。

512 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 20:50:38 ID:pJT9NzGw0
>>510
英検3級は中2レベルでも取れるけどライセンスは基本的に16歳以上。

513 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 21:33:02 ID:+OdkYK+Y0
>>511
きっと昔はZATなんかもそんな感じで・・・

514 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 22:51:25 ID:H7DkbShkO
サッカー選手や保母さんや大学生にも取れるGUYSライセンスって
どんだけお手軽な試験なんだろ。
というか、どんな内容の試験なんだ?

515 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 22:57:44 ID:D8S5NBIT0
とりあえず戦闘機操縦のシミュレーションはやるらしいな
射撃訓練も多分するだろう

516 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 22:58:40 ID:OrZAdldp0
えーと、運転免許+英検3級みたいな感じ?

517 :スーパーモンスター1/3:2006/10/24(火) 23:06:53 ID:2yd+ApF90
ある日のGUYS基地。
リュウ「テッペイ、またゲームかよ」
テッペイ「ええ、これ凄く面白いですよ」
マリナ「どれどれ・・・?『スーパーモンスター』?」
テッペイ「ええ」
マリナ「ええと・・・プレイヤーは高潔かつ正義の指揮官になって、悪逆非道な敵の陣地を超獣軍団を率いて殲滅してください」
リュウ「超獣?」
ミライ「超獣ですって!?まさかまたヤプールが!?」
テッペイ「違う、違う。一般書籍や、学術書からのデータを元にしているらしいですけれど、これが怖いぐらい正確なんですよ」
リュウ「ちょっと俺にやらしてくれ・・・えーと、まずは・・・使用する超獣を選ぶ、と。多いな」
ジョージ「ドラゴリーはどうだ?」
マリナ「ベロクロンは?」
テッペイ「僕のお勧めはバキシムですけれどね」
リュウ「よし、キングカッパー!君に決めた!」
テッペイ「後はクリアーを目指すだけです。面白いのは僕らに似た組織が敵として出たり、メビウスそっくりの巨人が出てくるんですよ」
リュウ「余り良い気分じゃねえな」


518 :スーパーモンスター2/3:2006/10/24(火) 23:09:17 ID:2yd+ApF90
MISSION―01 START!
目標『東京タワーの破壊と地球防衛軍の殲滅』

コノミ「わあ、すごいリアル!」
マリナ「部屋の中まで作りこんでいるんだ。細かーい」
ジョージ「今のゲームは凄いな」
リュウ「おい、東京タワーどこだ?」
テッペイ「ほら、画面下に現在地が出ているでしょう?ここは新宿区ですから、港区まで進撃しないと」
リュウ「港区、どっちだ?」
テッペイ「セレクトボタンを押せば、矢印が出ますけれど・・・」
リュウ「いや待て、自分でやる!」
ジョージ「アミーゴ、町がどんどん壊れてるぞ・・・」
テッペイ「いえ、それはOKです。ポイントになりますから」
ワンダバダバ、ワンダバダバ♪
リュウ「おい、これガンフェニックスじゃねえか!」
テッペイ「隠しボスだ!凄いですよリュウさん!倒せば2000ポイントだ!ボタンを押せば攻撃できますから」
リュウ「おい、命中しねえ・・・畜生、分離しやがった!」
テッペイ「サボテンダーは全方位ニードル攻撃が必殺技です。あ、そのボタン」
リュウ「おらぁ、落っことしてやる!」
ジョージ「・・・・おい、リュウ・・・」
リュウ「ぐああ!キャプチャーキューブで閉じ込めやがった!」
コノミ「自分の攻撃で死んじゃいましたね・・・」
ミライ「リュウさん、元気出してください!」
マリナ「このゲーム、どこが出してるの?任●堂?スク●ェ●?」
テッペイ「いえ、琉歩屋堂って会社です。まだ三、四作しか販売してないですけれど、レベルが高くて海外からの評判も良いんです」
ビーッ、ビーッ、ビーッ!
テッペイ「あ、出動だ」


519 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 23:10:12 ID:2yd+ApF90
すいません、517のリュウが選んだ超獣はサボテンダーです。

520 :スーパーモンスター3/3:2006/10/24(火) 23:12:10 ID:2yd+ApF90
ヤプール7「どうだ、我々のゲーム作戦は」
ヤプール10「既に注文が五万件を突破したぞ、フハハハハ!」
ヤプール7「人間どもにゲームをやらせ、送られたデータからGUYSやメビウス撃退の作戦を考える、素晴らしい!フハハハハ!」
ヤプール11「売り上げも9ケタに迫りつつある!早速作戦の成果を実践しようではないか!」
ヤプール7「フハハハハ!ゆけ、超獣サボテンダーよ!人間どもにヤプール復活の咆哮を聞かせてやるのだ!」
ヤプール「フハハハハハハハハ!」


ヤプール10「一撃でやられてしまったではないか!」
ヤプール7「ええい、まさかバリアで閉じ込めて攻撃を反射させるとは!」
ヤプール11「おのれGUYSめ、卑劣な戦い方をしおって!」
ヤプール7「諦めるな、情報は集まっている。これを利用し、次のゲームに応用するのだ」
ヤプール10「次は、プレイヤー自身に作戦を考えさせるのはどうだ?」
ヤプール11「オリジナル超獣も作れるようにしようではないか!」
ヤプール7「そしてそのデータを我々が利用する・・・地球人どもめ、まさか我らの嫌がらせに加担しているとは気づくまい!」
ヤプール「フハハハハハハハハ!!」


521 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 23:16:42 ID:zZvSqDM10
でも、14歳で取得すると天才といわれるんだよね。
よく解らない資格ではある。

あ、天才だから14歳でもライセンスにチャレンジできたのかな?

522 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 23:18:20 ID:VFc3z+8R0
ウワ、欲しいなこのゲームwww
モンスターアタック、ヤプール側バージョンみたいな感じだな

523 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 23:20:17 ID:GUk7rvTZ0
チョット待て、冷静に考えて見ろ
特殊能力持ちの二人とか、熱血正義バカか宇宙の不思議ちゃんでもない限り

25年ぶりの怪獣出現時に正規隊員がリュウ以外全滅(殉職)してるんだぞ
普通の人は死にに行かないでしょ

実際に在ったら俺は入りたいけど

524 :名無しより愛をこめて:2006/10/24(火) 23:23:40 ID:paW6CF5C0
リュウ 「なあ、どうしてウルトラマンはそこまでして地球を守ってくれるんだ?」
ミライ 「それは...
     大昔、光の国の人々がまだウルトラ族になる前、
     プラズマスパークのディファレーター光線の影響を懸念した一部の人々が
     M78星雲を去っていったことがあったそうです。」
リュウ 「へえ...」
ミライ 「彼等は太陽系第三惑星、この地球に移住しました」
テッペイ「そ、それってまさか...」
ミライ 「そう、彼等はノンマルトと呼ばれていました」
ジョージ「それじゃ、おれたちは仲間の敵ってことじゃ...」
ミライ 「いいえ、確かに多くのノンマルト達は殺されました。
     でも一部のノンマルトは侵略者達のDNAを書き換える事によって
     自分たちのDNAを残していったんです。」

525 :2/2:2006/10/24(火) 23:26:20 ID:paW6CF5C0
コノミ 「DNA...」
マリナ 「同族のDNAを守るため...」
ミライ 「そう、同じDNAを持つからこそ、憑依できたりするんです。
     いくら我々でも全く違ったDNAの持ち主と一心同体にはなれませんから」
リュウ 「でも、侵略者のDNAだって残ってるんだろ?」
ミライ 「少しはね。ノアの箱船って知ってます?」
テッペイ「聖書にでてくるあれ?」
ミライ 「あれは、我々の仲間のノアと言う者が、侵略者たちのDNAを
     減らすため、ノンマルトDNAを多く受け継いだ人々を助けた話なんです
     ほんの少しの侵略者のDNAのために同族の形見のDNAを根絶やしにはできませんよ」
テッペイ「じゃあ、俺達もウルトラマンに...」
ミライ 「ええ、何万年かかるか解りませんが」
一同  「何万年かよ...」

526 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 01:07:42 ID:JJwLCx9l0
壮大な話だ…


それにしても>>348の中の人、毎日更新乙です。
有り難う。


527 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 01:53:41 ID:EtrxnB5r0
それだとセブンとノンマルトの会話がおかしくなるじゃねえか

528 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 02:15:50 ID:LhFZ20/w0
面白ければそれはそれで良い思う。

529 :頑張れブロッケン1/2:2006/10/25(水) 21:36:41 ID:uhjB9S6i0
宣伝パンフレット製作から十数日後・・・

ヤプールα「さて、校舎もできた、宣伝により入学希望者も続々だ」
ヤプールβ「で、何か問題でもあるのか?」
ヤプールα「うむ、さすがに超獣だけでは不都合が発生する。人間の教員を入れる事にしたのだ」
ヤプールγ「大丈夫か?人間どもに嫌がらせをするのが目的だぞ?」
ヤプールα「うむ、私もそう考えたがブロッケンの強い要望でな。ブロッケン、理由を言うのだ」
ブロッケン「教師全員が超獣じゃ、生徒との会話が成り立たないんですよ。日本語が分からない奴も結構多いし」
ヤプールγ「どのくらいいるのだ?」
ブロッケン「全体の九割ですかね」
ヤプールγ「ほぼ全員ではないか!」
ブロッケン「大体、日常の常識を判ってない奴も多いですし。ホタルンガなんか車見つけちゃあ事故を起こそうとするんですから」
ヤプールβ「いかん、それでは問題が多すぎる。仕方ない、人間を雇うか」
ヤプールα「で、だ。一応私が面接を行い、独断で決定した。えーと、まずはこいつだ」
ヤプールγ「おお、五科目は全て90点以上、しかもなに、元国際平和組織所属?」
ヤプールβ「多分あれだ、難民か何かを救援する仕事だ。ブロッケンお前も見るが良い。一応お前の部下だ」
ブロッケン「はあ・・・ええと、中等部教諭、矢的猛・・・・は?」


530 :頑張れブロッケン2/2:2006/10/25(水) 21:39:27 ID:uhjB9S6i0
ヤプールγ「実に素晴らしい、さすがα、人を見る目が違うではないか!」
ヤプールα「フハハハハ!」
ブロッケン「ちょっと、まずいんじゃないですか?」
ヤプールα「次は、養護教諭だ。最初はユニタングに任せたが、誰が保健室にいるかで喧嘩してな」
ブロッケン「この矢的って男、確か・・・」
ヤプールγ「アクエリアスとアプラサールは生徒監視のために偽生徒として潜伏させているから無理だな」
ヤプールβ「コオクスは・・・あ、教頭か」
ヤプールα「で、この人物を養護教諭に推したい。どうだ?」
ヤプールβ「ふむ・・・星涼子か。経歴に問題は無いな」
ブロッケン「それって、あの、ユリ・・・」
ヤプールα「しかも、だ。彼らは我々の信念を素晴らしいと言いおった!」
ヤプールβ「おお、なかなか人間にもマトモな連中がいるらしい」
ブロッケン「そいつらは、ちょっと、我らが憎き・・」
ヤプールα「さらに、英語教諭に元米軍大尉のスコット・マスターソン氏!結構日本語が話せるので、意思疎通も大丈夫だ!」
ヤプールγ「さすが、人選をさせると右に出るものがいないな。体育教諭はどうする?ドラゴリーだけでは不安だ」
ヤプールβ「生徒を引き裂くかもしれん」
ヤプールα「で、この人だ。阿須野虎之氏。経歴も一応問題はない」
ブロッケン「何かその名前にも思い当たるところがあるんですが?」
ヤプールγ「一応これで当面のメドは立ったわけだ。堂々と開校できるぞ!」
ヤプールα「フハハハハ!で、ブロッケン。先ほどから何を言おうとしていたのだ」
ブロッケン「・・・・・・せめて、偽名のブーだけは何とか改善してもらえないでしょうか」


531 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 21:43:23 ID:xy5GNsUt0
超GJ!
腹抱えて大爆笑しちまったぜ。


532 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 22:00:52 ID:Hr5eQ48c0
ブロッケン素敵(´∀`人☆
てかこの学校素で入りたいです。

533 :フォロー1/2:2006/10/25(水) 22:02:38 ID:Hr5eQ48c0
保育士A「きゃーっ、なになに、格好いいーっ!」
同B「若い人は前に来たコノミちゃんの同僚さんよねー?」
同C「親子には見えないけど上司にも見えないよね、なんだろ」
A「えー、親子って10くらいしか離れてないんじゃない?」
C「もうちょっと上でしょ」

ミライ「?」

サコミズ「どうした、ミライ」
ミ「いえ、、、(なんだろー?)」
保育士D「ごめんなさい、気になさらないで下さいね。若い子が多くて」
サ「では、よろしくお願いします(ちょっと語尾力む)」

D「はい、こちらこそ(素直な子なのにそんなに心配なものなのかしら?)」

サ(コノミがいればむしろフォローは期待していいとして)
 (テッペイのところはお母さんがしっかりしてるから良かったとして)
 (GUYSのサッカーチームだから誰かにそれとなく言っておこう)
 (カドクラさんとは会ったことあるって言ってたな、、、)

ミ「隊長?」
サ「ああ、いや、頑張って来いよ」
ミ「はい!」

534 :フォロー2/2:2006/10/25(水) 22:03:12 ID:Hr5eQ48c0
 ――リュウの休日の前日、

サ「で、リュウはどうするんだ?」

ミラ)「(ごそごそ)隊長! ミサキ総監代行! サンドイッチ作りましたー!」
ミサ「あら、嬉しい」
サ「うん、ありがとう、、、(人の話を聞いてない、、、)」

ミサ「どうしたのこれ?」
ミラ「食堂の皆さんに手伝って貰ったんです(にこにこ)」
ミサ「サコミズさん、せっかくのサンドイッチと一緒にコーヒー飲まない」
サ「すみません、、、」

 ――その翌日、
食堂のおじさん「おーい、サコミズ隊長さんー」
サ「ああ、昨日はどうもミライがお世話に」
食「うん、おたくのとこの隊員がなんかバスケット借りてったけどなにすんの?」
サ「はい?」

食「なんかGUYSでピクニックかねー、と噂になっててな」
サ「(最後の最後でぬかった、、、!)」
食「いやー、なんかウチのウェイトレスが花柄に飾ってたけど。どしたの?」

535 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 22:12:33 ID:wMsLLNsc0
TVCM「いっぱい聞けていっぱい喋れる♪”ノーバなら”
いっぱい聞けていっぱい喋れる♪”ノーバなら”
いっぱい聞けていっぱい喋れる♪”ノーバなら”」

リュウ「・・・・・なんだこのCM」
コトミ「微妙・・・・」

536 :名無しより愛をこめて:2006/10/25(水) 23:59:17 ID:fmPohDmQ0
タロウ「かわいい教え子が無茶しそうなので、次のインペ戦まで
  また一心同体にな ら な い か」
光太郎「ハハハハ!別にお願いなんてしなくても、
   君は僕で僕は君・・・だろ?また一緒にいれて嬉しいよ」
タロウ「ありがとう光太郎。はいこれ、ウルトラバッジ」
光太郎「うわ〜懐かしいなぁ。アレ?でも確かこれって」
タロウ「ああ、あれは古かったから。キレイなのヤプ○クで落とした」
光太郎「へぇー」



光太郎「あ、僕忙しいからこの姿(人間体)でメビウスに会うの当分無理」
タロウ「Σ(゚д゚lll)」

537 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 01:38:12 ID:xZqXd7mp0
おおお、久々にGJなネタが続いてるwww

538 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 01:55:06 ID:HL7NIl4Z0
久々に…って、なぁ…
いつも投下する職人がいてくれてこそだと思うがな。

539 :名前決定:2006/10/26(木) 02:32:03 ID:Kkf7l+SQ0
ブロッケン「えー、何だかんだありましたが、本日ヤプール学園開設を祝して、このブロッケンが乾杯の音頭を取らせていただきます」
超獣軍団「かんぱーい!」
ベロクロン「しかし、いいのか?肝心のヤプール様を呼ばなくて」
ブロッケン「あの人達はずっと入学式の録画見ちゃフハハハハ!って笑い続けてるからなぁ。いい気分を邪魔するのも悪いし」
バキシム「しかし、何故にお前が学務主任なんだよ。ブー先生」
ユニタング「良いじゃない別に。ね、ブー先生」
ハンザギラン「いいよな、先生や生徒になれた奴らは。僕なんか水槽の山椒魚だ。せめて飼育小屋が欲しいよブー先生!」
バラバ「エースロボットよりゃマシだ。あいつ校門横の銅像だぞ。配置が悪いよ、ブー先生」
ブラックサタン「俺の方が銅像なのに・・・そういやおい、ガランどうした。あいつも来るはずだろ?どうなんだよ、ブー先生」
サボテンダー「なんか同人誌の販売手伝ってんだってさ。職員の管理がなってないぞ!ブー先生」
ブラックピジョン「クルッポー」
ギーゴン「ブー先生、音楽室の楽器が全て三流品です。一流品と買い換えてください」
ドラゴリー「で、だ。どんな悪さを仕出かしたら、生徒を引き裂いて良いんだ?ブー太郎」
カメレキング「何か言ってよ、ブー先生!」
アクエリウス「皆、虐めないの!ブー先生泣きだしてるじゃない」

ヤプールα「貴様ら何をしている!嫌がらせと罵倒をして良いのはヤプール人だけだ!」
ブロッケン「や、ヤプール様!」
ヤプールα「ところでブー先生、何故に我々を呼ばなかった?確かに夢中になってはいたがなブー先生、耳は聞こえているのだ。これからはきちんと呼んでくれブー先生」
アクエリウス「あ、ちょっとブー先生、何異次元に逃げ込もうとしているの!戻りなさいブー先生!」


540 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 10:03:29 ID:usK38Vc1O
もうこれシリーズ化しようぜwwwww
『3年A組ブー先生』とかwwwwwwwww

541 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 12:34:32 ID:an6wmpDO0
大山椒魚は天然記念物だぞw学校で飼ったら怒られるだろw

542 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 18:41:35 ID:Dzr/7H0Y0
クルッポーってw所詮鳥かw

543 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 18:43:31 ID:5BtnOA010
>ブラックピジョン「クルッポー」
腹筋割れそうwwwww

544 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 21:26:10 ID:a5eCaSIN0
>>541
ヤプールだから可w

545 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 21:28:07 ID:an6wmpDO0
そういやヤプールが国会支配してるんだっけかwwいけるなwww

546 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 21:36:10 ID:a5eCaSIN0
エースロボットww想像してワロタwww

ところでブー先生って誰だかわかんないんだけど、誰かヒントを。

547 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 21:42:09 ID:ErJASob9O
『高木ブー伝説』が思い出されて仕方ないんだが

548 :名無しより愛をこめて:2006/10/26(木) 21:42:25 ID:qGj1wsxC0
>>546
>>494

549 :楽しい学園生活1/2:2006/10/27(金) 00:16:44 ID:BiA4Jm7I0
生徒1「ベロクロンせんせーい、ペットボトルミサイル飛ばそー」
生徒2「今度は、もっと勢い良く飛ぶミサイルの作り方教えてください!」
生徒3「この前のは凄かったよな。銅像に命中したら弾けとんだもんな」
ベロクロン「少し当たった場所が不味かったけれどな。よぉし、昼休みに材料を持って裏庭へ集合だ!」
生徒3「この前は股間に当たったからさ、今度は顔に当てようぜ!」
生徒2「ベロクロン先生ってドイツ生まれなのに日本語上手ですね」

バキシム「お前達は腐ったミカンだ!人という字が互いを支えあっているなどと考えるのは人間だけだ!」
生徒達「人間だけだぁー!」
バキシム「社会に出て幸せに暮らせると思うな!お前たちに待っているのは暗くて崩れやすい地獄の道だ!」
生徒達「地獄の道だぁー!」
バキシム「嫌がらせは優れた者の権限なのだ!お前たちにはない!権利が欲しければ優れたものになるのだ、フハハハハ!」
生徒達「フハハハハー!」
アクエリウス(潜伏中)「今の小学1年の道徳ってあんなこと教えるの?」

女生徒1「サンちゃーん、ほら、高級煮干し!」
女生徒2「食べた食べた!キャー、可愛いー!」
女生徒1「サンちゃーん、きゃああ、口開けてるー!尻尾で水パシャパシャしてるー!」
ブラックピジョン「・・・クルッポー」
アリブンタ「気にすんな、山椒魚なんて滅多に見ないから珍しがられてるだけだ。今だけだ。絶対に今だけだって」


550 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 00:18:23 ID:uIi9f4rP0
バロスwwwwエースロボット相変わらず不遇過ぎるwww

551 :楽しい学園生活2/2:2006/10/27(金) 00:19:28 ID:BiA4Jm7I0
坂井(宇宙仮面)「おい、今日もガランは欠席か!?」
ブラックサタン「はあ。何でもコミケとかいうお祭りがあるって」
坂井「あいつ、この前もそれで欠席してなかったか?」
ブラックサタン「いえ。この前は『TAC元隊員美川のり子の語る超獣』講演会です」
坂井「それは命令か?個人的な欲望で出かけたのか?」
ブラックサタン「さあ。美術的想像力の刺激のためとか言ってましたけれど」
坂井「ええい、それより誰だ、エースロボットにペンキをぶちまけたのは!」
ブラックサタン「これ速乾性ですよ!・・・あっ、爪に付いた」

ドラゴリー「うおりゃああっ!」
男子生徒1「ウワ・・・マットレス引き裂いたぞ」
ドラゴリー「でりゃあ!」
男子生徒2「・・・今、フェンス曲げなかった?」
ドラゴリー「ド畜生がぁーっ!」
男子生徒3「あのバーベル、何キロあるんだよ・・・」
男子生徒2「そういや噂じゃ先生、魚みたいな怪物の絵を書いた車叩き壊してるって噂だぜ」
男子生徒1,3「すげえ・・・」

女生徒3「あっ、矢的先生!」
矢的「ん?どうした?」
女生徒3「ブー先生がトイレに引き篭もってます!」
矢的「また、か・・・分かった、任せておいてくれ」

矢的「こら、ブロ・・・ブー先生!一応責任ある立場なんですから出てきてください!」
ブー先生「今日だけで三十八回もブーブー言われたんだぞ!最近じゃ伯爵なんて言われるし!嫌だ、誰が出るものか!」


552 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 00:21:45 ID:uIi9f4rP0
途中に挟んでスマソOTL

553 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 00:25:09 ID:KYWJQgaUO
>>533
>サ(コノミがいればむしろフォローは期待していいとして)

他の隊員も決して頼りないわけではないはずだが…。
結局、フォローなしでミライを任せられるのはコノミだけなのか…。

554 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 00:50:06 ID:D9qcNAQw0
>>553
ミライの天然を受け止められるのはコノミの天然だけってことかな?w


555 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 00:52:17 ID:xYvk7SbM0
ミライの純真さと、学ぶ時間が少ないことから来る知識不足(と偏りw)は
小さな子供に近い部分があるからかもね。

556 :別れの日前日のミライ日記:2006/10/27(金) 01:16:12 ID:fAlncYJL0
10月20日(金) 天気:明日晴れるといいな

ウルトラの父からの帰還命令期日まであと少し。
明日リュウさんにお守りを渡して、補佐官やマルさん達に挨拶しよう。
明日は朝からサンドイッチを作るから早起きになるな。
リュウさん、何か言いたそうだったけれど、明日は時間がたっぷりあるから
その時にでも聞いてみようかな?

そして、身の回りを整理したらいよいよ帰ることになる。
早いようで短い間だったけれど、みんな有り難う。
今、迫っている地球の危機を救いたいけれど、僕では力不足だという。
光の国で、もっともっと特訓して力をつけて、またいつかこの星に来たいな。
だから、それまで少しの間だけ……さようなら。

今日のパン:サンドイッチ試作品bU(上手に出来た! 明日はバッチリ)


追記:サコミズ隊長へ
せっかくくれた日記帳、最後まで埋められなくてごめんなさい。
いつか戻ってきたときに渡して貰えるよう、ここに置いていきます。

557 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 01:18:29 ID:qZKI0Qr60
今日のパンの名前に吹いたが
ラスト3行で泣いた(つД`)

558 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 01:19:28 ID:fAlncYJL0
>>549
>>551

素敵な学園生活だ。ベロクロン先生とペットボトルミサイル飛ばしたい。
それにしても、ブー先生…トイレにこもると「ブー先生がトイレでブー」とか
言われるぞー。

下品でスマン…。


559 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 01:23:47 ID:fAlncYJL0
>>557
どもです。リアルでレス貰ったの初めてだ…。

「早いようで短い間」→「長いようで短い間」だねorz
やっちまった。

560 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 01:28:46 ID:oFfXEc4G0
ブー先生が愛しいw

561 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 02:08:11 ID:jgKQdC6h0
やばいスピンオフ着たし
ブー先生www

562 :お前名無しだろ :2006/10/27(金) 18:42:09 ID:cZiX3b4q0
>>556
まさか、本当に「今日のパン」つくるとは思わなかったよね
なんかミライ日記シリーズっていいなあ

563 :もしも映画にレオと80が出ていたら・・・:2006/10/27(金) 19:23:35 ID:uIi9f4rP0
Uキラーザウルスの圧倒的な力に押されるメビウスとウルトラ兄弟、しかしそこに二筋の光が!
し〜しのひ〜と〜み〜が か〜がやい〜て〜♪
ヤプール「な、なんだ!?」
レオ「大丈夫ですか兄さん達!」
80「今エネルギーを分け与えます!」
セブン「レオ!それに80も!」
マン「来てくれたのか!」
ヤプール「ぞ、増援か!」
ジャ(ry「よーし、これでまた戦えるぞ!」
メビウス「エネルギーが満タンになれば負けるものか!」
A「かかってこいヤプール!」
ヤプール「おのれええ〜ウルトラ兄弟!・・・・・・と増援のウルトラマンめ!」
レオ「・・・・・・」
80「・・・・・・」
ウルトラ兄弟「「「「・・・・・・」」」」
ピュウウゥ〜(木枯らしの音)
レオ「・・・あーあ、なんか出鼻くじかれたよなー俺ら」
80「全くです・・・もう帰っちゃいましょうか?」
レオ「そういえばそろそろ宇宙空手道場の時間なんだよね」
ヤプール(あ、あれもしかして俺ってば禁句言っちゃった?マジ?)
メビウス『(耐えかね小声で)あ、あの二人も一応ウルトラ兄弟で名前はレオと80っていうんですよ・・・』
ヤプール『ウソ、また増えたのかよ!全くどれだけ産めば気が済むんだよ・・・』
メビウス『そういう問題じゃ・・・あと、アストラって人もいるので覚えておいてください・・・』
ヤプール『ええ〜もう頭パンクしそうなんだけどOTL』
レオ「メビウス〜後でジープで追いかけっこしような〜」
80「矢的先生のスパルタ!授業も待ってるぞ〜」
メビウス「お助け〜!」

564 :ラストのタカトを見て、ン十年後を妄想:2006/10/27(金) 22:32:04 ID:37oB+Hvk0
防衛隊隊員「大切なのは!、最後まで」
?(背後から)「諦めないことだ!」
防衛隊隊員「!?」
謎の青年「・・・」(ニコニコ)
防衛隊隊員「・・・フッ」
二人「信じる力が、勇気になる!」

防衛隊隊員「驚いたな・・・、これ俺の上司の口癖だぜ、
       小っちゃい頃に、友達に教わったんだと、
       なんでも、ウルトラマンの遺した言葉らしいんだけど」
謎の青年「ハイ、僕もそう聞いてます」(ニコニコ)

そしてまた、新たな物語が始まる。

565 :校歌を作ろう1/3:2006/10/27(金) 22:41:51 ID:9bL5upBS0
ヤプールα「さて、ブー先生。今日来てもらったのには理由がある」
ブー先生「もう誰も私をブロッケンと呼んでくれないんですか」
ヤプールα「わが校には、校歌が無い!これは由々しき問題だ」
ブー先生「校歌どころか、職員室も無いですよ。おかげで会議は図書室でしなきゃならないですし」
ヤプールβ「甲子園に出たとき、唄う歌がなくなってしまう!」
ブー先生「甲子園も何も、うちには同好会すら無いんですけれど」
ヤプールα「ええい、チクチクチクチクと!懲罰室に行きたいのか!」
ブー先生「いえ!絶対に嫌です!」
ヤプールγ「説明しよう!懲罰室とは、ヘマを踏んだ超獣を閉じ込めて最近のネズミの王国映画(ピ●サー製作以外)や、『デビ●マン』『幻●湖』」
ヤプールβ「他、24時間エンドレスでさまざまな芸術映画を観賞させられる地獄の部屋である!以上!」
ブー先生「校歌を作れば良いんですね?分かりました。早急に作り上げます」
ヤプールβ、γ「・・・ブー先生、今の無視はわざとかね?」


566 :校歌を作ろう2/3:2006/10/27(金) 22:43:19 ID:9bL5upBS0
ギーゴン「それで、この私が作曲に捧げる時間を犠牲にしなくてはならないと言う事ですか」
ブー先生「いいだろ、音楽に詳しそうなのはお前だけなんだから」
バキシム「ふん、そう思っているのは貴様だけだ!俺も知らないけれどな」
ベロクロン「俺、新しいペットボトルミサイルの研究したいんだけど」
ドラゴリー「お前だけだろ、懲罰室行きは。なら良いじゃん、帰ろ帰ろ」
ブー先生「お前ら・・・・・・」
アクエリウス「あんた達言い加減にしなさい、また泣いてるじゃないの」
ドラゴリー「すげえ、俺血の涙ってはじめて見た」
ギーゴン「まあ、くだらないアホ話はこのくらいにして。まずは歌詞から作るべきですよ。そこから曲を作りますから」
ベロクロン「勇ましくて、テンポの良い曲で歌える歌詞にしよう!」
アクエリウス「小さい子にも唄えるようにしないと」
バキシム「いいか、校歌という事はだ、我らの理想を阿呆な人間どもに知らせるいい機会だ!我らの理念も歌詞に入れるぞ」
ドラゴリー「難しい漢字は入れるなよ、俺読めないから・・・ブー!お前も考えろよ!」
ブー先生「・・・・・・(超獣もオー人事に電話していいのかな)」


567 :校歌を作ろう3/3:2006/10/27(金) 22:45:31 ID:9bL5upBS0
夜通し超獣軍団は歌詞を作り続けた。様々な超獣仲間も顔を出し、
色々な意見を述べ、遂に夜古学園の校歌が完成したのだ!

バキシム「フハハハハ!」
アクエリウス「誰に話してたの、今の説明口調」
ギーゴン「それより良いですか、一回歌って見ましょう」
ブー先生「よし。いいか、1,2の3!」

『地獄の歪みを覗き込み(覗きー込みー)
悪夢のような人生をこの先生きていく
夢も希望も無い世界(せーかいー) 
無いなら自分で無理やり掴めば良いだけ
他人など踏みにじれ 自分の道を突き進むため
歪みきっていようが 悪と呼ばれようが それが我らの信念だ
蔑まれても良い 恐れられても良い 少しだけの心があれば
夢も希望も掴める(クルッポー) ああ我らの夜古学園』

ブー先生「この曲、どっかで聴いたぞ」
ギーゴン「ああ、メビウスの主題・・・(ブチッ!)」
アクエリウス「キャア!ブー先生、何ギーゴンの弦を切っているの!」
ブー先生「いくらヤプール軍団でも、やって良いことと悪い事があるんだよ!」
ドラゴリー「難しい漢字入れんなって言っただろうが!俺歌詞がわかんねえよ!」


568 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 22:45:46 ID:nA1MP3Ie0
>>564
普段は今週のこととか来年のこととか10年前のこととか
ばっかりゴチャゴチャ言ってる特ヲタだが、
遠い未来に思いを馳せてみるのもたまにはいいね。
ン十年後もウルトラマンに会えるといいな。

569 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 22:48:04 ID:uIi9f4rP0
幻の湖バロスwwwあれは伝説だよなwww

570 :お前名無しだろ :2006/10/27(金) 22:51:43 ID:cZiX3b4q0
保健室にて
ブロッケン「…最近、寝ても疲れがとれないんです…そもそも、寝れないんです…」
ルナチクス「あらやだ、ストレス?大変ね〜」

571 :名無しより愛をこめて:2006/10/27(金) 23:06:55 ID:Xf3Fxbf40
ヤプール5「最近我々の仲間が超獣を総動員して大規模な作戦を展開しているようだな」
ヤプール12「そのようだな、5号」
ヤプール5「この機に乗じて我々・・・といってもここにはオレとオマエしかいないが大規模な行動を起こそうではないか!」
ヤプール12「それは良い考えだ!」

数週間後

テッペイ「今朝の新聞見ました?」
ジョージ「また家古党がやらかしたらしいな」
リュウ「今度は議員年金の廃止だとよ。オマケに税金の無駄遣いを徹底的に無くすための第一歩として議員の服装をジャージに統一、通勤はバス、自転車、電車に限定するそうだ」

別の場所にて

マリナ「あら?こんなところにもヤプーRバーガーの支店が出来たんだ。ちょっと小腹も空いたし、食べていこーっと」

家古学園

ブー先生「あなたたち、なにをしてるんですか?!」
名無しヤプール「ヤプール5号さんの命令で、家古学園内に購買部として支店を開くことになりました。よろしくお願いします!」
名無しヤプール2「もちろんヤプールαさんから承諾は得てますよ」


572 :銅像1/2:2006/10/28(土) 00:02:39 ID:AgATykhr0
坂井「ガランはどうしたぁーっ!」
ブラックサタン「サークルヤップルの同人誌手伝いに行ってます」
坂井「あいつ学校に来てるのか?美術教師だろうが!」
ブラックサタン「その件で、ブー先生から伝言ですけれど、もうガランは諦めて俺たちで頑張ってくれって」
坂井「こら、頑張ってくれってどういうことだ」
ブラックサタン「なんかあいつ、またストーカーの気が出てきたらしくて。不祥事起こす前に追い出す気らしいですよ」
坂井「あいつも学務主任なら説得ぐらいしろよ・・・」
ブラックサタン「それより、今日もまたエースロボットの修繕に・・・ああっ!?首がもげてる!」

生徒1「ベロクロンせんせー、どうするのそれー」
ベロクロン「待て、待て、私に任せなさい。・・・まさか一発で首が取れるとは!どうしよう・・・」
生徒2「せんせー、首持ってると不気味―」


573 :銅像2/2:2006/10/28(土) 00:04:15 ID:AgATykhr0
私の名はエースロボット。ラクガキされたり首を吹っ飛ばされたりしながら、学園に通う生徒達を何時も見守っている。
一日の楽しみといえば、メモリーディスクを再生し今日起きた事を再見することだ。
というか、それしか楽しみが無い。
少し前までは台座から降りて体の錆を落とすべく運動をしたのだが、学園七不思議の第1号になってしまったので自粛している。
今日は宇宙仮面とブラックサタンが私の首を付け直してくれた。ありがとう。
その後、ドラゴリーが私の身体をサンドバッグ代わりにし始めた。やめてくれ。
ベロクロン、誰にも言わないから、メモリーディスクを取り出そうとするのは諦めろ。
ブラックピジョン、糞を落とすな。クルッポーで何でも許されると思っているのか。
ブロッケン、私の足元で愚痴を言わないでくれ。聞いている身にもなってくれ、辛いんだ。
時々、バラバとエースキラーが最高級の機械油を持ってきてくれ。彼らとの会話だけが慰めであり喜びだ。


574 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 00:35:54 ID:apPi9AF30
仲いいんだねw

575 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 00:48:14 ID:hWk+P5KOO
ブー先生、銅像さん頑張って
(`・ω・´)

576 :メビウス最大のピンチ? その1:2006/10/28(土) 00:59:43 ID:3kSushiz0
作戦室で家族の話で盛り上がるGUY’Sクルー達。

マリナ「そう言えば、ミライ君の家族ってどんな人達なの?」
ミライ「え、家族・・・ですか?」
テッペイ「そうですよミライ君、自分だけ言わないのはズルイですよ」
ジョージ「お互い隠し事は無しだぜアミーゴ」
サコミズ(ミライ、頼むからボロ出さないでくれよ・・・)
ミライ「ぼ、僕の家族は・・・」
一同「家族は?」
ミライ「両親と兄の四人家族・・・です」
コノミ「ミライ君ってお兄さんがいたんだぁ」
ミライ「えぇ(ふぅ、どうにか切り抜けられた)」
リュウ「よし、じゃあ今度の日曜ミライん家に皆でいこうぜ」
一同「賛成〜♪」
ミライ「えっ、えぇぇぇぇぇ!!」
リュウ「何だよミライ、マズイ事でもあんのか?まさかお前・・・」
ミライ「いえ、無いです・・・」
リュウ「よし、じゃあ決まりだな」 
ミライ「ど、どうしよう・・・(バンさんに頼もうにも、バンさんは一人で暮らしてるし・・ご迷惑を掛ける訳にもいかないし)

金色の空間
ウルトラの母「どうしたのですメビウス?」
ウルトラの父「まさか地球に新たな脅威でも現れたのか」
メビウス「脅威は脅威なんですが・・・実は・・・」
ウルトラの父「成程、確かにそれはマズイ」
ウルトラの母「それならばメビウス、あなたのご両親を呼んで地球人に変身してもらえば済むのでは?」
メビウス「両親は地球の事について何も知りません。それで呼んでしまえば大変な事になります」
ウルトラの父「それは一理有るな」
ウルトラの母「それで地球経験の有る私達に相談しようと」
メビウス「はい」
ウルトラの父「解った。では、具体的にどうするのだね?」
メビウス「それは・・・」

577 :メビウス最大のピンチ? その2:2006/10/28(土) 01:55:23 ID:3kSushiz0
ジョージ「テッペイ、まだ着かないのか?」
テッペイ「ジョージさん、その台詞二度目です」
コノミ「あっ、有りました」
リュウ「へぇ、良い家だな」
ミライ「あ、皆さん。随分早かったですね」
ジョージ「まぁな」
テッペイ「これ、お土産です」
ミライ「わぁ、有難うございます!父と母がリビングで皆さんを待ってますよ」
?「ようこそいらっしゃいました、ミライがいつもお世話になっています。父のトクマです」
?「あらあら、皆さんがミライの同僚ですのね。母のヨウコです」
ジョージ「おぉ、お母様!!何とお美しい・・」
マリナ「馬鹿言ってんじゃないのジョージ」
(場もすっかり和んで・・・)
テッペイ「ミライ君のお父さんとお母さんって何処で出会われたんですか?」
トクマ「今から30年前に私が怪我をして病院に運ばれた時に会ったんですよ」
ヨウコ「私が父さんが運ばれた病院で、当時看護士をやってたんですよ」
リュウ「そういやミライ、お兄さんは?」
ミライ「コータロー兄さんは何か仕事が入ったみたいで、皆さんに宜しくと」
マリナ「お兄さんって何をやってる方なの?」
ミライ「兄さんは警備会社の新人教育の教官をやっています」
ジョージ「シッカリしたお兄さんなんだな」
(そして帰り道)
リュウ「しかしまぁ、ミライん所は凄いよな」
テッペイ「夕飯まで用意してくれた上にお土産まで持たしてくれるなんて」
ジョージ「奇麗なお母様だったし」
コノミ「渋くてカッコいいお父さんでしたね」
マリナ「ほんと、ミライ君のご両親て良い方ね」
ミライ「そ、そうですか(どうにか切り抜けられた・・有難うございましたウルトラの父、ウルトラの母)」
その頃
ゾフィー「大隊長とウルトラの母は?」
アストラ「何だか久々の地球だからって当分帰って来ないってさっきウルトラサインが」
ゾフィー(何考えてんだあの二人は・・・・)

578 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 06:18:56 ID:S66saErq0
>>573
ハナ肇の銅像コントを思い出したw

579 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 06:35:16 ID:ulDWyUF70
思い出したっつうか、銅像の時点でそれだろう。
最後に怒って動き出すところまで含めて一つのネタだと思うんだけどな。
これからに期待。

580 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 09:07:22 ID:YDQu1Ql+0
>>577
ミライ「両親と兄の四人家族・・・です」



エース「やっぱオレ…養子だもん、な」

581 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 11:50:53 ID:w01sl1l20
>>580
エース兄さんは神戸でお仕事中じゃないですか
つうか、人間体が年上過ぎで怪しまれます

582 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 13:21:48 ID:Afcu5/3c0
コオクス「なあ、私の役職ってさ、教頭なんだよ」
ブラックピジョン「クルッポー」
コオクス「なのに、何故ブロッケンの奴が私よりも重要な仕事をしているんだ?」
ブラックピジョン「クルッポー」
コオクス「誰も知らないようなギーゴンですら、音楽部の顧問に成り上がってるんだ」
ブラックピジョン「クルッポー」
コオクス「許せないよ、本当に。地味でマイナーで誰にも知られて無いくせに!」
ブラックピジョン「クルッポー」
コオクス「だがこの私は頭が良い!知恵が無い上にたった一回戦って負けた奴よりも格上なのだ!」
ブラックピジョン「お前、オイルドリンカーの気持ちも考えろよ」
コオクス「えっ?誰?」
ブラックピジョン「クルッポー」
コオクス「・・・・・・」


583 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 13:24:57 ID:2XVzMNp8O
>>577
父の名前が「トクマ」なのはわかるが、母が「マサコ」でなく「ヨウコ」なのは何が元ネタなのだろう。
もしかして葉山さん?

584 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 13:27:53 ID:D1KSeosS0
タロウ人間体もイイ年だろ…w

585 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 13:44:07 ID:EABxnHN80
>>582
ブラックピジョンはいい奴だw。毒もあるし。

586 :577:2006/10/28(土) 15:36:23 ID:l1uxI3Op0
>>583
うん、葉山さん。
思いつきで書いちゃったからかなり詰めが甘かったなぁと思ってる。

587 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 16:45:32 ID:Vj3MD61+0
かなり盛り上がってきたなー。やっぱこのスレいいわw

588 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 18:24:40 ID:apPi9AF30
戦い終わって−…

タロウ「メビウスも成長したな…いつの間にあんなに大きくなったんだ…フフ、少し寂しいくらいだ」
無明の宇宙空間に走る4つの閃光。

タロウ「に・兄さん達!? どうして…」

エース「お前がインペライザーにやられてボロボロだから、光の国まで護衛するようにってゾフィー兄さんから言われてな♪」
タロウ「なんか、悪意こもってませんw? うっ…」
セブン「ほら…いきなりダイナマイトなんて使うからだ…大丈夫か?」
タロウ「す・すいません…なんか、力抜けちゃって…」
新マン「しかし、雄雄しく成長したもんだ…」
タロウ「はい…彼なら立派に地球を守り抜くでしょう…」
初代「メビウスもそうだが、お前が、だよ」
タロウ「え?」
エース「そうだな。昔は甘えたり、増長してたりしたのに、今じゃ立派な超一流のウルトラ戦士だ」
タロウ「兄さん達…」
新マン「お前の教え子は大丈夫。大丈夫だ…絶対にな」
セブン「ほら、肩を俺とエースに…帰ろう、光の国へ…」


絆は永遠に。そして受け継がれていく−

589 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 18:28:51 ID:8MvOTQl30
>>588
うわぁ、涙腺緩んでいるところに更に緩める話が

590 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 18:31:51 ID:138wq7m30
>>588
余韻残る今、こんなの見せられたら本気で泣ける。

591 :次回予告w:2006/10/28(土) 18:54:46 ID:HhIZMNry0
>>588
80「おかえりなさい…って、タロウ兄さん、どうしたんですかその体は!?」
レオ「地球のメビウスと交代するって、大隊長にうかがってましたが…」
タロウ「ただいま…してやられたよ。今度の敵は手ごわいぞ」

レオ「で、メビウスの奴は? 地球に残ったんですか?」
タロウ「ああ。あいつも、いい仲間に恵まれた…私も教えられたよ」
80「とはいえ、このままにはしておけませんね。
 そんな連中を相手に、ひとりで地球に残って戦うというなら、もっと力をつけないと」
タロウ「そうなんだ。兄さんたちもいろいろ考えてはいるようだが、
 『まぁ任せておけ』と言うだけで、私にも教えてくれないんだよ」
80「そういえば、ゾフィー隊長を最近見かけませんね…こんなときに何やってんだか…」

レオ「とりあえず、俺が行って様子を見てきましょう」
タロウ「頼むよ。私は、今後のことについて、父さん…大隊長と相談してくる」
レオ「任せておいてください。
 最近の若い者は、光線技や武器に頼りがちだが、こんなときだからこそ、
 基礎から鍛えなおさないと」
タロウ「鬼教官の持論が出たなw よろしく頼むよ」
80「僕も支度して、すぐに行きます」
レオ「所帯持ちは大変だなw 先に行ってるぞ」

592 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 19:04:00 ID:D1KSeosS0
80所帯持ったんですか〜!!!

ユリアンと…?
息子の名前が「06」とか「07」とか言わないよなw

593 :ミライ日記:2006/10/28(土) 19:38:43 ID:rZHQ4+Mj0
10月28日(土) 天気:涙の雨

今日、ついにインペライザーを倒すことができた。
身体が燃えるように熱くなったのは
きっとGUYSのみんなが僕と一緒に戦ってくれた証かな。

タロウ教官、帰還命令に背いてしまってごめんなさい。
だけどみんなと別れず、また戦えることを許してもらえて本当に嬉しかったです。
僕はこの地球で力をつけ、来るべき戦いに備えます。

これからも僕は・・・地球を、GUYSの皆とともに守ります。
また皆で、笑顔で会うために!
300万年前のウルトラの星の光を受けながら・・・
サコミズ隊長、僕はまだこの日記をつけられるようです。

今日のパン:こげパン

PS.タロウ教官、今日はゆっくり休んでください。

594 :ヒトカゲ:2006/10/28(土) 20:06:00 ID:arf19fQ00
夜の学園、中をふら付く人影みっつ。
オイルドリンカー「畜生、俺だって超獣なのに、なんで呼んでくれないんだよ」
改造ベロクロン「おたくはいいよ、まだ。俺なんか、俺なんか・・・」
改造サボテンダー「人間に倒されたもんな。あっという間に」
改造ベロクロン「畜生、俺はな、虎の子なんだよ!最後の最後の必殺兵器なんだよ!」
オイルドリンカー「宇宙怪獣のかませにされた俺よりマシだ!」
改造ベロクロン「俺はなぁ、強いんだぞ、つよ(ゴンッ!)」
改造サボテンダー「おい、何でこんなとこに銅像があるんだよ!この!針撃っちまえ」
改造ベロクロン「このやろー!ラクガキしてやる!」
オイルドリンカー「髭かいちまえ、ヒゲ!ウヒヒヒヒ」
改造サボテンダー「ちょっと待ってろ、ペンキぶっ掛けてやる」
改造ベロクロン「早く戻れよ、このやろ、このやろ!鼻の穴真っ赤に塗ってやる!おい、トサカ外しちまえ」
オイルドリンカー「おうよ!トサカ外して缶詰を開けよう・・・(ドカッ!)グゲエッ!」
改造ベロクロン「へっ?」
改造サボテンダー「お待たせ、速乾性のペンキだぜ!・・・ん?」
エースロボット「・・・・・・メタリウム光線!」
改造ベロクロン、改造サボテンダー「ぎゃああああ!」
翌朝――
ブラックサタン「・・・・お前ら、何やってんだ。頭からペンキ被って野宿か?」

私はエースロボット。怒る時だってある。


595 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 20:27:27 ID:2XVzMNp8O
>>592
その可能性が高いな。
ひょっとしたらアルマ…ってことはないか。

596 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 20:45:31 ID:nvvVIzKi0
父「タロウのやつ心配だな〜」
タロウ「私をみくびるな!」

597 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 20:50:35 ID:HhIZMNry0
>>596
父「何だその口の利き方は! 私が相手だ!」

母「ちょっとお父さん! けが人なんだから…」

598 :お前名無しだろ :2006/10/28(土) 21:09:42 ID:muxYtpvd0
>>593
ミライ日記はいいなあ
あのカオスな机で、ひとりで怒ったり笑ったりしながら書いてるんだろうなあ
だけど、みんななれっこだから放置してるんだろうなあ

>今日のパン:こげパン
バーニングかダイナマイトかリュウのツラのことなのかが気になる

599 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 21:57:36 ID:RVBNS3Yj0
ドラゴリー「貴様ら、全員集合!」
生徒達「はーい!」
ドラゴリー「いいか、今日は水泳をやめて、この炎天下の下で特別コーチの元ランニングを行う!」
生徒達「ええーっ!?」
ドラゴリー「やかましい!特別コーチの紹介だ、矢的教師とその兄、モロボシ先生だ!」
ダン「やあ、初めまして」
生徒達「はじめましてーっ!」
矢的「みんな、今日も暑いけれど、良い汗を流して気持ちよくなろう!」
生徒達「はーい!」
生徒1「そういや矢的せんせー、今日のお弁当なぁに?」
矢的「え?あはは、いやぁーはははは、愛情一杯の愛妻弁当だよ。今日もなかなか仕事に行かせてくれなくて」
ダン「・・・矢的、随分幸せそうだな。そうだ、君たち。僕らが国際組織にいたとき、どんな訓練をしたか見せてあげよう!」
生徒達「はーい!」

矢的「やめてください!やめてくださいダンさぁーん!」
ブロロロロロロ・・・・
ドラゴリー「・・・えーっと・・・貴様らーっ!今日は今から炎天下の中プールで泳がせて風邪を引かせてやる!水着を取ってきやがれ!」
生徒達「はぁーいっ!」


600 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 22:45:49 ID:MY9EMCBG0
>>599
>>530で体育教師に雇われた阿須野虎之氏が
おおとりゲンと生き写しだと思われるので、
矢的先生出す必要はないと思う。

601 :599:2006/10/28(土) 23:45:08 ID:AX2rIxgE0
確かに。591と592見て思いつきで書いちゃった。
追いかけられるには適任がいる事を忘れてました。

602 :名無しより愛をこめて:2006/10/28(土) 23:47:20 ID:x4liInrr0
えー、なんもやってないのにw

603 :心は嵐の中に1/7:2006/10/29(日) 02:18:19 ID:cWn+ihVZ0
○月×日 わりと晴れた

ルーキー・メビウスの指導に関ることになった。
なんでも他になり手がないらしい。
そんなに悪い噂も聞かないがよほど難しい生徒なのかと思ったら。

ゾ「下手なことをするとスワローキックが飛んでくるから気を付けてな」

それはむしろ、教官筆頭を先に取り締まったほうがいいような気がするのは
気のせいなのだろうか。
なんでも噂では、ウルトラダイナマイトの構えまでやったことがあるらしい。
さすがの宇宙警備隊隊長も割り引いて言ったということなのか。
死ぬからそれ、ウルトラ兄弟意外普通に死ぬから。

、、、ここだけの話だが、血縁説がないでもない。
ウルトラの父の隠し子ではないかといわれている。

604 :心は嵐の中に2/7:2006/10/29(日) 02:18:50 ID:cWn+ihVZ0
○月△日 物陰にタロウ

、、、怖い、正直怖い。
実力行使で来られた時に敵うかどうかわからないが。
いくらなんでもあんなのにだけ任せておいたら下手をするとメビウスどころか
地球まで危ないような気がしないでもないので我慢する。

メビウス自身は拍子抜けするくらい普通だった。
素直で良いのだが少し態度が堅い、言っても逆効果になりそうなので思案処。
その辺は隊長に相談してみると良いかもしれない。
(昔の経験が悲しいほど役に立たないことはあるものだ。)
光線技の筋、コントロール共に良好(こちらは専門家がいそうだが)。
格闘が些か弱いがトータルでの弱点はなし。
メンタル面は素直さをしばらくは伸ばすのが吉だろう。

しかし、、、タロウに気付いていた様子はなかった...orz
致命的な欠陥のような、むしろ長所なような。。。

(レオ→タロウの呼び方がわかりません、すみません(;><)。)

605 :心は嵐の中に3/7:2006/10/29(日) 02:19:21 ID:cWn+ihVZ0
○月▼日 ジープは使わないからな

アストラが来た。
なんでそんなにジープに拘るんだ、いや、お前見てたのかホントに?
もののついでとメビウスに引き合わせたら何故か意気投合した。
組み技なども付き合うしで、訓練が単調になりかけていたので助かった。

少し古い話をした。

この話はここでは書かない、どうせいつになっても見当くらい付くだろう。
メビウスが涙を零して、、、驚いた。
そんなことでどうすると、それでなにが変わるかと。
言おうとして上手く声が出てこなかった。
タロウの教え子だ、甘いのも無理もないだろうと胸の中で唱えても、なんだか
揶揄にもなりそうになかった。

606 :心は嵐の中に4/7:2006/10/29(日) 02:19:51 ID:cWn+ihVZ0
×月○日

今度はゾフィー隊長が来た。
先客万来というか、タロウの挙動を報告したところ「仕事を言いつけた」との
答えが返る。なんだその、暇なら来るのが当然みたいな。
つーかそんなに暇なのか教官筆頭。
なに考えてんだウルトラ兄弟中、ポテンシャル最高値。

ゾ「お前の弟だってそんなものだろう?」

というのは余計だと思ったが黙っている。むしろどこにいるんだろう、ウチの
弟は。異空間にでも潜んでいるのかと疑ったことがないでもない。
タロウのせいで目立たないが、なんやかやとメビウスに構って帰って行った。
下の兄弟に甘いという伝統でもあるのだろうか。。。

ということを考えかけたらちょっと悲しくなったので止めておく。

607 :心は嵐の中に5/7:2006/10/29(日) 02:20:22 ID:cWn+ihVZ0
×月△日 スワローキック

メビウスの耳の形が珍しいと思って見せてもらっていただけだったが。。。
よく考えたら軽率だったような気がしないでもないというか、セクハラでもある
まいしなんだその基準は!

そういえば訓練生のゼノンもあんな形だったかな。
見せてもら、、、確かに素で失礼なような気がしてきた...orz
しかしよく考えたらメビウスがこちらのツノを触ってきたのが先で。
その時点で止めるのが筋なんじゃないだろうか、というか、メビウスは話してた
相手が突然に吹っ飛んだことをどのように理解しているんだろうか。

追記:さすがに気になって尋ねてみたら。
メ「急病だと教官が言われて心配していました」

いっぺん引き剥がしたほうがいいんじゃねぇか、、、この師弟。

608 :心は嵐の中に6/7:2006/10/29(日) 02:24:46 ID:cWn+ihVZ0
×月▼日 タロウ

わりと真正面から来た。んで、謝られた。
なんでもメビウスが見舞いに行こうとしつこいので、良心の呵責に耐えられなく
なったのだという。他になんか基準ないのか、この馬鹿師匠。
(親馬鹿というよりか、初孫が出来たじー様みたいだ。)

そんなに気に食わないのならば止めればいいのに、と言ったら。

タ「そういうことじゃあないよ、、、ただ、まあ」

どちらかというと、系統の違う俺のことが気に食わないんだろう、そういう顔を
していなくもなかったね。そりゃそうだ、天才から見れば努力根性だの胡散臭く
しか見えないものかもしれない。
メビウスにそんなこと押し付けるなんてことになったら俺だって。。。

タ「ジープで追い回すんじゃないかと、、、」

ちょっと誤解してすいませんでした、タロウ教官筆頭...orz

609 :心は嵐の中に7/7:2006/10/29(日) 02:25:17 ID:cWn+ihVZ0
△月○日 かぜ

メビウスはどちらかというと、ただにこにこ笑っているだけだったような気が
する。必ずこちらを向いて話を聞くとか。わかった時に軽く頷くとか。
目が合うとなんだかいつも笑みを浮かべていたような気もするが。
思い返すとずいぶん悩んでもいるようで印象が一致しない。

なにかが足りないのだ、覚悟がないのだと一度だけ呟いていた。
多分それだけが長くもない訓練の中での一度きりの本音で。
あとは全部、嘘ではないけれども少し違うものなのではないのかと思えた。

焦らなくてよい。
泣くことはない。無理に笑うこともないよ。

なにを言われたのかわからないように見返されてしまった。
そんで微笑うわけだよ。

わかったよタロウ、今度からレオキックで参加するから。気が向いたらね。

610 :ジャンボキング:2006/10/29(日) 04:00:31 ID:P9D3Thpd0
アリブンタ「そういやよぉ、クロバト小次郎」
ブラックピジョン「クルッポー」
アリブンタ「ジャンボキングは何してるんだろうな」
ブラックピジョン「クルッポー」
アリブンタ「一応俺達の大ボスだぜ?新人のUキラーは神戸にいるし」
ブラックピジョン「クルッポー」
アリブンタ「まあでもきっと、スッゲエ大任務を背負ってるんだろうな。俺たちも早くそうなりたいよな」
ブラックピジョン「まずは人間に変身させてもらう事から目指そうか」
アリブンタ「・・・・そうだな。俺なんか、アリジゴクだもんな・・・」

テッペイ「見ました?アメリカのニュース!」
ジョージ「見た見た!すごかったな、大統領候補、暗殺されかけたもんな」
マリナ「でもさ、あの候補、ボディガード押しのけて自分で犯人捕まえちゃったんでしょ?」
コノミ「犯人を車に投げつけたんですよね。ええと、名前は・・・」
テッペイ「J・B・キングって人ですよ。この人、企業と政府の癒着を徹底的に叩き潰してたせいで命狙われたんですってね」
マリナ「どこの国にも立派な人っているのね」


611 :タロウ帰還1/2:2006/10/29(日) 06:43:50 ID:48M62j6T0
タロウ「地球人は強くなったな・・・」
80「彼らが,メテオールと呼ぶ技術のことですか?」
タロウ「いや,心が,だよ.・・・東光太郎がそうだったように,地球人はもう既に,
    我々M78 星雲人よりも,強く,たくましくなっているのかもしれないな」
ウルトラの父「メビウスも,それを学んだのだろうな」
タロウ「父さ・・・いえ,大隊長」
80「それでは,メビウスは・・・」
父「うむ,引き続き,地球で戦ってもらうことになった・・・.
  いや,もう命令しても,地球に平和が訪れるまで,彼は帰ってこないだろう」
タロウ「兄さんたちがまだ日本にいますし,万が一の時には,私もまた
    地球へ向かいます.それに,メビウスには,心強い仲間たちがいる.
    メビウスを・・・,許してやって下さい」
父「まったく・・・地球に行くと,どうしてこうも宇宙警備隊の規律を無視する
  ような事をするのだろうな」
タロウ「それは・・・我々M78星雲人は,地球人のことが好きだからですよ」


612 :タロウ帰還2/2:2006/10/29(日) 06:44:43 ID:48M62j6T0
父「地球人のことが好き,か・・・」
80「そうですね,私も,地球人を何人も好きになりました.
  京子先生,今も元気で教壇に立たれているのかな・・・」
ユリアン「あら,だれかしら? その,京子先生って・・・?」
80「あうっ,ユリアン,いや,それは・・・ち,ちがうよ,僕は断じて浮気とか,
  そんな・・・.ちょ,ちょっと,何,その構え・・・,うぎゃぁぁぁぁぁぁ!」
ユリアン「・・・大隊長,タロウさん,失礼しました! ほらっ,ちゃぁんと,
      向こうでじっくりお話ししましょう,ね,80(にっこり)」
80「・・・ユリアン,げほっ,く,首,絞まって・・・げほっ,げほっ・・・」

タロウ「・・・父さん,父さんは,よく,ウルトラ族の女性と結婚しましたね・・・」
父「・・・その頃に,地球人と出会っていればなぁ・・・」
ウルトラの母「出会っていれば,どうしたのですか?」
父「うっ,い,いや・・・」
母「私たちも,話し合いしましょうか,ね,あ・な・た(にっこり)」

タロウ「・・・地球に行くと,みんな,感情表現が豊かになって
    帰ってくるんだよな.これも・・・我々が地球で戦う理由なんだろうな・・・」

80「ユリアンッ,か,カラータイマーはやめてっ!?」
父「つ,角を・・・いててっ,抜ける,抜けるって!!」

タロウ「・・・やれやれ・・・メビウス,帰ってこなくて正解だったかも,な」

613 :名無しより愛をこめて:2006/10/29(日) 12:29:24 ID:qEMVd8yU0
>>603-609
GJGJGJGJ!!!

>タ「ジープで追い回すんじゃないかと、、、」

>ちょっと誤解してすいませんでした、タロウ教官筆頭...orz

ワロタwwww

614 :名無しより愛をこめて:2006/10/29(日) 12:35:35 ID:361EjW/d0
>>603-609
何だか色々と重くてちょっと泣けた。レオ…(´Д⊂)

615 :あの公園でミライが思ったこと:2006/10/29(日) 22:56:03 ID:zyjlrsaE0
傷ついた体で、一人では光の国へ帰ることもできなくなったミライは、
病室を抜け出しあの公園に向かった。
はじめてリュウに出逢った思い出の公園で、ミライは思いを馳せる。

 −−−−−−−−−−−−−−−
 この公園でリュウさんに出逢ったのは偶然じゃない。
 何かを感じて引き寄せられたんだ....その時は何だかわからなかったけど、今の僕にはわかる。
 どんなに離れていても、たとえ光の国に帰っても、リュウさんの心の声は僕に届く。
 リュウさん、待っていてください。
 僕は強くなって、今よりずっと強くなって帰ってきます。
 必ず帰ってきて、この星を、地球を守ります。
 だから、待っていてください。
 −−−−−−−−−−−−−−−

そのとき、ミライにリュウの心の声が聞こえた。
「ミライ!ミライ!どこだ、もう地球にはいないのか....」
「どうしてアイツは何も言わず戦っていたんだ…どうして命がけで地球のために戦うんだ....」
「ミライ....もうオマエと会えないのか。もう一緒に地球を守れないのか....」
リュウの心の声にミライは動揺した。

 −−−−−−−−−−−−−−−
 リュウさん、僕はここにいます。
 僕の心の声は....リュウさんには聞こえないんですか....
 −−−−−−−−−−−−−−−

もしも、帰還の日までにリュウがこの公園に来たら、
その時はリュウに自分の決意を話したい。
心の声が届かなくても、話せばリュウならきっとわかってくれる....それは確信だった。

帰還はインペライザーの最期を見届けた日に決まった。ミライに残された時間はあとわずかだ。

616 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 01:05:02 ID:tckbS6BnO
ライターの皆さん、これからも頑張ってくださいね
お笑いあり、感動ありでこのスレ好きです

617 :572の続き:2006/10/30(月) 01:09:33 ID:zt14Fr0D0
ブー先生「えー、それでは、超獣だけの職員・生徒会議を始めたいと思います。では、まず最初の議題をお願いします」
ユニタング「はいさ。ええと、宇宙仮面からの要求で、エースロボットが邪魔臭いので排除して欲しいという事です」
エースキラー「ちょっと待ちたまえ。それはどういう事だ?」
バラバ「エースロボットの気持ちも考えろ!排除なんて酷すぎるぞ!」
宇宙仮面「まて、まて!全然内容が違うじゃないか」
ユニタング「あ、ゴメンゴメン。言い方が悪かった。エースロボットの修理や掃除で授業が出来ない。自分でさせろとの事です」
ブー先生「ユニタング、悪ふざけはいい加減にしろ」
ユニタング「ハチのムサシは死んだのさぁ〜♪」
バラバ「唄ってごまかすな。でもさ、悪戯の犯人って見つかったんだろ?」
ブラックサタン「いや、首を吹っ飛ばしたのは違う奴の仕業らしくて」
バラバ「首を吹き飛ばすなんて酷い奴だ!超獣どころか人間の風上にも置けん!ぶったるんどる!」
エースキラー「全くだ。メモリーディスクに破損でも起きたらどうするのだ。スペシウム光線をお見舞いしてやろう」
宇宙仮面「ヤプール様と話して、犯人が超獣だった場合は二日間の懲罰室行きにしよう」
ブー先生「では、犯人が超獣だった場合二日間の懲罰室、スペシウム光線直撃、バラバのサンドバッグになる。いいですね?」
ユニタング「ベロクロン、あんた超獣の癖に汗っかきだねぇ」


618 :1/3:2006/10/30(月) 04:24:37 ID:VmMkiQ7a0
―光の国―

タ「よしメビウス、今日は必殺技の練習をしよう!」
メ「え?メビュームシュートとかならもう使えますよ?」
タ「違う違う、メビウスが赴任するのは日本なんだから。日本人独自の文化を取り入れようと思う」
 ゴソゴソ。
メ「…教官、何ですかそれ?」
タ「DVDという記録媒体だ。地球での我々の戦いもこのディスクに収められているぞ」
メ「それはすごいですね!じゃあ僕も皆さんの技を研究して…」
タ「いや、今日見せたいのはこれなんだよ」
メ「絵が動いてますね…これは一体?」
タ「アニメというものだ。特に日本人はアニメが大好きなんだよ」
メ「それと必殺技と何の関係が?」
タ「このアニメから学ぶんだメビウス。君ならできる」
メ「は、はい…頑張ります!」

619 :2/3:2006/10/30(月) 04:26:07 ID:VmMkiQ7a0
―地球―

15話『不死鳥の砦』
メ「食らえ怪獣!僕のこの手が光って唸る!お前を倒せと輝き叫ぶ!必殺!シ○イニングフ○ンガー!!」
  どかーーーん!!
テ「あれ、新しい技かな?アーカイブにどうやって登録しよう…よし、ライトニングカウンター・ゼロ、と」
 戦い終わって…
サ「あーミライ、ちょっといいかな?」
ミ「なんですか隊長?」
サ「ああいや、何と言ったらいいか…まあ、地球には著作権というものがあってね…」
ミ「???」
サ「まあとにかく、これからは気をつけてくれればいいから」
ミ「?? …(とりあえず)はい!」

18話『ウルトラマンの重圧』
メ「僕のこの手が(中略)食らえ!愛と怒りと悲しみの!シ○イニングフ○ンガーソーーード!!」
サ「!!!?(わかってねーーーーーーー!?)」
テ「また新しいなぁ…えーっと、メビュームナイトブレード(たった今命名)が不自然に伸びるから…メビュームナイトブレード・ブレードオーバーロード、と」
リ「おいテッペイ、その名前長くねえか?」
テ「でも見た感じの印象は大事だと思うんですよ。長ければ略せばいいんです」
リ「そうだな…じゃあ俺は『メナード』って呼ぶぜ!」
サ「!(こっちもかーーーー!?)」
ジ「おいアミーゴ、そいつは色々と問題が起こるからやめとけよ…マジで」
サ「(ナイスフォローだ、ジョージ!)」
リ「あん?ま、そこまで言うなら…」
ミ「あれ、皆さんどうかしたんですか?」
テ「ああいえ、さっきのメビウスの技なんですけど…」
サ「(蒸し返すな、アホ!)ミ、ミライ!ちょーっと話したいことがあるんだが…できれば、というかむしろ2人で」
ミ「え?はい」
サ「だから地球には(ry」
ミ「??…(とりあえず)はい!」

620 :3/3:2006/10/30(月) 04:28:38 ID:VmMkiQ7a0
30話『約束の炎』
メビウスバーニグブレイブに進化。
メ「凄い力が漲ってくる!これがあの『一人一人は小さな火でも(ry』に違いない!」
タ「あのさメビウス…自爆した後にストリウム光線は疲れるんだが…ただでさえ連発してるし」
メ「あ、すいません教官!今助けます!」
タ「だったらほら、アレやってみろよ」
メ「アレですか!でもアレ結局できませんでしたし…」
タ「大丈夫だ!今のお前ならできる…多分。とにかく諦めるな!」
メ「は、はい!やってみます!」
サ「アレだのなんだの、一体何を話してるんだ、あの2人…?」
メ「僕のこの手が真っ赤に燃える!勝利を掴めと轟き叫ぶぅ!」
サ「!!!!(またやってるー!?つーか、アイツ(タロウ)の仕業か!)」
メ「流派!東○不○が最終奥義!石○!天○けぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!!」
サ「(言っちゃったーーー!?)」
どかーーーーん!!
メ「やりました、教官!(満足げ)」
タ「うむ、さすがメビウス!私の教えは間違っていないようだな!(超満足げ)」
サ「…(いや、色々間違ってるから)」

テ「メビウスっていうかミライ君、どんどん新しい技を使うからなぁ。今度は何にしようか…」
リ「か○は○波だろ」
ジ「アミーゴ、だからそれは色々と…」
リ「だから何がだよ?ハッキリ言えっての!」
テ「…火の玉みたいなメビュームシュートだから、『メビュームバースト』でいいか」
サ「(ああ胃が痛い…労災効くかな…)」

ごめんなさい

621 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 06:51:17 ID:gm6hFWtsO
○ング・○ブ・○ート吹いたwww

622 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 07:36:25 ID:sSs7ES/d0
>620
ブレス○ファイ○ーじゃなくてホッとした
教官が教官だけに

623 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 10:23:46 ID:IUrK2HUX0
>>622
俺もあれみてそう思たw

624 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 10:24:50 ID:sIBJSHRi0
>>619
メナードは地元企業なので、
意外に寛大かもしれませんよっと>ジョージ、サコミズたいちょ

625 :620ちょっとだけ追加:2006/10/30(月) 11:35:05 ID:VmMkiQ7a0
タ「ふう…」
メ「どうしたんですか、教官?」
タ「いや、お前の必殺技なんだが」
メ「それが何か?」
タ「いやな、私だって本当は『マ○ンガーZ』を見せたかったんだ!」
メ「はあ…?」
タ「バーニングブレイブだっけ、あれだって『ブレ○トフ○イヤーーーーー!!』って言って欲しかった!」
メ「きょ、教官…?」
タ「だけどな。1つ壁にぶち当たったんだよ」
メ「壁ですか?(教官は何が言いたいんだろう?)」
タ「ウ、ウルトラマンは…(プルプル)」
メ「ウルトラマンは…?(ゴクリ)」
タ「腕が飛ばないんだよーーー よーーーー ょぉーーーーーーーー(エコー)」
メ「う、腕!?」
タ「そう!腕だ!腕さえ飛んでくれれば…ッ!!」
メ「きょ、教官、とりあえず落ち着いて!」
タ「ちくしょーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」
メ「きょ、教官ーーーーー!?」

サ「(頼むからもう二度と地球には来ないでくれ…)」

626 :アストラ先生:2006/10/30(月) 12:59:41 ID:hUmeOKoe0
セブン「そういえばレオ、最近弟を見ないが?」
レオ「ああ、アストラなら今地球にいます。何でも80に協力を頼まれたとかで」

ギーゴン「何故です阿須野先生!この私の素晴らしき音楽を体育の授業の際流すのに反対とは!」
阿須野「ラジオ体操には、ちゃんと専用の曲があるんです!」
矢的「魏井(ギー)先生は音楽の授業担当でしょう?音楽の授業で頑張ってください」
ギーゴン「納得がいきません!ええい、さあ生徒の皆さん!私の素晴らしいバイオリンを聴いてください!」
矢的「ちょっと!音楽室に戻りなさい!」
阿須野「はい、ほら戻りますよ!大体貴方の音楽はいろんな意味で危ないんですから」
ドラゴリー「いいじゃないか、音楽ぐらい。それとも何か、魏井のバイオリンは駄目だってのか!?」
矢的「駄目とかそういう問題じゃないでしょう!」
ギーゴン「一曲だけ!一曲だけでも!これまで一回も弾かせてくれないじゃないですか!」
ドラゴリー「弾かせてやれよ!阿須虎先生!」
阿須野「そうです私がアスト・・・じゃない、生徒達が見ているんですから!戻ってください!」
ブー先生「お前たちいい加減にしろーっ!ドラゴ先生も魏井先生も校舎に戻れーっ!」
星涼子「大変ですねぇブー先生。はい、のど飴」


627 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 15:23:35 ID:tx44rv1s0
>>603-609
昨日から何度も読み返してるよ。すごいね。
メビウスってか、ミライの微笑が目に浮かぶ。

>焦らなくてよい。
>泣くことはない。無理に笑うこともないよ。
レオらしくて重みのあるいい言葉だよなぁ。
それを言われて、わかんないながらも微笑むメビウスもメビウスらしくて好きだ。

628 :49歳のおばさん:2006/10/30(月) 23:05:51 ID:vKWTe2F/0
ライターの皆様。
とっても楽しく拝見しております。
これからもがんばってくださいね。

629 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 23:40:39 ID:y1h8n6Y30
アニメネタやめてくんない?


630 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 23:47:52 ID:mOf2J2uH0
>>629
おや、アニメネタはお嫌いかい?
俺は結構、良いと思うが。

631 :名無しより愛をこめて:2006/10/30(月) 23:48:55 ID:ZJvwTXhQ0
私は技関係の今回のはおっけー。ネタわかんなくてもなんとなくわかるw
キャラネタは勘弁して欲しい、といったところかな。

632 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:04:43 ID:y1h8n6Y30
>>629
嫌いだな。何と言っても人を選ぶしな。
旧ウルトラシリーズならメビウスと関係あるし
他の円谷作品や同時代の特撮作品も許容範囲だけど。
アニメネタは職人の自己満足が前面に出てちょっとイタイ。
俺の理想言っても仕方ないが過去にあった「秋の再会シリーズ」や
「D4との交流」みたいなやつが好きだね。

633 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:12:11 ID:i5sBIyvAO
う〜ん、確かに一応ウルトラ系スレだから他からネタが出過ぎんのも
あれだねぇ…だからと言って制限すると書き手の
人達のやる気を削ぐかもだし…。

634 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:12:41 ID:yLna6udj0
なんだか荒れてるようだが>>1を見ろ


635 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:14:08 ID:Qa9kCpH+0
>>632
てか、上のは一応タロウの声の人ネタなんだよね。
人を選ぶらしいけど、同世代には通じるし、まあちょっと緩めに見れない?
二期の人だとわりとアニメと特撮近いと思うし。
(最近のアニメとかだとちょっと嫌だけど。)

636 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:14:24 ID:1InrCAWb0
嫌いなネタがあったらスルーすればいいだけでは?
このネタは好き、あのネタは嫌い、なんて好き勝手言ってたら
書き手さんみんないなくなっちゃうよ(´Д⊂)

637 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:15:13 ID:XN4Xtqbi0
じゃあ、次スレから
1つ、アニメネタは十分注意して扱うこと!
とか
1つ、アニメネタは扱わないこと!
とでも入れといてくれ

638 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:19:12 ID:yLna6udj0
テンプレの気に入らないネタはスルーってのが守られてない方が気になる。
今みたいに「あれが嫌だ」とか言いまくってたら書き手さんがいなくなって結局自分の首を絞めるだけになると思うぞ。

639 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:30:35 ID:a0QHmOIo0
ネタスレは、合わないネタには自分で我慢できる範囲なら我慢して
ダメなら黙ってスレから去るのが一般的かな。
長く続いている所はそんな感じ。

640 :1/2:2006/10/31(火) 00:38:55 ID:AK0grwLl0
でも、批判もちょっとは欲しい。
完全否定されると正直きついが、「こうしたほうがいいんでない?」って意見はとても参考になる。
自分はアニメは無知なんで、元ネタを追記ででもわかるようにしてもらえるとありがたいけど、
それを強要するつもりもないよ。わかんなきゃ自分で調べるからね。

そんなわけで>>615の続き

リュウがあの公園にやって来た。
眼下に広がる町並みは平和な明るさに満ちている。
疲れたとき、悲しいとき、初心に帰りたいとき、リュウはこの場所にやって来る。
GUYSに入隊したての頃、組織になじめず落ち込むリュウに、
セリザワ隊長が初めてウルトラマンの話をしてくれたのもこの場所だった。
笑いながら教えてくれた「ウルトラ5つの誓い」、そして…

「ウルトラマンだった人間が正体を明かすときは、地球から去るときだ」

リュウは、ミライがウルトラマンメビウスであることを信じられないでいた。
あれはすべて夢であったのだと思いたかった。
しかし、ミライはGUYSからリュウの前から去っていった。
もう地球にはいないのかもしれない。信じたくなかった。

 −−−−−−−−−
 ちくしょー!俺は何も守れなかった。
 地球を守ってくれたメビウスも、仲間のミライも、なんも守れなかった。
 俺は今まで、いったい何をしていたんだ。
 −−−−−−−−−

長くなるんで分けます。

641 :2/2:2006/10/31(火) 00:44:33 ID:AK0grwLl0
そのとき、リュウの背後にミライが現れた。
気配を感じたリュウはゆっくりと振り返る。
「ミライ…」
瞬間、リュウの目に映ったミライはいつものミライではないような気がした。

 −−−−−−−−−
 いや、俺が気がつかなかっただけで、本当のミライはいつもそこにいたのだ。
 ミライは何も変わっていない。
 いままで、俺が知ろうとしなかっただけだ…
 ミライは多くのことを、人間のこと俺たちのことをわかろうとしていたのに…
 −−−−−−−−−

ミライは静かに語った。
自分は未熟であること、
タロウは自分の教官でタロウならあの敵に立ち向かえるとこ、
光の国に帰らなければならないこと、
そして、ウルトラマンが地球を守る理由を。

ミライの言葉を、リュウはそのまま受け入れることができた。

 −−−−−−−−−
 ミライはウルトラマンメビウス、ともに地球を守ってきた大切な仲間だ。
 たとえ遠くに離れても、心に燃える炎は同じだ。
 −−−−−−−−−

しかし、振り返ったさきにミライの姿はなかった。
ミライはどこへ行ってしまったのか。
「ミライ!俺はまだ、肝心なことをオマエに言ってないんだよ!」


※さて、ここから先はどうしましょう、リュウがミライに言いたかった言葉とは?
※意地でも「ありがとな…」にはしたくないです。

642 :回想のメビウス1/2:2006/10/31(火) 00:49:23 ID:T3ijCndC0
僕は最後の戦いを終え、地球での任務を終えた。
あの激闘から4年たった今じゃ思い出す回数もずいぶんと減った。
先輩たちとは戦いを離れてからはなかなか会えていない。
最後に会ったのはもう1年も前かな。
タロウ教官は筆頭教官として、あいかわらず新人隊員育成に忙しい。
教官の一挙手一投足を食い入るように見つめるルーキーたち。
僕もかつてはあの中にいたんだ。伝説のウルトラ兄弟の教えを受けて。
レオ師匠は地球を離れて、せわしなく宇宙パトロールをしている。
放蕩弟のアストラさんを探し出して王家再興するのが夢だそうだ。
80先生はユリアンさんとの間に子どもが生まれたようで
オメデトウというか、なんというか‥‥がんばって下さい。
ヒカリさんは光りの国に戻って念願だったヒカリ通信研究所を開設。
今でも僕と絶賛交信中、共に戦った中だし、遠距離交友というやつだ。

643 :回想のメビウス2/2:2006/10/31(火) 00:50:32 ID:T3ijCndC0
マン先輩は航空事業で大成功を収めている。本当に地球が好きなようだ。
エース先輩はの神戸のホテルを離れ、東京の一等地に小さな店を構え
なんとシェフをやっている。頭頂部はもう完全にハゲた。
何があったか知らないけれど、大都会でぜひ一旗揚げてほしい。
セブン先輩は神戸でジープころがしてる。ジャック先輩の
レーシング場に乱入しては、ジャック先輩を困らせる
おちゃめな先輩だ。牧場経営も上々のようで、時々レオ師匠が
仕事を手伝いに来ている。うらやましい師弟関係だ。
それともう一人リュウさん‥‥‥彼は今、刑務所の中だ。
まあウルトラマンに関わった人間にはそうした悲劇に襲われる
ことも珍しくは無い。でも僕は信じている。リュウさんの無実を。
そして僕は今‥‥
いろいろあってまだ地球に残っている。
日本にはまた新生GUYSが誕生した。メンバーは知らない。
トリヤマさんは僕にあれこれすがってくる。気持ちは分かるけど
やはり地球は地球人のやりかたで守るべきだ。
僕はあれから一度も変身はしていない。
‥‥でも、リュウさん。僕は最近思うんだ‥‥
また公園で一緒にカレーやサンドウィッチが食べたい。

644 :タロウ超獣軍団:2006/10/31(火) 00:57:07 ID:bkwJteeY0
オイルドリンカー(以下オイル)「で、俺たちは蚊帳の外に追い出されたわけだが」
改造ベロクロン(以下改ベロ)「なんかでっかい作戦成功させないと、立場無くなっちまうぞ」
改造サボテンダー(以下改サボ)「・・・なあなあ、俺ちょっと思いついたんだけど」
改ベロ「なんだよ」
改サボ「本で読んだんだけれどさ、人間どもは石油が無いと生活できないらしい」
改ベロ「ふむふむ」
改サボ「で、だ。石油の原産地に攻撃を仕掛けて、輸出を滅茶苦茶にしてしまおうじゃないか!」
オイル「そしたら俺はなにを食えば良いんだよ、石炭か?」
改ベロ「バカ、現地でたらふく食えばいいじゃねえか」
改サボ「どうだ?嫌がらせとしてはかなりのレベルじゃないか?」
オイル「おう!よし、早速異次元移動で攻撃をしようじゃないか!」
改ベロ「ヤプール様も大喜びしてくださるぜ!」

『夕方6時のニュースです。本日内戦が悪化していた○○国と、××国の交戦地帯に超獣が出現しました。
超獣は咆哮をあげ、あちこち歩き回った末に消えましたが、両国は状況を深刻視し、和平条約を結び超獣への警戒を強めると発表しました』
オイル「おい、石油基地はどこだ!」
改ベロ「ちゃんと世界地図持ってきたんだろ、改サボ!」
改サボ「買ったよ、キオスクで。ちょっと小さいけど」
オイル「それ福井市の路面地図じゃねえか!」
改ベロ「それ以前に石油基地ってどの国にあるんだよ!?」


645 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 00:59:00 ID:Qa9kCpH+0
一番まともなのが世界地図って、、、可愛いな(*´∀`)♥

646 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 01:29:00 ID:gllNOZd10
キオスクwwww

647 :負けるなT超獣軍団1/2:2006/10/31(火) 07:07:16 ID:rWMtMyLD0
地底深くに鎮座している円盤内――
オイル「・・・前回の作戦は、見事に失敗したわけだが」
改ベロ「石油基地どころか、まともな町すら無かったぞ」
改サボ「やっぱインターネットで調べるべきだったかなぁ。パソコン高いんだよなぁ」
オイル「改造ヤプール様は新しいベムスターさがしにいったまま帰ってこないし」
改サボ「まさか食われたなんて事は無いよな」
改ベロ「よお、今度は俺がちょいとしたアイデアがあるんだが」
オイル「何だよ」
改ベロ「最近な、ベロクロン2世さんから聞いた話だと、人間の男にはツンドラとかいうものに弱い奴らがいるらしい」
オイル「ツンドラ?怪獣か何かか?」
改ベロ「知るかよ。でな、ガラン先輩も良くツンドラの情報収集のためにツンドラカフェに出かけてるらしいぜ」
改サボ「カフェ?カフェに怪獣がいるのか?」
改ベロ「おう。カネゴンみたいなもんだろ。ガランさんは良くそこで人間の欲望や怨念の情報を調べてるらしいぞ」
オイル「なるほどな、嫌がらせにはまず人を知ることからか。よし、俺たちも行ってみようか」
改サボ「また人間に変身か・・・窮屈なんだよなぁ・・・」


648 :負けるなT超獣軍団2/2:2006/10/31(火) 07:08:17 ID:rWMtMyLD0
オイル「本当にここで合ってんのか?」
改ベロ「ベロクロン2世さんから聞いた住所はここなんだけどな」
改サボ「俺、なんか入るの恥ずかしいよ」
改ベロ「ええい、怯えるんじゃない!嫌がらせのためだ、行くぞ!」
オイル、改サボ「おう!」
10秒後
オイル「何だよあの店員は!俺らが始めて暴れた時、あんな奴らいなかったぞ!」
改サボ「いきなり、ハァ??何しにきたの、だとぉ(号泣)!大体ツンドラ怪獣なんていないじゃないか!」
改ベロ「駄目だ、おい、別の作戦を考えよう!行くぞ、急げ!」
オイル「おい、改サボの奴がこけたぞ!」

ベロクロン二世「(電話中)あー、マジ?うん、じゃあなー」
マッハレス「今の電話、誰?」
ベロクロン二世「ガラン」
マッハレス「あいつ、何て?」
ベロクロン二世「なんかさ、カフェで原稿仕上げてたら改ベロたちが来て、店ん中見て店員に挨拶されたら逃げ帰ったって」
マッハレス「この前の内戦地域の事と言い、なにやってんだあいつら」


649 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 12:07:03 ID:hdGKZH7u0
>>647-648
ちょw ツンデレww

650 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 12:56:51 ID:AtTWNGd90
>>647-648
彼らの人間体が見てみたいw

マッハレスとベロクロン二世って着ぐるみ流用だっけ?
狙ってますな職人さん。


651 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 19:49:49 ID:uavxK4Pi0
恐ろしく亀ですが。>>618のネタを書いた者です。
覗いてみたら少し問題だったようなんでお詫びを。
思いつきでネタ投下してしまったのでスレの流れを壊してるなと反省してます。
>>629の人、書き込みはしなかったけどスルーしてくれた人たち、不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした。


652 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 20:04:01 ID:z1h+V8Oj0
あやまることないさ。面白かったよ。
うまく書けてりゃオールオッケーさ。
好き嫌いあるのはしゃあないし、あんたのせいじゃない。

653 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 20:07:11 ID:yLna6udj0
問題なのはテンプレに書いてある「気に入らないネタはスルー」って最低限のルールを守れない方なんだから気にしなくていいよ。


654 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 20:16:55 ID:6hZxIbll0
>>641
オレ的には「ありがとな」、が一番しっくりくるんだけど…。
うーむ、それ以外で、か。

1、「俺らは仲間だからな、これからも、ずっと。わすれんな!」
2、「強くなって帰って来い!待ってるからな、オレも皆も!」
3、「お前の故郷でもある地球は、オレ達が守ってみせる!」
4、「ウルトラ5つの誓い!ひとつ!〜」

    あかん。俺には文才がないようだ…。職人にはなれそうもない。ぶち壊してたらごめんよorz
 でも、一つのシチュエーションの続きを皆で考えるってのも面白いかもww

655 :不思議の町の超獣軍団1/3:2006/10/31(火) 20:36:38 ID:YVfFKrKZ0
でっかい作戦を実施すべく、ツンドラカフェに突撃、玉砕した
オイルドリンカー、改造ベロクロン、改造サボテンターのタロウ超獣軍団。敵地より逃走した数分後――
オイル「おい、改サボの奴どこ行った?」
改ベロ「あいつ迷子になりやがった!」
オイル「どうする、探しに行くか?それとも、この駅で待つか?」
改ベロ「でも二次遭難しそうだしな・・・おい、見ろよこれ」
オイル「あん?何だこれ?」
改ベロ「床の上にアニメの広告があらぁ。踏んじまえ、この、この」
オイル「ゴミで汚しちまえ、鼻毛描いちまおうぜ」
通行人「何やってんだ、お前ら!」
オイル「やばい、逃げろっ!」
五分後
改サボ「ひい、ひい、酷いや、オイルも改ベロも置いてくなんて・・・誰もいないし。しゃあない、先に帰るか」

オイル「おい、ここどこだよ!何だよ、周りの奴らは!何で頭に耳が生えてんだよ!」
改ベロ「改サボーッたすけとくれーっ」


656 :不思議の町の超獣軍団2/3:2006/10/31(火) 20:38:05 ID:YVfFKrKZ0
オイルと改ベロをあっさり置いて、電車で帰宅中の改造サボテンダー。
改サボ「あーあ、今日の夕御飯何にしようかなぁ・・・焼き鳥が良いなぁ・・・」
酔っ払い「ふざけんなよ、手前!なに見てたんだって言ってんだよ!」
女性「・・・何も見てません」
酔っ払い「ああ?聞こえねーッつってんだよ!」
改サボ(何だアイツは!嫌がらせをして良いのは改造ヤプール様だけだとヤプール様が決めたのを知らないのか!)
酔っ払い「目を見て話せよ、このア・・・」
改サボ「ちょっと、オッサン。やめろよ、怖がってるだろうが」
酔っ払い「あんだと・・・(グイッ)あ、すいません、摘み上げないで。御免なさい御免なさい」
改サボ「御免ですみゃあ警察はいらねーんだよッ・・・逃げやがった」
女性「あの・・・すいません、有難うございます」
改サボ「あー、いえいえ(うわあ、良く見たらこの人も変な服着てるよ!)」
女性「あの、お礼をさせていただきたいので住所と電話番号を教えてもらっても良いですか?」
改サボ「え?あ、はいはい」

ヤプール1「遅いわね・・・あっ、何をしていたの!もう患者さん来ているのよ!」
ヤプール4(メイド体)「ごめんなさいですぅ。電車で・・・(説明)」
ヤプール1「へえ、素晴らしい人間もいたものね。私達の援助者って訳ね」
ヤプール2「お礼・・・・・・礼儀・・・」
ヤプール4「もちろんするですぅ。で、どんなのが良いんでしょう?」
ヤプール1「私に任せて!人間についての研究の成果、見せてあげる!」


657 :不思議の町の超獣軍団3/3:2006/10/31(火) 20:39:25 ID:YVfFKrKZ0
オイル「このヤロー!」
改サボ「痛い痛い痛い!」
改ベロ「俺たちを見捨てて呑気に焼き鳥なんか食いやがって!」
オイル「俺達がどんだけ怖い思いしたと思っているんだ!・・・で、それなんだ」
改サボ「ああ、電車で助けた人が送ってくれたんだよ」
オイル「へえ・・・箱になんか書いてあるぞ・・・はーめす?」
改ベロ「(バリバリ、ボリボリ)あんま美味くねえぞ、これ」
オイル「何だよ、不味いのかよ」
改サボ「なんだぁ」
改ベロ「それよりよ、ヒヨコビスケット買ってきたからこっち食おうぜ」
オイル「紅茶飲もう、紅茶。湯のみどこだ?おい、これ邪魔だ!」
改サボ「箱に入れて仕舞っとくよ。このヒヨコ美味いねぇ」
改ベロ「改サボ、お前頭だけもいで食ってんじゃねえ!」
オイル「そういうお前は頭だけ残しながら食べてるだろ」
改サボ「改造ヤプール様、今どこにいるんだろうねぇ」


658 :メビウスのスランプ1/3:2006/10/31(火) 21:08:20 ID:yLna6udj0
休日になにやら少し落ち込んだ様子でウルトラ公園を歩いているメビウス。
公園を歩いていると、同じように落ち込んだ様子でベンチに座っているボーイを見つける。

メ「君は確か、宇宙警備隊員養成所の幼年部のボーイ君だったね。なんだか元気が無いけどどうしたの?」
ボ「メビウスさん。周りのみんなは上手に空が飛べるのに、僕だけ上手く飛べないんです」
メ「そっか。それは辛いよね・・・実は僕、スランプなんだ」
ボ「えっ、メビウスさんが?」
メ「僕は今、隕石群を敵の攻撃に見立てて高速でつっきる訓練をやってるんだ。最初はうまくいってたんだけど、6日前に油断して最後の1個に正面衝突しちゃったんだ。それから上手く行かなくなっちゃって」
ボ「それはどういうことなんですか?」
メ「うん。ぶつかってから、隕石群を前にするたびに体が縮み上がって思うように動けなくなるんだ。
タロウ教官は「訓練生なら誰でも一度は経験することだから気にすることはない」って言ってくれてるんだけど、僕見ちゃったんだ。僕を訓練カリキュラムから外そうとした大隊長にタロウ教官が頭を下げてる所を」

タ「大隊長!メビウスを訓練カリキュラムから外すのはやめてください!」
父「そうは言っても、まともに空を飛ぶことすら出来なくなったものをこれ以上訓練カリキュラムに入れておくわけにはいかない」
タ「メビウスは、訓練生として一番大事な時期なんです。ここで突き放したらメビウスは立ち直れなくなる。1人の有望な新人を潰すことは大隊長といえど許されないはずです」
父「タロウよ。おまえの言い分もわかる。だがメビウスが立ち直れなかった場合は、どうするつもりなのだ?」
タ「そのときは・・・私が責任を取って宇宙警備隊をやめます」

659 :メビウスのスランプ2/3:2006/10/31(火) 21:19:57 ID:yLna6udj0
メ「タロウ教官はウルトラ兄弟の1人として地球で立派に戦ってきた戦士なんだ。それが、僕のために宇宙警備隊を去ることになるかもしれないんだ」
ボ「そうだ。メビウスさん!僕と約束してください」
メ「え?」
ボ「僕も一生懸命空を飛ぶ練習をするから、メビウスさんもスランプを脱出するためにがんばってください!」
メ「う・・・うん。いいけど・・・」
ボ「それじゃ、僕早速空を飛ぶ練習をしますね」
メ「がんばって」

数日後

メ「後輩の手前、あんな約束しちゃったけど、今日もダメだった・・・ひょっとして才能ないのかな。あれ、なんだか向こうの方が騒がしいぞ。(物陰から覗き込むと、そこには全身傷だらけになりながら空を飛ぶ練習をしているボーイが)」
クラスメート1「ボーイ、もうやめるんだ!」
ボーイ「大丈夫!僕は大丈夫だから」
クラスメート2「そんなこといったって、怪我だらけだよ?」
ボーイ「このくらいの怪我どうってことないよ。たぁっ!(空を飛ぶが体がうまくコントロールできずに壁に頭から突っ込む)いたっ!」
クラスメート3「頭に大きなタンコブができてるよ!早く保健室にいこうよ!」
ボーイ「こんなタンコブくらいへっちゃらだよ!だってメビウスさんは、恐いのを我慢してもっと大変な訓練を続けてるんだ。ここで僕が音を上げたらメビウスさんに合わせる顔がないよ」
メ「(ボーイはあんなにがんばってるのに、今まで僕は何を考えていたんだ?!今から訓練を始めよう!)」




660 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 21:23:00 ID:TsOuTLvS0
>>658
最後は私をみくびるな!
とか言ってお父様に立ち向かってほしいw

661 :メビウスのスランプ3/3:2006/10/31(火) 21:32:01 ID:yLna6udj0
数日後、タロウ教官が見守る中、全身傷だらけのメビウスが隕石群を高速飛行していた。

タ「いいぞ!メビウス!ゴールはもうすぐだ!」
メ「はい!(ボーイだって今頃がんばってるんだ。だから僕もがんばらないと!)」
順調に隕石を避けていたが、最後の最後で巨大な隕石がメビウスの目の前に現れる。
激突の恐怖が蘇り、スピードを落とそうとしたメビウスの脳裏に傷だらけになって空を飛ぶ練習をしているボーイの姿がよぎる。
メ「ここで逃げちゃダメだ!うおおおおおおお!!!!!」
さらにスピードを上げ、巨大隕石をギリギリのところで避けるメビウス。

メ「やった!やったぞ!」
タ「メビウス、よくやった!君ならできると信じていたよ」
メ「タロウ教官のおかげです」
タ「それはそうと君に小さなお客さんが来ているよ」
全身傷だらけのボーイが空を飛んでやってくる。
ボ「メビウスさん、遂にスランプを脱出したんですね!」
メ「あぁ。君のオカゲだよボーイ。君がずっとがんばってる姿を見たから僕も勇気が出せたんだ」
ボ「そんな、照れるなぁ。僕だってがんばってるメビウスさんを見たからがんばれたんですよ」
タ「よし!2人とも今から宇宙お好み焼きでも食べに行こうか。私が奢るぞ!」
メ&ボ「やったー!ゴチになります!」

662 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 21:39:11 ID:zW/GwKhA0
>603
切なくなる話ですね。やっぱジープが付いて回るか。

>658
グッジョブ!いい先輩と後輩ですね。
ボーイ好きだからよけい嬉しい。

663 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 21:53:44 ID:h40MXv6t0
>>655-657
これは笑えるw
もう1つの世界観ができあがってるなwww

664 :ジープ。:2006/10/31(火) 22:03:33 ID:Qa9kCpH+0
タロウ「あんまりジープジープとしつこいので、ジープ買っちゃいましたー」
メビウス「わー、可愛いですー(人間サイズなもんで)」
レオ「俺のせいじゃないでしょうがっ」
タ「煩い、特訓受けた時点で同罪だ」

レ「(なにその理不尽ーっ)」
タ「というわけでだ、メビウス、今度一緒に山行こうな」
メ「でも、僕ではこのサイズに乗れませんよ?」
タ「まだ人間体ないんだね、適当に用意しておきなさい。僕より若く(力説)」

レ「(乗る、乗るって...orzしくしくしく)」

タ「それとも水辺、海岸線とかもいっかなー」
メ「遊びに行かれるんですか?」
タ「うんうん、大丈夫、ちゃんと演習もするから」

でもタロウって運転荒そうです( ´∀`)メビウスハヘイキカモw

665 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 22:08:43 ID:heK1bF/mO
個人的に超獣軍団シリーズが熱すぎるw
つか何でも食べちゃう改ベロに(*´д`*)ハァハァ

666 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 22:58:14 ID:xTSVoM1z0
とあるサイトのチャットルーム内
――改サボテンさんが入室されました。
改サボテン:相談なのですが、とある女性を助けたら贈り物をされました。見ず知らずの人なのに、どうしよう。
引き裂き屋:お礼の電話でもすれば?
ミサイル先生:直接尋ねるってのは?
バイオリニスト:音楽で気持ちを伝えるべきです!
騒音ギラー:音楽反対!騒音賛成!
バイオリニスト:貴方には芸術的感性が無いようですね。音楽です、音楽が一番!
くのいち:別に、気持ちとして受け取ってれば良いじゃない。御礼とか考えないで
石油:手前、俺たちを差し置いて何パソコン独り占めしてやがるんだ,ネットカフェ代払えバカ
ミサイル先生:えっ!?誰?
新型ミサイル:俺だよ、俺!
改サボテン:あの、僕はどうすれば良いんでしょうか
くのいち:あのさ、ここエースと戦った超獣専用サイトでしょ?アンタたち誰?
――石油さんと新型ミサイルさんと改サボテンさんが退室されました。
石油:おれはまだ残っていR
――石油さんが退室されました。


667 :名無しより愛をこめて:2006/10/31(火) 23:12:27 ID:wBj9xE910
電車超獣wwwこれは是非シリーズ化してもらいたいw

668 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 00:41:06 ID:x7pkwAfE0
アニメネタは関連があればOKだが関係のないもの(618のやつとか)
はちょっと・・


669 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 00:42:09 ID:KzgYpNda0
>>668

>>1


670 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 00:43:49 ID:0l82kbdR0
>>668
つーか、その基準ですら声優ネタだってば。

671 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 00:47:02 ID:x7pkwAfE0
別にテンプレのルールなんて関係ないね。
兎に角アニメネタ禁止な。
質の低下に繋がるよw

672 :電車超獣・再会編1/2:2006/11/01(水) 00:49:23 ID:4VeIiZWY0
騒音ギラー:で、あの改サボテンはどうしたんだよ
彫刻家:家で泣いてたりして
バイオリニスト:暗い気持ちを落ち着かせるには音楽が
ミサイル先生:また来たらどうするよ
バイオリニスト:ちょっと、まだ言い終わってないのn
――改サボテンさんが入室されました
引き裂き屋:おや、ようこそ。で、どうした?
改サボテン:とりあえず、電話しようと思うんだけれど。貰った品物の名前が分からないです
彫刻家:書いてみてよ、分かるかも
改サボテン:H、M、S
騒音ギラー:何だこりゃ
改サボテン:御免、これ以外食べられちゃった
ミサイル先生:食べられたぁ!?
バイオリニスト;戴いたのは、どんな品物なんですか?
改サボテン:多分、食器だと思う。もう取っ手しか残ってないけど
引き裂き屋:しかし、食べられたって・・俺も魚素手でさばいた事あるけどさ、食器食ったことは無いな
彫刻家:貰った経緯教えて、貰った経緯!そっちの方が大事だ!
改サボテン:はい、いまからせt
騒音ギラー:おい、どうした

オイル「・・・お前、今月の電話代いくらか知ってるか?万超えてんだぞ。万!」
改サボ「だからってコードを引き千切る事無いだろ!」
改ベロ「あーあ、モニターが火ぃ吹いてるぜ。ウルトラバッジ密林で注文しようと思ってたのに」


673 :電車超獣・再会編2/2:2006/11/01(水) 00:51:14 ID:4VeIiZWY0
改サボテン:すいません、パソコンがぶっ壊れました。ネットカフェからお邪魔します。
クロバト小次郎:おう!どんどん邪魔してくれ!
改サボテン:ええと、再会しました。その日の事を話します――

改サボ「何で俺が新しいパソコンを・・・あぁ?」
メイド(ヤプール4)「メイド歯科Q医院、この近くですぅ、よろしくお願いしまぁす」
改サボ「わっ、げっ、ど、どどどうしよう」
メイド「あっ・・・・!(トトト)」
改サボ(こっち来る、こっち来る、どうしよう逃げなきゃどこへ地平線アラスカシベリアゴルゴダ星――)
メイド「あ、あの、この前はあ、あ、(えいい、言葉をいうです、動くです、私の口!)」
改サボ「いや、あの、お礼の品物有難うございました(何だこの人は、この服が普段着なのか!?)」
メイド「あの、都合がよろしければ、その、お茶――んっ?」
改サボ「・・・何だ?歌声?」
改ベロ「タローウッ!」
オイル「ウルトラマーン、ナンバースィックス!」
改サボ「ちょ、ちょっと場所変えよう!」
メイド「すごいです、あの人達本業の人達ステージから蹴り落としたですよ、今」

クロバト小次郎:あ、俺そいつら見た。警備員に土下座してたぜ
改サボテン:顔から火が出るなんて、人間だけの体験だと思ってました


674 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 00:59:37 ID:yjzodegO0
新型と石油、絶対状況わかってて邪魔してると思う。

675 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 01:37:18 ID:yz+X1sWM0
>>671
それは書き手の判断にゆだねるべきところ。
その上でアニメネタが嫌ならば、個人の判断でスルーしろ。
テンプレのルールが守れないのならせめて傍観しとけ。

676 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 01:45:16 ID:RwNC0n3u0
>>675
>>671のタイプには何言っても無駄だってば。
『テンプレルール関係ない』なんて言っちゃってる時点で
他者と話し合おうと言う姿勢棄ててんだから。

真性の厨房か釣り師のどっちかでしょ、この手合いは。
スルー推奨

677 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 01:47:06 ID:yz+X1sWM0
>>676
G.I.G

678 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 02:22:05 ID:x7pkwAfE0
兎に角アニメネタは知ってる人の方が
圧倒的に少ないんだから遠慮すべきだな


679 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 03:45:40 ID:g1JoezOq0
>>666
石油とベロ2自重しろwwww

680 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 10:02:35 ID:iM1J+jQR0
641> 「逢えて良かった」とか。 


681 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 13:11:43 ID:D8hqwupwO
このスレのタイトルを考えた前スレ934だ!!
お前ら、タイトルに負けないようにちゃんと悲しみの無い世界で行けよ!!
このスレは特撮板の良心とも言うべきスレなんだから
荒れるなんてもってのほかだ!!
PS.職人さん達、これからも良い作品を書いてってくれ!!

682 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 14:00:03 ID:Af97tSun0
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1151938684/122

683 :それゆけT超獣軍団1/2:2006/11/01(水) 18:42:33 ID:CpBMo72A0
オイル「どうだ、俺様の今日の角の輝きは!」
改サボ「スゴイヨ、オイル、キレイダヨ!トテモ、カマセイヌトハ、オモエナイネ!」
改ベロ「わはははは、今日は、はーめすの残骸を朝飯にしてやった!」
改サボ「サスガダネ!ソノイブクロニハ、ツイテイケナイヨ!」
オイル「・・・・・・」
改ベロ「・・・・・・」
改サボ「・・・・・・」
オイル「なあ、いくら改サボが戻らなくて寂しいからって、こんな遊びするこたねえよな・・・」
改ベロ「虚しすぎるよな・・・・改サボの全身写真ベニヤに貼って交代で台詞言うなんて」
オイル「つーかよ、何で俺ら円盤に引き篭もってんだ?あいつがいなくても超獣軍団なんだ!何かやろうぜ」
改ベロ「そうだな。つーかさ、なんで今までの作戦上手く行かなかったんだ?作戦的にはよかっただろ、石油作戦とか」
オイル「そうだな。改サボの馬鹿がキオスクで福井市の地図買って来なければな」
改ベロ「ツンドラ作戦だってさ、なんで俺たち迷子になったんだっけ」
オイル「改サボのバカが迷子になったからだよ!」
改ベロ「よし、あいつ抜きで今度こそ石油輸出妨害作戦を決行に移そうじゃないか!」


684 :それゆけT超獣軍団2/2:2006/11/01(水) 18:43:53 ID:CpBMo72A0
――石油さんと新型ミサイルさんが入室されました。
≪シャットアウト!≫

オイル「おい、俺たち進入禁止にされたぞ!」
改ベロ「俺たちが何やったっていうんだ!超獣差別だ、訴えてやる!」
オイル「あーあ、せっかく石油の原産地の場所を聞こうと思ったのに」
『石油の原産地、サウジアラビアでは石油基地を狙うテロリスト対策として――』
オイル「・・・・・・」
改ベロ「・・・な、テレビ買って良かっただろ?」

――サウジアラビア
オイル「よおーし!前のように無計画にもとの姿にはならないぞ!」
改ベロ「おお!あ、見ろ。御巡りさんだ。道を聞こうじゃないか!」
オイル「俺に任せろ!ヘイ、ミスター!ギブミー石油基地!」

『本日、石油基地をくれと言い放った二人組を警官が攻撃、二人組は超獣に変身、空港を破壊して逃走しました。死傷者はありません』
オイル「ヘイ、ミスター!ミスター!アイム旅行者!ノー攻撃!ノー攻撃!」
改ベロ「おい、お前飛行機を蹴っ飛ばしてるぞ!」


685 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 21:43:57 ID:nb88JV2W0
まだ気が早いが、次のテンプレには「1つ!それでも気に入らないネタだからといって文句を言ってる奴はスルーすること!」でも追加した方がいいと思う。

686 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 22:04:12 ID:h5rJ4Oip0
アニメアニメ言ってる奴はヤプールに憑依された工作員だから、スルーが吉。

687 :ジープ。2:2006/11/01(水) 22:07:13 ID:0l82kbdR0
>>664の続き

――ききっ

光太郎「おーい、レオ、それともゲンのがいい?」
ゲン「どっちでもいいですが、、、誰ですかその子は」
少年「こんにちはー」

光「見てわかんないのか? メビウス」
ゲ「手足の短い少年体にしてどうするんですかぁぁぁっ?!」
光「だってどいつもこいつも可愛げなくてさぁ」

ゲ(どっから突っ込めばいいんだろう、この人...orz)

光「今日のは異なる環境への適応訓練だから別にいいんだよ。一日で水、砂地、
 山と廻るからちょっとハードだけど、そればっかりに拘られても困るしね」
メ「でも別に、子どもの体であるメリットはないんですよね」
光「まあ難易度くらいは上がるかなってところだよね、ほれ乗れ」

688 :ジープ。3:2006/11/01(水) 22:08:02 ID:0l82kbdR0
メ「はい、水です、大丈夫ですか」
ゲ「ありがとう...orzうぇっぷ」

光「なんだい、一人だけ、情けない」
メ「でも教官、僕のこの擬体の三半規管は未完成です。ジープの操縦をされた
 教官はいわば揺れの原因そのものですから酔われなくとも道理です」
光「メビウス、ジープは運転」
メ「うんてん」
光「字はこんな、ちょっとややこしいからあとで書いて見せるよ」

ゲ「なんか頭いいんだなぁ、メビウスは」
光「そうなんだが、どうも抜けているところがあるというか、、、」
ゲ「そりゃ、実体験ではないんだから仕方がないのではないですか」
光「いや、それはそうなんだが、なんだか物の見え方が違うというか。うーん」

とりあえずここで〆ます、長くてすみません...orz

689 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:05:02 ID:t/ygiurY0
1つ、メビウス及びウルトラシリーズ以外のネタを用いる時は
極力関連のあるものを選ぶこと!
1つ、他人のネタに文句をつける前に、1つでも多くネタを
書き込むこと!
もついでに追加してくれ>次スレ建てる人

690 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:09:15 ID:g1JoezOq0
関連のあるものなんてあるのかよw
つまり他シリーズと絡ませるなら特撮だけにしろって?

691 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:11:06 ID:0l82kbdR0
そりゃ、中の人ネタとか同時代ものとか。
メビウス本篇でオマージュやってる分とかじゃない?

692 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:20:58 ID:g1JoezOq0
そういうことか。でもメビウス本編で他作品のオマージュやってたのなんてあったっけ?

693 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:22:51 ID:0l82kbdR0
もともと円谷だった気がするけど、GIGの元ネタとか。
あと、わりと地味だけどクウガかなぁ。これはもともと特撮だけど。
アニメ知らないからわからん。

694 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:31:09 ID:1jaTe0ZG0
オマージュやってても、わからん人には分からんじゃん。
言い出したらキリがないんで、
基本は『宇宙警備隊員養成所』だってことだけを踏まえて、
少々の逸脱には目をつぶろうよ。

695 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:31:29 ID:g8j9ZnxY0
>>693
「GIG」って返事は最初聴いたとき英国特撮「キャプテンスカーレット」の
スペクトラムでやってた「SIG」のパクリ?かと思ったけど
(だって意味もそのまんま「Supectlum is Green」の略だし)


696 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:34:30 ID:g1JoezOq0
>>693
クウガネタなんてあったっけ?放送日は必ず本スレ見てるが気付かなかった・・・

697 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:40:34 ID:yz+X1sWM0
あまり制約多すぎても書き手が困るから、書き手の判断にゆだねようよ。
てか合わないのだったらスルーすればいいだけのこと。

698 :名無しより愛をこめて:2006/11/01(水) 23:58:58 ID:GL+TYyD10
まぁあれだ。
ネタに注文つけてるのが、西村博之その人であるならば、
従わないでもないけどな。

699 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 00:36:38 ID:BoH/bsAu0
人間体の髪型予想

改ベロ:真っ赤なドレッド
改サボ:黄色いウニ頭
オイル:レニングラード・カウボーイズ

700 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 03:26:39 ID:5W3WRfgj0
>>699
なにその北斗の拳の悪役w。

701 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 08:56:54 ID:VS5CuFPVO
メビウス「どうしたんですか?落ち込んでるみたいですが…」
ジョーニアス「僕のアイデンティティは本来…いや、なんでもない(泣)」

702 :GUYSのお宅訪問:2006/11/02(木) 10:16:13 ID:VccxDzhLO
円谷プロ入り口

リュウ「ここが円谷プロか」
テッペイ「円谷プロ。40年前、はじめて地球に
ウルトラマンが現れた時からその姿を追いつづけ
沢山の人たちに夢と希望を伝え続けた会社です。」
マリナ「ジョージもその一人ってわけね。」
ジョージ「ああ!その通りだ!
仕事とはいえ、こんな場所に来れるなんて……!
GUYSに入って、本当に良かった……!」
マリナ「子供ねぇ」
コノミ「ずいぶん大きな建物ですねぇ」
テッペイ「10年ぐらい前に、建てかえたらしいですよ
それまではまたずいぶん古めかしい感じの会社だったみたいです」
コノミ「ふ〜ん…」
リュウ「じゃ、行くとすっか!
気合い入れてこうぜ!」
ジョージ「しゃあっ!!!」
マリナ「やれやれ……
とりピーの考える企画ってやっぱりどこか抜けてるわねぇ」
ミライ「………(円谷プロを透視中)」
コノミ「どしたの?ミライくん」
ミライ「あ、いえ。なんでもないです
さ、僕達も行きましょう」
コノミ「うん!」



ミライ(この建物、作りの割には
地盤や骨組みが脆い感じがする…… 大丈夫かな……)

703 :GUYSのお宅訪問2:2006/11/02(木) 11:00:06 ID:VccxDzhLO
円谷プロ内

リュウ「ぁ、あの、俺たち……」
受付「はい。ようこそお越しくださいました
本日、我が社を見学のGUYSジャパンの方々ですね」
ミライ「凄いですね!僕達が名乗る前に分かるなんて!」
受付「は、はぁ……」
ばしっ
ミライ「イタッ」
リュウ「バカ、俺たちの格好忘れてんのか!
誰が見たって分かるだろうが!」
ジョージ「良かったらこの後お茶でも……」
受付「は、はぁ……」
マリナ「ジョージっ!! こんな所で何やってんのよ!」
コノミ「みんな喧嘩しちゃだめ〜〜〜〜!」
テッペイ「すいません、いつもこうなんです……」
受付「フフ…面白い人達なんですね。
みんな凄く仲が良さそう…」
テッペイ「そう言って頂けると助かります」
受付「こういう人達だから、地球を守っていけるんですね」
テッペイ「壁も多かったですけどね」
受付「そう、こういう人達だから……」
ジョージ「あったまきた!! リュウ!!
今日こそお前の顔面に流星シュートを撃ってやる!!」
リュウ「おぉ!! やってみやがれ!!」
ミライ「なんでリュウさんとジョージさんが喧嘩してるんですか〜〜〜っ!」
コノミ「喧嘩しちゃだめ〜〜〜〜!」

受付「たぶん……」
テッペイ「…………」

704 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 11:25:24 ID:VccxDzhLO
ひとまず休憩。
ネタがある人いたら先に投下してください。

705 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 13:29:04 ID:2Tvd3UQF0
>678
嫌なら脳内スルーか専ブラ使ってアボンすればいいのに・・・
頭がカワイソスな人?(´・ω・`)

706 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 13:36:31 ID:2Tvd3UQF0
ゴメンリロしてなかった・・orz


707 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 14:56:12 ID:CUX/OEnQ0
あ、じゃぁ割り込み失礼。
641です。>>654 >>680ありがとう。
後出しでスマンけど、リュウに台詞を叫ばせて641のシメにしようと思ってたんで。
たぶん「ありがとな」が脚本的には正解なんどろうけど、かなり以前にコノミが振ってるし、
30話シメのモノローグも「ありがとな」なんで、ここではちょっとひねりたかったのよ。
最初の考えではオチつける予定で、
リュウの叫びを聞いてミライが戻り「何ですか?」→リュウのセリフでオチ。
でも、どうも自分はセンスないんだな。で、ああいう形にしちゃった。

今更だけど、自分で考えたの候補はこんな感じ。
「サンドイッチのデートは惚れた女とするもんだ!ナニ勘違いしてやがる」
「俺に文句言われっぱなしでいいのかよ〜オマエも文句言いやがれ!」
「ありがとうぐらい言わせてくれたっていいじゃないか!」
「別れの日には『また会おう』って握手して分かれるもんだって、あの星で教わらなかったのか!」
「バカヤロー!」

>>654>>680のほうがいいような気がしてきた…orz。ありがとな。

708 :積年の想い 1/5:2006/11/02(木) 17:24:38 ID:8AaL4H320
タロウ放送終了時

母「・・というわけでタロウは地球に残ると言ってきかないのです」
ゾフィー
「仕方・・ないですね。しかし地球と言うのは魅力的な星なのでしょうね。
 地球で任務した兄弟たちは、皆、帰るのを渋りますw」
母「ありがとう、ゾフィー」
ゾフィー
「しかし、宇宙に危機が訪れたとき、タロウの力が必要な時は、
 ウルトラサインを送ります。その時は・・・・」
母「ええ、その時は私もウルトラの星に帰還するように説得します」
ゾフィー「ありがとうございます。ところで母、その手に持っているハコは?」
母「タロウから預かってきました。兄さん達へのプレゼントですって。地球の嗜好品だそうですよ」

ゾフィーはハコを受け取って書いてある文字を読んだ。

ゾフィー「コーヒー・・・メーカー・・・ですか?」



709 :積年の想い 2/5:2006/11/02(木) 17:25:19 ID:8AaL4H320

ゾフィー
「説明書はこれかな?なになに・・1、フタを開けて水をセットする
 水・・・H2O?・・ウルトラ水流の水でも良いのかな?」

‐ ウルトラの星 科学省 ‐

科学者1「おはよう、後輩なのに天才科学者w。」
科学者2「天才はやめてくださいwスターマークを貰えたのはタマタマですよ」
科学者1「ん?何を持っているんだ?」
科学者2「警備隊からの依頼で“純粋なH2Oかどうかを調べてくれ”との事です」
科学者1「警備隊がそんな依頼を?何かの事件の証拠物件かな?」
科学者2「いや、とある隊員が個人的事情があって調べて欲しいとか・・ですので暇な時にお願いしますと・・」
科学者1「まあいいか。よし、俺が引き受けよう。お前は来週“惑星観測員”の試験だろう?」
科学者2「え?そんな・・先輩に悪いです。私がやりますよ」
科学者1「なんでも1人で解決しようとするのはお前さんの悪いクセだ。いいから任せて試験勉強しな」
科学者2「・・・ありがとうございます!必ず合格してみせます!」



710 :積年の想い 3/5:2006/11/02(木) 17:26:01 ID:8AaL4H320
ゾフィー
「よし、水は手に入ったぞ!次は2、豆をセットして・・・
 3、電源をつないでスイッチを入れる・・・電源??」

‐ 数時間後 -

ゾフィー 「すいません、わざわざ来ていただいて」
エレキング「いえ、地球では一族の者がご迷惑をおかけしましたから。今日はどんな御用ですか?」
ゾフィー 「このコードを持って電気を流して欲しいのです」
エレキング「??お安い御用です。いきますよ!」
ゾフィー 「あ!、ちょっとまって下さい。交流電源の100Vでお願いします」
エレキング「え?よ、弱い電流ですか?」
ゾフィー 「はい、それを10分ぐらい・・・む、無理でしょうか?」
エレキング「え!!弱い電流を10分も、ですか・・・難しいですけど・・やってみます!」

‐ 10分後 −

エレキング「じゃ、じゃあ私はこれで・・・」
ゾフィー 「ありがとうございます(フラフラになっていたな。そう何度も頼めないなぁ(^^;)」


711 :積年の想い 4/5:2006/11/02(木) 17:26:52 ID:8AaL4H320

ゾフィー「さて、やっと完成だ!みんなが来る前に味見をしておこう」
ズズズ・・・・ゴクリ・・???

コンコン
マン「ゾフィー兄さん。4兄弟です。入りますよ」
セブン「お!コーヒーじゃないですか!どうしたんですか?」
ゾフィー「いや、タロウのプレゼントなんだが、ピンとこないのだ。失敗したかな?」
ジャック「ちょっと頂きますね、・・ズズズ・・ゴクリ・・たしかにイマイチですね・・」
エース「きっと人間の体組織で飲めば良いんですよ!」

エース→北斗に変身
北斗「ズズ・・・うん!美味いよ!!」
ハヤタ「どれどれ、うん、良い味している!なつかしい味だな〜」
ダン「香りも濃厚で、実に素晴らしい!」
郷 「しかし“香りを楽しむ”ってのは素敵な文化でしたね〜」




712 :積年の想い 5/5:2006/11/02(木) 17:28:25 ID:8AaL4H320

ゾフィー「そ、そんなに美味しいの?」
北斗 「そうか、ゾフィー兄さんは、地球滞在が短いから」
ハヤタ「一時的に姿を借りたり、体組織をコピーしてただけなんで、細かい形成は出来ないんですよね」
ダン「味でいえば“苦い”のですが・・・クセになるというか」
郷 「いざ、説明となると難しいですね」

‐ 現在の地球 -

マリナ 「隊長どうしたんですか?ぼーっとして?」
サコミズ「え?あ、ああ、ちょっと昔を思い出していてね」
コノミ 「はい、隊長、コーヒーです」
サコミズ「ありがとう。ズズズ・・・うん!香りも濃厚で味も最高!(^^)」



713 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 17:39:50 ID:ZgN/5Jyk0
>>708-712
GJ!

714 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 18:03:39 ID:oTrI/kCe0
>>708-712
いいよいいよ!こっそりヒカリが出てるのもイイ!
エレキングさん……wwじゃあ隊長はリム見て複雑な気持ちになってたりして。

715 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 18:05:43 ID:CUX/OEnQ0
そう言えば、ウルトラマンって鼻はあるの?
嗅覚もするどいんだろうか。
もし、ウルトラの力を得た代償に嗅覚を失ってたとしたら、
コーヒーの旨さはわからんだろうな。気の毒に。

716 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 18:05:55 ID:kpCXxsZ70
>>714
きっと出力調整をミスって何台か壊したことがあるんだよ。
だからリムがコーヒーメーカーのそばに出現したとき、泣きそうな顔しながら死守したんだよ。

717 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 21:07:16 ID:MHxVaPWZO
>70-72 書いた人最高!

718 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 21:09:30 ID:MHxVaPWZO
>72 落ちがいい

719 :改造ヤプール:2006/11/02(木) 22:43:16 ID:b++qNko90
改造ヤプール「ヌハハハハ!皆の者、今戻ったぞ・・・・誰もいないではないか!」
トロンガー「・・・・俺、帰っても良いっスか」
改造ヤプール「待て、同じ超獣仲間ではないか!君には大幹部の地位を約束する、だからちょっと待ってくれ」
トロンガー「前からのメンバーが納得するかねぇ」
改造ヤプール「石油中毒者やサボテンやミサイル弁慶などよりも君のほうが頼もしいのだ!」
トロンガー「あのさ、俺ここにいちゃいけない気がするんだけれど」
改造ヤプール「同じ超獣同志ではないか、トロンガー君・・・む?」
トロンガー「どうした?」
改造ヤプール「いや、今異次元の波動を感じたのだが・・・」

深夜の夜古学園――
オイル「何だ、あのトロンガーって奴は!」
改サボ「ベムスターは見つからなかったんだな」
改ベロ「俺、ミサイル弁慶か・・・」
ブラックサタン「あのよ、何でお前ら何かあると銅像の下にたまる訳?」
改サボ「あのさ、パソコン室借りても良いかな?」
オイル「改サボ、手前この非常時に!俺たちいらない子一直線なんだぞ!」
ブラックサタン「・・・今パソコン室はベロクロンたちが陣取ってるから無理だよ」


720 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 23:02:32 ID:/PCXAulN0
以前に、今回のタロウの客演で主題歌が鳴っていないから
今いち調子が出ないというネタがあったのでちょっと作ってみた。
ttp://netland.ddo.jp/user/cgi-bin/uploader/src/ng3492.lzh
許せメビウス……(汗


721 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 23:33:13 ID:CkCbg7yX0
707>どうも、680です。
一行だけのそっけない行に、わざわざお礼の言葉、ありがとうございました!!
できれば完結をお願いします。

722 :名無しより愛をこめて:2006/11/02(木) 23:41:09 ID:aQsSu06rO
トロンガーって何かと思ってたらダイナか
そういやグリッドマンでも超獣は三体程いたな

723 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 00:28:27 ID:mPjMKvtr0
>>708-712
和んだ、和んだ。
リムからコーヒーメーカー守った隊長を思い出して更に和んだ。

724 :iranai:2006/11/03(金) 00:40:35 ID:YdiBI4/30
「ジュバゴン!」
「デビルフェイザー!」
「カーンジョルジョ!」
「我等、改造ヤプール新超獣軍団!」
改造ヤプール「ヌハハハハ!期待しているぞ、パソコンボケした人間どもを絶望に叩き落すのだぁ!」

改サボ「なんかさ、オイルの奴最近パソコンを毛嫌いしすぎじゃない?」
改ベロ「何か嫌な夢見たんだってさ」
オイル「俺たちはいらない子じゃないぞ、タロウ超獣軍団なんだ、強いんだからな・・・」


725 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 00:53:15 ID:NZl0kX820
勝手に>>684の続き。

オイル「はぁはぁ、なんとか逃げ切ったぞ…」
改ベロ「ところでこのでっかい管は何だ?」
オイル「おお、これはきっと石油のパイプラインだ!これをたどれば石油基地にたどり着けるぞ!」
改ベロ「あそこに人がいるぞ、石油基地はどっちの方向か聞いてみよう」

 ――数分後――

オイル「何なんだこの辺の人間どもは!声をかけただけで攻撃してくるとは!!」
改ベロ「まったく、メトロン星人のタバコでもキメてるのか?びっくりして変身しちゃったじゃないか!」
オイル「あわてて逃げたから、パイプラインから石油直飲みもできなかったし…(泣)」


『本日、石油パイプラインを爆破しようとしたテロリストが拘束されました。
証言によると、爆発物を仕掛けている最中に二人組に声をかけられたので銃撃したところ、
二人組は超獣に変身、計画は未遂に終わったということです。
GUYSでは先日の空港襲撃事件との関連を…』

726 :電車超獣・戦慄編:2006/11/03(金) 01:18:35 ID:8pLbZ6EV0
改サボテン:めし、どこかたのむ
騒音ギラー:メシキター!
地獄ブロンズ:おいおい、いきなりの報告だな
彫刻家助手:食事?なに、デートってやつかい?w
バイオリニスト:それでは、音楽が流れる素晴らしい名店をおおs
ミサイル先生:まあ、興奮しすぎて暴れるなよ
改サボ:いや、向こうが誘ってくれたんだけれど・・・
くのいち:どういう経緯なのか教えてよ
改サボテン:はい、ええと・・・

メイド(ヤプール4)「あっ!改サボテンさん!この前はお茶有難うございました!あたしが誘ったのに・・・」
改サボ「ああいや、別に。いいよ、お茶ぐらい」
メイド「あのぉ、・・・・よろしかったら、今度一緒にお食事でも・・・」
改サボ「ええ!?」
メイド「駄目ですか・・・?(ウルウル)」
改サボ「い、いや。大丈夫、分かった、うん、電話してください、それじゃっ!(しかし、あの涙って奴はどうやって出るんだろ)」
メイド「(改サボを見送り)ふう、緊張したぁ(ヤプール人の正体に戻り)しかし、人間の中にも結構良い奴がいるものねぇ」


オイル「ウルトラマンメビウス、うぜーんだよ・・・っと。こんなチンケな嫌がらせ、効果あんのかな」
改ベロ「オ、オオオオオイルー!大変だ大変だ、改サボ見張ってたらドカンと来て天変地異で異次元がアヒャヒャヒャ」
オイル「なんだよ、おい、ZATの隊員にでも会ったか?」
改ベロ「んな事どうでもええだぁ!えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!」
オイル「・・・・・・ゾフィーが頭に火をつけて踊ってたのか?」


727 :タロウとメビウス1/5:2006/11/03(金) 01:46:36 ID:PZi71tSG0
〜数年前〜

ウルトラの母「今日もタロウは夜遅くまで指導してるのかしら」
ウルトラの父「うむ。どうやら見込みのある者がいるらしくてな。最近はずっと付きっきりだよ・・・パパ寂しいぞ」
母「・・・それにしても今日はいつもより遅いわね」
父「たまには迎えに行ってやるかな、ついでにタロウの愛弟子の様子も見て来るとしよう」
母「今日は他星に寄り道して怪獣倒さないでくださいね」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タロウ「どうしたメビウス!もう音をあげるのか!」
メビウス「ハァ・・・ハァ・・・タロウ教官・・・今日は、もう・・・」
タロウ「わかっているのかメビウス?君はまだ光線技を満足に使えない!これでは平和を乱す凶悪怪獣と対等に戦えないぞ!」
メビウス「・・・ハイ・・・」
タロウ「そもそもスペシウム光線は我々にとって最もスタンダードな技だこれを使えないと何もできない!」
メビウス「・・・・・・」
タロウ「私の時は一万歳で既に撃てていたぞ!あのゼノンだって奇妙な技を使えるというのに」
メビウス「・・・・・・ょ・・・」
タロウ「警備隊員になる為にはスペシウム光線は必須だ!私たちウルトラ兄弟だってみな撃てるんだぞ!」
メビウス「・・・・・んよ」
タロウ「・・・ん?どうしたメビウス」
メビウス「教官には僕の気持ちなんかわかりませんよ!」
タロウ「ビクゥッ!!!」
メビウス「僕だって頑張っているのに、でもどうしてもダメなんです!僕は・・・僕はエリートの教官とは違うんです!」
ダッ!走り去るメビウス
タロウ「・・・ガクッOTL」

728 :タロウとメビウス2/5:2006/11/03(金) 01:47:45 ID:PZi71tSG0
父「ええと・・・訓練場はあっちだったかな?ん、あれは・・・」

タロウ「しまった、メビウスを追いかけない・・・と・・・でも今私が行っても拒絶されてしまう・・・そうだ、ウルトラサイン!」

メビウス「ハァハァ・・・つい逃げて来てしまった・・・ハハ、やっぱり僕ウルトラマン失格だな・・・いやまだウルトラマンじゃなかった・・・」
父「どうしたのだ、君?」
メビウス「!あ、あなたは・・・大隊長!?」
父「ああ、そんなに身構えなくてもいい。今の私は息子を迎えに行くただの父親だからね」
メビウス「え?」
父「見たところ悩んでいるようだな。そこのベンチで少し話をしないかね?」
メビウス「は・・・で、でも・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レオ「それでメビウスに逃げられた・・・と」
タロウ「面目ない・・・」
ゾフィー「メビウスは我々ウルトラ兄弟に憧れていたからな。その一言はキツかっただろう・・・」
タロウ「・・・すまない・・・つい・・・」
アストラ「まあまあタロウさんを責めても仕方ないですよ。タロウさんも僕たちに謝っても意味ないですよ?」
タロウ「・・・ああ・・・」
80「で、どうします?手分けして探そうか」
タロウ「・・・今の私にはメビウスにかける言葉がない・・・私では会えないよ・・・」
アストラ「何言ってるんですか!メビウスは貴方の生徒でしょう?」
タロウ「・・・だけど・・・」
ゾフィー「いや、確かに今のタロウでは会うだけ無駄だな」
レオ「ゾフィー!?」
ゾフィー「こいつは昔から考え無しだった。今だってとんでもない勘違いに気付いていない!」
タロウ「勘違い・・・!?」

729 :タロウとメビウス3/5:2006/11/03(金) 01:49:29 ID:PZi71tSG0
父「そんなことがあったのか・・・あのタロウも知ったような口をきけるようになったなあw」
メビウス「今までずっと教官のようにと思って頑張ってきたけどやっぱり僕は・・・教官にはなれません・・・」
父「・・・タロウはね、子供の頃から君の言うようにすば抜けた力を持っていた」
メビウス「・・・?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゾフィー「タロウ。君は光線が使えないと警備隊員では・・・ウルトラマンではないと言ったらしいが本当にそう思うか?」
タロウ「そ、それは・・・私だって光線を習った時はそう言われたし・・・」
ゾフィー「確かに光線が使えないと平和は守りにくい・・・だが光線が使えれば平和は守れるのか?」
タロウ「え・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

父「一万歳になる頃にはもう私の角に光線を撃っていたほどだ。おかげで公務を一週間休む羽目になったよw
  ・・・だがね、学校の成績ではいつもAや他に負けていた。タロウには・・・協調性が決定的に欠けていたんだ」
メビウス「・・・」
父「タロウは力がありすぎて独断行動ばかりしていた。決して悪気があるわけじゃなかったがタロウは一種の問題児だったよ」
メビウス「あのタロウ教官が・・・?」
父「これを治すのは相当な時間がかかった。数々の厳しい修行を積み、地球で彼はようやく仲間の本当の大切さを知った」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゾフィー「君は昔から変わっていないな・・・光線が使える=ウルトラマンならエースキラーだってウルトラマンになるぞ?」
80「そ、その例えはちょっと・・・」
ゾフィー「光線が使えても平和の守るのが少し楽になるだけだ。だがもっと根本的なこと、ウルトラマンにとって最も重要なものがある」
タロウ「・・・最も重要なもの・・・?」
ゾフィー「平和を愛する心だよ、タロウ」
タロウ「!!」

730 :タロウとメビウス4/5:2006/11/03(金) 01:50:50 ID:PZi71tSG0
父「強さとは、身体能力や光線の威力だけではない。相手を気遣い、平和を守る志だよ」
メビウス「でも・・・僕にはそんなもの・・・」
父「君はタロウの言葉が重圧に思っていた。しかしそれが自分を思ってのことだと理解していたからこそ今まで頑張れたんだろう?
  それは昔のタロウにはなかった立派な心だ。君や平和を愛する者だけがもてる思い遣りの心だよ。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ゾフィー「我々にとってあまりにも常識的なことなので忘れがちだが、この心は誰もが持ちえるものではない。
      いや、ウルトラ族とはいえ皆が皆自らの命を犠牲にして平和を守りたいと強く願っているわけではないかもしれない」
タロウ「・・・」
ゾフィー「メビウスにはそれがあるから、君は入れ込んでいたのではなかったのか?それともただ単に戦闘センスがいいからか?」
タロウ「そんな!そんなことは・・・!」
ゾフィー「ならもう迷うことはないな?・・・メビウスのところへ行ってやりなさい」
タロウ「ハイ!・・・ショワッ!」
キーン
レオ「あいかわらず速いなあ・・・俺達は探さなくていいの?」
アストラ「大丈夫だよ。あそこに大隊長からのウルトラサインが」
ゾフィー「いくつになっても手の焼ける弟だな・・・まったく・・・」

731 :タロウとメビウス5/5:2006/11/03(金) 01:51:57 ID:PZi71tSG0
父「む、もうタロウが来たようだな・・・私はこれで帰るとするよ」
メビウス「え、もう行ってしまわれるんですか?」
父「あまり遅いとウルトラの母に叱られてしまうからな。タロウには早く帰るよう言っておいてくれ。ジュワッ!」

タロウ「メビウス!」
メビウス「た、タロウ教官・・・さ、さっきはその」
タロウ「すまなかった!」
メビウス「え?」
タロウ「・・・私は、君の気持ちも考えず期待の押し売りをしていたようだ。それでは何の効果もない・・・」
メビウス「教官・・・」
タロウ「ましてやスペシウム光線がないと平和は守れないなどと・・・私が悪かった、許して欲しい」
メビウス「教官・・・僕こそ、僕こそすみませんでした!」
タロウ「な、なに?」
メビウス「教官のことは信頼しているはずなのに何も言わずに結局八つ当たりのようなこと・・・すみません」
タロウ「メビウス・・・メビウスは、平和を守りたいか?」
メビウス「えっ?・・・ハイ!勿論です!」
タロウ「いい返事だ、やはり君はウルトラマンに相応しい」
メビウス「教官?」
タロウ「スペシウム光線のことは忘れてくれ。光線が平和を守るのではない。君のその心が平和を守るのだ」
メビウス「教官・・・!」
タロウ「・・・といってもこれは兄さんからの受け売りなんだけどな、ハハw」
メビウス「アハハwそうだ、大隊長が早く帰って来いとおっしゃっていましたよ」
タロウ「何!?もうこんな時間か!メビウス、今日はこれまでにして、帰ろうか」
メビウス「・・・タロウ教官。明日、また光線の特訓よろしくお願いします!」
タロウ「・・・ああ!明日からまた頑張ろう!」

732 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 02:05:17 ID:4KHgOCBs0
なんていい話なんだあああぁぁぁーーー(つД`)
ウルトラマン物語がみたくなってきたw

733 :ゾフィー:2006/11/03(金) 03:01:13 ID:298PAy9IO
>>720
タロウ、捏造は私の特技なんだぞ。
お前がやってしまっては……

734 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 09:19:55 ID:esUbUDlUO
>>726
やっぱ電車超獣いいわw疲れた体も癒される

735 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 12:37:21 ID:OPVcWYO8O
かっけー!ゾフィーマジかっけー!

736 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 13:11:09 ID:BxNsiGPH0
こうして師弟共に成長していくのね、感動だ。

737 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 13:19:33 ID:ZLSdcvRn0
>>727-731
うはー、感動した。いいなぁ、こういう師弟関係。
にしてもゾフィー兄さんかっこいい。
脳内で台詞が田中幸雄さんの声で再生されたよ。

738 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 13:20:55 ID:ZLSdcvRn0
幸雄さんじゃない秀幸さんだ秀幸さん。まちがえたごめんなさいorz

739 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 14:10:22 ID:yVfqqoeA0
>737
まぁ、日本一のご祝儀だ。気にするな。

740 :お前名無しだろ :2006/11/03(金) 14:53:43 ID:WK9m2/0p0
>>727-731
…俺、なんとなくこのころから、メビウスって日記つけてそうな気がしてきた

741 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 18:29:37 ID:sAjDNk3o0
>>740
で、日記には必ず『今日のパン』が入ると。

742 :電車超獣・外食編1/4:2006/11/03(金) 20:31:50 ID:qpq6nqpp0
改サボテン:ええと、今日はヤプーRバーガーに行こうと思います
地獄ブロンズ:なに?ハンバーガー?もう少し良い所にいけないのかね
ミサイル先生:いいじゃないか、別にプロポーズとかするわけじゃないんだし
クロバト小次郎:男は度胸、ドンと行って来い!
くのいち:度胸出しすぎて自爆しないようにね
彫刻家助手:相手の娘に払わせるなよ、気前のよさを見せてやれ
改サボテン:はい、頑張って・・・って変な言い方ですね。リラックスしていってきます
パトリオット1号:でさ、ヤプーRバーガーのどの店に行くの?
クロバト小次郎:おい、邪魔しに行くつもりじゃねえだろうな

オイル「場所だ、おい、どこのヤプーRバーガーか聞き出せ!」
改ベロ「ちょ、ちょっと待ってって!怪しまれてる、また入室禁止にされるかも」
オイル「名前変えてりゃ良いだろうが、早く訊けよ!」
改ベロ「なあ、本人に本当のこと教えりゃあ良いじゃないか」
オイル「待て、改サボはどうでも良いがヤプール様のご機嫌を損ねるわけにはいかない。二軍どころか三軍にされちまうぞ」
改ベロ「三軍って・・・ウルトラファイトか。いやだぁ!」
オイル「あっ、また入室禁止にされたし!」
改ベロ「あのさ、ひょっとして俺達の正体ばれてるんじゃねえかな」


743 :電車超獣・外食編2/4:2006/11/03(金) 20:32:42 ID:qpq6nqpp0
改サボ「ええと、待合場所はここで良いのかな。まだメイドさん来てないし」

オイル「フハハハハ!見事に変装した我々に気づいていないようだな、改サボの奴め」
改ベロ「なあ、いっその事超獣に戻って滅茶苦茶にしちまうか?」
オイル「アホー!個人的理由で破壊活動が出来るか!」
女子高生「この人達です!」
オイル&改ベロ「はい?」
警官「お前たちか、さっきからあの青年を付回している怪しい占い師とペテン師と言うのは」
オイル「これ占い師じゃなくて易者・・・」
改ベロ「俺、ペテン師?」
警官「やかましい!この前の時といい怪しすぎる奴らだ!署まで来い!」
オイル「えっ、ちょっと待て、改ベロ、この格好偉い奴だから叱られないって・・・改ベロー!手前決めポーズで無視すんなぁー!」

メイド(ヤプール4)「ごめんなさーい、遅れちゃいましたぁ」
改サボ「あ、いや、僕も今来たばかりだから。じゃあ、いこうか」

ヤプール1「いい調子よ、メイドさん!」
ヤプール2「彼・・・可哀想・・・」
ヤプール1「何を言っているの!さんざん惚れさせてこっぴどく振る!それでこそヤプールなのよ」
ヤプール3「ふ、ふん、気の毒なんて思わないからねっ」


744 :電車超獣・外食編3/4:2006/11/03(金) 20:33:51 ID:qpq6nqpp0
改サボ「へえ、ヤプーRバーガーって初めて来たけれど、結構人気じゃないか」
メイド「でしょう?あたしの友達のお勧めなんですよぉ・・・って改サボさん?」
改サボ「んっ?」
メイド「紙コップを食べちゃ駄目ですよぉ〜!」
改サボ「え?紙コップって食べるもんじゃないの?改ベ・・・じゃない、僕の友達食べてるけど」
メイド「えー?あははは」
店員「お客様、ご注文はお決まりでしょうか?」
改サボ「ああ、はい。僕はゴルゴダチーズバーガーセットを」
メイド「あたしはブロンズフィッシュサンドセットを下さい」
店員「940円になります」
改サボ「ああ、じゃあまとめてお願いします」
メイド「ちょ、駄目ですよっ!誘ったのはあたしなんですからっ」
改サボ「いや、でも・・・ああ、それじゃあ自分達の分だけ払いましょうか」
メイド「いえ、でも。改サボさんの方が高いですよ、改サボさんの分を払いますよ」
改サボ「自分の分を、払いましょう」
メイド「はい・・・」

ミサイル先生:改サボテンの奴、上手くやってんのかな」
騒音ギラー:なんか色々失敗してそうだよな
くのいち:そういやさぁ、またブー先生が矢的先生に愚痴ってたんだって
一角牙虫:またかよ!
彫刻家:最近アイツ、愚痴の量が増えてねえか?
くのいち:あたしこの前、ブロッケンに戻って廃工場叩き壊してる先生見たよ


745 :電車超獣・外食編4/4:2006/11/03(金) 20:34:52 ID:qpq6nqpp0
――駅にて
改サボ「それじゃあ、今日は有難うございました」
メイド「いえ、ごめんなさい、あたしが誘ったのに払わせちゃって」
改サボ「いえ、それはもう言いっこ無しでお願いします」
メイド「は、はい」
プルルルルルル・・・
改サボ「えーと・・・」
メイド「その・・・」
ガタン・・・

オイル「カミカゼ突撃ぃーっ!」
「クルッポーッ!(ドゲシッ)」

改サボ「な、なんだったんだ?」
メイド「・・・・・あの」
プルルルル・・・プシュー・・・
メイド「あっあのっ!」
改サボ「え?」
メイド「また電話します!」


「クルッポー!(てめえ)」ドガッ
「クルッポー!(このご時世に)」ズガシャッ!
「クルッポー!(洒落にならねえ事してんじゃねえ!)」ドスッ
オイル「ごめんなさい、ごめんなさい、やめてやめて」
子供「ママー、あのお兄ちゃん、ハトに蹴っ飛ばされてるよ」
改ベロ「・・・・・・・(見て見ぬフリ)」


746 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 20:42:42 ID:KGYLJ5870
ピジョン、よくやった!!

747 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 21:41:27 ID:zNHHrTg80
>>744
ゴルゴダチーズバーガー食いてぇぇぇぇ!!!!!

748 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 22:01:37 ID:0J5IT+xp0
>>744
ブロンズフィッシュサンドって、フライが硬そうvv
歯応えバッチリ!

矢的先生に愚痴るブー先生に笑った

749 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 22:32:51 ID:KGYLJ5870
やっぱりこの後、どっかで壁にぶち当たるんだろうなぁ
どうかその壁も乗り越えて幸せになってくれ、改サボ&ヤプ4!!

あと、メビウス達も超獣軍団に負けないようがんばれ!

750 :電車超獣・電脳編1/2:2006/11/03(金) 23:16:41 ID:3uJxZgax0
外食から数日後――
オイル「よぉし、準備はいいか?」
改ベロ「やめようぜ、情報欲しさに学校のパソコンをハッキングするなんて」
オイル「うるせえ、何のために恥も外聞も投げ捨てて怪獣ギラルスをレンタルしたと思ってんだ」
改ベロ「もし死んじゃったらどうすんだよ、怒られるぞ」
オイル「やかまし!さあゆけ結晶怪獣ギラルス!パソコン畑の実力を見せてみろ!」
≪シャットアウト!≫
改ベロ「・・・・・・一瞬だったな」
オイル「おい、ギラルスどこ行った?」
改ベロ「ギラルス、ネットの海に死す、か・・・・・・・」

『ギャオオオ〜!』
ブー先生「・・・・・・なんで俺のパソコンに、こんな怪獣が?」
ユニタング「あらぁ、結構可愛いじゃないの。電子ペットって奴?」
生徒「ブー先生趣味わる〜い」

改サボ「ふう。オイル達は昨日の夜からずっとパソコンに齧りついているし。今のうちに出かけよう。あ、報告報告」


751 :電車超獣・電脳編2/2:2006/11/03(金) 23:17:31 ID:3uJxZgax0
改サボテン:今から、メイドさんと会ってきます
魔津刃錬州:いってらっしゃい!
地底人:↑なんて読むんだ?
アリ地獄:マッパレスだな
アル中生産機:破廉恥なネーミングですなぁ
――魔津波錬州さんが退室されました。

マッハレス「間・・・真・・・つはどうすりゃいいんだ、つは」
ベロクロン2世「よお、何悩んでんだ?」
マッハレス「実はさ・・・(説明)」
ベロクロン2世「変に小難しくしようとするからいけないんだよ。簡単にしろよ、簡単に」
マッハレス「そ、そうだな!よし、分かった!」

――マッハGOGOさんが入室されました。
アリ地獄:よお!マッパGOGO!
――マッハGOGOさんが退室されました。

生徒「ブーせんせーい!真都先生が飼育小屋のアリ地獄に硫酸注ぎ込んでまーす!」


752 :名無しより愛をこめて:2006/11/03(金) 23:45:35 ID:csA8JyL70
>>747
ゴルゴダチーズバーガー食いてぇぇぇぇ!!!!!
まったくだ!!ジャンボキングバーガーとかもあるんだろうなぁ・・・
ぜひメニュー表が見たい、誰か作ってくれ!!


753 :ジープ。4:2006/11/03(金) 23:47:50 ID:BtU6UCN00
>>664>>687-688

アナウンス『当エリアは快晴になります、ご注意下さい、、、
 当エリアはただいまより快晴になります、ご注意下さい』

ゲ「始めて入ったが、こんなふうになってるんだな。あれ、タロウは?」
メ「タコと格闘してくるので待っていてくれと」
ゲ「なにしに来たんだあの人は...orz」

メ(麦わら帽子をちょいと触る)
ゲ「なんか可愛いな、それ。まあ地球が懐かしいんだろうが」
メ「、、、こういうふうに見えてるんですよね、僕」
ゲ「ん?」
メ「タロウ教官にとって小さな子どもみたいなものなんだろうなぁって」

ゲ「、、、そか(水を飲む)」

754 :ジープ。5:2006/11/03(金) 23:48:22 ID:BtU6UCN00
メ「貴方はセブン教官にとってのジープですよね」
ゲ「え、ああ、そうか、麦わらの逆だな、、、ということは、ええと」

光「そのくらいの補正をして対峙しなければならなかった、かな?」

メ「(びっくりした;)お帰りなさい」
ゲ「ぎゃーっ、なに、背中、ちょっ、おい」
光「はい、メビウス、おみやげのタコ」
メ「それは生殖実験のためのものではないかと思いますー、、、」

光「だから君はもうちょっと自信を持たなきゃなんない。兄さんの分もね」

ゲ「(それどころじゃない)」
メ「きょうかーん、タコ剥がれませんーっ」

光「(めこっ)」
メ「きゃーっ、タコさん、死なないで下さいーっ」

755 :ジープ。6:2006/11/03(金) 23:49:10 ID:BtU6UCN00

メ「(←懐かれた)はい?」
光「今度はこのエリアに一人でも来てみるといい。戦闘訓練区とは基本的に
 雰囲気が違うだろう?」
メ「はいっ!」

ゲ「(聞いてた、かな?)メビウスの派遣先って決まっているんですか?」
光「んにゃ、でも、そうなるよ、いつか」
ゲ「“そう”? 、、、わぷっ(舌噛んだ)」
光「決まってるんだよ、そういうものは、だいたい」

メ「タコさんも返さないといけませんしねー」
ゲ「なんかわからんが多分話が食い違ってる; メビウス(手招き)」

メ「はい?」
ゲ「(小声)タロウは保護者初心者なんだからちょっと大目に見てやれ」
メ「、、、はい(くすくす)」

756 :ジープ。7:2006/11/03(金) 23:50:09 ID:BtU6UCN00
――

80「レオ! メビウスの特訓に派遣されることになったんですってね」

レ「おー、80、なんかお鉢が廻ってきた、、、タロウなにしてたんだ?」
80「まあ、鍛えるというのに向かない人ですけど。かといって手加減忘れると
 一瞬で相手を叩きのめして終わりですしねぇ」
レ「つえーしなぁ、あの人w ん、なんだ?」

80「あんまり理不尽なことはしないで下さいね」
レ「しないしない、ジープで追い回したり、滝に入れたりしないって」
80「そんなことはさすがに考えてませんでしたけど;」
レ「つーか、そんなに耄碌してないよ。まだ」

80「、、、レオ?」
レ「今はあの星にいるんだよなぁ、あの人。いつかさあ、絶対あの時の文句を
 言って喧嘩してやる」

80「それは、、、素敵ですね、ちょっと」

757 :30話あの公園で:2006/11/04(土) 00:17:38 ID:3qvbOLJD0
今更ですが、今しか書けないんで>>641のつづき。30話とは違う展開になっちゃったんで、
641の最終段落の3行分は削除ってことでお願いします。

リュウはミライを見つめた。
その静かな光を湛えた瞳を見て、リュウは(どこかで見たような…)と一瞬考えてすぐに気がついた。
リュウの目の前で光を放ちながら変身したメビウスもこんな瞳をしていたことに。

 −−−−−−−−−
 そういえば、セリザワ隊長(ヒカリ)もこんな感じだったな…
 ウルトラマンはこんな静かな瞳で地球を見守ってくれていたんだ。
 そのセリザワ隊長ももういない、そしてミライも…
 −−−−−−−−− 

リュウは何か言おうとして、口を開いたが言葉が出てこなかった。
見慣れたミライの微笑みがかすかにゆがんで見える。
ミライは泣いているのか?…いや…違う…

「インペライザーの最期を見届けてから帰ります。リュウさん、さようなら。ありがとうございました。」
ミライの姿が少しずつ淡い光に包まれていった。

「…ミライ!オマエは弱くねぇ。心に燃える炎は誰にも負けないはずだ!」
輝きは強くなり、光の向こうのミライがだんだん見えなくなっていく。
「行くなミライ!お前は俺たちの仲間だ」
その声はますます強くなる輝きに吸い込まれていった。

やがて光は消え、ミライの姿も消えた。
リュウは空を見上げた。さっき見たはずのウルトラの星はもう見えない。

 −−−−−−−−−
 ありがとう、ウルトラマン…。ミライ…俺はさよならは言わないぜ!
 −−−−−−−−−

758 :アニメですが:2006/11/04(土) 00:56:48 ID:SJWGMVnYO
>>661
ボーイ「宇宙(そら)を自由に飛びたいなぁ」
ノア「はい、タケ〇プター」

759 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 01:00:21 ID:GRoX+Yp9O
>>758
単純すぎて逆に受けたじゃないか!!

760 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 01:38:21 ID:cZYi1j6/0
>>757
個人的に、メビウスには時に泣きながら微笑んでいるような透明感のある表情が、強くイメージとしてあります。
この文章、まさしくそれが脳裏に浮かんだです。
書いてくれてありがとう。

>>664>>687-688>>753-756
ジープ。
ほのぼのしつつ、笑い、ちょっと切ない…
絶妙な空気がたまりません。
続き待ってます。

761 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 02:30:22 ID:EjV9fC/l0
わざわざ地球まで行ってジープを買い、300万光年を
文字通りお持ち帰りしたんだろうなぁ

762 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 02:34:58 ID:2dbC/JAx0
良スレだなあ。ここほど空気のいいネタスレも珍しい

763 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 02:55:02 ID:8b5np+K80
>>752
ゴルゴダチーズバーガー
ブロンズフィッシュサンド
ジャンボバーガー(キングサイズのみ)
照り焼きタックバーガー
引き裂きムルチキンセット
怪獣と超獣と宇宙人のお得セット
改造バーガーセット(爆安)


・・・ね、眠いw

764 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 02:58:05 ID:MgKLoS3H0
ムルチキンって…

765 :電車超獣・襲撃編1/3:2006/11/04(土) 07:17:18 ID:sgF77iPq0
改サボ「ええと、待合場所はここでいいのかな、と・・・」
メイド「あ、改サボさ〜ん!」
改サボ「あ、ああ、ども(・・・この前のメイド服も何じゃこりゃって感じだったけれど・・・何だ、あの格好は)」
メイド「ええと・・・・ちょっとおめかししてみたんですけれど・・・変ですか?」
改サボ「い、いや、似合ってるよ、似合ってる(って言って良いのかな)」

ヤプール1「さあ、今度のデートにはこの服を着ていくのよ!」
メイド「こ、これですか・・・?」
ヤプール2「・・・・・獣耳?・・・神道制服?」
ヤプール1「私のリサーチではね、あの手の人間はこういうタイプの女の子に弱いのよ!」
ヤプール2「・・・・調査場所・・・どこ?」
メイド「でも、改さんはこの手の服に興味なさそうですよ?」
ヤプール1「あたしのリサーチが失敗だって言うの!?」
メイド「ひゃああ!着ます、着ます!」

改サボ「ど、独創的な格好ですよね(独創的過ぎるよ)」
メイド「・・・・・はい(顔真っ赤)」
群集「わいわい、がやがや」
改サボ「な、何だ?」
男1「よよお、何かあんの?」
男2「さあ。何か催し物らしいけど・・・見ろよ、ステージ。誰か出てきた」
改サボ&メイド(げげげ、あ、あいつは!)


766 :電車超獣・襲撃編2/3:2006/11/04(土) 07:18:21 ID:sgF77iPq0
ギーゴン「みなさぁーん!私の素晴らしい音楽を聴いてくださーい!学校が駄目ならゲリラ演奏でーす!」
〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪
群集「〜〜???」
バタバタバタッ!
改サボ「わわわっ!メイドさん、聞いちゃ駄目です・・・・」
メイド「あわわわわっ、改サボさん、耳を塞いでください・・・・」
改サボ「・・・・って、メイドさん・・・平気なんですか?」
メイド「・・・・改サボさんこそ・・・」
ギーゴン「ワンダフォーッ!素晴らしい魂をありが・・・ん?」
ヒュルルルル・・・・ズドガァァン
ギーゴン「ぎゃひいい!こ、このミサイルは・・・・ベ・・・(ガクッ)」
男1「・・・・あれっ?」
男2「なんだったんだ、今の・・・おい、あのバイオリン演奏した奴いないぞ」
男1「・・・・それにしても・・・空襲でもあったのかな?」

『あー、俺でーもん略』
ギーゴン「ひぎゃああああああああ、やめてえええええええ」
ブー先生「・・・・バカ野郎が」
ベロクロン「このまま一週間ぐらい放置してやろう」
バキシム「一週間では足りん、一ヶ月だ!」
ユニタング「はいよ、Z級バンドのCD三百枚持ってきたよッ!」
サウンドギラー「フル音量で24時間鳴らしちまえ!」


767 :電車超獣・襲撃編3/3:2006/11/04(土) 07:20:44 ID:sgF77iPq0
少し離れた、寂れた公園――
改サボ「・・・・・・・」
メイド「・・・・・あの、どうしてあの人のバイオリンを聞いたらいけないって・・・」
改サボ「・・・メイドさんも、どうしてですか?」
メイド「それは・・・・」
改サボ「・・・・・・・」
メイド「・・・・・・・」
改サボ「メイドさんは」
メイド「改サボさんは・・・・」

改サボ「・・・・・あ、あの、それじゃ・・・・」
メイド「・・・・・・」


オイル「よお、あいつ帰ってきたと思ったら何か落ち込んでるぜ」
改ベロ「落ち込み具合が深そうだねぇ。振られたのかな。声かけにくいよ」
オイル「仕方ねえ、色恋沙汰に俺達が口出しても意味ねえし、幼稚園砂場壊滅作戦は俺たちだけでやるか」
改ベロ「もう少しマトモな作戦考えようよ・・・」

ヤプール1「どうしたというの、首尾を報告しなさい!」
メイド「それは・・・・」
ヤプール2「メイド・・・・寝れば?」
ヤプール1「こら、ヤプ2、何を勝手に」
ヤプール2「・・・・・(じーっ)」
ヤプール1「うっ・・・・もう、仕方ない、寝なさい!」
メイド「はい・・・・・」

――改サボテンが入室されました。
改サボテン:なんか、もうあえないかも


768 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 09:49:18 ID:v/5kqPrl0
>>756
すんません、最後のレオの台詞でマジ泣きしました。
いつか本当に2人が笑いながら喧嘩できる日を楽しみにしていますw

769 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 17:41:02 ID:SLtHZbYH0
何か今回はマジでこのスレみたいなことやってるなw

770 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 19:36:44 ID:fsL0zJqQO
それで?
電車超獣はいつ頃映画化するんですか?

771 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 19:41:10 ID:GRoX+Yp9O
>>770
多分この映画ミライ達が見に行くんだろうなぁ

772 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 19:43:04 ID:d4UYg5UT0
タロウ兄さんネタまだぁ?

773 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 21:06:41 ID:Zfv/9X5e0
空気を読まずにヤプーRバーガーのメニューネタを投下

ト「マルゥ〜、今日もダメだったぁ〜(号泣)」
マル「補佐官落ち着いてください。ほら、みんなも見てるじゃないですか」
ミ「トリヤマ補佐官、ここ一週間昼になるとあんな調子ですが、なにかあったんですか?」
コ「一週間前にヤプ−Rバーガーの新メニューが発売されたんですよ」
ミ「新メニュー?」
ジ「ほら、読めよアミーゴ(広告を渡す)」
ミ「えー、なになに・・・「新製品 U(ウルトラ)キラーバーガーセット 4500円(大変申し訳ありませんが品質保持のため、当商品はテイクアウトできませんのでご了承ください)」うわっ!高いですね」
マリナ「どのメニューも使ってる材料は一級品だけど、このUキラーバーガーは凄いのよ。ミートパティの牛肉は神戸牛の最高級ステーキ肉を使ってるし、
野菜だって普段使ってる完全有機栽培の野菜の中でも一番良いのを使ってるのよ」
テ「でも、Uキラーバーガーは採算度外視の商品の上に品質保持のために1日限定5個なんですよ」
ト「今日こそ食べれると思っていたのにわしが来る30秒前に最後の1個を注文した愚か者があるのだ!チクショー!」

ウイーン(扉が開く音)

サ「Uキラーバーガーの話ですか?おいしかったですよ。セットで付いてくる食後のコーヒーも最高級のブルーマウンテンを使っていたし。でも、危なかった。僕が注文したのが今日最後の1個だったんだ」

ミライたちが慌て始める。

サ「あれ?みんなどうしたの?なにかまずいこと言った?」
ト「サコミズ隊長ぉーーーーーーーーー!!!!」



774 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 21:52:51 ID:YJfdLbf10
>>773
最後のトリさまの絶叫に爆笑w
GJ!!

775 :電車超獣・友情爆走編:2006/11/04(土) 22:33:46 ID:meMofYq30
ダイダラホーシ(以下ダイダラ)「珍しいねぇ〜。君たちが相談なんてぇ〜」
オイル「いや、こういう相談事は貴方にしか出来ないんスよ」
改ベロ「他の先輩方は武闘派が多いですし」
ダイダラ「まあねえ〜、で、どうしたのぉ〜?」
オイル「実は、俺らの相方が何をトチ狂ったのか手を出すには遠すぎる身分の方に惚れちまって」
改ベロ「でもって振られたらしくてウジウジ落ち込んでるんだよね」
ダイダラ「ほー。なるほどねぇ〜。恋しちゃいけない生き物なんていないからねぇ〜」
オイル「で、ダイダラ先輩の超能力で、あの馬鹿が出会う前に俺らを連れてって欲しいんです」
ダイダラ「わかった、友達に、これからの苦難を教えて覚悟を決めさせるんだね?勇気を持てって」
オイル「いや、二人が出会う電車を踏み潰してやろうと思って」
ダイダラ「・・・・応援するんじゃないんだ・・・・」
オイル「嫌がらせこそ超獣、ヤプールの本分っスから」
ダイダラ「・・・・・・・ま、いいやぁ。いくよぉ〜」

パカラッ、パカラッ、パカラッ、パカラッ、
ちゃ〜ちゃちゃ〜ちゃちゃ〜ちゃちゃ〜ちゃ〜ら〜ら〜らら〜(暴れん○将○テーマ曲)
オイル「うぎゃあああ!」
改ベロ「追っかけてくるよ!追っかけてくるよ!」
オイル「ダイダラせんぱーい!ここどこですかぁ〜」


776 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 23:49:12 ID:F3xZ1cNa0
やべぇ……以前俺が書きこんだ「ヤプール萌えメイド化計画」が久々に見たら
大進化してる……受け継がれる絆!GJ!
(俺はヤプール3派とは口がムルチのように裂けても言わないよ)

777 :名無しより愛をこめて:2006/11/04(土) 23:51:18 ID:HaIOj+nY0
絆…ネクサス!

778 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 00:00:17 ID:i42CI0SyO
とりあえずヤプール1〜4のキャラ設定をハッキリして欲しいかな
とりあえず改サボと付き合ってる子は純情そうだね

779 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 00:20:37 ID:KtLlf1gT0
ごめん、とりあえず雌だったのか!
というところにすごく重点がありました(;´∀`)>ヤプ

780 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 00:23:22 ID:O2KqsTIY0
>>779エースに女ヤプール出てるし。それにあれ、ユニタングの時女子大生にも化けてたから
良いんだよ。どの道、「面白きゃあり」さ。

781 :呼び方:2006/11/05(日) 00:23:46 ID:qaD/zqTj0
タロウ「いかん!いかんぞメビウス!」
メビウス「どうかしたんですか?タロウ教官」
タロウ「ここは宇宙警備隊員養成所だ。なのに最近我々のネタが少ないぞ!」
メビウス「そういえば…でもこの電車超獣とか面白いですよ」
タロウ「うむ、確かにこれはなかなか…。とそれではいかんのだ!我々ももっと精進せねば!」
メビウス「はい!タロウ教官!しかし具体的に何をすれば…」
タロウ「よし、ここは地球で面白いと人気の吉本新喜劇とやらを見て一緒に勉強だ!」
メビウス「はい!喜んで」

数時間後

タロウ「うむ実に面白いな。どうだメビウス、勉強になったか。」
メビウス「はい!タロウ兄さん!」

782 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 00:28:51 ID:KtLlf1gT0
>>780
違う違う、ずっと「騙してる」って前提で読んでたの;
それがここに来て書き手さんの意図以上の急展開になっちゃったというw

>>781
そっちかよwww

783 :祝! 出店:2006/11/05(日) 00:50:14 ID:fN7sGXsW0
トリヤマ「えー、本日はお日柄も良くー、晴れて開店の日を迎えることになったわけですがー……あー…」
マル「補佐官、次は『皆様にはお忙しいところ、ご尽力いただき』です!」

リュウ「……なにやってんだ、補佐官?」
テッペイ「なんでも、サコミズ隊長にUキラーバーガーを先に買われたのがよほど悔しかったらしくて……」
マリナ「フェニックスネスト内にヤプーRバーガーの支店を出すよう、ねじ込んだらしいわよ」
ジョージ「これで時間気にせず買いに行けるってな」
コノミ「で、明日開店するってことで、挨拶の練習をしているんですよねー」
ミライ「やっぱり、補佐官はすごいです! あのヤプーRバーガーがこんなに身近に買える様になるなんて!」
テッペイ「でも補佐官は食堂メニューにしようとしたらしいんですけれど
    『苦労して買って貰うのがコンセプト』と、その辺はかなりの攻防が有ったらしいですよ」
リュウ「……その労力を他に生かせないもんかね、あのおっさん」


一方そのころ―――

ヤプール1「色々ジレンマはあったが、いよいよ敵の最前線に出店だ!」
ヤプール2「ここまで長かったような、短かったような」
ヤプール3「GUYSから食材補助費はガッポリ出ています。あの補佐官ならまだまだ搾り取れそうです」
ヤプール1「うむ……さすが、GUYS幹部。あの強引さは我々も見習うところがあるな……
       まさか愚かな人間どもから学ぶ事があるとはな」
ヤプール2「では、明日にそなえて」
ヤプール3「早めに休むとしましょう」


ミライ「明日の『パン』は何にしようかなー? ゴルゴダチーズバーガーもいいし
    照り焼きタックバーガーもいいなぁ。楽しみだなぁ……」

784 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 00:51:23 ID:G0Vdido+0
>778
電車超獣を書かせてもらっている666です。思いつきで書いて、ここまで広げちゃいました。
一応ヤプール1〜4のキャラ設定としては
ヤプール1:当初の目的に一番忠実な世話焼き姐さん
ヤプール2:言葉が少ないけれど一番仲間思い
ヤプール3:ツンデレ
メイド:純情というか、大和撫子というか、そういう感じ
です。


785 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 00:58:54 ID:fN7sGXsW0
>>781
素直だな、メビウス…。だが、そこがいい。

786 :残留交渉 1/2:2006/11/05(日) 02:07:57 ID:cLKNZdYb0
タ「ただいまー」
父「うむ、おかえり…って、タロウ!?
  おまえ地球の守りはどうしたんだ!!」
タ「メビウスに任せてきました…」
父「なんだと!?
  相手が奴らではメビウスには荷が重すぎる。お前も判っているだろう!
  おまえの大切な教え子を無駄死にさせる事になってしまうぞ。」
タ「大丈夫ですよ、父さん。メビウスには地球人の仲間がついています。
  我々兄弟の誰よりも強い絆を築き上げた仲間が…。
  地球という星を守るためにこれほど強い武器はありません。」
父「ほぅ、一人前の口を叩くようになったな、タロウw」
タ「ゾフィ兄さんが『メビウスは一人ではない』と言っていた意味が
  やっと解りました。」
父「ふむ、流石はゾフィだ。私は余計な事をしてしまったのかもしれん。」
ゾ「そんなことはありませんよ、ウルトラの父。」
父・タ「うわっ! Σヽ(゚Д゚; )ノ 」

787 :残留交渉 2/2:2006/11/05(日) 02:08:46 ID:cLKNZdYb0
父「…驚かすなよ、ゾフィ。」
タ「いつの間に戻ってきたんですか、ゾフィ兄さん…」
ゾ「私もメビウスではまだ経験不足かもしれないとは思いましたから。
  しかし仲間たちとの絆は私の想像をも超えて強いようです。
  地球の守りを続けることは彼の可能性を大きく開花させるかもしれません。
  大隊長、私からもお願いします。メビウスの地球残留を!」
父「はっはっは、宇宙警備隊隊長がそう判断するなら私からは何も言えんよ。」
タ「ありがとう、父さん!」
父「タロウ、来るべき戦いに備え養成所のほうもしっかり頼むぞ!」
タ「はい!」
ゾ「あ、そうだ。これ父さんにおみやげです。」
父「ん? なんだこの鬼の面は…」
ゾ「私にはツノが無いので…。じゃ、任務に戻ります!」
タ「(豆買ってこないと…)」

788 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 02:37:38 ID:6ZEVKtXX0
ちゃっかり父さん言うてるし、ゾフィーwww

789 :3獣士 1/2:2006/11/05(日) 06:17:17 ID:qGdwzH9t0
ミクラス「ウインダム兄さん,大活躍やなー」
ウインダム「どや,すごいやろ.あんなメビウスみたいな素人警備隊員だけに怪獣退治なんか任せておけんしな」
ミ「せやけどうちら,1分間しか実体化でけへんしな〜」
ウ「そのかわり,わいにはファイヤー攻撃,ミクラス,あんさんにはビリビリ攻撃があるさかいな」
ミ「そのビリビリがいややねん.なんであのエレキングの力なんぞ身につけなあかんねん!?」
ウ「エレキングだけやないやろ.ネロンガやエレドータスの力でもあるんやさかい・・・」
ミ「いーや,だいたい,なんでエレキングがあんなにかわいくなってんねん! あれじゃポ○モンの
  ピ○チ○ウやないかいっ!? あ〜あ,コノミはんにあんなにべたべたしくさりよって!」
ウ「なんや,結局のところ嫉妬かい.しゃーないやろ,あんさんの図体でべたべたしたら,コノミはん,ぺっちゃんこになってまうわ」
ミ「せやな,コノミはんのぐらまぁなボディがぺったんこになったら,そら,大きなお友達に恨まれる,っちゅうもんやな」
ウ「エロエロやな,自分.もうちょっとカプセル怪獣,いや,マケット怪獣の自覚を持たんかい!
  そんなんじゃ,この業界から干されてまうど」


790 :3獣士 2/2:2006/11/05(日) 06:18:20 ID:qGdwzH9t0
アギラ「・・・それ,うちのことかぁ・・・?」
ミ「おおお,アギラやないかい,なんや,そんな暗い顔して,寝てないんちゃうか?」
ア「・・・この眠そうな顔はもともとやっちゅうに・・・.しっかし,なんでうちの出番がないんやろ.うちかて,セブン兄さんとともに,
  地球を守るために戦った戦士やで?」
ウ「・・・あ〜,アギラ,あんさんは,多分,人間たちからはうちらの仲間と思われてないで」
ア「えっ,マジで?」
ウ「思い出してみい,リッガーとの戦いの時はともかく,セブンはんの偽者と戦ったときは,人間から見たら,
  セブンはんにやっつけられた,ただの怪獣やないかい」
ア「まーじーでー?!」
ミ「ええやないか,別世界では,セブンはんといっしょに沢山戦っていたんやから」

コノミ「テッペイくん,何見てるの? 怪獣同士の・・・何これ,プロレス?」
テッペイ「ドキュメントUFです.ドキュメントUDFとドキュメントMACの間のドキュメントなんですが,なかなかおもしろくて.
  あ,アギラとウーが戦ってる.アギラってのが,どちらかというと,セブンの子分なんですけれどね」
コ「へ〜ぇ,でも,なんか眠そうな顔してる・・・」
テ「なんかやる気なさそうなんですよね.口も明けっぱなしだし.こういうのは,マケット怪獣にあんまり向いてないかな〜と」

791 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 07:20:03 ID:4TfkVDts0
アギラ・・・

792 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 10:23:07 ID:WxaHxNAzO
(´・ω・)アギラソス

793 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 10:39:27 ID:96/k1j4o0
なんで関西弁やねん!おもろいわ〜ww

794 :電車超獣・告白編1/3:2006/11/05(日) 13:04:53 ID:iMS8iR6e0
――改サボテンさんが入室されました。
改サボテン:なんか、もうあえないかも
クロバト小次郎:・・・・・どうした?
改サボテン:それが・・・
クロバト小次郎:ここはみんな平等の平和なところなんだ。恥でも何でも書き捨てちまえよ
改サボテン:その・・・どうも、彼女は、何と言ったらいいのか・・・人間じゃないらしいんです
クロバト小次郎:なに、人間じゃない?!
改サボテン:はい。ギーゴンの音楽が平気だったので、僕の予想じゃ多分、M78星雲の人間じゃないかと・・・

ユニタング「緊急しゅうごーう!会議かいしぃーっ!!」
ゼミストラー「あの、なんで俺たちが呼ばれたわけ?」
キングクラブ「グダグダうるせえ、それより会議の議題について話し合うぞ!」
バッドバアロン「・・・・改造サボテンダーのことっスか?」
スフィンクス「ワタシ、エジプトショクジ、タベタイノニ」
ブー先生「いいか、コトはエジプト料理などよりも重要なのだ」
オニデビル「はあ」
ブー先生「万が一、改サボがウルトラ一族と懇意にしているなどと判明したら、ヤプール様は即刻処刑するかもしれない」
サボテンダー「いや、それは勘弁してやって下さいよ」
ブー先生「だからだ!万が一相手がウルトラ一族の女性だと判明したら・・・・」
レッドジャック「特にやる事も無い生徒役しかできない暇超獣の俺達が、仕留めるって事ですか?」
ブー先生「その通りだ!」
レッドジャック「・・・・・・その言葉、後半部分だけですよね?」


795 :電車超獣・告白編2/3:2006/11/05(日) 13:05:41 ID:iMS8iR6e0
――数日後
オイル「ハチのムサシが死んだのさ♪」
改ベロ「太陽に突っ込み死んだのさ♪」
オイル「改ベロ、その歌それで合ってんのか?」
改ベロ「さあ?しかし、ダイダラ先輩もお人が悪い。大昔に飛ばしてしまうとは」
オイル「まったくじゃ、やっと帰れたが、おかげでワシ達もこんな話し方になってしまったではないか」
オイル&改ベロ「ワッハッハッハッハッハ・・・・・・・・・・・はあ」
改ベロ「改サボの奴、どこ行ったんだろうねぇ」
改造ヤプール「(ええい、ワシはどのタイミングで入ればいいのだ)」
トロンガー「(もう今日は出直したらいいじゃないか)」

――ヤプーRバーガー支店
店員1「いらっしゃいませー!ご注文をどうぞ!」
改サボ「・・・・引き裂きムルチキンセットを下さい」
店員1「かしこまりました!少々お待ち下さい!」
改サボ「はあ・・・・(改造バーガーセット、安いな・・・110円か)」
店員2「いらっしゃいませっ、ご注文をどうぞ!」
「あの、改造バーガーセットを下さい・・・」
改サボ「あっ・・・・・」
メイド「・・・・・(ペコリ)」
店員1「お待たせしました!引き裂きムルチキンセット、1100円になります!」
改サボ「あの・・・・(テーブル、テーブルは?・・・・一つしか空いてない!)」
メイド「(どうしよう、どうしよう、テーブルは一つだし、テイクアウトすれば良かった・・・)」
店員1「お客様、申し訳ありませんが合席でよろしいでしょうか?」
改サボ&メイド「あっ、はいっ!(・・・・・あっ)」


796 :電車超獣・告白編2/3:2006/11/05(日) 13:08:50 ID:iMS8iR6e0
レッドジャック『こちらレッドジャック、こちらレッドジャック。ターゲット、改サボと遭遇、繰り返す、改サボと遭遇』
ゼミストラー「レッドジャックはいいよな、自分の個性を生かせて。黒雲なら見つからないしな」
オニデビル「・・・・・そうだな」
ゼミストラー「バッドバアロンはどうした?なんか大玉みたいな人間に変身してたけれど」
ガスゲゴン「人間やめて、あそこで気球になってるよ」
ゼミストラー「いいよなぁ、自分の個性以下略」

改サボ「あの、お久しぶりです」
メイド「・・・・メール、見てくれました?」
改サボ「えっ?(メールって何だ?)」
メイド「見てくれてないんですね・・・・」
改サボ「あっ、いや、その・・・・」
メイド「でも、安心しました。送ってから、やっぱり自分の口から言わないと駄目だって気づいたんです」
改サボ「・・・・・・えっ?」
メイド「ごめんなさい・・・あたし、ウルトラの星の人と親しくする事は出来ません!」
改サボ「へ?」
ガタッ、タタタタタ・・・・・
改サボ「ええええっ!?」

レッドジャック『こちらレッドジャック、ターゲット、ヤプーRバーガーより出現。第三造成地の方向へ進行中!』
ベロクロン2世「よぉーし!手前らぁ!一気に仕留めるぞ!カイティガガン、改ベロたちを呼んでこい!」
カイティガガン「あいつらを?足手まといになるだけじゃん」
ベロクロン2世「やかましい、二度とそういう事を言うな。改サボと一番親しいのは奴らなんだ、とっとと呼んできやがれ!」
ザイゴン「しかし、彼女ウルトラ族じゃないなら、どこの星の人間なんだ?」
ドリームギラス「あ、分かった。U40だ、U40!」
ザイゴン「なるほど!それなら付き合えないのも分かるな、住むところは似てるけど限りなく違うもんな!」

ヤプール1「ああ、もうっ、こんなに忙しくなきゃ様子を見に行けるのにっ」
ヤプール2「人手・・・足りない」
ヤプール3「ふ、ふん、心配なんかしてないもんね!」


797 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 13:09:54 ID:iMS8iR6e0
すいません、↑のタイトルは
電車超獣・告白編3/3です。

798 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 19:37:43 ID:6ZEVKtXX0
踊るのスピンオフみたいにハヤタ達の地球での日々の話を見てみたいな
自分で書いてみようと思ってるけどまだいまいちプロットが決まらない

799 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 19:56:21 ID:KtLlf1gT0
>>798
多分その主原因はテレビで出てくる可能性高し、というところかとw
地球での生活に触れるかどうかはわかんないけどね。

800 :育成ゲーム1/2:2006/11/05(日) 20:16:45 ID:UhoCg4U30
―ミライの正体がバレる前の話―

リ「テッペイ、まーた変なゲームやってるな」
テ「サンプルもらったんですよ。育成シミュレーション『ウルトラマンメビウス』。
 まだ未熟なメビウスに訓練を施して能力値を上げ、各ステージのボス怪獣を
 倒していくゲームです」
ジ「何だ、ありきたりだな」
テ「戦闘だけじゃなく、『日常生活モード』てのもあるんです」
マ「何それ?」
テ「まだ地球の事をよく知らないメビウスに、『会話』コマンド等を使って
 色々な知識を教えていくストーリーモードです。それによってプレーヤーとの
好感度を上げると、様々なイベントが起こってより絆が深まり、
エンディングも分岐するみたいですよ」
コ「わーちょっとやらせてー♪メビウス、お手!」
テ「犬やマケットじゃないんだから…あれ?メビウス反応してるぞ」
マ「『お手って何ですか?あ、手を差し出す事ですね。握手と同じですか?』
 …何かズレてるけどちゃんと『学習』はしてるみたい」
テ「日常モードでは、食事を与えたりも出来ます。試しにカレーを与えたら、
 何か気に入ったらしくて、こないだは朝のイベントでカレー作ってくれたり
しました」
リ「くだらねぇ、こんなウルトラマンがあるかよ!(画面を指ではじく)
  『痛い!リュウさん何するんですか』
 …お、俺がやった事まで認識出来てんのか?」
テ「そういう行動を起こしそうな対象を、予測認識できるみたいですよ」
ジ「何か面白そーじゃねーか。おいミライ、お前も何かメビウスに教えてみろよ」
ミ「えっ(焦)どうしようかな…」
テ「何か知らないけど沢山貰ったんで、皆さんも良かったら
 自分だけのメビウス育ててみませんか?通信対戦モードもありますし」
サ「楽しそうだなみんな。私も仲間に入れてもらおうか」
ミ「えー、隊長まで〜」
ジ「よし、それじゃ次の休みに対戦しようぜ」


801 :育成ゲーム2/2:2006/11/05(日) 20:42:02 ID:UhoCg4U30
コノミのメビウス(カスタムモード1)

「メビウスにもっといろんな言葉教えよっと♪えっと、『めがね』」
―『めがねって何ですか?それ、おいしいものですか?』
「違うよー、食べ物じゃなくて、身につけるものだよー」
―『めがねって、コノミさんにとって大事なものですか?』
「そうそう!大事大事〜♪じゃ、次は・・・」
(どこでもいっしょ状態で一晩中メビウスに言葉を教え続ける)
――――――――――――――――――――――――――――――
テッペイのメビウス(カスタムモード2)
「やっぱし怪獣のデータは最重要でしょ。ディノゾールにボガールに…あれ?
 こんな怪獣いたっけなあ『無双鉄神』…知らないから後にしよ。
 あと、戦いで貯めた経験値の割り振り…デフォ体力値低いなー、でもその分
 アジリティとメビュームシュートの威力上げて、と・・・」
(ひたすらカスタマイズに夢中)
――――――――――――――――――――――――――――――
マリナのメビウス(ストーリーモード)

「へぇ〜好感度が上がると『デート』なんて隠しイベントもあるんだ…
 よーし、頑張って好感度上げちゃおっと」
    〜〜数時間後〜〜
「あー、何でいくら会話しても特訓しても一定以上好感度上がらないの〜?
 『お守り』ってアイテムはもらったけどそこ止まりだし…
 試しにリュウのデータ使ってやってみよっと…え?いきなり
 公園デートイベント発生しちゃった(しかもメビウスお手製サンドイッチつき)
 妙な好感度補正入ってない?これ」
――――――――――――――――――――――――――――――
ジョージのメビウス(サブゲーム中)

「そこだっ!行け、流星シュート〜!くっ外したか…、よしっ行けジャック〜」
(本筋とはあまり関係ないサッカーのミニゲームにハマり先に進めない)


802 :育成ゲームおまけ:2006/11/05(日) 20:48:37 ID:UhoCg4U30
リュウのメビウス(初期設定入力中)

「何だよこれ…『メビウスにとって大切な人は?』って…知るかそんなの。
 まーいーや、適当に俺の名前入れとこ。次は何だ?『メビウスをパワーアップ
 させる誘因を選べ… 1カレー・2友情・3サコミズの檄』…
 うーん、てか何でここで隊長??」

――――――――――――――――――――――――――――――
ミライのメビウス(一面目のステージボス・ディノゾールと格闘中)

「うわ、操作難しい…あっ!このビルに隠れると避けられるけど、
 何か誰かに怒られちゃいそう…」

『メビウスは避けずにビルを守った!ディノゾールの攻撃!クリティカルヒット!
メビウスは致命傷を受け倒れた――game over―try again?――』

「あー、またやられちゃった・・・ビル壊さないと先に進めないのかな…困ったな…」
――――――――――――――――――――――――――――――
サコミズのメビウス(サブキャラセレクト中)

「ヒカリ、タロウ、レオ、ウルトラの父、8●…何故ゾフィが選べない?
 …そうか、 ある一定の条件を満たさないとメビウスとの共闘は出来ない、
 て事なのか(神戸ステージは1度クリアしないと遊べない仕様)
 うーむ…先は長いのかな…」

803 :電車超獣・激闘編1/6:2006/11/05(日) 20:59:03 ID:ybCqy42c0
都市部からかなり離れた造成地――
メイド「はあ、はあ・・・あたし、ずるいな。自分だけ言うだけ言って逃げるなんて・・・ん?」
ガシャアアアアアン!
レッドジャック「うおりゃあああっ!」

コノミ「東京Z47地区に怪獣が出現しました!」
リュウ「なにぃ?」
サコミズ「映像を」
テッペイ「こ、これは黒雲超獣レッドジャック!」
ガシャアアアン!
マリナ「あっ、また出てきた!」
テッペイ「あれは鬼超獣オニデビル!バッドバアロン、カイティガガン、ドリームギラスにガスゲゴンにザイゴン,サウンドギラーまで!(ゼエゼエ)」
トリヤマ「な、な、なにいいい!?(気絶)」
ジョージ「ヤプールめ、大人しいと思っていたら・・・・こんな大軍勢を送り込んできやがった!」
サコミズ「GUYS、出撃!」
リュウ達「GIG!」

メイド「ちょ、超獣軍団?いつのまに大攻撃が決定してたの!?」
レッドジャック「見つけたぞ、ウルトラの女戦士め。貴様を潰せば、俺も晴れてメジャー超獣の仲間入りだ!」
ザイゴンたち「(なにっ?)」


804 :電車超獣・激闘編2/6:2006/11/05(日) 21:00:14 ID:ybCqy42c0
メイド「ちょっと、待ちなさい!」
レッドジャック「やかましい、死ねえ・・・(ゴシャッ)ぐぶぎゃっ!」
バッドバアロン「黒雲、手前、卑怯だぞ!面倒臭いからお前らが倒せって言ってたくせに!抜け駆けする気だったんだな!」
ガスゲゴン「黒雲は寝てろ、俺が倒すのだ、邪魔すんな!」
サウンドギラー「やかましい、この俺様だ」
ドリームギラス「ボクチャンもうオネショ超獣とか言われたくないよーう」
オニデビル「季節キャラの名に加えてウルトラ殺しの称号を得るのだ、オネショ野郎はすっこんでろ!」
リュウ「・・・・なんか喧嘩してるぞ・・・」
ジョージ「今のうちだ、一気に仕留めるぞ!」
リュウ「お前が仕切るなって!いくぞ、スペシウム弾頭――」
レッドジャックたち「じゃかあしいーっ!」
リュウ「うわああ!畜生、駄目だ、着陸する!」

改サボ「あわわわわ、な、何だ?どうなってるんだ?何でレッドジャック達が?」
レッドジャック「待て、落ち着け!いいか、俺たち全員で潰そう!幾らウルトラ戦士だろうと皆で挑めば怖くない!」
改サボ「な、なんだって!?」
メイド「なに言ってるの・・・・?」
改サボ「メイドさぁーんッ!逃げろーッ!!」
カイティガガン「よぉーし!全員で手持ちの飛び技を浴びせてやるのだ!」
改サボ「やめろーっ!!」
ドガアアアアアンッ!

メイド「う・・・」
改サボ「あ、あれ?光線直撃されたはずなのに・・・・えっ?」
ブラックピジョン「クルッポー(無事か?まったく、血気に逸って仲間の見極めも出来ねえらしいな、こいつらは)」


805 :電車超獣・激闘編3/6:2006/11/05(日) 21:01:12 ID:ybCqy42c0
ガスゲゴン「グギャアアアアアーッ!なんばしよっとか、こんのアホバトがぁーっ!」
カイティガガン「てめえ、メジャーだからってマイナーな俺達の邪魔するこたねえだろぉ!」
ブラックピジョン「クルッポー(おい、落ち着け。お前ら戦う相手間違えているぞ!)」
ドリームギラス「うるちゃい、クルッポクルッポ!」
マッハレス「かまわねえ、やっちまえ!マイナーパワーの恐ろしさを思い知らせてやる!」
キングクラブ「今夜の晩飯はヤキバトだぜぇーッ」

改サボ「め、メイドさん、早く逃げてください!早く!」
メイド「いえ、あたしは大丈夫。それより改サボさんこそ!」
改サボ「いや。僕は・・・・ブラックピジョンを助けます!」
メイド「助けるって・・・どうやって?」
改サボ「それは・・・・」
メイド「・・・それは、貴方がウルトラの戦士だから?」
改サボ「違います!」
メイド「えっ?」
改サボ「僕は・・・ウルトラ兄弟の様に人間に好かれるような存在じゃないです。僕は・・・僕は・・・」
メイド「改サボさん・・・・」
改サボ「僕は、タロウ超獣軍団の構成員、改造サボテンダーなんだ!」
メイド「待って、改サボさん、あたし・・・・!」
改サボ「ごめんなさい、メイドさん、ブラックピジョン先輩がピンチなんだ!」

改サボ「やめろーっ!」
マッハレス「あんだぁ?おい、俺達がこんな事する羽目になった原因様の登場だぜ?
ザイゴン「丁度いいや、クロバトと一緒にボコッちまえ!」
改サボ「わああっ!」
サボテンダー「おい、やめろよ!」
バッドバアロン「けけ、所詮改造超獣が俺たち純粋超獣に敵うかよ(ドガアアン!)ギャアアッ!」
レッドジャック「だ、誰だ・・・・」
ブラックピジョン「クルッポー・・・・(この馬鹿が、なに元の姿に戻ってんだ)」
改サボ「す、すいません・・・・・・」
ブラックピジョン「クルッポー(なに静まり返ってんだ・・・・・・おい、嘘だろ)」


806 :電車超獣・激闘編4/6:2006/11/05(日) 21:02:37 ID:ybCqy42c0
テッペイ「あ、あれは!!!」
「シュワッ!」
テッペイ「ウルトラマン80だ!」
「タアーッ」
テッペイ「アストラだ、ウルトラマンレオの弟です!」
「ジュワアアアアアーッ!!!!!」
テッペイ「ええと・・・確か・・・・」
サコミズ「ウルトラマンスコット、だね」

80「身構える必要は無い、改造サボテンダー。私達は君を助け、争いを止めるために来たのだ」
改サボ「ふ、ふざけるな!ウルトラマンがそんなこと言うものか!」
ガスゲゴン「やばいよ、やばいよやばいよ。ウルトラ戦士が三人も!」
ドリームギラス「ボクチャン降参しまーす」
レッドジャック「あせるなっ!応援を呼べ、応援だ!」
ガシャアアアアンッ
シグナリオン「レポォォォル!」
アイスロン「氷超獣アイスロン参上!」
フブギララ「同じく吹雪超獣フブギララ参上!」
ギーゴン「アーッヒャッヒャッヒャ、ウヒヒヒヒヒ、どいつだ、ぶっ殺すのはどいつだぁぁ!」

レッドジャック「・・・・懲罰室で何があった?」
サウンドギラー「・・・・すまん、『デビ○マン』を見せすぎた」


807 :電車超獣・激闘編5/6:2006/11/05(日) 21:03:53 ID:ybCqy42c0
ウルトラマン80「超獣軍団!今すぐ学校・・・違う、異次元に戻るのだ!」
レッドジャック「うるさい!やっちまえーっ!」
ギーゴン「イヒヒヒヒ、くびぃーっ、くびぃーっ」
80「サクシウム光線!」
スコット「ウルトラエナジーボール!」
アストラ「ウルトラリダクショーンッ!!」
ギーゴン「ぶげあああああっ!(ズガアアン)」
超獣軍団「・・・・・・・・・」
アイスロン&フブギララ&シグナリオン「僕たち帰りまーす」
レッドジャック「ふ、ふざけるな、これだけいるんだぞ・・・負けるはず・・・勝てる気がしねえ!」
80「(ボソッ)エースも来るぞ」

ガスゲゴン「エースが来るぞぉぉぉぉ!!!」
超獣軍団「うわあああああっ!(ズドドドドド・・・・)」

ガシャアアアアンッ
オイル「オイル超獣オイルドリンカー、呼ばれて遅れてただ今参上!」
改ベロ「同じく改造ベロクロン、遅れて参上ってわああああ!」
超獣軍団「うわあああああっ!(ズドドドドド・・・・)」


808 :電車超獣・激闘編6/6:2006/11/05(日) 21:05:48 ID:ybCqy42c0
――戦い終わって20分後
ヒュウウウウ・・・・
改サボ「・・・・あ、あれ?メイドさんは?」
オイル「はあ!?メイドさん?知るかよ、畜生・・・鼻が折れた・・・」
改ベロ「おれら、何しに来たんだろうな」
改サボ「・・・・ウルトラマン達は?」
オイル「しらねえ、GUYSと一緒にジュワッつって飛んでったよ。あー、光線打たれなくて良かった」
改ベロ「とりあえずサ(ボリボリ)一旦(ムシャムシャ)円盤に帰ろうよ(バリバリ)」
オイル「お前、何食ってんだ?」
改ベロ「この辺に落っこちてるなんかの破片。美味いよ」
改サボ「・・・それ、少しでいいからヤプール様に返しといた方がいいよ」
オイル「帰ろうぜ、スーパーの特売に遅れちまう・・・・改サボーッ」
改ベロ「やめとけ、オイル。改サボ、日も暮れるし、俺たち先に帰るな(ゴリゴリ)」

ブラックピジョン「クルッポー(とんだ一日だったな・・・お前、どうするんだこれから)」
改サボ「・・・わかりません。何をすればいいのか」
ブラックピジョン「クルッポー(ま、大いに悩め。超獣だって頭は使えるんだからな。じゃ、俺は豆ねだりに公園行くから)」
改サボ「(俺・・・どうすればいいんだろう)」


809 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 21:07:57 ID:KtLlf1gT0
80素敵(´∀`人☆

810 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 21:14:01 ID:fN7sGXsW0
>>802
リュウの適当っぷりと、隊長のボヤキがいい…
補佐官がプレイしたとしたら取説読まずにやって適当コマンド、バグで大変な事になりそうな。


>>808
あいかわらずかっとんでるw
ただ、前の職人さんへの感想書く時間はちょっと欲しい…かな。

811 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 21:18:45 ID:e21DYh+x0
これは・・・超大作になる予感
てかもう俺の中のヤプール観が覆っているw

812 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 21:36:40 ID:6ZEVKtXX0
今から20年前・・・神戸港

ハヤタ「ン・・・」
ダン「ここは・・・」
郷「僕達は・・・生きているのか?」
北斗「奇跡だ・・・シールドでエネルギーをほとんど失って無事で済んだなんて!」
ハヤタ「ただ、これで我々はウルトラマンとしての力を失った」
ダン「今の私は・・・モロボシダンか・・・」
郷「地球人と一体化した僕とエースはともかく何故兄さん達はその姿に?」
ハヤタ「おそらくセブンは記憶の中にあった地球で一番行動しやすい姿をイメージした結果だろう
私は恐らく・・・私の中に残ってたハヤタのDNAがなんらかの作用をもたらしたのでは無いだろうか・・・」
北斗「なんにせよ、みんな無事で良かった!」
ダン「だがこれからどうする?ウルトラの力を失った以上光の国にも帰れない、ウルトラサインを送る事も出来ないぞ」
ハヤタ「地球で地球人として暮らすしか、無いか」
郷「しかしどうやって?僕は殉職扱いになってますし、セブン兄さんには地球人としての戸籍が無い
マン兄さんは本物のハヤタがいるだろうし・・・」
北斗「そこはソレ、良い方法があるじゃ無いか!」
ハヤタ「何だ、その方法とは?」
北斗「良いから良いから俺に考えがあります」

813 :お前名無しだろ :2006/11/05(日) 21:39:09 ID:CMml4ptJ0
>>807
>80「(ボソッ)エースも来るぞ」

>ガスゲゴン「エースが来るぞぉぉぉぉ!!!」
>超獣軍団「うわあああああっ!(ズドドドドド・・・・)」

エース「…わしゃ、津波か?!」


814 :813:2006/11/05(日) 22:11:35 ID:CMml4ptJ0
>>812
うわ、割り込んじゃった ごめんなさい

815 :812:2006/11/05(日) 22:26:36 ID:6ZEVKtXX0
>>814
いや、まだ続き考え中だから別にOK
むしろ続きが書けるかどうか・・・

816 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 22:27:44 ID:KtLlf1gT0
>>815
北斗さん見切り発信ですか( ´∀`)ww
楽しみにしとります。

817 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 22:55:33 ID:6ZEVKtXX0
郷「エース!公衆電話があったぞ!!」
北斗「よし!確か80から聞いた記憶では今の防衛組織はGUYSとか言う筈だから・・・」
ピ・ポ・パ
ダン「エースはいったいどうするつもりなんだ?」
ハヤタ「まさか・・・」
GUYS隊員「ハイ、コチラGUYSジャパンですが」
北斗「あ、GUYSの人ですか?大変です!宇宙人が出ました!」
郷「!!」
ダン「あの馬鹿!」
ハヤタ「待て!様子を見よう・・・」
GUYS隊員「何ですって!そんな馬鹿な、ここ数年怪獣なんか出てないのに・・・」
北斗「本当なんですよ!空を見てたらいきなり空から落ちてきて・・・」
GUYS隊員「ハイハイ、分かりました。今から一人そちらに向かわせます。場所は?」

818 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説3話目「作戦」:2006/11/05(日) 23:10:52 ID:6ZEVKtXX0
ガチャン!
北斗「これで良し、と」
ダン「エース!どういう事だ!!」
郷「防衛組織を呼んだりしてどうするんだ!!」
北斗「だからです。防衛組織なら恐らく俺達が現役だった頃の人間が少なからず残っている筈です!」
ダン「地球人に我々の事を知らせろと言うのか!?」
北斗「俺達と同期だった奴らならもう昔より偉い役職にでも就いてる筈です。
それに恐らく彼等なら俺達の正体を知ったとしても口外する事は無いでしょう。セブン兄さんがMacに派遣された時のでそれは実証済みじゃないですか!」
ハヤタ「そうか・・・考えたな、エース!」
郷「しかし、問題はここに来た隊員が僕達の話を真に受けてくれるでしょうか?」
北斗「それは・・・ウーン」

819 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説4話目「再会」:2006/11/05(日) 23:21:57 ID:6ZEVKtXX0
ブロロロロ・・・
ダン「来たぞ」
ハヤタ「さて、どうするか・・・」
新入隊員「あなた達ですね?通報されたのは」
北斗「ハイ、そうです!」
新入隊員「で、怪獣はどこに?」
北斗「それが、ヘヘヘ・・・」
新入隊員「?まさか嘘の通報だったんじゃ無いでしょうね!?」
北斗「ちょっと待った、ちょっと待った!確かに通報は嘘だったけど聞いて欲しい事があるんだ!」
新入隊員「ふざけないで下さい!宇宙人が出たと言うから来たのに・・・
あなた達のおふざけに付きあってる暇は無いんです!失礼します!!」
北斗「オイ!ちょっと待ってくれよ!」
郷「やめろ、北斗!すいません、迷惑をおかけしました・・・」
新入隊員「以後、こんな事は無い様に・・・アレ?」
郷「ン、君は・・・もしかしてセリザワ君か!?」
新入隊員「郷さん?あなたはもしかして郷さん!?」

820 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説5話目「成功」:2006/11/05(日) 23:40:18 ID:6ZEVKtXX0
ダン「知り合いなのか?郷」
郷「次郎君の友達だったセリザワ君です。いやぁ大きくなったなぁ」
セリザワ「お久しぶりです、郷さん」
郷「GUYSに入ったんだね、次郎は元気にしてるかい?」
セリザワ「それが・・・僕は引っ越してしまったんで次郎君が今どうしてるのか分からないんです・・・」
郷「そうか・・・」
セリザワ「でも、僕も次郎から郷さんが残した言葉を胸にして頑張ってきました!だからこうやってGUYSの隊員になったんです!」
郷「そうか、次郎は君にも五つの誓いを教えてくれたんだな・・・」
セリザワ「ところで郷さん、聞いて欲しい事とは?」
郷「そうだったな、僕達をGUYSジャパンに連れてって欲しいんだ」
セリザワ「!何故?いくら郷さんでも関係者以外を連れて行く訳にはいきませんよ!」
郷「それは・・・僕がウルトラマンだからだ!」
セリザワ「!!まさか、次郎が言ってたのは・・・」
郷「ああ、本当だ。僕はウルトラマンとして地球を去った、だが今地球に危機が迫ってるんだ」
セリザワ「そんな・・・まさか・・・」
郷「頼む!俺を信じてくれ!!」
セリザワ「・・・分かりました!その代わり連れてくだけですよ!そこから先は郷さん達に任せます」
郷「ああ!ありがとう、セリザワ君!!」

821 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 23:41:48 ID:6ZEVKtXX0
休憩、つーかこれから先完結できるかな・・・

822 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 23:49:20 ID:khQ1G8MG0
>>818
久々にマトモな投稿だぁw早く820の続きが読みたい


823 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 23:54:11 ID:vhUroU9w0
ヘタレながら兄さんネタ投下

Uキラーサウルス戦数時間前

マン 「メビウスも立派になったもんだな」
セブン「ああ、メビウスももうウルトラ兄弟の一員だ」
エース「そうだそうだ!兄さんって読んでいいんだぞ〜」
先輩 「僕を呼ぶ時は『兄さん』だけでいい。上に何もつけなくていいから。
   『兄さん』だけで分かるようになるから。頑張るから」
メビ 「あ、ありがとうございます!その、に・・・にいさん、たち」
全員 「(*´∀`)」

エース「初々しいな〜♪」
マン 「タロウも昔は「兄さん兄さん」とうるさかったものだが・・・最近は教官の仕事が忙しいみたいだからな(寂)」
セブン「その教官の仕事、何か困ったことはないかと思ったんだが
    メビウスや他の訓練生も師事している。ソツがなさ過ぎるというのも寂しいもんだ」
先輩 「地球にいた頃は何かと危なっかしくて、よく兄弟で様子を見に行ったけど一緒に戦ったのはテンペラー星人の時だけでしたね」
エース「思い出すなぁ〜。タロウにしては珍しく生意気な口きいたり、兄さん助けて〜とか言ったり・・・」

全員 『あの頃はよかったなぁ』

メビ 「あ、あの・・・」
マン 「いいかメビウス。別にタロウが構ってくれなくて寂しいとか思ってないから」
セブン「鍛えがいのある弟欲しいとか思ってないから」
先輩 「天然タイプの弟(・∀・)イイ!!とか思ってないから」
エース「今度うまいパンの作り方教えてやるよ!」
マン 「てなわけで」

全員 『今日から君もウルトラ兄弟だ!m9(・∀・)ビシッ!!』

メビ 「??はいっ!ありがとうございます!」←よく分かってない

824 :名無しより愛をこめて:2006/11/05(日) 23:55:19 ID:vhUroU9w0
Uキラーサウルス戦後

メビ 「タロウ教官!」
タロウ「どうしたメビウス」
メビ 「あの、先ほど先輩方に「兄さん」と呼んでもいいと言われたんです。それで、そのぅ・・・」
タロウ「(・・・・・・兄さん達ったら、いくら可愛い弟分が欲しいからってまだ未熟なメビウスにそんな事を)
   もちろん私も呼んでもらえると嬉しいよ。初めてだな、そう呼ばれるの。弟ができたみたいだ」
メビ 「本当ですか!?」

タロウ「ただ、私には筆頭教官という立場がある。他の訓練生にも示しをつけなきゃいけない。
   君は優秀だが、まだ私の教え子の範疇を出ていない。ああ、呼ぶなと言ってるわけじゃないよ?
   回想なり妄想なり頭の中なり夢の中なり好きに呼んでくれて構わない。要は――」
メビ 「公私の区別はつけろ、ということですね」
タロウ「そう。これも大切なことだ」
メビ 「はいっ!(流石教官!普段は優しいのにここぞって時はビシッと締める!そこに痺れる憧れry)」

タロウ「君が一人前になって、私の教えが不要になった時
   本当の意味で"ウルトラ兄弟"になった時に・・・兄さんって呼んでくれるかな?」
メビ 「この先、教官の教えが不必要になるなんて事はありえません。
   ・・・でもいつか、面と向かってタ・・・タロ、ウ兄さんっ・・て呼べるぐらい立派になります!」

タロウ「ああ、その時を楽しみにしてるよ」
メビ 「タロウ教官・・・(感動)」
タロウ「さ、そのためにも特訓だ!」
メビ 「はいっ!よろこんで!」

ゾフィ「てな具合に相変わらずタロウがちゃっかりおいしいところを持っていったわけか。
   お前たち・・・『君もウルトラ兄弟だ!』ってメビウス相手に番宣はしなくていい。子どもにやれ。
   ある意味メビウスも子どもだが、相手が違う。他の訓練生がマネしたらどうするんだ?
   そりゃメビウスは優秀だが、ウルトラ兄弟ってのはある程度実績を上げて―――」
四兄弟「(´・ω・`)」

825 :メビウス最大のピンチ? その2:2006/11/06(月) 00:05:24 ID:nTrzcWV20
*この話はミライの正体がバレてからの話です。
テ「ただ今帰りましたぁ〜。寒かったぁ」
マ「一体どうしたのよ?」
ジ「雪が降ってきたんだよ。こりゃ積もりそうだぞ」
リ「まじかよ・・・」
コ「どうして判るんですか?」
ジ「田舎の爺ちゃんに昔教えてもらったんだ」
マ「あんたって妙に古臭いわよね」
ジ「ほっといてくれ」
ミ「雪って何ですか?」
マ「いざ説明するとなると難しいわね」
サ「とりあえず、外に出てみたら良いんじゃないかな?」

ミ「これが雪なんですか!白いんですね」
コ「ミライ君ったら凄く嬉しそう」
ジ「全く、子供みたいだぜ」
ミサキ「ここに居たんですか皆さん」
サ「やぁ。どうしたの、そのお鍋?」
ミサキ「食堂の人達が寒くなってきたからって、全部署に甘酒を作ったんです」
マ「それでわざわざミサキさんが?」
ミサキ「はい」
テ「やったぁ♪」
ジ「寒い時の甘酒は格別だからなぁ」
ミ「あまざけ?」
リ「甘酒ってのはな、米で出来た飲みもんだ。甘くて美味いぞ」
ミ「じゃあ頂きます・・・・あ、美味しいです!!」
コ「美味しい〜」
ジ「なかなかいけるな」
ミ「おかわり下さい」
テ「ミライ君まだ沢山あるから慌てなくても平気ですよ」

826 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 00:05:52 ID:8Tq6y1Ar0
やはり愛嬌でウルトラ兄弟入りしていたのか(*´∀`)メビ

827 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 00:07:10 ID:eTStLL540
>>815>>817-820
乙!続き、楽しみにしてる!!
>ダン「知り合いなのか?郷」
>郷「次郎君の友達だったセリザワ君です。いやぁ大きくなったなぁ」
20年後、このセリザワ君もウルトラマンになっちゃうんだよなーと思うと、
「縁」とか「世間は狭い」とか考えちゃって、ちょっとシミジミ…orz(歳の所為か?)

>>823-824
>「今日から君もウルトラ兄弟だ!」「特訓だ!」「はいっ!よろこんで!」
使い方上手い!!

828 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 00:27:19 ID:64sDaeqZ0
私見ながら、
馴れ合いな感じの超獣ネタを正直、読むのが辛くなってきてたので。
メビウス外伝やGUYSネタが楽しみだ。

829 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 00:30:21 ID:GADifrsu0
マジなのやホンワカしたのとかイロイロあるのがこのスレの特徴
マターリ行こうよ電車超獣もこれから楽しみだ

830 :825:2006/11/06(月) 00:33:54 ID:nTrzcWV20
タイトル間違えました。正しくは「GUYS最大の危機 その1」です。
その2はコチラ。

数分後。
ミ「ひろぃんれすよ補佐官っれぇ」
サ「ミライ、ひょっとして酔ってる?」
ミ「よっれるわけないじゃないれすかぁ」
ジ「おいミライ、もう止めとけって」
ミ「なんれれすかぁ斑鳩さぁん」
ジ「その名前で俺をよぶなぁぁぁぁ!!」
コ「泣いてどっか行っちゃた・・・」
リ「おいミライ!!本当にいい加減にしておけ」
ミ「きいれくらさいよぉ、補佐官ったらぼくらをつかまえれ、おとなしそうれじゅうじゅんだっれ」
テ「駄目ですよミライ君、その話は」
マ「何よ、『その話』って?」
テ「べ、別に」
ミ「補佐官・・・ゆるせらいぞぉ!!」
コ「腕にブレスが!!」
リ「冗談じゃねぇぞ、こんな所でメビウスになったらフェニックスネストが!!」
マ「それ以上に甚大な被害が出るわよ!!」
テ「ミライ君、しっかりして下さい!!」
ミ「ぼくはいつらっれへいわのためにたたかっれるんれす!!」
コ「何とかしなきゃ・・あ、リム!お願いリム、ミライ君を止めて!!」
リム「キュ〜」
(リム、ミライの頭上に乗り電撃)
ミ「ギャアァァァァッ!!」
マ「あ、気絶した」
リ「助かったぁ」
コ「有難うリム」
リム「キュ〜」
こうしてGUYSの危機は救われた。

831 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 00:43:51 ID:64sDaeqZ0
>>830
リム、ぐっじょぶw!

832 :ミライ日記:2006/11/06(月) 00:50:00 ID:Y6Yn6Xat0
11月ロベルガー日 天気:豆?

タロウ兄さんも帰って(うふふ、これからは教官じゃなくてタロウ兄さんと呼べるんだ!)
これからは「僕ひとりでやんなきゃいけない!」と思ってたところへ、円盤生物がきた
正直危なかったけど、GUYSのみんなと協力してやっつけた
バーニングブレイブになれる方法もわかった
タロウ兄さん、僕はGUYSのみんなと一緒でよかったです

僕はみんなの力を合わせて、一人前のウルトラマンです

こないだのノーバといい、円盤生物がやたらきそうなので兄さんたちにメールした
ほとんどの兄さんから「今、光の国に帰ったばかりで、M78温泉で湯治してるからレオに聞け」
って返事がきた
で、レオ兄さんからは返事のかわりに、ダンベルとヌンチャクが送られてきた
練習しなきゃ

今日のパン:どら焼き(円盤です)

833 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 00:59:53 ID:1AbclI0S0
>>820
セリザワさん出てきたあたりでなんか切なくなってきた。続き気長に待っているよ。

>>823
何故かSDキャラで浮かんでしまった。
「先輩」って表現が昔のネタを踏襲していて好きだったりする。

>>825
皆、仲良くやっていていい…本編でもこんな光景があるといいなと思った。
ただ、できれば名前はフル表記のほうが、すんなり読めていいかなと思ったり。


834 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 01:08:24 ID:jHfeYSeU0
>>832
ミライ・・・まだ豆が何たるか判ってないようだなw
傘は送られてこなかったのかな?

835 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 01:32:08 ID:7ovX9HxG0
今日のパンはマジ秀逸

836 :レオ地球来訪前夜:2006/11/06(月) 01:34:47 ID:u2LqKlLI0
宇宙警備隊司令部
父「それで、80の容態は?」
母「命に別状はありませんが、しばらくは安静にすべきかと」
父「むう・・我々の光波熱線を無力化する敵がよりよって地球に
向かうとは・・」
そこへレオが入室してくる
レオ「大隊長、私が地球に行きましょう」
父「おお、行ってくれるか!」
レオ「ええ。タロウ教官の秘蔵っ子も拝んでおきたいですしね」
父「うむ。君の格闘術ならあの敵に有効だろう・・しかしすまんな
同胞を探がさなければならない君に任務を与えて・・」
レオ「お気になさらず。タロウ教官もインペライザー戦でのダメージが
残っていますし、80も今は安静の身・・それに地球は私の故郷でも
ありますから」
父「そうだったな・・兄弟もヤプールの再監視で動けぬし、ゾフィー隊長
も、今は動くことは出来ない・・」
レオ「ゾフィー隊長は、やはり、ヤツに備えて?」
父「うむ。ゾフィーが動くときは我ら宇宙警備隊の存亡に関わる戦いの始
まりになろう・・頼んだぞ、レオ」
こうしてレオは地球に向かった。

837 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 02:28:39 ID:ReZR4AyT0
>>836
レオの「地球は私の故郷」って台詞に震えた。
燃える展開の予感……!
続きを楽しみに待ってます。

838 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 07:43:28 ID:64sDaeqZ0
>>837
続きは34話だねw。

839 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 07:46:19 ID:iOX+uHCuO
「ファイヤーウィンダム!」
「メビウスバーニングブレイブ!」
「ウルトラダイナマイト!」
「ゾフィーロウソク!」



マリナ「暑苦し……」

840 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 15:05:47 ID:luTsO99z0
ウィンダム「そぉら逝けえぇ!今度こそ、青き清浄なる世界の為に!」

841 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 16:27:35 ID:Jbfp0XvN0
>>839
> 「ゾフィーロウソク!」
をいw
せめて「ゾフィーファイヤーヘッド」くらいにしてあげようよ。

842 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 16:40:13 ID:Z/Q6nZuf0
とうとう技名ついちゃったよw
当時のスタッフもここまで後を引くとは予想していなかったに違いない。

843 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 16:56:42 ID:ejRwzg+z0
ファイヤーゾフィーの方が好きだな

844 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説5話目「潜入」:2006/11/06(月) 17:31:42 ID:GADifrsu0
ダン「どうにか入り込めたな」
ハヤタ「郷のおかげだな」
郷「いえ、それより基地に入れたとは言えこれからどうしましょう」
ハヤタ「この服では怪しまれるだろう」
北斗「セリザワ君から地図でも貰っておけば良かったなぁ」
ダン「この基地にキリヤマ参謀やフルハシさんがいれば・・・」
郷「ここは・・・射撃場か?」
チャカ!
サングラスをかけた男「何者だ、ここで何をしている!?」
ダン「しまった!!」
サングラスをかけた男「みょうちくりんな格好してやがって・・・」
北斗「クソ、こうなったら・・・」
サングラスをかけた男「抵抗する気か?・・・ム、貴様は!」
北斗「あなたは・・・山中隊員!」
山中「北斗?お前北斗か!久しぶりだな!元気だったか?」
北斗「ハイ、おかげ様で。」
山中「お前がウルトラマンエースとして地球から去って以来だな。で、お前がなんでここにいる?」
北斗「実は・・・エースとして北斗としてお願いがあります」



845 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 17:33:00 ID:GADifrsu0
>>844
ちなみにハヤタ達の服装はテンペラー星人の時のモノと想像下さい

846 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 17:59:31 ID:qDACIve30
>>729
80「8000歳で苦戦もなく地球を守れた俺ってもしかしてめちゃくちゃすごいのか」
ゾフィー「………」

847 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 18:25:41 ID:mQeElhdx0
そもそもバードン戦でゾフィーの頭に火が付いたのは撮影中の事故だったらしい。
運が悪かったと言うしかないな・・・。

848 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 18:40:12 ID:Z/Q6nZuf0
>>847
そういわれているが、実際には違う。
あれはスタッフが狙ってやったものなんだよ・・・
タロウDVDのライナーノーツに特撮監督の言葉で書いてあった。
頭部に灯油をつけたガーゼを銀色に塗装して頭部につけて
バードンの火炎で燃え上がらせたように見せる。
そして次のカットから、頭部が炎上した状態で撮影を開始して
吹っ飛ばされて湖で消化するというのは全部狙った流れなんだとさ。

849 :名無しより愛をこめて :2006/11/06(月) 18:40:31 ID:ovSMgZUE0
>>847
スタン・ハンセンの必殺技のラリアートも最初は事故だったんで
ゾフィーも、事故から必殺技へと昇華させたんだよ
たぶん、毎日のように頭を燃やして

850 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 19:17:52 ID:yPtgsvZu0
わざわざそんな手間かけてまで醜態を晒させるなんて
スタッフは兄さんに何か恨みでもあったのかw

851 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 19:27:40 ID:I/Yb5e5s0
バードンの強さ、恐ろしさを強調したかったんだろうけど……。
何と言っていいのか、言葉が見つからない。

852 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 19:57:07 ID:Z/Q6nZuf0
このさいだから補足しておこう。

この頭部炎上のシーンの演出は「台本にはなかった」とのこと。
つまり現場で苦戦を表現するために作られたアドリブ的なシーン。
んで、焦げて汚れた姿で這い上がるほうがゾフィーの苦闘が伝わるという意図。
何から何まで強いのでは面白みにかけるから、弱さを表現する意味もあった。

当時のスタッフの狙いは見事に的中したようだ。

853 :メビウス育成ゲーム 補佐官の場合 1/4:2006/11/06(月) 20:14:40 ID:1CeivBwP0
ト「最近GUYSの隊員たちに人気のあのゲーム手に入れたか?」
マ「はい!メビウス育成ゲームですね。入手するの本当に大変だったんですよ。だから大事に遊んでくださいよ」
ト「わかっておる!わかっておる!」
マ「(そんなこと言われても、PCの熱帯魚育成ゲームで「わしが鍛えてやる!」とか言って水温を最高にして茹で熱帯魚を作って全滅させるような人だからなぁ・・・)」

トリヤマの部屋にて

メ『トリヤマ補佐官、もうやめてください!少しは寝かせてください!』
ト「なにを言っておる!まだ徹夜3日目ではないか!わしがオマエを最強のウルトラマンにしてやろうというのだからありがたく思え!」
メ『んな無茶な・・・(セブンが運転するジープ出現)ギャァァァァ!!!!!』
ト「なんと軟弱な奴だ。こうなったら徹底的に鍛えなおしてやる!」

数日後
GUYSの司令室でみんながくつろいでいると

ト「うわぁぁぁ〜〜〜〜ん!!!どうしよう!?どうしよう!?」
サ「どうかしたのですか?」

854 :メビウス育成ゲーム 補佐官の場合 2/4:2006/11/06(月) 20:22:16 ID:1CeivBwP0
ト「わしのメビウスが!わしのメビウスが!」
リ「まさか死なせたんじゃあるまいな?」
コ「ひどい!」
マ「トリピー最低・・・」
ミ「補佐官!」
ト「違う!それより状況が悪くなっているのだ!(メモリーカードを差し込んでトリヤマ製メビウスを見せる)」

メ『ケッ!やってられっかよ!』

ト「今朝起きてみたらメビウスがぐれてしまったのだ!なんとかしてくれ!」
ジ「歩きタバコに剃り込みリーゼントにサングラスに長ランに下駄って・・・一体いつの不良なんだ?」
テ「あっ、メビウスがタバコのポイ捨てをしてる!」
ミ「(物凄く気まずそうにしてる)」
マ「ちょっと!このメビウス、ファイアーウォールを破ろうとしてるわよ!」
リ「このままじゃマケットゼットンの二の舞だぞ!」
テ「よし!こうなったら隠しキャラのゾフィー投入だ!頼むぞ!ゾフィー!」
サ「(ゾフィーいたんだ。あとで出し方をテッペイに聞こう)」

855 :メビウス育成ゲーム 補佐官の場合 3/4:2006/11/06(月) 20:31:12 ID:1CeivBwP0
ゾ『そこまでだ!メビウス!この私が相手d・・・』
メ『引っ込め、このタコ!ウルトラ火炎瓶!』
ガシャァァァァン!(火炎瓶がゾフィーの頭に命中しゾフィーの頭炎上)
ゾ『ウギャァァァァ!』

こうかはばつぐんだ!ゾフィーはたおれた!

テ「あぁ!ゾフィーが!」
ト「あわわ・・・なんてこった!」
コ「あれ?サコミズ隊長、ゾフィーがやられる所を見た途端に部屋の隅で頭を抱えて震えてますよ」
リ「んなこと、どうでもいいだろ!とにかくなんとかしろ!」
ミ「(リュウに小声で)あの・・・こないだのときみたいに僕が中に入ってなんとかします」
リ「(小声で)あぁ、頼んだぞ」

ミ「よし、いくぞ!メビウースッ!(コンピュータの中に入っていく)」

コ「ミ・・・じゃなくてメビウスが現れました!」
リ「(頼むぞ、ミライ!)」
サ「嫌だ・・・頭燃やさないで・・・つつかないで・・・・(ガクガクブルブル)」


856 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 20:39:36 ID:RJbLGYpe0
>>847
あのあとに池につっこんだのは
台本通りなのかアドリブなのか気になるな
ゾフィーの動きからして台本通りなんだろうけど

857 :メビウス育成ゲーム 補佐官の場合 4/5:2006/11/06(月) 20:46:03 ID:1CeivBwP0
メ『そこまでだ!』
悪メビウス(以下悪メ)『このままフェニックスネストの全機能を掌握してやる!おまえなんて返り討ちだ!』

テ「あぁ!補佐官のメビウスひどい!いきなりメビウスに金的攻撃をした!」
ジ「うわっ!痛そうだ・・・」
マ「悶絶してるメビウスに根性焼きを入れ始めたわ・・・」
コ「(補佐官を軽蔑した目で見る)」
ト「なんでそんな目で見るのだ?!」
リ「なんか、今までで一番苦戦してないか?」
ジ「あぁ・・・俺も今そう思ってたんだ」
テ「あっ・・・何かがコンピュータに進入してきました!」

悪メ『ったく、本物ったって大して強くないな。こうなったら俺が本物に・・・(どこからか飛んできた光線が直撃!)ぐわぁっ!!!」
ドカァァァァン!!!!!!!
メ「え?」

テ「補佐官のメビウス消滅しました!」
リ「一体何が起きたんだ?」
ジ「おい・・・メビウスの隣にいる奴は何者なんだ?」

メ「君は?」
?「私はただの通りすがりさ。おや?どうやらコンピュータワールドに危険な侵入者が現れたようだ。また会おう!(トンネルを空けて、そこに入っていく)」
メ「・・・そういえばかすかに「グリッドビーム!」って掛け声が聞こえたような・・・」


すみません。
もうちょっとだけ続きます。

858 :メビウス育成ゲーム 補佐官の場合 5/5:2006/11/06(月) 20:52:34 ID:1CeivBwP0
ミ「それにしても、あの謎のヒーローは何者だったんだろう?」
リ「さぁな」
テ「コンピュータの中の謎のヒーローといえば10年以上前、こんな都市伝説がありましたよ」
コ「知ってる知ってる!たしか、コンピュータのトラブルが物凄く起きた年があって」
テ「そう!そのトラブルの原因というのがコンピュータの中に怪獣が入ってたんですよ。
それをどこからか現れたヒーローがやっつけてトラブルを解決する。」
ミ「そのヒーローに名前はあるんですか?」
テ「何処の誰がそう呼ぶようになったか知らないけど、そのヒーローは」
リ「グリッドマンって呼ばれてたんだよな」
テ「ひどいですよ!リュウさん。一番いいところを横取りするなんて」
コ「サコミズ隊長、もう大丈夫ですか?」
サ「あぁ。取り乱してすまなかった。コーヒーを入れたからみんなで飲もう」
ト「まぁ、無事解決したんだし、そんなこと気にせんでいいだろう」

全員「アンタが言うな!」



859 :以前から触れられているネタですが:2006/11/06(月) 21:00:33 ID:mhATvaL80
ジョージ「メビウス!!流星キックだ!!」
メビウス「たああああっ」

──その頃ウルトラの国では
タロウ「( ;゚д゚)わ、私が教えたスワローキックはっ??」
新マン(ニヤリ( ̄ー ̄) GJ!ジョージ!)



コノミ「GUYS基地にノヴァが出現!!」
メビウス(テレポーテーションしかない!!)

──その頃ウルトラの国では
タロウ「( ;゚д゚)わ、私が教えたハズのダッシュワープがあああっ??」
マン(ふふふふふ( ̄ー ̄) こっそり教えたかいがあったというものだ)



その後──

パパ「地球に脅威が迫っている…誰かが行かねばなるま… どうしたタロウ?目が血走ってるぞ?」


テッペイ「これは…アウトオブドキュメントにも記録が無い…新種の円盤生物です。」
レオ&80(=ΦωΦ)キラーン

このスレのせいで最近の展開はこうとしか見れないww



860 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 21:22:32 ID:7zKgTxDb0
>>853
>>800書いた者です。続編来てるー!何かすごい嬉しい♪ありがとうございます!
853さんのは正体バレ後の話ですね。ゾフィー噴きましたw

>>859
嬉々として胴着を用意するレオが浮かびましたw

861 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 21:47:10 ID:cu+I+FgG0
アライソ整備長「育成ゲームだと!!
        それならワシに任せろ!!
        【リム〜〜!電撃だ!!】」
リムエレキング「きゅっききゅ〜〜〜♪」




すまん、申し分けない・・・

862 :追憶1/3:2006/11/06(月) 21:49:29 ID:xwbUEetn0
M78星雲・勇士司令部にて。
メビウスの活躍は、他の面子にも知れ渡っていた。

ネオス「新人、頑張ってるな」
21「ああ、そうだな」
ネオス「みんなの期待を一身に背負ってる」
21「それだけじゃない。彼には信じあえる仲間たちがいる。だから困難にも
立ち向かっていけるんだ」
ネオス「仲間かぁ…」

広大な空。

色とりどりの星々が、宝石の煌めきのように瞬いている。

863 :追憶2/3:2006/11/06(月) 21:50:20 ID:xwbUEetn0

懐かしいかも。

強面で厳しかったけど、チェスだけは弱かったミナト隊長。

隊長に負けないくらい強面だけど、生真面目すぎの気遣いさんだった
ウエマツ隊員。

いっつも怒られてばっかだったけど、俺のこといろいろ心配して
くれたナナ隊員。

どっかおちゃらけてるけど、実際はナイーブで熱い心を持って
いたヒノ隊員。

いつも馬鹿にされてたけど、ちゃっかり者でしっかり者だった
アユミ隊員。


元気かな?

元気、だよね。
きっと…

864 :追憶3/3:2006/11/06(月) 21:51:58 ID:xwbUEetn0

ぼんやりと懐かしそうに、空の彼方を見上げるネオス。

21「どうした?」
ネオス「え!?いや、別に」
21「さては…地球が懐かしくなったか?」
ネオス「な、懐かしくなんてなってないって!」
21「そうか…」

21の視線の先を、不意によぎる金色の流星。

金色の輝きに、僅かに瞳を曇らせる。


865 :ミライ日記:2006/11/06(月) 21:52:17 ID:Sv/A/3bE0
11月平和な日 天気:木洩れ陽

昨日のサコミズ隊長の誕生日会、
楽しかったけど何だかよくわからなかったので、テッペイさんに聞いたら、
生まれた日がくるごとにみんなでお祝いをするのは、地球ではよくあることらしい。
地球人ってなんてステキなイベントを思いつくんだろう!
僕の誕生日にも誕生日会をしてくれるって言ってくれたけど、
僕の本当の誕生日っていつなんだろう、と思った。

あと、豆は年の数だけ食べると1年を健康で送れるんだそうだ。
豆ってすごい力があるんだな。
こんど光の国へも豆を送りますね。
光の国のみんなも健康でいられますように。

僕はこれからも、大切な仲間たちと一緒に地球を守っていくけれど、
光の国のみんなのことも忘れたことはないよ。
みんな元気にしているかな?

今日のパン:甘食(これも円盤だ。牛乳と一緒に食べると美味しい)

PS.タロウ教、じゃなくてタロウ兄さん、
前に教えてもらった「おーい!」を使うことがなくなって少し残念です。

866 :追憶2(1/3):2006/11/06(月) 21:53:16 ID:xwbUEetn0

何も伝えられなかった。

僕は、まだ彼女に『本当の気持ち』を-------------------

だけど、僕は待ち続ける。

遙かな遙かな、星の物語。

君が書き残した『物語』を、ともに連ねるために。


867 :追憶2(2/3):2006/11/06(月) 21:54:13 ID:xwbUEetn0

地球。

夜空を見上げながら呆然と立ちつくすミライ。

ミライ<遙かな空の向こうで、きっと僕の仲間たちも『金色の円盤』を見ているんだろう>

ジョージ「おい、ミライ!今の見ただろ?」

テッペイ「大きな流れ星ですよ、流れ星!」

マリナ「綺麗な金色の光だったわね!」

ミライ「…ええ」


868 :追憶2(3/3):2006/11/06(月) 21:56:39 ID:xwbUEetn0

星空が書き記した追憶。

いつか僕も、この空へ思いを馳せる日が来るのだろう。

大切な人たちと過ごした、輝きを思いながら。

=====================================================================


ネオス「宮崎で飲んだ焼酎の味が忘れられない…(泣」
21「…は?」

869 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:03:01 ID:V3ytL9AB0
これミライ君や。
一体いくつ豆買い占めるつもりかねw

店主「はぁ!?あんたフザケテ…るようには見えないねえ。真面目そうだし(困惑)」

ミライ「年の数だけ食べたら1年病気をしないで元気でいられるんですよね!
  大隊長・隊長・教官・兄さんたち・同期たちにも食べさせてあげたいし…。
  ですから、20万粒ほど売ってください!…おすそ分けの分考えたらたりるかなあ…」

サコミズ「…ミライ。いいこだからちょっとこっちに。」

870 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:04:27 ID:V3ytL9AB0
リロ失敗してますたorz ↑は
>>865へのレスです。


871 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:07:18 ID:9OAfdTyh0
大分遅いネタだけど

タロウ「近いうちにかつてないほどに重要で、過酷な任務があるので
    今からその特訓をする。心してかかるように!」
メビ 「は、はいっ!」

タロウ「そこで構え!もう少し脇を締めろ!」
メビ 「はいっ!」
タロウ「ここで連携だ!周囲と呼吸を合わせるんだ!」
メビ 「はいっ!」
タロウ「よし!メビュームシュートの態勢に入れ!決してタイミングを間違えるな!」
メビ 「は、はいっ!(いつになく教官が厳しい・・・それだけ重要なんだ!)」

タロウ「私のもてる全てを教えたつもりだ。後は自信を持って堂々と取り組め。大丈夫、君ならできる」
メビ 「はいっ!精一杯頑張ります!」


金曜の夜
メビ 「(きょ、教官・・・プレッシャーに押しつぶされそうです)」
タロウ「(しっかりしろメビウス!あと少しだ!)」
メビ 「(し、しかし)」
タロウ「(自信を持つんだ!君は立派にこなしてる。誰もが君の勇姿を見て希望を抱くだろう。
   君を誇りに思うぞ、メビウス!)」
メビ 「(きょ、教官・・・)」
タロウ「(さ、これで最後だ!・・・決めるぞ!)」
メビ 「(はいっ!!!)」

 『あ〜あ♪ウルトラっ ヒ〜ロォ〜♪』

パチパチパチパチ
アナ「KIY○SHIさんとウルトラヒーローズで「未来」でした。ありがとうございましたー」
タモ「ここでCMです」

872 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:09:49 ID:Z/Q6nZuf0
>>871
紅白にも期待してるぜ!

873 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:18:47 ID:N71xXtii0
>871
いつになく真面目に特訓しているかとおもったらそれかい!!

しかし何回見てもよかったなぁ、ウルトラ兄弟のステージ。

874 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:22:16 ID:1AbclI0S0
育成メビに補佐官ネタが! やってくれるな補佐官!!

今日の流れは笑って和んでしんみりしてって、いろんなネタがあって
バラエティに富んでいるというか。色んな書き手がいて活気あるのが良い感じに作用していて…
いいや、小難しい事はおいといて、このスレ好きだー。
まとめサイトの中の人も、いつも有り難うございます。

875 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:25:01 ID:owM0kyc7O
もし紅白でメビウスのあの良くできた気配りを見られたら、来年はきっと良い年になるような気がするw

876 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:28:39 ID:vOHy7Cks0
>>869
お、恐るべき天然なミライ君w
GJ!

ところで、現在の「レオ」って宇宙警備隊内でもどの位の
実力者って認識されてるんだろう?(なんか、隊長代行らしいし。)
俺個人の願望としては、
「体術・格闘術のトップスペシャリストで肉弾格闘戦に限定した場合、
 ウルトラ兄弟の中でも最強の超エキスパート。」
であって欲しいんだが。

877 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:28:47 ID:FSTY2U+00
天下の紅白の舞台に笑っていいとも増刊号モードのメビウスが降臨したら……


それはそれでいいか。

878 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:33:43 ID:9OAfdTyh0
Mス○収録後

メビ 「ふぅ〜〜さすがに生放送は緊張しましたよ教官〜」
タロウ「ああ、私もだ。こっち方面でキャリアの長いマン兄さんだって
   まさかM○テ出演なんて考えてもみなかっただろうな」
メビ 「ありがたい話ですね」

ガチャ
♪〜〜とおい空のかーなたかーら 僕らのまーちへー〜〜♪

メビ 「こ、この歌は!(;゚Д゚)」
タロウ「ファミ劇にて絶賛放送中のウルトラマンエース体操!!みんな、エース本編と合わせて見よう!ヽ(・∀・ )」
メビ 「誰に言ってるんですか?」

♪〜やってきーた戦士〜〜♪

エース「ウルトラまーんエーすぅ〜」
タロウ「微妙に音はずしましたよ兄さん」
エース「Mステ終わって一安心とは、師弟揃ってまだまだ青いな!
   今からウルトラ兄弟全員でファミ劇主催
   『ウルトラマンとすごそう クリスマス☆パーティ2006』に向けて
    エ ー ス 体 操 の猛特訓だ!」
タロウ「パーティではエース体操のほかにボクたちのショーもあるよ!応募締め切りは11月30日だからお早めに!
    みんな、今年のクリスマスはボクらと過ごそう☆」
エース「パーティに来た皆にもれなく、オレの焼いたパンをごちそうするぞ!」
メビ 「そ、そんな確証のないことは言わない方が・・・」
エース「何を言う。ファミ劇CMで子どもが食ってたウルトラマンのパンはオレ製だ」
メビ 「Σ(゚Д゚;エーッ!」

879 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:37:04 ID:9OAfdTyh0
エース「パンとエース体操を楽しみにしてる子どもたちの期待を裏切るわけにもいかん!
   他の兄弟たちも特訓を始めてるぞ!」

セブン「その手は何だ!その目は何だ!その腰は何だ!!
お前の体操で子どもたちの笑顔が勝ち取れるか!?
この地球が救えるか!?みんな必死に踊っているのに、恥じらう自分を恥ずかしいと思わんのか!
    やるんだ!もう一度やるんだ!」
レオ 「た、たぶんソレ俺は出ないんじゃないかと・・・」
アス 「それにエース体操じゃ地球は救えな」
エース「なんだとゴルァァァ!!
    夕子と一緒に考えたんだぞ!地球どころか銀河系だって救えるとも!」
アス 「いやでも体操じゃ」
エース「こいつ、ぶんなぐってやる!」
レオ 「逃げろアストラー!」
アス 「にいさーん!」


タロウ「・・・・とりあえず、ヒーローショーの練習しよう」
メビ 「はいっ!」
タロウ「んじゃ手始めにスワローキックからやろうか」
メビ 「Σ(゚д゚lll)」

880 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:37:10 ID:qVIXYX+NO
>>869
>ミライ「年の数だけ食べたら1年病気をしないで元気でいられるんですよね!
>大隊長・隊長・教官・兄さんたち・同期たちにも食べさせてあげたいし…。
>ですから、20万粒ほど売ってください!…おすそ分けの分考えたらたりるかなあ…」

ミライ! 20万粒ではおすそ分けどころか同期に配るのも無理だ!
というか大隊長や兄さん達にあげるだけでももっともっと要るぞ。

881 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 22:37:54 ID:8Tq6y1Ar0
戦ってる暇ねーっっ(;´∀`)

882 :紅白と例のCMから…:2006/11/06(月) 23:05:05 ID:1AbclI0S0
テッペイ「もうじき紅白の出演者が発表されますねー」
マリナ「えっ、もうそんな時期!? GUYS入ってからはあっという間に時間が経つわね」
サコミズ「〜♪ しみじみ飲めば、しみじみと〜♪……って、八代○紀は出るかなぁ?」
コノミ「隊長、八代○紀のファンなんですかぁ?」
サコミズ「僕が……っていうよりも、コーヒー好きの知人が……ね♪」


ジョー○ズ「シミジミ飲メバ、シミジミト〜……♪」

883 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 23:14:36 ID:Z/Q6nZuf0
ミライ「紅白ってなんなんですか?」
テッペイ「あ、そっか。ミライくんは初めてだよね」
マリナ「大晦日に白組に男性の歌手、紅組に女性の歌手と別れて歌合戦するのよ」
ミライ「へぇ〜、それは楽しそうですね!」
ジョージ「日本の年越しはやっぱり紅白だよな!」
リュウ「お前、結構日本人なところ残ってるんだな」
トリヤマ「まー、大晦日にまさか怪獣はでるまい!
     ここはひとつ皆で紅白を見ながら年を越そうではないか、ん?」
マル「いいですねー、それ」

ミライ「(どっ、どうしよう・・・その紅白にでないといけないのに・・・)」
サコミズ「(参ったなぁ、KIYOSHI君の応援に会場にいかないといけないのに・・・)」

884 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 23:20:26 ID:owM0kyc7O
>>878-879
大ワロタwww

>>882
サコミズ隊長と八代亜紀の取り合わせに全く違和感を感じなかった俺はよろしくないのだろうか…?

885 :名無しより愛をこめて:2006/11/06(月) 23:38:07 ID:eTStLL540
職人の皆さん、今日もありがとうございます
風邪で熱と咳に閉口してますが、読まずには一日が終わらない今日この頃

>>882
最後の1行で笑った
そのまま咳き込んで苦しッス
GJ!!

886 :電車超獣・出走編1/3:2006/11/07(火) 00:07:14 ID:yheCXLIX0
激闘編から一週間後――
ベロクロン「で、モノの見事にレッドジャック達は逃げ帰ったわけか」
ユニタング「何匹かは潜伏崎のアパートに引き篭もってるし」
バラバ「何か恐ろしい目にでも遭ったのか?」
バキシム「ウルトラ戦士三人に襲われれば、相当恐ろしいと思うがな」
ドラゴリー「けっ、引き裂いちまえばよかったんだよ」
バキシム「ええい、それより改サボのほうはどうなったのだ。何故パソコン室が使用禁止になっているのだ!」

ブー先生「・・・・・どうしよう」
アクエリウス「どうすんの、これ」
ギラルス×100『ギャオオオオオオ〜』
アクエリウス「何をどうしたら、ブー先生のギラルスが百匹に増えて学校中のパソコンに伝染するわけ?」
ブー先生「・・・・なんでだろ」

オイル「いやあ、しかし唐揚げが一パック250円とは、今日はラッキーデーだな!」
改ベロ「超獣生活最良の日だな!・・・何だ、この土鍋は(バリボリ)け、不味い」
オイル「なんだ、改サボの奴また漫画喫茶か。出かけんなら片付けやがれ。おい、外に放り出そうぜ」
改ベロ「あ、いけね。ラーメン買ってくんの忘れた」
オイル「仕方ねえ、もう一度いくか。ついでに改サボの馬鹿も連れ戻そうぜ」

改造ヤプール「ヌハハハハ!私ともあろうものが、鍋を買ってカニを買い忘れるとは!」
トロンガー「あのよぉ、俺もう帰っていいだろ?いい加減ミヤタの野郎追いかけたいし」
改造ヤプール「まあ待ちたまえ、極上のタラバガニを私の部下達と共に食べようではないかって、鍋がぁぁ!」
トロンガー「ガスコンロは踏み潰されてるし・・・・・・」


887 :電車超獣・出走編2/3:2006/11/07(火) 00:09:16 ID:UZIjtAYm0
80「あれっ?ゾフィー兄さん!どうしたんです、こんな所に」
ゾフィー「いや、80の仕事場を一度見たくてな・・・なかなか綺麗じゃないか」
80「ええ。・・・・この前の事ですか?」
ゾフィー「ああ。80、何故改造サボテンダーを守り、超獣たちを倒さなかったのだ?」
80「その理由は明白です。彼らは、私の生徒だからです!改造サボテンダーは彼らの仲間です!」
ゾフィー「・・・・・生徒の中に超獣が紛れ込んでいるのか?!聞いてないぞ、80!」
80「すいません。あえて報告しませんでした。報告すればきっと倒すように指令が来ると思ったからです」
ゾフィー「当然だ。子供たちを、破壊することしか頭に無い超獣と一緒にしておくなんて・・・」
80「いえ。それは間違いです。彼らだって心はあります!正しい道を進むことも出来ます!その手助けをするのが教師なんです!」
ゾフィー「・・・・超獣は不良とかじゃないんだぞ、80」
80「と、とにかく、この件は私に任せてください」
ゾフィー「分かった、80がそこまで言うなら任せる」
80「はい・・・・!」
ゾフィー「あとな、スコットが体育の授業でアストラをジープで追い掛け回すのをやめさせるんだ。誰が教えたんだ」

スコット「オー!トビゲリ!ワンダホー!」
ユリアン「これはね、レオさんがベキラと戦ったときの映像。地球にいると体なまっちゃうから、ビシバシ運動させてね」
スコット「マカセテクダサーイ!」


888 :電車超獣・出走編3/3:2006/11/07(火) 00:11:42 ID:yheCXLIX0
――改サボテンさんが入室されました。
改サボ:あの、誰かいます?

改サボ「・・・誰も、いないか」

――クロバト小次郎さんが入室されました。
改サボ「あ、ブラックピジョン先輩だ」

改サボテン:どうも、ブラックピジョン先輩
クロバト小次郎:おい、バカ!
改サボテン:すいません、すいません!
クロバト小次郎:まあいいや、誰もいないみたいだし
改サボテン:すいません
クロバト小次郎:で、お前はずっとここに引き篭もるつもりか?
改サボテン:すいません・・・・
――白黒服さんが入室されました。
クロバト小次郎:ん?誰だ?スチール星人か?・・・あいつはパンダラブだったな
白黒服:お話したい事があります。もし、もし来てくれるなら、駅で待ちます。待っています。
――白黒服さんが退室されました。

改サボ「(まさか・・・駅って・・・あそこしかない)」
ガタッ、タタタタタタ・・・・・
店員「おきゃくさーん!お金―っ!」


889 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説7話目「進展」:2006/11/07(火) 01:32:21 ID:bNEMOaFV0
山中「そうか・・・そんな事が・・・」
北斗「どうでしょう?山中さんの力でなんとか!?」
山中「とは言っても俺はGUYSの射撃教官に過ぎん、今野は新型ロケット開発部だし吉村はスペーシー勤務だ。
美川君は結婚退職してるし、参謀に昇進された竜隊長はGUYSアメリカ勤務だ」
北斗「そうですか・・・」
山中「力になってやれそうに無くてスマン!」
北斗「いえ、山中さんのせいじゃありません!」
ダン「すまないが山中君、他に科特隊やウルトラ警備隊、MATの隊員達が今どうしてるかは知らないか?」
山中「ウーン・・・分からんが調べる事は出来る、よしこの射撃場の向こうに使ってない倉庫がある。しばらくそこに隠れててくれないか?
その格好で基地を歩き回る訳にもいかないだろ」
ハヤタ「ありがとう・・・山中君!」
山中「いえいえ、良いって事ですよ、まさかあの伝説のハヤタ隊員や、ダン隊員に会えるとはね。郷隊員は偽者にだったら会ってるんだが」

890 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 09:15:45 ID:mQnIWkZU0
>>889
(´・ω・`)なんだか収拾つかなくなってきてないか?

891 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 09:39:12 ID:OR9mxeUI0
茶々を入れずに見守ろうよ

892 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 14:33:52 ID:uljJA38u0

ここはウルトラの国
ウルトラ警備隊の中でも栄えあるエリートに贈られる称号ウルトラ兄弟
彼は今日も宇宙の平和の為に努力を怠らない

ゾフィー「つまりだな、モグ…今月はアンドロメダ方面への協力要請にたいして…」
マン「しかしそれではムシャ…本国の守りが手薄になるのでは…モグ」
セブン「地球に迫る新たな脅威も見過ごせませんし…ポリ…ここは兄弟のうちの何人かが…」
新マン「ところでお前今、いくつめ?」
A  「2372…ちょっと!話しかけないでくださいよ。わからなくなっちゃうじゃないですか!」
ゾフィー「お前達、もうちょっと真面目にだな…」
レオ 「つかなんなんだよ、この豆の量は!」
マン 「お前だって地球にいたんだから知らないわけじゃないだろう」
レオ 「知ってますよ!節分でしょ。年の数だけ食えたってなあ、ウルトラ族にそれは拷問に近いって!
    そもそも季節外れだって!」
タロウ「せっかくメビウスが僕らの健康を祈って送ってくれたのにそんな言い方ないじゃないですか!
    僕は食べますよ!1万2千粒!」
マン 「カラータイマー点滅してるぞ…」
80  「ノルマきちぃー」
 
all  「お前が言うな!」

893 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 14:46:21 ID:+7x4LWfP0
計量してから食え!

894 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 14:53:51 ID:nZ5dlgPu0
wwwはぁーっ、ためいき出るほど笑わせてもらいましたよ。
このスレは1つのネタから次々と新ネタが派生するところがいいよね。

895 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 15:12:08 ID:DZJ2GHes0
>892
ヒカリ「一粒平均5グラムだから・・・ああ・・・
    一粒平均1ccとして・・・ああ・・・絶対無理だ!
    一粒平均40カロリーとして・・・いやだ!」

タロウ「誰だ!食べかけもしないで、そこで文句言ってる奴!」

896 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 15:23:50 ID:lTDJ3OLz0
ヒカリ「……決めた。セリザワの歳の数だけ食べます」
タロウ「その手を使うとは……」

897 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 15:25:38 ID:be9F5/AX0
さすがインテリw

898 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 15:38:08 ID:3rY+IiSFO
エース「じゃ俺も」
先輩「助かったぜ」
セブン「二万粒も食えるか。
レオ、お前も適当な所で切り上げとけ」
マン「我々ウルトラマンは神ではない。
どんなに頑張っても食べ切れない豆もある。
…というわけで私も」
タロウ「わ…私は食べます……うっふ゜」


父「地球滞在組はいいなあ……しくしく」
キング「……………」ピコンピコンピコンピコン…

899 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 15:49:27 ID:DZJ2GHes0
爺ちゃん!気を確かに!

900 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 16:27:03 ID:IMXSrKyyO
いつもいないのに何でこんな時にいるんだよw

901 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 16:38:16 ID:ih2snQNQ0
>>898
父はサンタクロースに化けたじゃないですかw
サンタクロースの元ネタの聖ニコラウスは
72歳で亡くなってますよ!

902 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 18:03:34 ID:rkdkUy1R0
ゾフィー
「・・・で、みんな人間体の年の数だけ食べて・・

 この余った豆をどうするつもりだ!!」

父「よいこの手本、ウルトラ戦士として食べ物を粗末にする事はゆるさんぞ!!」

他全員「・・・結局食べるのか・・orz 」


903 :名無しより愛をこめて :2006/11/07(火) 18:27:04 ID:TECN44I50
エース「あのさあ…うぷ…そう簡単に腐るもんじゃないから…続きは、また明日にしない?」

904 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 18:49:19 ID:w6nMtMX90
タロウ「豆が腐る?・・・・・・そうだ!豆腐にすれば色々な料理にして無理なく食べられるぞ!」
ゾフィー「よし!エース、早速豆腐を作ってくれ!」
エース「すまん・・・俺、洋食しか作れないんだ」
父「うーむ、仕方ない。宇宙インターネットで豆腐の作り方を調べるか」

数時間後

マン「で、にがりはいつ入れればいいんだ?」
レオ「そんなこと俺が知るか!」
エース「駄目だタロウ!そんなに乱暴に大豆ををかき回したら大豆の旨味が逃げてしまう!」

さらに数時間後

父「や・・・やっと出来た」
ヒカリ「うーむ。あの大量の豆が凝固したらこうなるのか。興味深い。いつか研究してみたいものだ」
レオ「あのさ、豆腐作ったのはいいけど、こんなに大量の豆腐、一度じゃ食えないぜ」



905 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 18:49:20 ID:TrXMwDnA0
ゾフィ「飲み物無いとキツイだろ、コーヒー入れたから呑もうよ」
マン 「おお、気が利きますね」
ジャック「流石長兄」
エース「では早速〜」

all「ぶ〜〜〜〜〜〜!!」
タロウ「な、何この味!!」
80「不味い・・・・」

ゾフィ「いや、地球の文献に「大豆を代用してコーヒーに」って在ったから試してみたんだが?」
セブン「それ、文献じゃなく資料でしょ、戦中の」



906 :名無しより愛をこめて :2006/11/07(火) 19:05:34 ID:TECN44I50
アストラ「…ところで、やっぱりこの大量のおからも食べなきゃいけないんでしょうか?」

907 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 19:24:45 ID:MlVl0wlZ0
エース「そもそも炒り豆で豆腐って作れないんじゃないか?」

908 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 19:27:55 ID:Oe+mYhrl0
どんどん事態が悪化しているなwww

909 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 19:29:41 ID:SAcz3WP1O
ちなみにわかる範囲で豆の数を書いておくと、
ゾフィー:2万5千
マン:2万
セブン:1万9千
ジャック:1万7千
A:1万5千
タロウ:1万2千
レオ・アストラ:1万
80:8千
父:16万
キング:30万
ヒカリ:?
(他の人に送ったかは不明)
…メビウスは50万粒以上送ってきた計算になります(うち半分はキングお爺ちゃんの健康を願って)。

910 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 19:34:20 ID:IFrAq4V10
ヒカリ「俺が逆転酵素を作ったからだいじょうぶだ。
    ざっと地球上の植物性蛋白質を研究してみたところ・・・」
エース「うん。わかったから。高野豆腐と豆腐アイスと、
    おからコロッケでなんとするか・・・」



911 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 19:35:23 ID:ovIb0DKA0
メビ「(ウルトラの星を見上げて)・゜゚・*:.。.(*´▽`)パァァ.。.:*・゜゚・*: 」

912 :名無しより愛をこめて :2006/11/07(火) 19:38:22 ID:ls8Wsi930
ティガ 「これは………」
ダイナ 「アレだな…………」
ガイア 「うん、あれだね…………」
アグル 「ああ、アレだ…………」
ネオス 「でもまさか…………」
21 「急に召集されたと思ったら…………」
ナイス 「今夜の御飯のおかずだな…………」
コスモス 「こんな事なんて…………」
ジャスティス「美容にいいとは言うが…………」
ノア 「本当に…………」
マックス 「別次元の…………」
ゼノン 「者達も呼ばれたと思ったら…………」

ALL  『大豆製品のお裾分けだったとはなあ………』

913 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 20:06:28 ID:rkdkUy1R0
ゾフィー「さて、全員揃ったところでキング、今日の会議の本題を・・・」
キング「ウム、それなんじゃが・・」
父「このスレも残り80幾つかになった事ですね」
キング「ウム、それで・・」
マン 「また>>950に勇者が現れるのですね」
キング「そうじじゃ、そして・・・」
セブン「テンプレ候補とスレタイ候補を出し合うのですね。」
キング「そうなんじゃが・・・」
ジャック「だが、今のテンプレは完成度高いので、このままでも良いのでは?」
キング「そこでじゃ・・・」
エース
「新しいテンプレ案が出たら今のテンプレと新テンプレ案、どちらかいいかを
 >>950の勇者に選んでもらうというので良いんじゃないでしょうか?」
キング「そ、それと・・・」
タロウ「スレタイのナンバーが“3”になるんですよね。」
キング「う、うむ・・・」
レオ「しかし、このままナンバリングせずに行くのも味があって良いかも・・」
キング「・・・・・・」
アストラ「それも>>950の勇者に選んでもらうという事になるのでしょうか?」

キング「・・・・まともなセリフ喋らせてよ・・orz、このスレになって喋ってないよ・・OTL」

ゾフィー「み、みんな意見を控えましょう。キング、どうぞ」
キング「あ、ありがとう、ゾフィー。・・・うぉっふぉんっ・・・ス」

メビウス
「すいません!遅れました!スレタイの長さが制限いっぱいだったんで
 スレタイの形式から見直したほうが良いかもしれません!!」


914 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 20:19:07 ID:fd68Lmne0
レオ「ああっおじいちゃん…じゃないキング!泣かないで!!(おろおろ」

ゾフィー「あっ…(小声で)めっ」

915 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 20:26:59 ID:w6nMtMX90
キング「今回のスレでほとんど喋らなかったのだが、見ていてちょっと気になったことがある。
気に入らないネタはスルーというルールが守れてない輩がいたのだが、どうすればいいと思う?」
メビウス「それは僕も気になりました。ああいう連中が出た直後はスレの空気が物凄く悪くなってたし、何よりも文句を言われた職人さんが気の毒でした」
キング「ふむ。だからといって文句を言ってきた奴に返答しても>>671のような奴には何を言っても無駄だ。むしろ状況が悪化するだけだ。そこで1つ追加したいのだが」

追加テンプレ案「自分が気に入らないネタという理由で文句を言う奴はスルーすること」

キング「だからといって、「このネタはこうした方がいい」という批評やアドバイスを禁止するものではないぞ」


916 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 20:38:25 ID:fd68Lmne0
メビウス・ヒカリ・ゾフィー「GIG!」

他のウルトラマン「?」(…でも、何かかっこいいな…。次地球に行ったときためしてみるか…)

917 :名無しより愛をこめて :2006/11/07(火) 21:37:19 ID:TECN44I50
キング「…ところで、メシはまだかいの〜?」

918 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 21:38:11 ID:be9F5/AX0
ユリアン「さっき食べたばかりじゃないですか…豆」

919 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 21:43:07 ID:+/HfPvjG0
次のスレタイはタロウねたがいいなぁ(*´∀`)

てか、大豆の流れがすごくww 皆さん、ぐっじょーぶ!

920 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 21:54:30 ID:y0hz66Jv0
ゼアス「・・・・俺は・・・・呼ばれなかった・・・・良かったんだが・・さみしい・・・

921 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 22:06:47 ID:I8v8scQQ0
ジョーニアス「ゼアスよ・・・・(涙」

922 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 22:12:54 ID:m8jVyr2X0
ナイス「マイナーの宿命かな・・・」

923 :名無しより愛をこめて :2006/11/07(火) 22:15:05 ID:TECN44I50
>>920>>921
セブン「お前ら…ゼアスは灯油代わりに燃料にしようとしたし、
    ジョーニアスはTVから「ギブ」のテロップだしといて、なにを言うか!」


924 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 23:28:39 ID:bNEMOaFV0
【微笑みを】宇宙警備隊員養成所【繋ぐ世界】
【どんな涙も】宇宙警備隊員養成所【必ず乾く】
【はじめは誰も】宇宙警備隊員養成所【ヒーローじゃない】
【ファイトの意味は】宇宙警備隊員養成所【憎しみじゃない】
【無限に続く】宇宙警備隊員養成所【光の国へ】

とりあえず今の系統であげてみた
>>890
正直切羽詰ってる・・・
下手すりゃ打ち切り・・・
オチは決めてあるんだけどなあ

925 :名無しより愛をこめて:2006/11/07(火) 23:30:14 ID:+/HfPvjG0
>>924
打ち切りまで続けて手札晒して、人に続けてもらってもいいじゃんw

926 :電車超獣・終電編1/3:2006/11/07(火) 23:43:43 ID:9/ax/Evw0
作業員「こらーっ、俺の自転車を返せーッ!」
オイル「わはははは、返せと言われて返す馬鹿がどこにいる!」
改ベロ「いいところに自転車があったなぁ。歩くの面倒くさいもんな」
オイル「全くその通り・・・ん?改サボじゃないか。パソコンはやめたんだな」
改ベロ「よおーっ、一緒に自転車を壊してドブに捨てねえか」
改サボ「悪い、今それどころじゃないんだ!」
オイル「あっ、逃げやがった!おい、追うぞ!」

改サボ(まずい、まずい!もうすぐ終電じゃないか!よし、異次元移動だ!)
ガンッ
改サボ「あ、あれえっ!?」

カイマンダ「ブー先生、異次元移動ができなくなってますが」
ブー先生「ウルトラ一族の問題があるから、半永久封鎖中だ」
スノーギラン「そんな!クリスマスの時はどうすればいいんですか!全国のバカップルを失明させてこそクリスマスなのに!」
シシゴラン「全国のご家庭回りが出来なくなります!お年玉がもらえない!」
スチール星人「全国のパンダ以下略」
ブー先生「お前たちは何をやってるんだ」

改サボ「畜生、畜生・・・終電まであと十五分じゃないかっ!」
ガシャアアンッ
改サボ「うわあっ!?」


927 :電車超獣・終電編2/3:2006/11/07(火) 23:44:58 ID:9/ax/Evw0
――某駅終電車内
メイド「あの、発車まであとどのくらいですか?」
車掌「もう発車しますが」
メイド「そうですか・・・・」
『お待たせしました、○○町行き最終電車、ただ今発車いたします』
メイド「・・・・・(改サボさん、やっぱり怒ったのかな・・・)」
ドガシャンッ
改サボ「うわあああっ!?(ドテッ!)」
メイド「か、改サボさん!?」
車掌「お、お客さん!飛び込み乗車は困ります!」

ヤプール1「まったく、超獣が行った封鎖など私たちから見れば紙ペラ同然ね」
ヤプール2「・・・・また直さないと・・・・」
ヤプール3「べ、別に面倒じゃないもんね!メイドと改サボのために封鎖解除した訳じゃないんだからっ!」
ヤプール2「・・・・まだ誰か残ってる・・・」
オイル「何で出口がないんだぁー!?」
改ベロ「怖いよ、なんでマザロン人とマザリュースがコサックダンス踊ってんの!?」
ヤプール1「半永久封鎖壁、直しとくね。・・・・そういや、最初の目的ってなんだったっけ?」
ヤプール2「・・・・二人の応援・・・・」
ヤプール1「・・・・え?そうだったっけ?」


928 :電車超獣・終電編3/3:2006/11/07(火) 23:47:35 ID:9/ax/Evw0
プシュー、ガタタン、ガタタン
メイド「あの・・・・見てくれたんですね」
改サボ「はい。でも、あのチャットルームは超獣か異次元人しか利用できないはずです」
メイド「はい。・・・改サボさん。あたしは・・・異次元人です」
改サボ「・・・・・・・」
メイド「もっと早く言いたかった・・・・」


改サボ「メイドさん・・・・・」
メイド「驚きましたか?」
改サボ「(でも、異次元人ってコトは・・・・ああ、ギランボの仲間なのか)驚いたけど・・・少し安心しました」
メイド「えっ(ほ、本当に?)」
改サボ「同じ異次元生まれだったんですね。ほっとしました」
メイド「あ、あたしもです!」
ガアタン、ガタタン
メイド「・・・・・(すっ)」
静かに、右手を差し出すメイド。
改サボ「えっ?(この行為は、ええと、確か・・・・)」
メイド「人間って、互いを理解した時とか“アクシュ”っていうのをするみたいですよ?」
改サボ「(あ、アクシュだ、それだ)互いを理解した時に、ですね」

互いの手を握り合うメイドと改サボ。
最終電車は、静かに夜の町を走り抜けていった――

電車超獣・改サボ編〜完〜


オイル「タローウッ!」
改ベロ「ウルトラマァァン!」
マザリュース&マザロン人「ナンバースィックス!」
オイル「俺ら、こっから出られねえのかな」


929 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 00:10:14 ID:vTNR/uJn0
タロウ系もあげておこう。
【宇宙に】宇宙警備隊員養成所【平和が来るまでは】
【星の勇士が】宇宙警備隊員養成所【飛んで行く】
【我ら】宇宙警備隊員養成所【ウルトラ兄弟】
【何かが地球に】宇宙警備隊員養成所【起きる時】
【空を見ろ】宇宙警備隊員養成所【星を見ろ】
【あれは何】宇宙警備隊員養成所【あれは敵】
【力が欲しいと】宇宙警備隊員養成所【願う時】



930 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 00:13:15 ID:ew63ox/Y0
【あぁウルトラ】宇宙警備隊員養成所【ヒーロー】

映画もいいかな、って。

931 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 00:25:46 ID:1WOKmYIc0
【来たぞわれらの】宇宙警備隊員養成所【ウルトラマン】
【遥かな星が】宇宙警備隊員養成所【故郷だ】
【最後まで諦めず】宇宙警備隊員養成所【不可能を可能にする】
【君にも見える】宇宙警備隊員養成所【ウルトラの星】
【どんな時も】宇宙警備隊員養成所【ウルトラの誇りにかけて】
【ULTRA hero】宇宙警備隊員養成所【伝説の勇者達よ】
【迷わずに】宇宙警備隊員養成所【信じてゆこう】
【限りなく続いて行く】宇宙警備隊員養成所【まだ見ぬ明日を探して】
【優しさを】宇宙警備隊員養成所【失わないでくれ】

思い付くモノ列挙、っつーかみんな次も3付けずにいくのねwww

932 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 00:38:20 ID:tJcXQ6qG0
スレタイは字数制限があるから。
924の長い2つと929の1つはアウトになると思われ。
931も半分以上はあかんのじゃないか?

>>924
ちょっと広げすぎたね。いきなりオチつけてもいいんじゃないの?
書きたいところだけ書いて、わざとつなげないでいっちゃえば。
…と無責任に書いてみる。
ま、急ぐこともないんであせらず行きましょうや。

933 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 00:46:08 ID:LAM8UFM80
>>924
【微笑みを】宇宙警備隊員養成所【繋ぐ世界】
コレが気に居たってことで一票

934 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 01:04:09 ID:8zpGl+/A0
タロウ師弟ネタを探してたらタロウスレに取られてた...orz
「侮るな!」だと前後に付けられないしなー、意外と難しい。

935 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 01:24:32 ID:wz2dl5vs0
>>928
電車超獣、ハッピーEDで良かった、良かった。同じ職人さんが書いていたんだろうか?
とにかく、大作だったね。乙。

>>924
気むずかしく考えないで、書きたいときに書けばいいんじゃないのかな。
豆の流れ見ても解るように、なんかノリと雰囲気で成り立っているスレだし。

936 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 01:35:05 ID:tJcXQ6qG0
【ようこそ】宇宙警備隊員養成所【光の国へ】
メビウス関係のスレだってことがわかりやすいほうがいいのか、
わかりにくいほうがいいのか、ようわからんが、一応。

937 :名無しより愛をこめて :2006/11/08(水) 01:48:59 ID:oZ7KGoVR0
【あぁウルトラ】宇宙警備隊員養成所 その3【予備校】

正直、次数制限がわかりません

938 :名無しより愛をこめて :2006/11/08(水) 01:53:43 ID:oZ7KGoVR0
>>924
大丈夫だアミーゴ!
このネタだったら、ほっといても誰かがパスをつなげてくれる
誰かがやらねばならぬとき、獅子の瞳が輝くんだ!
アミーゴは、最終的にゴールすればいいだけだ!

939 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 04:35:06 ID:RXkuwIeO0
スレがギスギスしたりしませんように
・・・・・・という願いも込めて
【優しさを】宇宙警備隊員養成所【失わないでくれ】 に一票!

940 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 11:51:58 ID:d0CNyV0xO
【メビウス!】宇宙警備隊員養成所3【ウルトラマンナンバー9!】

【ゾフィーは】宇宙警備隊員養成所3【最強】



941 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 12:14:05 ID:p9IgCpWEO
【我々は神ではない】宇宙警備隊員養成所【俺達の仲間なんだ】
でな長過ぎるので
【神ではない】宇宙警備隊員養成所【仲間なんだ】
今度は言葉足らず…

942 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 12:17:17 ID:AI+1E6BA0
やっぱり師弟ネタ基本っちゅーことで

【特訓だ!】宇宙警備隊養成所【喜んで!】

943 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 13:10:35 ID:NOlvuBFF0
【教官!】宇宙警備隊養成所【兄さん!】

944 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 13:21:33 ID:87+DdCQ90
>>928
とっても面白かったです。ご苦労さまでした。
ラストはウルトラQのあけてくれ状態ですか?

945 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 14:07:35 ID:3q8+RKIQ0
>940
アストラもウルトラ兄弟入りしてたから10番目じゃないか?
どっちみち字数オーバーっぽいが。

>942に1票

946 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 15:07:37 ID:3bYoSq8v0
>>924
【微笑みを】宇宙警備隊員養成所【繋ぐ世界】
前の時も、これがこのスレの雰囲気に似合ってていいなと思ってた
けど、>>942
【特訓だ!】宇宙警備隊養成所【喜んで!】
これもいいな!

>>928
楽しませてもらいました。ラストのひねりがきいてて、面白さ+!

947 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 16:50:24 ID:M9Xqu5N60
タロウ「メビウス、ネタスレ5つの誓いを言ってみろ! 
メビウス
「1つ!長くなる投稿のタイトルはナンバリングすること!」 
「1つ!ネタでもHなのやグロいのは避けること! 
「1つ!僕たちのゾフィー隊長は常に尊敬すること!」 
「1つ!ウルトラ兄弟の絆は永遠のものであること! 
「1つ!連投で感想を書く時間を削らないこと!」 
「1つ!気に入らないネタは文句を言うんじゃなくてスルーすること! 
「1つ!自分が気に入らないネタという理由で文句を言う奴はスルーすること」 
タロウ「よし、では今日も特訓だ!」 
メビウス「教官!大変です! 
タロウ「おっと、5つの誓いじゃなくて6つの誓いだったな。私とした事が(照笑)」 
メビウス「それが・・・7つになってます!!(><)」 
タロウ「Σ(゚д゚lll)」 

前スレ【悲しみなんか】宇宙警備隊員養成所【無い世界】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1159559849/

前前スレ:【タロウ】宇宙警備隊員養成所【メビウス】 
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1155709190/ 

--------
>>915追加ver.


948 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 17:45:30 ID:rfWmy2Xt0
>>947
笑ったwこれイイなw

949 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 17:57:07 ID:1WOKmYIc0
父「さあ、勇者が降臨するぞ!!出でよ輝ける勇者よ!!」


950 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 18:49:52 ID:dwqIKpxQ0
初めてスレたてしたんだけど、これでいいのかな

【特訓だ!】宇宙警備隊養成所【喜んで!】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1162979167/l50

951 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 18:54:36 ID:ijN2W36b0
ゾフィー「よくやった、勇者>950.。よし、埋メテオール解禁!!制限レスは48!」

952 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 18:55:24 ID:RJLE3K9w0
GIG!

953 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 18:56:10 ID:2eltewuQ0
GIG!

954 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 18:57:36 ID:M9Xqu5N60
>>950

勇者乙!
&947採用thx
&まとめサイトへリンク追加GJ!

955 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 19:02:33 ID:2eltewuQ0
壁┃=)ノGIG!

セ、セブン兄さん・・・そんな影から・・・Σ(゚д゚lll)

壁┃=) ・・・だってかっこよかったんだもん・・・・

956 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 19:53:05 ID:3q8+RKIQ0
>950
乙!もう3スレ目かぁ…早いな

957 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 19:57:54 ID:wz2dl5vs0
>>950
新スレでも乙したけれど、こっちでも乙。

958 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:16:07 ID:++rrISIf0
ここはGUYSジャパンフェニックスネストスタッフルーム
今日もデータの収集に余念のないクゼ・テッペイと
銃のメンテナンスを怠らないアイハラ・リュウが今日の当直だ

リュウ 「そういやさ、テッペイ?」
テッペイ「なんです?」
リュウ 「お前さ、ミライがメビウスだって知ったのにあんま聞かないのな」
テッペイ「何をです?」
リュウ 「ウルトラマンの事とかウルトラの星の事とか色々、さ」
テッペイ「…聞いてもいいんですか?」
リュウ 「いや、聞いたらぶっ飛ばしてやろうと思ってたからさ」
にやり。とテッペイを睨めつける
テッペイ「でしょうね。僕も殴られそうなんで黙ってましたよ」
これまたにやり。と笑ってみせる彼
テッペイ「聞きたくないといえば嘘ですよ。でも…」
リュウ 「でも?なんだよ」
テッペイ「自分の知識欲を満たすためにずかずか入り込んでいいものでもないでしょう?」
    「聞くべきことはもっと大事なことだと思うんですよ」
リュウ 「例えば?」
テッペイ「そうですね…うーん…「なぜウルトラマンは地球を守ってくれるのか」とか、かな」
リュウ 「…っ」
    「どうしたんです顔、赤くして?」

959 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:18:04 ID:++rrISIf0
リュウ 「…っ」
テッペイ「どうしたんです顔、赤くして?」
リュウ 「い、いや、なんでもねえ」 
テッペイ「彼はウルトラマンメビウス、でもその前に僕らGUYSの仲間ヒビノ・ミライ。でしょ?」
    「今は、それでいいと思うんです」
リュウ 「そっか…」
ミライ 「おはようございます!」
リュウ 「おう」
テッペイ「おはよう、ミライ君」
ミライ 「リュウさん、交代の時間です」
リュウ 「お、もうそんな時間か、じゃあ後は頼んだぜW不思議ちゃんW」
ポンポンと、ミライの肩を叩きながら部屋を出てゆくリュウ。
ミライ 「はい!おやすみなさい!」
テッペイ「ねえ、ミライ君、ひとつだけ聞いてもいいかな」
ミライ 「なんです?」

翌日

デスクの周りを逃げ惑うミライと追い掛け回すリュウの姿があった

ミライ 「痛っ、痛いですよリュウさん」
リュウ 「ミ〜ラ〜イ〜!てめ、バラしやがったな」
ミライ 「何のことですか?って痛っ」
リュウ」「とぼけてんじゃねぇよ!あの日以来、テッペイがヤケに馴れ馴れしく
     うんうん頷きながらやな笑い浮かべて肩叩きやがるんだよ!」
ミライ 「だからなんの話ですか〜?」

そんな2人を眺めながら一人うんうん、と頷くテッペイの姿があった

960 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:20:40 ID:++rrISIf0
重複した上に推敲前のになってる(;´Д`)
最後の行だけこれで

そんな2人を眺めながら一人うんうん、と頷くテッペイであった

961 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:26:25 ID:rfWmy2Xt0
>>958-959

微笑ましい!こういう話大好きです。
照れてミライ追っかけまわすリュウと、訳解らず逃げ回るミライと、
手を腰にあてる、いつものポーズで笑ってみてるテッペイ。

あー…凄く簡単に光景が実に浮かぶよw

962 :遠き戦渦の音が響く。1:2006/11/08(水) 20:30:40 ID:8zpGl+/A0
ちょっと長め、というか顰蹙覚悟の行きます。7回です。
(形状が特に...orz)
埋めにしようと思ってたらすっかり時期を逸してしまいました;


☆ 一日目。

今日、計らずながら父さんとお別れすることになった。
うん、寂しくない、もうすぐ20歳だったし。

ところで僕が目を閉じている間にした大きな音はなんだったのだろう?
なにかが窓にぶつかったみたいだけど、割れてはいない模様。

それとあと、この銀と赤のボールみたいな物体はなんだろう。

※ 二日目。

昨日一日ぼんやりしていて、今日は少し非常食料を調べてみた。
父さんの几帳面な資質のせいか、大抵のものは新しい、量も充分。
(分断されることもありうるので幾つかに分散している。)

宇宙の遭難は人が結構割かれるもので、食料は希望の源なんだけど。
あの時空の閉じるところを思い出すと逆にちょっと絶望。

ところで、赤いボールはちょっと手足っぽいものが出来ていた。
光の側が好きらしいので抱えて運ぶ、こいつも物を食べるのかな。

963 :遠き戦渦の音が響く。2:2006/11/08(水) 20:31:10 ID:8zpGl+/A0
○ 三日目。

ボールが喋る、、、あわわわわわ。

× 四日目。

ええと(こほん)。

「彼」はなんでも、宇宙人で名前がないそうだ。
なんでボールなのかと聞いたら、エネルギーの節約のためらしい。
口がないのに、と思っていたらテレパシーだって。

いや、喋ってなかったんだけど、、、別に、いいか。
「貴方を助けます」と言ったのでなんだか笑ってしまった。
だって君ボールじゃん。

今日はなんでだか、始めて非常食料を食べた。

笑ったからかもしれないね。

964 :遠き戦渦の音が響く。3:2006/11/08(水) 20:31:41 ID:8zpGl+/A0
ζ 五日目。

小さな島、、、じゃなくて星を見つけた。
光が欲しいボール君のためにそこに不時着することにする。
あれだけ小さな島だと空気が定着している可能性はないだろうが。

今日はボール君に圧縮のくるみパンをちょっと差し出してみる。
パチンと袋が弾けた時に怯えていたのがちょっと可愛かった、、、ごめん。
口もないと思ったのに案外と食べる、予想外。

@ 六日目。

空気があった。
そして先住者がいた、参ったね。
つーか怖いし、あいつら。

「うぎゃー」と言いながら逃げ回っていたらちょっとだけ笑われた。
君見掛けより重いよっ、と言ったら軽くなった、、、どういう仕組みなんだ。

965 :遠き戦渦の音が響く。4:2006/11/08(水) 20:32:13 ID:8zpGl+/A0
† 七日め。

日向ぼっこをしていてたまに逃げるだけの日。
基本的に僕はボール君に寄り掛かって寝ていた、柔らかい。

そういえば目を開いた、ものすごく奇麗な、泣いているみたいな目だった。

Ф 八日目。

地球の話を少しした、僕の話をした、父さんの話をした。
もうすぐですよ、と「彼」は囁いた。
なにを聞いても答えようとはしなかった、どこから来たのとか。
どんな星なのとか、そこでは皆、君のような姿なの、というのにだけ、
少し笑って否定が返る。

食料は約二週間分、言わなかったけど。
彼は、なんというのかだいぶ食べた、可愛くてついついやってしまったから、
でも、多分僕にはもう、、、

966 :遠き戦渦の音が響く。5:2006/11/08(水) 20:32:46 ID:8zpGl+/A0

。。。
夢を見た。
いや、夢というのか誰かが延々と僕の耳元で囁いていた。

25年も出現のなかった「怪獣」の飛来。
その時に全滅したという地球防衛隊・チームGUYS。
一人だけ生き残ったはずの青年は、その場で怪獣に挑み踏み潰されたっていう。
(なんて無茶だ;)

彼らを救うはずだった、・・・は行方不明になり。
それがなんだかみょーに偉い人のなんたらかんたらがどうとか(聞き流した)、
皆で探していたもんですぐには地球にまで手が廻らなかったという。

? 地球は地球人の責任なんじゃないのかな、誰なんだろうか、それは?

×××たちは地球と摩擦を起こし(・・・の行方不明が響いているんだろうか)、
今は緩やかな絶望があの青い星を覆っているのだと。
なにを今更と、なぜ必要な時にと。
(それはずいぶん身勝手な言い分じゃないのかな。)

967 :遠き戦渦の音が響く。6:2006/11/08(水) 20:33:17 ID:8zpGl+/A0

「ね、どう思う、、、?」
相変わらず、答えは返らない。
他愛ないこと以外なんにも答えない、隠し事をしてますよ、というような。

誰かが助けてくれるって、なんとなくよくわからない。

火星ってそういう星ではなかったから。
一度だけ願ったのは母さんが、、、いや、願っても無理だから。

◆ここのかめ。

今日はなにも食べずに過ごした。
変な夢ばかりを見る、記憶の整理が夢なのだとしたら。
もう、そんな意味もないのに。

968 :遠き戦渦の音が響く。7:2006/11/08(水) 20:33:50 ID:8zpGl+/A0

ば、、、ち、、っ

「え?」
「あ、はい、父さん、今行きます」
「いや、なんでもないですよ、、、ホントに」

ああ、うん、ほら、父さんを助けなきゃ。
何度考えてもそうしたいんだから、ごめんね、父さん。

――

「メビウスの、、、輪?」
「、、、ウルトラマン?!」
「ウルトラマン、、、メビウス」

相変わらず、泣いているみたいな奇麗な目だった。
いいよ、君もお行き。
無茶で馬鹿な男をまず助けて、地球に希望を与えてあげなくては。

――何度、何度貴方を助けようとしても、、、っ。

大きな大きな手が伸びる、空間が閉じる。
そして光の巨人の「思い」が歪み生み出した幻想も静かに幕を下ろす。
ありがとう、けれど君がいてくれたのは嬉しかった。

969 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:43:16 ID:2UbkUm/Z0
>>962-968
(ρ_;)
GJ!

970 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 20:46:55 ID:WWrGUsx90
昨日は豆ネタで腹が痛くなるまで爆笑させて、
今日はバン君ネタでマジ泣きさせて。

このスレは、本当にもう最後の最後まで…大好きだ。

971 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説8話目「オーバーテクノロジー」:2006/11/08(水) 21:16:49 ID:1WOKmYIc0
「で、俺の所に来た訳か・・・」
郷「僕等には他に頼りに出きる人がいないんです!岸田さん!」
岸田「だが、俺はあくまでGUYS新兵器開発部の主任に過ぎない。
もし俺の家系のコネを頼りにしたのだとしても、既に長官は叔父では無い。」
郷「コネだなんてそんな・・・俺たちはただ、地球に滞在する事さえ出来れば・・・」
岸田「それが今の俺には出来ない。郷、お前はもう死んだ事になってるんだ。」
郷「クッ・・・」
北斗「この野郎・・・!」
ダン「やめろ、北斗!」
ハヤタ「岸田君と言ったね?では、私達が君達の研究の手伝いをすると言うのはどうだろう?」
岸田「あなた達が俺の研究を・・・?」
ハヤタ「この部署はかつて地球を狙った宇宙人達の残したテクノロジーを研究してGUYSの兵器に応用出来ないかを研究しているという事は知っている。
山中君から貰った情報の中にあったからね。そして、その研究対象故にあらゆる面できつい事も」
岸田「!」

972 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説9話目「譲歩」:2006/11/08(水) 21:37:07 ID:1WOKmYIc0
ハヤタ「宇宙人の技術を研究する事は科学者としてはとても魅力的な研究だ、だがその一方未知の技術であるが故に不慮の事故の危険性も高い。
聞けばZATの時の重力制御コイルの実験での梶チーフの殉職事故以来、学者達の間からも敬遠され上からも予算の削減を迫られてるそうじゃ無いか」
岸田「その通りです・・・」
ハヤタ「だが、我々ならばその研究の手助けが出きると思うのだが・・・」
ダン「!ハヤタ、お前、宇宙の技術を売る気か!」
ハヤタ「この際背に腹は変えられない、それに地球人の科学レベルは既に我々と肩を並べてもいい頃だ」
岸田「俺の研究に、ウルトラマンが手を貸すと言うのか!?」
ハヤタ「君にとっても我々にとっても良い話だとは思うのだが・・・」
岸田「・・・判りました、あなた達の身柄は俺が責任を持って預かりましょう」
郷「岸田さん!」
郷「郷・・・それと、お前に知らせたい事がある・・・」
郷「?」
岸田「俺・・・近々結婚するんだ」
郷「!おめでとうございます!」
岸田「茜の事は吹っ切れた訳じゃない・・・だけど、いつまでもウジウジしてたってお前に笑われると思ってな・・・」
郷「岸田さん・・・」
岸田「よし!郷、今日は再会祝いだ!飲むぞ!」
郷「ハイ!」

その後、彼の部署はGUYSの兵器のほとんどに採用される事になる。
後にこの技術は”メテオール”と呼ばれた・・・

973 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 21:39:08 ID:Hxc95ziD0
マル「新型マケット怪獣の評価の依頼が来ました」
トリヤマ「どれどれ・・・(マケット怪獣を見るなり)こんなもの採用できるか!縁起でもない!」

マケット怪獣シルバーブルーメ不採用

974 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 21:47:20 ID:3OYSJsQQ0
972>上手い! GJ!!

975 :メビウス外伝、ウルトラ兄弟伝説9話目「譲歩」:2006/11/08(水) 21:52:13 ID:1WOKmYIc0
>>972
最後の文章訂正
その後、彼の部署で開発された兵器のほとんどはGUYSで採用される事になる。
後にこの技術は”メテオール”と呼ばれた・・・


976 :ミライ君への質問:2006/11/08(水) 22:27:41 ID:sM9cxBfE0
皆にミライの正体がばれてしばらくしての事・・・・・・

テッペイ「ミライ君、ちょっと質問したい事があるんだけど・・・。」
ミライ「何ですか?」
サコミズ「すすーーーーー。(コーヒーを飲んでいる)」
テッペイ「ウルトラマンタロウの事について聞きたいんだけど良いかな?」
ミライ「タロウ教官の事ですか?答えられる質問なら答えますけど・・・。」
テッペイ「実はさ・・・タロウはウルトラの母とウルトラセブンの隠し子って噂は本当なのかな?」
サコミズ「ぶふーーーーーーーー!!!!!!!!!(コーヒーを噴いた。)」
ミライ「ええーーーーーーー、タロウ教官が母とセブン兄さんの隠し子!!!!!!!」
テッペイ「だってさ、タロウの目とか体とかセブンに似てるし・・・ミライ君なら知ってるかなっと思って。」
ミライ「そんな・・・タロウ教官がセブン兄さんと母の隠し子だなんて・・・・・・。」
サコミズ「ちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょっと待ちなさい、そんなのは根も葉もないデマだよ。」
テッペイ「サコミズ隊長。」
サコミズ「いいかい、君も医者なら隔世遺伝は知ってるだろう?」
テッペイ「ああ、一代前の祖父母の代の遺伝子が孫に伝わるっていう・・・。」
サコミズ「そう、だからあれは隔世遺伝なんだ、そうなんだ、きっとそうなんだ、間違いないんだ!!!!」
テ・ミ「「は、はい!!!(あまりのアップにはいしか言えない)」」
サコミズ「よろしい・・・以後、ミライにウルトラマンについての質問は禁じる。さっきの質問の事は忘れなさい。」
テッペイ「え・・・でも・・・。」
サコミズ「返事は!!!」
テ・ミ「「は、はい、GIG!!!!」」

こうして今後ミライへのウルトラマンに対する質問は禁止された。
何故サコミズがそこまで慌てていたのか・・・それは誰も知らない大宇宙の謎である・・・・・・。

977 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 22:37:58 ID:1PYjqtQg0
80「そうかぁ・・・、明雄のヤツ、天文学者になったのかァ・・・。やったな明雄・・・(^^)」
ユリアン「どうしたの、80?嬉しそうね」
80「あぁ、地球に居たときの教え子がね、天文学者になって彗星を発見して、自分の名前を付けたんだよ。自分は宇宙人で、いつか仲間が迎えにくるんだとか言ってたけど、自分の長所を伸ばして頑張ったんだなァ・・・」]
ユリアン「へぇ、そうなんだ。地球では、星に自分の名前を付けるの?」
80「面白いだろ?・・・懐かしいなぁ、みんなどんな大人になったのかな・・・。あぁ、そうだ、僕も星を見つけて名前を・・・そうだ、クラスの全員の名前を付けよう・・・、恒点観測員も兼務すれば、たくさん見つけられるかも・・・(^^)」
ユリアン「ねぇ80、それなら、別のに付けましょうよ」
80「えっ?別の?何?」
ユリアン「・・・私とアナタの、こ・ど・も・に(はぁと)」
80「えぇっ!!!Σ(O△O;)」


978 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 22:44:41 ID:3OYSJsQQ0
962〜968>泣いた・・・・

979 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 22:51:57 ID:PG6NC1kR0
>>962-968
何度も読んで、泣いてます。

本編でヒロトの物語はあるのだろうか、と、ずっと気になっていたのだけど、
これを読めたことで、満たされてしまったよ。

980 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 22:52:37 ID:wz2dl5vs0
>>958-959
シーンが浮かんでくる…実際に有りそうだ。

>>962-968
ヒロトの夢なのか、メビウスの想いが見せた幻なのか…泣かせるなぁ。

>>971-972
完結乙! 岸田さんの結婚〜のあたりがじんわりしてしまったよ。



981 :971〜972:2006/11/08(水) 23:01:28 ID:1WOKmYIc0
>>980
(言えない・・・まさか、実はまだ完結してないなんて・・・)

言いわすれてた!>>950乙!

982 :名無しより愛をこめて:2006/11/08(水) 23:07:51 ID:wz2dl5vs0
>>981
ご、ごめん。上手い締め方に、勝手に完だと思ってしまった…orz
続きを待っているよ。

>>976
テッペイ、なんて事を…誰かが止めなきゃ、ミライは母に訊きににいくぞ、多分。

>>977
80先生ネタな上に、こういうじんわりしんみりほのぼの系が重なったのがツボりました。


ネタ投下が早くて感想が追いつかないよ。良いことだ。

983 :ドッペルゲンガー? その1:2006/11/09(木) 00:04:40 ID:DMuTz3g90
−電車内−
マリナ「しかしトリピーもよくこんな事思いついたものよね」
ジョージ「全くだぜ、クルー全員で温泉旅行に行って来いだなんて」
テッペイ「でも良いんですかね?僕たち全員でこんな事してて。万が一の事が有ったら・・・」
サコミズ「それは大丈夫。もしも怪獣が出現した場合、マルさんがガンフェニックスストライカーで僕達の所に来てもらうことにしてあるから」
コノミ「じゃあ、心配せずに思い切り旅行を楽しめるんですね」
サコミズ「そうゆう事」
ミライ「この冷凍みかんってとても美味しいですね」
リュウ「おいミライ、それ・・何個目だ?」
ミライ「え?14個目ですよ」
コノミ「ミライ君、お腹壊すよぉ」
サコミズ「あ、そうそう。一つ言い忘れてた事が有った」
テッペイ「何です?」
サコミズ「補佐官が、GUYSクルーとバレると拙いからって『KAIZ』の社員旅行って言って宿を予約したそうだから伝えといてくれって。それと僕の事は『隊長』じゃなくて『主任』で通してね」
一同「解りましたぁ」
ジョージ「そう言えば隊・・じゃなくて主任、今日泊まる所って何処なんです?」
サコミズ「えっとねぇ、(カバンの中からパンフを取り出す)『蔵原』って老舗の旅館みたいだね」


984 :ドッペルゲンガー? その2:2006/11/09(木) 00:28:33 ID:DMuTz3g90
−伊豆のどこか−
ミライ「凄かったですね、大室山」
テッペイ「あそこはかつてドキュメントSSSPに記録されているレジストコード高原竜ヒドラが・・・」
リュウ「その話、四度目だぞ」
サコミズ「お、どうやら此処みたいだね」
ジョージ「凄いな」
コノミ「立派な入り口ですねぇ」
マリナ「純和風の宿みたいね」
ミライ「とりあえず中に入りましょう」
女将&仲居「いらっしゃいませ」
サコミズ「すいません、予約していたKAIZのサコミズですが」
仲居の一人「(小声で何かを言う)」
女将「あ、サコミズ様ですね。ご予約承っております。美晴さん、女性のお客さまをお部屋にご案内して。冴子さんはコチラのお二方(ジョージ&テッペイ)を。伸江さんはコチラのお二方(リュウ&ミライ)を。サコミズさんは私がご案内します」
美晴・冴子・伸江「はい、かしこまりました」

985 :ドッペルゲンガー? その3:2006/11/09(木) 00:52:36 ID:DMuTz3g90
−女性陣の部屋−
美晴「それではこゆるりと」
マリナ「あ、有難うございます」
コノミ「マリナさん、お茶淹れましたよ」
マリナ「コノミちゃんアリガト」
コノミ「そう言えばマリナさん・・・」
マリナ「ん?」
コノミ「さっき仲居さんの一人が隊長の顔みた瞬間、何か言ってたみたいなんだけど聴こえました?」
マリナ「あぁ、あの時の。勿論聴こえたわよ」
コノミ「なんて言ってたんですか?」
マリナ「それがね、『なんで支配人が・・』って言ってたのよ」
コノミ「支配人?」
マリナ「そ。何の事やらさっぱり」
(部屋の電話が鳴る)
コノミ「はい。あ、隊ちょ・・じゃなかった主任。解りました、マリナさんにも伝えておきます」
マリナ「主任何だって?」
コノミ「お夕飯は6時半に大広間だって」
マリナ「まだ時間が有るわね。どう、露天風呂に行かない?」
コノミ「ハイ、今準備しますね」

986 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 16:01:38 ID:7hfEcqqBO
977の続き・・・数年後

80「・・・とはいうものの、いくらウルトラ族でも子供30人はアレなので、結局は2人で見つけた星に、クラスの生徒の名前を付けることにしたわけだが」
ユリアン「その最後の1人の名前を付ける星が、今日見つかったわね」
80「うん、でも、双子星だったからひとつ余っちゃうよね・・・アッ、それなら京子・・・」
ユリアン「( ¬_¬) ・・・」
80 「煤i゜□゜;) ・・・京子・・・キョウコ・・・今日この日は、星が見つかって嬉しいなぁっと」

987 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 16:20:16 ID:lctri1030
新スレも立ったし、埋メテオール解禁になったのに、皆さん凄すぎ!

>>962-968
>相変わらず、泣いているみたいな奇麗な目だった。
脳裏に映像がくっきり浮かんだ。
小説一作読み終えたくらいの余韻が残りました。

988 :久々の休日 1/3:2006/11/09(木) 16:42:42 ID:0+Qjvp+G0
>>708-712 の続きです

マン「貴方の力が必要なんです!お願いします!」
ジャック「お願いします!!」

エレキング「いや、あの・・カゼ気味でして・・ちょっと体調が・・」

エース「前回作って頂いた分も底をついてしまいました。お願いします!」

エレキング「弱い電流は力加減が難しいので・・失敗するかもしれませんよ・・」
マン&ジャック&A「・・・かまいません。」

エレキング「そこまでお願いされては断れません。頑張ります!」

ピリピリピリピリピリピリ・・・・

エレキング「ふぁ・・・ふぁ・・・」
ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリ

エレキング「ハックション!!!!!」
バリバリバリッ!!!!!
コーヒーメーカー「ボン!」

マン&ジャック&A「あぁ!orz 」
エレキング「す、すいません!!」

マン「い、いえ、無理強いしたのは私達です。」
ジャック「こちらこそ、・・・すいません」

989 :久々の休日 2/3:2006/11/09(木) 16:43:53 ID:0+Qjvp+G0
‐ゾフィー隊長室

ゾフィー「なに?地球をパトロールコースにしてほしい?」
ジャック&A「はい!」
ゾフィー
「ダメだ。確かに、地球は美しく狙われやすい星だ。
 だからこそセブンに常駐してもらってるんじゃないか。
 不慮の事態でセブンは変身不能になってしまったが、
 幸い、獅子座の若者がセブンに協力してくれている。
 地球はセブンと若者に任せておくのだ。
 地球ばかりが狙われているわけではないのだから・・」

ジャック&A「・・・はい、わかりました・・・」


‐数時間後

ゾフィー
「お、もうこんな時間か。すっかり遅くなってしまった、そろそろ帰るか。
 むっ、マンの部屋から明かりが漏れている・・」

マン「・・・ダメだ・・。イデ隊員ならパパッと直しちゃうんだろうけどなぁ・・」
ジャック「ウルトラマンの力だとパーツを壊しちゃうし・・・」
エース「人間の力だと、工具類がないとキツいですね・・」

ゾフィー(ドアの隙間から覗いている)「・・・・・」



990 :久々の休日 3/3:2006/11/09(木) 16:46:42 ID:0+Qjvp+G0
‐地球-
ゲン「ダン隊長!あれは!?」
ダン「む、ゾフィー兄さんからのウルトラサインだ・・・」
ゲン
「“明日の夕方、テレポートでそっちに行くので・・コーヒーメーカーを用意しておいてくれ”?
 な、何かの暗号なんですか?」
ダン「え?・・・ハハハ、文面どおりだよw」

‐翌日、ゾフィー隊長室

マン「ゾフィー兄さん。入りますよ」
ジャック「あ!こっ!これは!!」
エース「コーヒーメーカー!!ど、どうしたんですか?」
ゾフィー
「休暇を利用してセブンに会いに行ったら『予備をどうぞ』って渡されてね。
 これで万が一、壊れても安心だな。
 それとみんな、夜更かしをして業務に支障をきたさないようになw」

マン&ジャック&A「は、はい!」

エース(まてよ、なんで夜更かしの件を知ってるんだろう?」
ジャック(・・・まさか昨夜の会話を聞かれていたのか・・)
マン (隊長になってからロクに休暇も取っていないのに、僕達の為に休暇を潰してまで・・)

マン&ジャック&A(・・・兄さん!ありがとうございます!!)


991 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 17:42:58 ID:JZQo/fNc0
(つД`) 兄さん・・・・・

992 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 17:52:20 ID:9uYfiZWE0
>>990
いいなあ・・・兄ちゃん。
ほのぼのと感動しました。

993 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 18:22:50 ID:7hfEcqqBO
986の続き

ユリアン「(;T_T)」
80「エッと・・・そう!エミだ!僕らと関わりも深いし」
ユリアン「ダメ(>_<")」
80「えっ?」
ユリアン「エミは、特別な名前なの!あのときから、私の長女につけるって決めてるんだから!」





8000年後

ウルトラの母「今よりあなたは、ウルトラウーマンです」
エミ「ウルトラウーマン・・・」
ウルトラの母「地球では、私たちをそう呼ぶのです・・・」

994 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 18:50:54 ID:9Evz/VS/0
○月×日  天気 晴れ

 GUYSに帰ってきた。帰ってこれた。本当に…うれしい。
 みんなのちからのおかげで、ぼくの胸に炎も生まれた。みんなで「バーニングモード」ってレジストネームをきめた。
  友情の炎、だから。
 ぼくの正体を、みんなが知ってぼくは本当に本当のGUYSの一員になれた気がする。
  みんな、ありがとう。これからも、よろしくお願いします。
     
        『ぼく達の、日々の未来に幸多からん事を』 

   今日のパン…メビウスあんぱん。(購買部に売ってた)
 

995 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 18:58:56 ID:52IQnere0
>>994
読んだ後ふと微笑みが浮かぶな
やっぱ良いな、このシリーズ

996 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:15:37 ID:8BpLzoTR0
テッペイ「う、海に巨大生物が出現しました!」
ジョージ「なんだって?!」
コノミ「メインモニターにでます!」
マリナ「青い・・・ウルトラマン?」
リュウ「ヒカリ、じゃないな。ミライ、お前知ってるのか?」
ミライ「いえ・・・僕も初めて見ます」
マリナ「新しいウルトラマンかしら♪」
テッペイ「どのドキュメントにも情報がのってないですね」
ジョージ「味方、なのか?」

サコミズ「よく見ろ、目つきが悪い。ニセモノだ。」

アグル「本物なのに?!Σ(゚д゚lll)」

997 :誰もが思う話。:2006/11/09(木) 20:18:04 ID:qSqEyvZ3O

ジョージを相手にテッペイがなぜか盛り上がっている。

テッペイ「まさか『流星シュート』の誕生秘話が聞けるなんて…」
ジョージ「俺が『あの人』と出会わなかったら…あのシュートは生まれなかったな」
ミライ「流星シュートの誕生秘話ですか?僕も聞きたいです!」
ジョージ「アミーゴ、遠慮なく聞いてくれ」

ミライ「はい!!やっぱり…ジョージさんは足腰を鍛える為に
『山ごもり』されたんですか?」

Σ(゜д゜;)

ジョージ「あ…ああ、した、な…」

ミライ「あとは
『丸太を担いでマラソン』したり『テントを飛び越え』たり
『山の裂け目を飛び越え』たり…」

テッペイ「み…ミライ君!!」

数分後。

メテオール解禁したジョージが、泣きながらフェニックスネスト内を駆けずり回った。


ミライ「僕…何かいけない事を言ったんでしょうか?」

998 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:54:47 ID:Hb1jYcwd0
>>962-968
ダメだ…もう何度読んでも泣いてしまう。
彼の魂に永遠の安らぎがあらんことを

そして、埋まってしまう前にこのスレの全ての職人さんに心からの感謝を。
次スレでも楽しみにしています。

999 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:56:36 ID:h2jG0M4Y0
1000なら1スレ目のネタの水準が帰ってくる

1000 :名無しより愛をこめて:2006/11/09(木) 20:58:51 ID:R+QQ4Z3zO
せん?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

464 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)